ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 31日

注目新刊:土田知則『ポール・ド・マンの戦争』は若きド・マンによる記事12篇を併録

★ポール・ド・マンさん(著書:『盲目と洞察』)
ベルギー時代のド・マンの反ユダヤ的言説をめぐって考察された土田知則さんの最新著『ポール・ド・マンの戦争』(彩流社、2018年5月、本体1,800円、四六判並製228頁、ISBN978-4-7791-7103-1)において、ドイツ占領下時代のベルギーで執筆されたド・マン自身の新聞記事12篇が訳出されています。

「現代文学におけるユダヤ人」1941年3月4日「ル・ソワール」紙
「シャルル・ペギー」1941年5月6日「ル・ソワール」紙
「批評の現代性について」1941年12月2日「ル・ソワール」紙
「ドイツ現代文学への手引」1942年3月2日「ル・ソワール」紙
「フランス文学の現代的諸傾向」1942年5月17-18日「ヘット・フラームスヘ・ラント」紙
「ヨーロッパという概念の内実」1942年5月31日-6月1日「ヘット・フラームスヘ・ラント」紙
「批評と文学史」1942年6月7-8日「ヘット・フラームスヘ・ラント」紙
「フランス詩の現代的諸傾向」1942年7月6-7日「ヘット・フラームスヘ・ラント」紙
「文学と社会学」1942年9月27-28日「ヘット・フラームスヘ・ラント」紙
「戦争をどう考えるか?」1939年1月4日「ジュディ」紙
「イギリスの現代小説」1940年1月「カイエ・デュ・リーブル・エグザマン」誌
「出版社の仕事」1942年10月「ビブリオグラフィ・ドゥシェンヌ」誌

最後の「出版社の仕事〔Le métier d'éditeur〕」について、土田さんは「編集者ド・マンの姿を生き生きと彷彿させる興味深い一篇である。ド・マンは十代の頃から編集者として豊富な経験を積んでいる。つまり、この道ではプロ中のプロなのだ」と紹介しておられます。ド・マンは出版社の仕事の「おそらく最も重要な部分」として「探索=発掘」だと述べ(186頁)、次のように表明しています。「こうした仕事に当たるには、有り余るほどの見識や機転や批判=批評精神が、そしてまたしても、豊富な直感が要求されるのです」(186~187頁)。

さらにはこう結んでいます。「つまり、出版社・出版者は一種の仲介役に見えますが、真摯な創造的使命を担っています。該博な知識は言うに及ばず、天賦の才能を自然に備えていなければなりません。決して型通りの行動に身を委ねることはできないでしょう。一つ一つの新作、企画された一つ一つの叢書には独創的なアイデアが要求されます。出版に携わる者は刷新・考案・創造の人生を送らなければならないのです。出版社・出版者の仕事が極めて困難である――招かれる者〔競争者〕は多いが、選ばれる者〔成功者〕は少ない〔マタイ福音書22・14〕――のはこうした事情によります。ですが、その可能性やすばらしさをすっかり理解している人にとって、この仕事は抗し難いほど魅力的でもあるのです」(187頁)。当時ド・マンは数え年で23歳。だいぶハードルの高いことを仰っておられますが、あるべき姿としては否定できません。

なお本書は彩流社さんのシリーズ「フィギュール彩」の101番。ひとつ手前の100番は4月刊行、高山宏さんと巽孝之さんの『マニエリスム談義――驚異の大陸をめぐる超英米文学史』でこちらもまためくるめく一冊。先週末25日に東京堂書店神田神保町店で土田さんと巽さんのトークセッション「ポスト・トゥルースの現在を生き抜く批評理論」が行なわれましたが、これは活字化されてほしいなと願うばかりです。ちなみに巽さんの『盗まれた廃墟――ポール・ド・マンのアメリカ』も「フィギュール彩」の一冊であることは周知の通りです。

★清水一浩さん(共訳:デュットマン『友愛と敵対』)
青土社さんの月刊誌「現代思想」2018年6月号「特集=公文書とリアル」において、マウリツィオ・フェラーリスさんの論文「資本からドキュメディアリティへ」(145-164頁)の翻訳を手掛けられています。訳者附記で清水さんは本稿を次のように紹介しておられます。「著者の提唱するドキュメディアリティ概念をスケッチすべく、資本/工業/労働の時代およびスペクタクル/メディア/コミュニケーションの時代との関係を明快に図式化」と。

+++

★筑摩書房さんのPR誌「ちくま」2018年6月号(No.567)で絓秀実さんがご自身の著作『増補 革命的な、あまりに革命的な』(ちくま学芸文庫、2015年5月)をめぐって「一九六八年の「狂気」」という文章を寄せておられ、そこで編集者・中野幹隆さんに言及され、弊社刊『多様体』第1号に掲載された檜垣立哉さんの論考「後期資本主義期のなかの哲学【1】中野幹隆とその時代(1)」にも触れて下さっています。そして、中野さんが編集された「パイデイア」のフーコー特集号の編集後記(1972年)について次のように書かれています。「誤解を恐れずに言えば、それは、理解をしりぞける「狂気」のようなものであり、それなくしては、日本に「68年の思想」が導入されることもなかっただろうということだ」。

本稿の締めくくりはこうです。「15年前に出した拙著『革命的な、あまりに革命的な』を読み返しながら、私はそれが、中野幹隆という編集者の仕事に負っているところが少なくないことに気づいて、ふと嘆息することがあった。だが、私は中野の「狂気」を、どのくらい分有していたのだろうか」。別の箇所では絓さんは親しみを込めて、「ややクレイジーな、文脈無視の中野のキャラクター」と回想されています。中野さんの卓抜な編集センスについて「狂気」と端的に分析されておられることに強い感銘を覚えました。

私のような後進の者にとって、中野さんの「文脈無視」はコンテクストを新たに作り直す編集技法の核そのものと映っていたのですが、そうした美しい整理では中野さんの「狂気」までにはたどり着けないのでした。自分の年齢と同じ、半世紀前の「狂気」を理解しようとすることは容易ではありませんが、編集と狂気という主題について――それは「編集狂」の話ではなくむしろ「狂編集」に近い話です――思索を深めていきたいと感じました。

+++


a0018105_14354748.jpg

+++

[PR]

by urag | 2018-05-31 14:17 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 27日

