ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 29日

森山大道「NOVEMBRE」出足好調&サイン本情報

イッセイ・ミヤケ六本木ヒルズ店での昨日からの先行販売ですが、スタッフの方からの情報によれば、予想以上に出足が好調だったようで、ほっとしています。一般書店での販売開始は来週金曜日の4日からになりますが、流通事情のため、店舗によっては7日の週に入ってからの発売になる場合もあります。皆様のお許しを請う次第です。

なお、お客様からの問い合わせで、『新宿』にサイン入り限定版があったように、『NOVEMBRE』でもサイン本をつくるのか、というお尋ねがありましたので、お答えいたします。サイン本は、「つくります」。ただ、何冊分をいつつくるのか、ということについてはまだお約束できないのです。数はそんなに多くはないだろうと思います。ご購入を希望されるお客様は、小社までメールにてお問い合わせくださいますよう、よろしくお願いいたします。サインには、為書きや日付は添えませんので、あしからずご了承ください。

昨日は、このブログを開始してから初めて訪問者数が1日100名を超え、びっくりしました。ささやかなことかもしれませんが、とても嬉しいです。皆様、ご高覧ありがとうございます。
[PR]

# by urag | 2004-05-29 15:52 | 森山大道 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 28日

本日より先行販売開始です:森山大道「NOVEMBRE」

本日より、ISSEY MIYAKE BY NAOKI TAKIZAWA 六本木ヒルズ店にて、森山大道フォトボックス『NOVEMBRE』の限定先行販売を開始しました。六本木ヒルズ店だけの「特典」付きです。また、同店では、森山大道と滝沢直己のコラボレーションによる「フォト・インスタレーション展」がスタートしています。ぜひご覧ください。展示の様子など、近日中に画像をアップします。
[PR]

# by urag | 2004-05-28 17:58 | 森山大道 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 28日

bk1で「NOVEMBRE」の予約受付が開始されました

a0018105_114519.jpg
オンライン書店bk1で、森山大道フォトボックス『NOVEMBRE』の予約受付が開始されました。海外発送可能なオンライン書店さんですので、どうぞご利用ください。
[PR]

# by urag | 2004-05-28 11:46 | 森山大道 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 27日

大竹伸朗「UK77」(6月末刊行)の束見本

昨日投稿した写真の左上に思いがけないものが写っていることに気づきました。白い本が写っていますね。これは、来月末刊行予定の、大竹伸朗『UK77』の束見本(ツカミホン、と読みます)です。本番で使用する本文紙を本番通りの仕様で製本して、書籍の厚さや重さなどを事前に調べるのです。『UK77』は『新宿』より少し厚めで、B5判のハードカバーになります。『新宿』の束は38mmもありましたが、それ以上、ということです。実際計ってみたら、42mmありました。

分厚い真っ白な本というのは、フェティッシュな感情を催させるもので、その存在感と重みに惹きつけられます。大好きです、こういうの。

これを小社の商品管理をしていただいている業者さんの担当者の方に見せたら、苦笑いをされました。それもそのはず、『White Casket』『NOVEMBRE』『UK77』と、大判の本ばかり続きますから。大きくて重い本、しかも丁寧な扱い方を要求される美術書、というのは、商品管理の方にとってみれば、少しやっかいなわけです。小社が取引しているのは業界トップクラスの業者さんですから、もちろんキチンと対応してくださいますが。
[PR]

# by urag | 2004-05-27 12:38 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 26日

森山大道「NOVEMBRE」のテキストスリーブを展開すると

a0018105_12525.jpg
ブレブレの写真でごめんなさい。森山大道フォトボックス『NOVEMBRE』に封入しているテキストスリーブを展開すると、こんな感じになります。奥の人の大きさと比べてみてお分かりかと思いますが、ご覧の通りかなりデカくて、かなりかっこいいです。さすが、滝沢さんのデザインです。もう少しマシな画像が撮れたら、この投稿は削除します。しばし、ご勘弁を。
[PR]

# by urag | 2004-05-26 01:26 | 森山大道 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 26日

やなぎみわ作品集「White Casket」日本上陸

a0018105_1033.jpg
ただいま出荷準備中です。この書籍は小社の美術書販売のアメリカにおける提携出版社Nazraeli Pressが企画制作したもので、日本では月曜社版、アメリカ本国ではNazraeli社版が流通することになります。内容は同じです。Nazraeli社とのコラボはこれで二回目。前回は小社が企画制作した森山大道写真集『新宿』を、アメリカではNazraeli社名義で販売しました。今回の『White Casket』は小社にとってはじめての海外での印刷製本です。

なお、本書は、ドイツの出版社Hatje Cantz社が最近刊行した、「やなぎみわ展」(ベルリンのグッゲンハイム美術館で今年の1月末から3月末にかけて開催)のカタログ本とは別物です。ちなみにこのカタログ本(英独2言語表記)では、社会学者の上野千鶴子さんが文章を寄せています。
[PR]

# by urag | 2004-05-26 01:01 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 25日

「バタバタ」しております

昨日、そして今日と、「White Casket」」発売にむけて、遠方にある倉庫で終日作業しておりまして、更新がままなりません。ご了承くださいませ。今週金曜日には「NOVEMBRE」も、イッセイ・ミヤケ六本木ヒルズ店で先行販売が始まりますし、来週末からは、2点がほぼ同時に書店発売開始です。どちらも手間のかかる商品なので、ここ二週間はあたふたしていると思います。

