人気ブログランキング | 話題のタグを見る

URGT-B(ウラゲツブログ)

urag.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 26日

森山大道「NOVEMBRE」のテキストスリーブを展開すると

森山大道「NOVEMBRE」のテキストスリーブを展開すると_a0018105_12525.jpg
ブレブレの写真でごめんなさい。森山大道フォトボックス『NOVEMBRE』に封入しているテキストスリーブを展開すると、こんな感じになります。奥の人の大きさと比べてみてお分かりかと思いますが、ご覧の通りかなりデカくて、かなりかっこいいです。さすが、滝沢さんのデザインです。もう少しマシな画像が撮れたら、この投稿は削除します。しばし、ご勘弁を。

# by urag | 2004-05-26 01:26 | Comments(0)
2004年 05月 26日

やなぎみわ作品集「White Casket」日本上陸

やなぎみわ作品集「White Casket」日本上陸_a0018105_1033.jpg
ただいま出荷準備中です。この書籍は小社の美術書販売のアメリカにおける提携出版社Nazraeli Pressが企画制作したもので、日本では月曜社版、アメリカ本国ではNazraeli社版が流通することになります。内容は同じです。Nazraeli社とのコラボはこれで二回目。前回は小社が企画制作した森山大道写真集『新宿』を、アメリカではNazraeli社名義で販売しました。今回の『White Casket』は小社にとってはじめての海外での印刷製本です。

なお、本書は、ドイツの出版社Hatje Cantz社が最近刊行した、「やなぎみわ展」(ベルリンのグッゲンハイム美術館で今年の1月末から3月末にかけて開催)のカタログ本とは別物です。ちなみにこのカタログ本(英独2言語表記)では、社会学者の上野千鶴子さんが文章を寄せています。

# by urag | 2004-05-26 01:01 | 近刊情報 | Comments(0)
2004年 05月 25日

「バタバタ」しております

昨日、そして今日と、「White Casket」」発売にむけて、遠方にある倉庫で終日作業しておりまして、更新がままなりません。ご了承くださいませ。今週金曜日には「NOVEMBRE」も、イッセイ・ミヤケ六本木ヒルズ店で先行販売が始まりますし、来週末からは、2点がほぼ同時に書店発売開始です。どちらも手間のかかる商品なので、ここ二週間はあたふたしていると思います。

なお、たまに、つつじヶ丘の私どもの事務所まで本をお買い求めにいらっしゃりたい旨、お電話を頂戴することがあるのですが、事務所には販売用の在庫をおおむね置いていないうえ、事務所の番をしている人員もおりませんので、なかなかご希望にお応えすることができません。お詫びする次第です。

# by urag | 2004-05-25 06:17 | 販売情報 | Comments(11)
2004年 05月 23日

やなぎみわ作品集「White Casket」の発行部数が最終決定

当初300部を予定していた発行部数が、製作上の難しさから280部になると先般告知させていただきましたが、ここに来て、最終的な部数が決定しました。250部です。当初の予定より50部少なくなります。印刷、製本、製函の過程で手作業が多いこともあり、どうしても仕上がりに納得できないものは製品としてカウントしないし、販売しない、という方針です。もったいない話ですが、こればかりは仕方ありません……。

皆様のご注文をお待ちしております。製品はシュリンク・パックされますが、書店さんへの納品の流通過程でキズがつかないよう、エアパッキンやダンボールでさらに最善の処置をする段取りです。なお、個人のお客様への直販も承っております。詳細はお気軽にメールでお尋ねください。

# by urag | 2004-05-23 00:18 | 近刊情報 | Comments(0)
2004年 05月 21日

アガンベン『アウシュヴィッツの残りのもの』が品切重版中です

アガンベン『アウシュヴィッツの残りのもの』が品切重版中です_a0018105_123142.jpg
小社の処女出版であるアガンベン著『アウシュヴィッツの残りのもの』はおかげさまで第ニ刷もほぼ完売で、ただいま第三刷を準備中です。重版出来までしばらく時間がかかりそうです。それまでは本屋さんの店頭在庫のみの販売となります。

写真で『アウシュヴィッツ~』の上にのせている白い本は、小社近刊のアガンベン著『バートルビー』の原書です。原書では、ジル・ドゥルーズの論文「バートルビー、または決まり文句」が併載されています。いわゆる書き下ろしの共著ではなく、アガンベンさんがドゥルーズの既存の論文をカップリングすることを許可されて刊行した本です。ドゥルーズの論文は彼の生前最後の論文集『批評と臨床』(河出書房新社)に収録されていますので、小社より刊行する日本語訳ではカップリングはしない方針です。

その代わり、題材になっているハーマン・メルヴィルの短編『代書人バートルビー』の新訳を併載します。150年も前に書かれた物語ですが、現代人の生の暗部を冷徹に見つめた慧眼は今なお私たちに強く訴えるものがあります。

写真で一番下になっているのが、アガンベンの論文15編をダニエル・ヘラー=ローゼンという若手の研究者が編集し英米語訳した論文集『ポテンシャリティーズ』です。これとほぼ内容が共通した日本語訳版を小社では準備しております。訳者は慶応大学で教鞭を執っておられる高桑和巳さんです。

# by urag | 2004-05-21 12:32 | 近刊情報 | Comments(0)