注目新刊:『歩く、見る、待つ――ペドロ・コスタ映画論講義』ソリレス書店


a0018105_00291637.jpg

a0018105_00455044.jpg


ツァラトゥストラ』ニーチェ著、手塚富雄訳、中公文庫、2018年5月、本体1,500円、文庫判768頁、ISBN978-4-12-206593-2
ヴィトゲンシュタイン 世界が変わる言葉 エッセンシャル版』ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン著、白取春彦訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2018年5月、本体1,000円、文庫判224頁、ISBN978-4-7993-2269-7
ヨーロッパ中世象徴史』ミシェル・パストゥロー著、篠田勝英訳、白水社、2018年5月、本体7,500円、A5判上製436頁、ISBN978-4-560-09639-0

★3点の再刊書に注目。新組新版、縮約版、復刊とさまざま。まず『ツァラトゥストラ』は読みにくい箇所もあった旧版を新組にして一新、巻末に三島由紀夫と訳者の対談「ニーチェと現代」(1966年の『世界の名著』第1回配本である第46巻「ニーチェ」に付属する月報に所載)が新たに加わっています。手塚訳はこの著作の揺るぎない名訳であり、これからも長く愛読されるに違いありません。帯表4での予告によれば中公文庫の「プレミアム」シリーズではパスカルの『パンセ』やデュルケームの『自殺論』の新版が続刊予定とのことです。

★『ヴィトゲンシュタイン 世界が変わる言葉 エッセンシャル版』は『超訳 ヴィトゲンシュタインの言葉』(2014年8月刊)の縮約文庫版。ヴィトゲンシュタインの文庫本では『論理哲学論考』『青色本』『講義』などがありますが、本書の場合はぜひ哲学を敬遠してきた読者に、とっかかりとしてお薦めしたい一冊。文庫判のハンディさがやはり良いです。

★『ヨーロッパ中世象徴史』は2008年刊で古書価がなかなか低くならないいわば「定番書」の復刊。今回の復刊本も早めに購入しておかないと遠からず品切になるであろう予感がします。原書は『Une histoire symbolique du Moyen Âge occidental』(Seuil, 2004)。パストゥロー(Michel Pastoureau, 1947-)はフランスの歴史家で中世や紋章学が専門。かのレヴィ=ストロースのはとこでもあります。本書以外にも長らく品切になっている書目はどんどん文庫化されると良いなと願うばかりです。

+++

★次に最近出会った新刊を列記します。

歩く、見る、待つ――ペドロ・コスタ映画論講義』土田環編訳、ソリレス書店、2018年5月、本体1,800円、四六判並製184頁、ISBN978-4-9084350-0-3
人形論』金森修著、平凡社、2018年5月、本体3,200円、A5判上製312頁、ISBN978-4-582-20646-3
聴竹居――日本人の理想の住まい』松隈章著、古川泰造写真、平凡社、2018年5月、本体9,800円、B5変判上製264頁、ISBN978-4-582-54463-3
プロパガンダの文学――日中戦争下の表現者たち』五味渕典嗣著、共和国、2018年5月、本体4,200円、四六判上製448頁、ISBN978-4-907986-45-2
クルアーン入門』松山洋平編、作品社、2015年5月、本体2,700円、46判並製528頁、ISBN978-4-86182-699-3
現代思想2018年6月臨時増刊号 総特集=明治維新の光と影――150年目の問い』青土社、2018年5月、本体1,300円、A5判並製198頁、ISBN978-4-7917-1365-3
文藝別冊 追悼石牟礼道子――さよなら、不知火海の言魂』河出書房新社編集部編、河出書房新社、2018年5月、本体1,300円、A5判並製224頁、ISBN978-4-309-97941-0

★『歩く、見る、待つ』は副題にある通り、ポルトガルの映画監督ペドロ・コスタ(Pedro Costa, 1959-)による2004年、2010~2012年に行われた来日講義をまとめたもの。目次は以下の通りです。

序 私たちの糧となる言葉との出会い(諏訪敦彦)
講義Ⅰ(2010年7月28日、東京造形大学
講義Ⅱ(2011年11月30日、東京造形大学
講義Ⅲ(2012年12月5日、桑沢デザイン研究所
講義Ⅳ(2004年3月12日~14日、映画美学校
監督プロフィール&フィルモグラフィ
編者あとがき 言葉の切り開く像(土田環)

★講義Ⅰでの学生との質疑応答の中で監督はこう述べています。「映画を撮る時に、ドキュメンタリーであるのかフィクションであるのかを問うよりも、具体的にはどのように撮ればよいのかと考えてみることの方がより実り多いものになるのではないでしょうか。朝に目覚めて、身支度をする光景を撮影するとします。鏡を見ながら、顔を洗うか髭を剃ろうかとしていて、ふと目を足下に落とす。足が床に着いているという、ただそのことに初めて気づく。この一連の流れはフィクションでもドキュメンタリーでもありません。単に、誰も気づかず、これまで撮られたことのないことがらであるに過ぎません。しかし、そこには幾千、幾万もの物語が紡がれる可能性が秘められているのではないか。映画というメディアはとうの昔に死んでいると唱える人もいますが、私に言わせれば映画はまだまだ先史時代にあるようなものです。つまり、足が床に着いているその事実は、いまだに映画には撮られていない。そこには世界の歴史というものが、手垢のつかない状態で残されているのではないでしょうか。/こうした問いかけは、文学のなかでなされてきたことです。マルセル・プルーストの『失われたときを求めて』という作品は、先ほど私が言ったことを探求するものだったと思います。その試みを前にして、ブレッソンも小津もゴダールも、実際にはまだ映画が撮れていないのです。私は楽観的なのかもしれません。だからこそ、足を床に着けてみる。そのことによって開かれるいくつもの物語があることをもう少し考えてみたいのです」(26~27頁)。なんという繊細で力強い発言でしょうか。

★『人形論』は2016年に逝去された、科学哲学研究の第一人者・金森修さんの遺作。帯文に曰く「祓除の土偶や天児(あまがつ)から、ビスクドールやゴシックドール、さらには究極のフェティッシュであるラヴドール、果てはロボットやレプリカントまで、広汎豊穣な人形ワールドを〈人形三角錐〉という独自の概念枠で俯瞰」と。第一章「人形の〈三角錐〉」において金森さんはこう書いておられます。「人形史をごく大雑把に見渡した中で、多彩極まりない人形ワールドを概念的に横切る一種の基底のようなものが存在するという仮説が浮上してくる。それは呪術、愛玩、鑑賞という三つの概念である。〔…それらを〕三頂点とする〈人形三角形〉に三次元的な成分を組み込み、物質性という共通項を一つの頂点とする〈人形三角錐〉を作る」(48~49頁)。また、金森さんは本書について「一種の〈亜人論〉を構成する」(9頁)とも述べています。『ゴーレムの生命論』(平凡社新書、2010年)とともにこの分野の基礎文献となるだろう一冊で、巻末の、雑誌や洋書、映像資料を含む文献一覧をもとに本書を中心としたフェアや「人形棚」が構想できそうです。