なお、たまに、つつじヶ丘の私どもの事務所まで本をお買い求めにいらっしゃりたい旨、お電話を頂戴することがあるのですが、事務所には販売用の在庫をおおむね置いていないうえ、事務所の番をしている人員もおりませんので、なかなかご希望にお応えすることができません。お詫びする次第です。
[PR]

# by urag | 2004-05-25 06:17 | 販売情報 | Trackback | Comments(11)
2004年 05月 23日

やなぎみわ作品集「White Casket」の発行部数が最終決定

当初300部を予定していた発行部数が、製作上の難しさから280部になると先般告知させていただきましたが、ここに来て、最終的な部数が決定しました。250部です。当初の予定より50部少なくなります。印刷、製本、製函の過程で手作業が多いこともあり、どうしても仕上がりに納得できないものは製品としてカウントしないし、販売しない、という方針です。もったいない話ですが、こればかりは仕方ありません……。

皆様のご注文をお待ちしております。製品はシュリンク・パックされますが、書店さんへの納品の流通過程でキズがつかないよう、エアパッキンやダンボールでさらに最善の処置をする段取りです。なお、個人のお客様への直販も承っております。詳細はお気軽にメールでお尋ねください。
[PR]

# by urag | 2004-05-23 00:18 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 21日

アガンベン『アウシュヴィッツの残りのもの』が品切重版中です

a0018105_123142.jpg
小社の処女出版であるアガンベン著『アウシュヴィッツの残りのもの』はおかげさまで第ニ刷もほぼ完売で、ただいま第三刷を準備中です。重版出来までしばらく時間がかかりそうです。それまでは本屋さんの店頭在庫のみの販売となります。

写真で『アウシュヴィッツ~』の上にのせている白い本は、小社近刊のアガンベン著『バートルビー』の原書です。原書では、ジル・ドゥルーズの論文「バートルビー、または決まり文句」が併載されています。いわゆる書き下ろしの共著ではなく、アガンベンさんがドゥルーズの既存の論文をカップリングすることを許可されて刊行した本です。ドゥルーズの論文は彼の生前最後の論文集『批評と臨床』(河出書房新社)に収録されていますので、小社より刊行する日本語訳ではカップリングはしない方針です。

その代わり、題材になっているハーマン・メルヴィルの短編『代書人バートルビー』の新訳を併載します。150年も前に書かれた物語ですが、現代人の生の暗部を冷徹に見つめた慧眼は今なお私たちに強く訴えるものがあります。

写真で一番下になっているのが、アガンベンの論文15編をダニエル・ヘラー=ローゼンという若手の研究者が編集し英米語訳した論文集『ポテンシャリティーズ』です。これとほぼ内容が共通した日本語訳版を小社では準備しております。訳者は慶応大学で教鞭を執っておられる高桑和巳さんです。
[PR]

# by urag | 2004-05-21 12:32 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 20日

ただいま編集中:カッチャーリ「多島海(アーキペラゴ)」

a0018105_113623.jpg
アート系の近刊が連続するためか、すっかり芸術書版元のブログのようになっている今日この頃ですが、月曜社といえばむしろ人文書だろ、現代思想とか、カルチュラル・スタディーズとか、と思っていらっしゃる方は多いかもしれません。その通りです。ウチは人文系がメインです。

写真は、近刊予定の、マッシモ・カッチャーリ著『多島海(アーキペラゴ)』の原書等です。真ん中の赤い本がそれ。その下にあるのは、今年三月に刊行されたカッチャーリの久方ぶりの新刊『究極的なものについて』です。共著やインタビュー集や増補版などの刊行を除外すると、実に『多島海』(1997年)以来の新刊になります。版元はいつもどおりミラノのアデルフィ社。ハイデガーやウィトゲンシュタイン、ジョルジョ・コッリやエマヌエレ・セヴェリーノらの著書を多くエントリーしている「哲学叢書」からの一冊です。

「哲学叢書」ではかつてカッチャーリの大著『根源について』が刊行されたことがありますが、今回の『究極的なものについて』も、『根源について』並みの分厚さで圧倒されます。注をあわせ、554ページになります。

一番上の紫色の本は、今年の3月にズーアカンプから刊行された、アレクサンダー・ガルシア・デュットマンの最新論文集『誇張の哲学』です。デュットマン氏の小論『友愛と敵対』を一昨年に刊行してから早くも二度来日してくれた彼ですが、現在、ミドルセックス大学からロンドン大学ゴールドスミス校に移籍して教鞭を執っています。ゴールドスミス・カレッジといえば、イギリスにおけるカルチュラル・スタディーズの牙城です。哲学者である彼がなぜゴールドスミスに? 

彼は今月(2004年5月)1日から、視覚文化を研究するユニットの一員として、教授職につきました。彼は現代絵画論や写真論、美術館論などの実績がありますし、何より本人はゴールドスミスという環境が面白そうだったから、と来日時に話していたことを思い出します。芸術理論、芸術批評の方面での彼の近刊『痕跡を消す』も注目です。なお彼が本年念頭に来日した際に、アドルノの『ミニマ・モラリア』について東大駒場で連続講義を行いましたが、この主題は近々一冊の本としてズーアカンプから刊行されます。
[PR]

# by urag | 2004-05-20 11:34 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)