★『聴竹居』は建築家の藤井厚二が京都・大山崎町の天王山の麓に1928年(昭和3年)、5回目となる自邸として建てた木造平屋建ての実験住宅「聴竹居(ちょうちくきょ)」を、180点の写真と図、詳細な実測図360点を添え日英併記で全貌を詳しく紹介した、重厚な大型本。3年前に「コロナ・ブックス」シリーズで発売された同名の公式ガイドブックに続く、いわば「コンプリートブック」です。重要文化財として昨年指定されたその美しさには圧倒されるばかりです。藤井による調度品や、聴竹居の後に手掛けた注文住宅「八木邸」についても紹介。4篇の解説――藤森照信「〈モダニズム〉の原点」、深澤直人「聴竹居――行為に相即する家」、堀部安嗣「聴竹居が伝えるもの」、松隈章「「聴竹居」の歩み」を併載。

★『プロパガンダの文学』は巻頭の「はじめに」によれば「日中戦争の同時代に戦争や戦場を主題としたテクストを取り上げ、戦時下における〈戦争の書きかた〉について論じるもの」(13頁)で、その目的は「日中戦争期の日本帝国の側から見た戦争・文学・プロパガンダの関係を問うことにある」(40頁)とのこと。目次詳細は書名のリンク先でご確認いただけます。著者の五味渕典嗣(ごみぶち・のりつぐ:1973-)さんは大妻女子大学文学部教授。ご専門は近現代日本語文学・文化研究です。本書のあとがきにおいて五味渕さんはこう綴っておられます。「着々と準備されつつある次なる戦争に向けて、反戦の論理をいかにアップデートさせていくかは喫緊の課題であろう」(442-443頁)。誰がこの言葉を笑い飛ばせるでしょうか。

★『クルアーン入門』は「クルアーンの定義と構成」「クルアーン解釈の前提」「クルアーン解釈の方法」「トピックから探るクルアーンの思想」の四部構成。「クルアーンはどのような構造を持つ聖典であり、どのように読まれ、解釈されるのか〔…〕読者がクルアーンをみずから読み解いていくための「ツール」を提供することを目指した」(まえがき、3頁)とあります。附録として「術語集」「固有名詞のアラビア語読みと標準日本語表記対応表」「クルアーンの章名日本語訳一覧」を収録。『日亜対訳 クルアーン』(2014年)を始め、イスラーム関連の書籍を続々と出版されている作品社さんならではの入門書となっています。

★『現代思想2018年6月臨時増刊号 総特集=明治維新の光と影』は副題にある通り明治維新150年を記念した総特集号。姜尚中さん、成田龍一さん、須田努さんによる討議「光と影/光は影――明治維新150年:重層化する歴史像」をはじめ、酒井直樹さんやキャロル・グラックへのインタヴュー、大澤真幸さんのエッセイなど、歴史を問い直し、現代人の立ち位置を見直す様々な視点が提出されています。「西郷どん」コーナーを作っている書店さんには併売をお薦めしたいです。

★『文藝別冊 追悼石牟礼道子』は石牟礼さんへの愛を感じる追悼号。赤坂真理さんの寄稿「石牟礼道子という謎に動かされたい」での言葉を借りれば、石牟礼さんの文学世界と読者との「もやい始め」ともなる一冊です。赤坂さんは石牟礼文学を宮澤賢治やジブリアニメの世界に近いものと指摘されています。志村ふくみさんは「あるとき、襤褸裂のような織物が突然荘厳され光の射す瞬間を石牟礼さんは描き切って下さった」と表現されています(「えにし まぼろしふかくして」11頁、初出「三田文學」2015年秋季号)。坂口恭平さんの「みっちんの歌」が印象的です。「みっちんは歌だ。だから、肉体そのものとなって、口を開き、体を振動させ、声帯を鳴らせば、いつでもみっちんが途端にあらわれでてくる。これからも死ぬまでずっと歌をうたっていこう、そうすれば何も消えることはなく、ささやかな風と同じように今もこの現実に漂い続けることができる」(34頁)。

+++

★最後に先月の新刊で言及できていなかった書目を列記します。

アメリカのユートピア――二重権力と国民皆兵制』フレドリック・ジェイムソンほか著、スラヴォイ・ジジェク編、田尻芳樹/小澤央訳、書肆心水、2018年4月、本体3,500円、四六判上製384頁、ISBN978-4-906917-78-5
戦争経済大国』斎藤貴男著、河出書房新社、2018年4月、本体1,800円、46判変形上製320頁、ISBN978-4-309-24857-8
ブーレーズ/ケージ往復書簡 1949-1982』J=J・ナティエ/R・ピアンチコフスキ編、笠羽映子訳、みすず書房、2018年4月、本体6,200円、A5判上製336頁、ISBN978-4-622-08685-7
ギリシア神話シンボル事典』ソニア・ダルトゥ著、武藤剛史訳、文庫クセジュ、2018年4月、本体1,200円、新書判172頁、ISBN978-4-560-51019-3
早稲田文学 2018年初夏号』早稲田文学会発行、筑摩書房発売、2018年4月、本体1,900円、B5変判並製400頁、ISBN978-4-480-99314-4

★『アメリカのユートピア』は『An American Utopia: Dual Power and the Universal Army』(Verso, 2016)の訳書。100頁を超えるジェイムソンによる表題作論文を中心に、SF作家キム・スタンリー・ロビンソンによる短編小説や、ジョディ・ディーン、サロジ・ギリ、アゴン・ハムザ、柄谷行人、フランク・ルーダ、アルベルト・トスカーノ、キャシー・ウィークス、スラヴォイ・ジジェクらによるジェムソンへの応答論文が掲載されています。目次詳細は書名のリンク先をご覧ください。ジジェクは序言でこう述べています。「ジェイムソンの『アメリカのユートピア』は、解放された社会に関する左翼のスタンダードな観念を根底的に問い直す。その際、社会の共産主義的な再編のモデルとして、とりわけ、国民皆兵制を唱え、羨望と敵意を共産主義社会の中心的問題として完全に認定し、仕事と快楽の分割を乗り越えるという夢を拒絶する。社会を変えるには、解放された社会に関する夢を変えることから始めるべきだという格言に従ったジェイムソンのテクストは、グローバル資本主義へのありうる、また想像可能なオルターナティヴに関する討論を引き起こす理想的な位置にある」(9頁)。

★訳者あとがきで田尻さんはジェイムソン論文についてこう解説しています。「本論文の核になる新しい視点は「二重権力」という概念である。公式の政府と並行して統治が成立するこの状態こそ、共産主義と社会民主主義の失効の中で資本主義を抜け出す第三の道なのだとジェイムソンは言う。二重権力が目指すのは、金融の国営化、公教育と医療の無料化をはじめとする伝統的な左翼の目標である。そして現代社会において二重権力の候補となりうるものとして労働組合、郵便局、専門職、宗教を否定した後に持ち出してくるのが軍隊なのだ。資金不足であるとはいえ、すでに軍隊は医療国営化に類するものを実現しているではないか。軍隊を再国営化することで様々な社会主義的施策を実現してゆくことができるのではないか。〔…〕つまるところ徴兵制再導入は、やはりユートピア的提案と言うほかないのであって、彼はそれを提案すること自体によって現代におけるユートピア的ヴィジョンを再活性化しようとしているのだ」(366~367頁)。第六章の柄谷さんの論文「日本のユートピア」では『憲法の無意識』(岩波新書、2016年)と共通する論点を見出すことができます。

★『戦争経済大国』は帯文に曰く「構想10年、この国最大のタブーを暴き、これまでの戦後論を塗り替える画期的労作」と。巻頭の「「平和憲法」の陰で――はしがきに代えて」で斎藤さんは次のように書いておられます。「本書の眼目は、そもそも過去の高度経済成長自体が、甚だしい無理の産物であった実態を審らかにすることにある。/甚だしい無理とは「戦争」だった。戦後の日本経済は、平和憲法を前面に掲げながら、その実、常にアメリカの戦争に加担することから得られた果実によって成長してきたと言って過言でない。復興の足掛かりは朝鮮戦争による直接特需だったし、それが一過性に終らなかったのは、ベトナム戦争に伴う間接特需、および列島を挙げて米軍の兵站基地あるいは最前線基地に提供した見返りとしての、北米市場の開放のためであった」(6頁)。「一応は反戦を掲げてはいた労働組合や市民運動が間接特需の恩恵をよくよく承知していたせいもあったのか、私の実感では、この点、高度経済成長以降の日本社会にとっては、きわめて大きなタブーであり続けてきたのではないか」(同)。

★さらにこうも書かれています。「直接の戦闘行為に手を染めたか染めなかったかの間には、もちろん天と地ほどの差がありはする。ではあるにせよ、他国の人々の不幸に乗じて儲けたことには変わりがないではないか。/私たちが今なすべきことは、危機的状況への対処だけでなく、戦後の高度成長時代を改めて掘り下げ、もっと言えば批判的に検証して、せめて教訓にしていくことだと考える」(7頁)。あとがきではすでに本書の続編が構想されていることが明かされています。その続編では湾岸戦争から現在にいたる、戦争と日本経済の関連が分析されるようです。

★『ブーレーズ/ケージ往復書簡』は『Pierre Boulez – John Cage, Correspondance et documents』(Paul Sacher Stiftung, 2002)で、1990年に刊行されたものの改訂新版の翻訳です。全部で50通収められた手紙は中盤以降では両者ともに母国語でのみ書くようになっており、訳者のご苦労が偲ばれます。カヴァー表4の紹介文に曰く「現代音楽の最前線や二人の交友、共感、距離感、決裂にいたる様子が、ここに初めて明らかになる」と。巻頭には改訂新版の責任者であるロベール・ピアンチコフスキによる「前置き」とそれに続く論考が置かれ、巻末には初版の共編者であるナティエの論文と登場人物を簡潔に紹介する人名録が配されています。目次詳細は書名のリンク先をご覧ください。

★『ギリシア神話シンボル事典』は『Lexique des symboles de la mythologie grecque』(PUF, 2017)の訳書。カヴァー表4の紹介文に曰く「多神教、神人同形論といったギリシア神話の世界観の理解を助ける145のシンボルを集めて解説」したもの。基本的に読む辞典であり、図版がないのは、同シリーズのミシェル・フイエ『キリスト教シンボル事典』(文庫クセジュ、2006年;原著2004年)と同様ですが、その分コンパクトにまとまっています。両書とも、武藤剛史さんがお訳しになっています。
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/7iMxe1ucjpY" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

★『早稲田文学 2018年初夏号』の特集は「戦時下上海の日本語総合雑誌『大陸』再発見」。編集協力は秦剛(しん・ごう:1968-)さんと大塚英志さん。特に大塚さんの論考「可東みの助の運命――戦時下の編集的人間とその生き方」が興味深いです。「戦時下の「宣伝戦」に於いて実は最も新しいメディア技術は「編集」であった〔…〕。「国家報道」すなわち戦時下のプロパガンダという禁断の技術の実践を標榜した報道技術研究会が「宣伝」の理論化を戦時下に進め、戦後の宣伝技術の出発点となった〔…〕。「編集」とは多メディア間の総合芸術と主張され〔…〕プロパガンダのために多メディア間で感覚的素材を「時間的・空間的に配置・構成・綜合」する技術が「編集」である。そういう「編集論」がみの助とそう遠くない人々の間で語られていたことは注意していい」(235~236頁)。上記引用からは省略したものの、ここではかの報研(報道技術研究会:1940-1945)編による唯一の理論書『宣伝技術』(生活社、1943年)所収の一章、大久保和雄による「編集技術」の一節が引かれており、社会工学と編集技術の原理的な交差が目を惹きます。ちなみに川本健二さんの論文「対外宣伝グラフ雑誌『FRONT』における「立体性」――日本の戦時下における報道写真と構成主義の一つの展開として」(『表現文化研究』第10巻第2号、神戸大学表現文化研究会、2011年)によれば「大久保和雄は、原弘らと同様、東京府立工芸学校印刷科を卒業して日本宣伝協会などに勤務し、報道についての研究をしていた」(154頁)とあります。

★同誌で連載開始となった、ジャン・リカルドゥー「新訳・評注 言葉と小説」(芳川泰久訳、渡部直己評注)は第1回「エクリチュールと小説――変化する現実、現実の変異体〔ヴァリアント〕」を掲載(303~338頁)。上段に訳文、下段に評注、見開左端に訳注が配置されています。原典は『Problèmes du Nouveau roman』(Seuil, 1967)で、やはり紀伊國屋書店「現代文芸評論叢書」で1969年に刊行された野村英夫訳『言葉と小説――ヌーヴォー・ロマンの諸問題』の新訳です。

+++


[PR]

by urag | 2018-05-27 23:16 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 23日

ブックツリー「哲学読書室」に、藤野寛さんの選書リストが追加されました

オンライン書店「honto」のブックツリー「哲学読書室」に、『友情の哲学』(作品社、2018年4月)の著者、藤野寛さんによるコメント付き選書リスト「友情という承認の形――アリストテレスと21世紀が出会う」が追加されました。


◎哲学読書室

1)星野太(ほしの・ふとし:1983-)さん選書「崇高が分かれば西洋が分かる
2)國分功一郎(こくぶん・こういちろう:1974-)さん選書「意志について考える。そこから中動態の哲学へ!
3)近藤和敬(こんどう・かずのり:1979-)さん選書「20世紀フランスの哲学地図を書き換える
4)上尾真道(うえお・まさみち:1979-)さん選書「心のケアを問う哲学。精神医療とフランス現代思想
5)篠原雅武(しのはら・まさたけ:1975-)さん選書「じつは私たちは、様々な人と会話しながら考えている
6)渡辺洋平(わたなべ・ようへい:1985-)さん選書「今、哲学を(再)開始するために
7)西兼志(にし・けんじ:1972-)さん選書「〈アイドル〉を通してメディア文化を考える
8)岡本健(おかもと・たけし:1983-)さん選書「ゾンビを/で哲学してみる!?
9)金澤忠信(かなざわ・ただのぶ:1970-)さん選書「19世紀末の歴史的文脈のなかでソシュールを読み直す
10)藤井俊之(ふじい・としゆき:1979-)さん選書「ナルシシズムの時代に自らを省みることの困難について
11)吉松覚(よしまつ・さとる:1987-)さん選書「ラディカル無神論をめぐる思想的布置
12)高桑和巳(たかくわ・かずみ:1972-)さん選書「死刑を考えなおす、何度でも
13)杉田俊介(すぎた・しゅんすけ:1975-)さん選書「運命論から『ジョジョの奇妙な冒険』を読む
14)河野真太郎(こうの・しんたろう:1974-)さん選書「労働のいまと〈戦闘美少女〉の現在
15)岡嶋隆佑(おかじま・りゅうすけ:1987-)さん選書「「実在」とは何か:21世紀哲学の諸潮流
16)吉田奈緒子(よしだ・なおこ:1968-)さん選書「お金に人生を明け渡したくない人へ
17)明石健五(あかし・けんご:1965-)さん選書「今を生きのびるための読書
18)相澤真一(あいざわ・しんいち:1979-)さん/磯直樹(いそ・なおき:1979-)さん選書「現代イギリスの文化と不平等を明視する
19)早尾貴紀(はやお・たかのり:1973-)さん/洪貴義(ほん・きうい:1965-)さん選書「反時代的〈人文学〉のススメ
20)権安理(ごん・あんり:1971-)さん選書「そしてもう一度、公共(性)を考える!
21)河南瑠莉(かわなみ・るり:1990-)さん選書「後期資本主義時代の文化を知る。欲望がクリエイティビティを吞みこむとき
22)百木漠(ももき・ばく:1982-)さん選書「アーレントとマルクスから「労働と全体主義」を考える
23)津崎良典(つざき・よしのり:1977-)さん選書「哲学書の修辞学のために
24)堀千晶(ほり・ちあき:1981-)さん選書「批判・暴力・臨床:ドゥルーズから「古典」への漂流
25)坂本尚志(さかもと・たかし:1976-)さん選書「フランスの哲学教育から教養の今と未来を考える
26)奥野克巳(おくの・かつみ:1962-)さん選書「文化相対主義を考え直すために多自然主義を知る
27)藤野寛(ふじの・ひろし:1956-)さん選書「友情という承認の形――アリストテレスと21世紀が出会う

+++


[PR]

by urag | 2018-05-23 16:58 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 20日

注目新刊:アスペイティア『ヴェネツィアの出版人』作品社、ほか

ヴェネツィアの出版人』ハビエル・アスペイティア著、八重樫克彦/八重樫由貴子訳、作品社、2018年5月、本体2,800円、四六判上製370頁、ISBN978-4-86182-700-6
はじめての沖縄』岸政彦著、新曜社、2018年5月、本体1,300円、四六判並製240頁、ISBN978-4-7885-1562-8
東大闘争の語り──社会運動の予示と戦略』小杉亮子著、新曜社、2018年5月、本体3,900円、A5判上製480頁、ISBN978-4-7885-1574-1
天皇陵と近代――地域の中の大友皇子伝説』宮間純一著、平凡社、2018年5月、本体1,000円、A5判並製92頁、ISBN978-4-582-36451-4
熊野と神楽――聖地の根源的力を求めて』鈴木正崇著、平凡社、2018年5月、本体1,000円、A5判並製116頁、ISBN978-4-582-36452-1
神代文字の思想――ホツマ文献を読み解く』吉田唯著、平凡社、2018年5月、本体1,000円、A5判並製100頁、ISBN978-4-582-36453-8

★『ヴェネツィアの出版人』はスペインの作家にして編集者であるハビエル・アスペイティア(Javier Azpeitia, 1961-)による小説『El impresor de Venecia』(Tusquets Editores, 2016)の訳書。「グーテンベルクによる活版印刷発明後のルネサンス期、イタリック体を創出し、持ち運び可能な小型の書籍を開発し、初めて書籍にノンブルを付与した改革者。さらに自ら選定したギリシャ文学の古典を刊行して印刷文化を牽引した出版人、アルド・マヌツィオの生涯」(帯文より)を描いた長篇小説です。

★序章「何年ものち」で描かれている、アルドの妻マリアと息子パオロとの対話(27~28頁)が印象的です。パオロはアルドの伝記を執筆すべく母に父親のことを尋ね、マリアはためらいつつ答えようとします。

「言っても差支えのないことだけを書く。何でも思いのままに書ける時代ではなかったのよ、パオロ。いずれあなたにも理解できると思うけど」
「書けないようなことって、父さんは何を考えていたの?〔・・・〕」
「思いを表現することはいつの時代にも危険を伴う行為だった。思考が制限されたのではなく、表現が制限されたのよ。〔・・・〕思想の表現が制限されたのは今に始まったことではない。だけどキリスト教が文化の中心になって以来、人々は思ったことを書かなくなった。何世紀にもわたって敷かれた規制によって、数多くの思想の生命力が弱められて現在に至っている。〔・・・〕」
「ほかに父さんが出版したかったけど、できなかった本は何?」
「何の変哲もない一冊の本。広範にわたる完璧な対話が綴られ、タイトルも著者も偽った上で、一般的でない言語に翻訳されて生き延びたものよ」
「誰にも読まれぬように隠されたってこと?」
「誰にも破壊されぬようによ」

★巻末の訳者あとがきでは、本書刊行当時の2016年に行われたインタヴューでアスペイティアが次のように語っていたことが紹介されています。「文芸復興のルネサンス期に深く浸る中、印刷・出版を取り巻く当時の状況と今の状況に相似点が多いことに少なからず驚かされた」と。また別の機会には次のように語ったと言います。「技術と生産性を重視する職人と商人が印刷事業の実権を握り、菓子のごとく本を作っては売っていた時代に、アルドは絶えず文学的意義から良書を出版する方法を模索し、常軌を逸した試みをいくつも打ち出した。アリストテレスの全集をはじめとする、ギリシャ文学の原典にこだわったのもその一つだし、みずから出版物の選定をし、校正をしていたことも当時としては革新的だった」。今また「菓子のごとく本を作っては売って」いる時代にあって、アスペイティアが本書に込めたメッセージを私たちはどう受け取るべきでしょうか。

★『はじめての沖縄』は「よりみちパン!セ」シリーズ復刊第一弾として刊行された6点の内の1冊。ほかの5点は同シリーズの理論社版(2004~2010年)やイースト・プレス版(2011~2014年)で刊行されたものの決定版や増補新版、改訂新版で、『はじめての沖縄』のみ新曜社版で初めて刊行されるもの。2015年から2017年にかけて各紙誌などで発表されてきたテキストを中心に再構成し、大幅な加筆修正を施したもの。目次詳細は書名のリンク先でご確認いただけます。なお本書の刊行を記念し、以下の通り催事が続々と行われる予定だそうです。

境界線を抱いて」(お相手:温又柔さん)5月27日(日)18時~、青山ブックセンター本店
マジョリティとはだれか」(お相手:信田さよ子さん)6月9日(土)14時~、八重洲ブックセンター本店
「ほんとうの沖縄、ふつうの沖縄」(お相手:新城和博さん)6月17日(日)14時もしくは15時~、ジュンク堂書店那覇店
「刊行記念トーク」6月30日(土)13時~、心斎橋・スタンダードブックストア
「はじめての大阪」(お相手:柴﨑友香さん)7月21日(土)17時~、梅田蔦屋書店
「欲望すること/されることのキモさについて」(お相手:川上未映子さん)8月3日(金)19時~、新宿・紀伊國屋ホール

★『東大闘争の語り』は、あとがきによれば「2016年1月に東北大学大学院文学研究科に提出した博士論文「1960年代学生運動の形成と展開――生活史にもとづく参加者の政治的志向性の分析」に大幅に加筆修正を加えたもの」。目次詳細は書名のリンク先をご覧ください。「1960年代学生運動と現在のあいだに存在する断絶を踏まえつつ、1960年代学生運動に参加した当事者の動機・問題意識と運動の論理にかんする内在的分析を行い、その歴史的意義を明らかにする」(17頁)とのことです。

★平凡社さんのブックレット〈書物をひらく〉の第11巻、第12巻、第13巻が同時配本。『天皇陵と近代』は、「伝承を発掘し、大友皇子の墓(弘文天皇陵)が自分たちの地域にあることを検証・主張して、それを認めさせることに奔走した人びとの営為を追跡し、その歴史的事情、また、それがもたらした効果を探り当てる」(カバーソデ紹介文)もの。『熊野と神楽』は「各地に伝播した熊野信仰が神楽を生成して地域的展開を遂げた諸相を考察し、精緻の根源的力とは何であったかを探求するもの」(はじめに)。『神代文字の思想』は「ホツマ文献を筆頭とした神代文字文研研究を思想史研究の土俵にあげ」(あとがき)、神代文字が生み出された背景を探るもの。

a0018105_01432671.jpg


+++

[PR]

by urag | 2018-05-20 23:32 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 17日

注目新刊:ヴィーコ『新しい学』文庫化、水声社の新雑誌『午前四時のブルー』、バタイユの新訳『太陽肛門』

★上村忠男さん(訳書:アガンベン『到来する共同体』、編訳書:パーチ『関係主義的現象学への道』、スパヴェンタほか『ヘーゲル弁証法とイタリア哲学』、共訳書:アガンベン『アウシュヴィッツの残りのもの』『涜神』、スピヴァク『ポストコロニアル理性批判』)
2007年から2008年にかけて法政大学出版局より全3巻で刊行された『新しい学』が全2巻で文庫化されました。まもなく発売。「中公文庫版への訳者あとがき」によれば、「文庫化にあたっては訳註を中心に補正を」施したとのことです。上巻には第1巻「原理の確立」と第2巻「詩的知恵」の第4部「詩的家政学」までを収録。下巻には第2巻第5部「詩的政治学」から第3巻「真のホメロスの発見」、第4巻「諸国民のたどる経過」、第5巻「諸国民が再興するなかで生じる人間にかんすることがらの反復」と「著作の結論」までを収録し、付録として「新しい学の応用法――ヴィーコ『新しい学』への招待」が併載され、巻末には訳者解説「大いなるバロックの森」が配されています。

新しい学(
ジャンバッティスタ・ヴィーコ著 上村忠男訳
中公文庫 2018年5月 各本体1,600円 文庫判各608頁 ISBN978-4-12-206591-8/206592-5

★星野太さん(著書:『崇高の修辞学』)
小林康夫さんの責任編集で今般、水声社さんから創刊された新雑誌「午前四時のブルー」の第1号(特集=謎、それは自分)に論文「アペイロンと海賊――『雲』をめぐる断章」を寄稿されています(63~72頁)。ブルガリアの哲学者ボヤン・マンチェフさん(1970-)の新著『雲』(2017年)と、彼が昨年11月に東京で行った講演「光、雲――哲学的海賊とアペイロンの発明」について論及されています。

小林さんによる編集人あとがき「庭、その誰?」によれば、鈴木宏社長に「第二期「風の薔薇」を復刊して、わたしに編集させてくれないかしら? と頼みこんでみた」とのことで、「言葉もコミュニケーションもすさまじいスピードで電子化され、この電子革命によって人類はまったく新しい文化の時代へと突入しつつあることは確かだし、雑誌は、そこでは最終的に絶滅危惧種であることは明白なのだが、だからこそ、終りつつあるメディアを触覚的にもう一度体験したいということかもしれない」とご自身の動機について綴っておられます。秋頃発売予定の次号特集は「夜、その明るさ」、もしくは「夜という光」と予告されています。

午前四時のブルー Ⅰ 謎、それは自分
小林康夫責任編集
水声社 2018年4月 本体1,500円 A5判並製128頁 ISBN978-4-8010-0341-5

★ジョルジュ・バタイユさん(著書:『マネ』)
1927年の小品「太陽肛門〔L'Anus Solaire〕」の酒井健さんによる新訳が景文館書店さんより出版されました。長篇の訳者解題「輝くテクストの前夜にさまよう―-愛欲の孤独と豊穣なるパロディ」が併載されています。景文館書店さんから発売となる、酒井さんによるバタイユ新訳本は『ヒロシマの人々の物語』『魔法使いの弟子』に続いて3点目です。

太陽肛門
ジョルジュ・バタイユ著 酒井健訳
景文館書店 2018年5月 本体520円 四六判ブックレット64頁 ISBN978-4-907105-07-5

a0018105_19175567.jpg


+++

[PR]

by urag | 2018-05-17 19:22 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 13日

注目文庫新刊:2018年3月下旬~5月上旬

a0018105_18482495.jpg


鶴見俊輔全漫画論1 漫画の読者として』松田哲夫編、ちくま学芸文庫、2018年5月、本体1,700円、656頁、ISBN978-4-480-09855-9
鶴見俊輔全漫画論2 日本の漫画の指さすもの』松田哲夫編、ちくま学芸文庫、2018年5月、本体1,600円、624頁、ISBN978-4-480-09856-6
増補 革命的な、あまりに革命的な――「1968年の革命」史論』絓秀実著、ちくま学芸文庫、2018年5月、本体1,500円、560頁、ISBN978-4-480-09864-1
初学者のための 中国古典文献入門』坂出祥伸著、ちくま学芸文庫、2018年5月、本体1,200円、320頁、ISBN978-4-480-09869-6
荒地/文化の定義のための覚書』T・S・エリオット著、深瀬基寛訳、中公文庫、2018年4月、本体1,000円、336頁、ISBN978-4-12-206578-9

★ちくま学芸文庫の5月新刊から4点。『鶴見俊輔全漫画論』は文庫オリジナル編集。解説者の福住廉さんによれば本書は鶴見さんの漫画論を網羅的に編纂した選集。「幼少の頃から漫画の熱心な読者だった鶴見は、戦後から晩年まで、同時代の漫画を盛んに論じた。〔…〕鶴見の人生には、つねに漫画が同伴しており、彼は漫画とともに思想を練り上げていたと言っても過言ではあるまい。/しかし鶴見俊輔の漫画論は、知の巨人としての知名度とは裏腹に、じつのところ正当に評価されてこなかったのではないか」(第1分冊、解説「反映論の彼方へ」645頁)。

★絓秀実『増補 革命的な、あまりに革命的な』は、2003年に作品社より刊行された親本を増補・改訂したもの。「文庫版あとがき」によれば「文庫化に際しては、やや長めの付論〔「戦後‐天皇‐民主主義をめぐる闘争――八・一五革命vs.一九六八年革命」(453~484頁)〕を書き下ろした。それは、現在の諸状勢にかんがみて六八年を再発見し、併せて、改めて六八年の視点から現在を論じた試みである」(517頁)と。解説「戦後民主主義の「革命的な」批判のために」は王寺賢太さんによるもの。同書について「2003年の刊行後、ただちに日本における「六八年」の運動史と理論・思想史に関する必読文献となった書物である。〔…〕このちくま学芸文庫版は、絓自身の最近の関心に基づく付論とともに、刊行後15年を経た今も古びることのない本書の今日的射程をよく伝える一冊となっている」(520頁)と評価しておられます。

★坂出祥伸『初学者のための 中国古典文献入門』は、2008年に集広舎(福岡)から刊行された『中国古典を読む はじめの一歩』の改題文庫化。「文庫版あとがき」によれば、誤植、脱字、錯字などの校正漏れを正し、「主として書名・人名などのむつかしい感じには読み仮名(ルビ)を付して、より多くの方々に読みやすいように心がけた」とのことです。

★T・S・エリオット『荒地/文化の定義のための覚書』は巻末の編集付記によれば、中央公論社版『エリオット全集』(改訂版、1971年)を底本として語句時に編集したもの。長編詩の代表作「荒地」(1922年)と、最晩年の評論「文化の定義のための覚書」(1948年)に、訳者の深瀬基寛さんによる講義録「エリオットの人と思想」(筑摩書房版『深瀬基寛集』第1巻、1967年所収)、さらに英文学者の阿部公彦さんによる解説「ほんとうのエリオットはどこに」が添えられています。エリオットは「文化の定義のための覚書」の第五章「文化と政治についての一つの覚書」でこう述べています。「山と積まれた印刷文字のなかで、最も深遠で最も独創的な作品が一般大衆の眼に触れ、彼等の注意をひく機会のないことはもちろん、そういうものを玩味するだけの資格をもつ相当多数の読者の注意を捉えることすらも稀であります。一時の流行もしくは時代の単なる情緒におもねるごとき思想の影響するところは遥かに大きいのであります」(204頁)。エリオットの直言は今なお示唆に富んでいると感じます。

+++

★ちょっとした事情によりコメントを付すのを中断せざるをえないのですが、ここ三ヶ月ほどでほかに注目してきた新刊には以下のものがありました。

ヨハネの黙示録』小河陽訳、講談社学術文庫、2018年5月、本体920円、240頁、ISBN978-4-06-292496-2
新校訂 全訳注 葉隠(中)』菅野覚明/栗原剛/木澤景/菅原令子訳、講談社学術文庫、2018年5月、本体2,450円、872頁、ISBN978-4-06-511642-5
宇治拾遺物語(下)全訳注』高橋貢/増古和子著、講談社学術文庫、2018年4月、本体2,500円、880頁、ISBN978-4-06-292492-4
エスの本――ある女友達への精神分析の手紙』ゲオルク・グロデック訳、岸田秀/山下公子訳、講談社学術文庫、2018年4月、本体1,580円、464頁、ISBN978-4-06-292495-5
哲学の練習問題』河本英夫著、講談社学術文庫、2018年4月、本体1,050円、288頁、ISBN978-4-06-292480-1
内省と遡行』柄谷行人著、講談社文芸文庫、2018年4月、本体1,700円、336頁、ISBN978-4-06-290374-5
帳簿の世界史』ジェイコブ・ソール著、村井章子訳、文春文庫、2018年4月、本体880円、414頁、ISBN978-4-16-791060-0
孤独な帝国 日本の一九二〇年代――ポール・クローデル外交書簡一九二一-二七』ポール・クローデル著、奈良道子訳、草思社文庫、2018年4月、本体1,500円、592頁、ISBN978-4-7942-2330-2
ボルヘス怪奇譚集』ホルヘ・ルイス・ボルヘス/アドルフォ・ビオイ=カサーレス編、柳瀬尚紀訳、河出文庫、2018年4月、本体830円、188頁、ISBN978-4-309-46469-5
ボートの三人男――もちろん犬も』ジェローム・K・ジェローム著、小山太一訳、光文社古典新訳文庫、2018年4月、本体880円、398頁、ISBN978-4-334-75374-0
ヨゼフ・チャペック エッセイ集』飯島周編訳、平凡社ライブラリー、2018年4月、本体1,200円、280頁、ISBN978-4-582-76866-4
ウンガレッティ全詩集』河島英昭訳、岩波文庫、2018年4月、本体1,260円、592頁、ISBN978-4-00-377006-1
文選 詩篇(二)』川合康三/富永一登/釜谷武志/和田英信/浅見洋二/緑川英樹訳注、岩波文庫、2018年4月、本体1,020円、416頁、ISBN978-4-00-320452-8
江戸川乱歩作品集 Ⅲ パノラマ島奇談・偉大なる夢 他』浜田雄介編、岩波文庫、2018年3月、本体1,000円、496頁、ISBN978-4-00-311816-0
全品現代語訳 法華経』大角修訳・解説、角川ソフィア文庫、2018年3月、本体1,200円、480頁、ISBN978-4-04-400391-3

★『内省と遡行』の「文芸文庫版へのあとがき」で柄谷さんは以下のような趣旨のことを述べておられます。2015年に行った講演「移動と批評――トランスクリティーク」(『思想的地震』ちくま学芸文庫所収)の最後で「30年前に未刊に終った「言語・数・貨幣」をこれから完成することも考えています」と話したが、私が近年取り組んでいる「力と交換様式」という論文がそういうものなのかもしれないと思い至った、と。「今考えていることも、かつて考えたことと似ています。「霊的な力」を口にするのだから。〔…〕このような問題が私において再来するということは、そこに私個人の意図や関心を越えたものがあるからだと感じています」(332~333頁)。

a0018105_15203446.jpg


+++

[PR]

by urag | 2018-05-13 18:48 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 10日

紹介記事、イベント情報など

「出版ニュース」2018年5月上旬号の「情報区」欄の「思想雑誌『多様体』創刊」(37頁)にて弊誌の内容を詳しくご紹介いただきました。ありがとうございます。

+++

★鵜飼哲さん(共訳:ジュネ『公然たる敵』)
★本橋哲也さん(共訳:スピヴァク『ポストコロニアル理性批判』)
ハミッド・ダバシ『ポスト・オリエンタリズム――テロに時代における知と権力』(早尾貴紀/本橋哲也/洪貴義/本山謙二訳、作品社、2017年12月)をめぐるトークイベントが以下の通り来月下旬に行われるとのことです。

◎鵜飼哲×本橋哲也×早尾貴紀「『ポスト・オリエンタリズム』を読み解く――サイード、スピヴァクとともに/を超えて、思想のゲリラ戦を!」

日時:2018年6月28日(木)18:30~
場所:三省堂書店神保町本店8階特設会場
下記いずれかの方に参加整理券を差し上げます。
A)対象書籍『ポスト・オリエンタリズム』を当店でお買い上げの方。
B)当日、会場にて参加料500円(税込)をお支払いの方。

+++

[PR]

by urag | 2018-05-10 18:18 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 08日

新規開店情報:月曜社の本を置いてくださる本屋さん

2018年4月27日(金)オープン
フタバ図書ジ・アウトレット広島店:BOOK450坪、文具60坪、カフェ70坪、ゲーム50坪、セル50坪、カープグッズ他(レジ・バックヤード含め)120坪
広島県市佐伯区石内東4-1-1 THE OUTLETS HIROSHIMA 1F

日販帳合。弊社へのご注文は、芸術書の主要銘柄。株式会社フタバ図書の代表取締役社長、世良與志雄さんの挨拶状では「ライフスタイルを提案する「見つかる・育てる・感じる 広島エンタテイメント」をコンセプトに、書店を中心に文具・CD/DVD、ゲーム、タリーズ(カフェ)を併設し、今までにない本との出会いを楽しんでいただける洗練された品揃えで、より多くのお客様に喜んでいただく所存」とのことです。営業時間は10:00~20:00。

「THE OUTLETS HIROSHIMA(ジ・アウトレット・ヒロシマ)」のウェブサイト下の店舗ページにある紹介文「フタバ図書の新しいカタチ-ジアウトレット広島店-」では「フタバ図書が目指すのは書店の新しい形です。情報発信の最先端として人々の新たな発見・機会の場となり、地域・人・文化を育む、そんな存在であり続けたいと思っています。本を中心にCD、DVD、ゲーム、文具などさまざまなエンタテインメントを組み合わせつつ、タリーズコーヒーも併設し、くつろぎの空間もご提供いたします。コンセプトは「見つかる・育てる・感じる 広島エンタテインメント」。従来の形にとらわれない柔軟な発想で、「広島にフタバ図書がある意味」を感じていただける複合書店として進化を続けて参ります」とも書かれています。

入居先の複合施設「THE OUTLETS HIROSHIMA」は、日販広島支店の支店長、岡田充弘さんの挨拶状を参照すると、「本格アウトレット×エンターテインメント×地域との出会い」をコンセプトに国内外の人気のブランドショップが集積したアウトレットフロアと、瀬戸内・広島の食文化やライフスタイルを体感できる「食」や、シネマ・アクティビティーなど体感型の「遊び」のコンテンツが充実したフロアから成る、賑わいあふれる“地域創生型商業施設”だそうで、全国に先駆けた「THE OUTLETS」第1号店なのだとか。

+++

前回、当ブログで新規開店情報を発信したのは昨年9月でした。弊社のような小零細の専門書版元に開店分の発注があることはさほど多くはなく、新規店のオープンにも波があります。一方で、閉店情報は継続的に耳に入ってきます。正確に言えば、閉店前に知るのは返品依頼がある時がほとんどで、たいていは事後的に気づくものなのですが。

09月24日:書原仙川店(トーハン帳合)
11月26日:旭屋書店イオン宮崎店(トーハン帳合)
02月20日:幸福書房南口〔代々木上原〕店(トーハン帳合)
02月28日:ブックファースト京都店(トーハン帳合)
02月28日:ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店(大阪屋栗田帳合)
03月21日:ジュンク堂書店松戸伊勢丹店(大阪屋栗田帳合)
03月31日:あおい書店川崎駅前店(トーハン帳合)
04月26日:山下書店渋谷南口店(トーハン帳合)
05月20日:新星堂カルチェ5柏店(日販帳合)※書籍売場のみ閉店、CD売場は継続。
06月25日:青山ブックセンター六本木店(日販帳合)

あおい書店川崎駅前店の閉店をめぐっては、「yamak's diary」2017年3月11日付エントリー「あおい書店 閉店とリアル大型書店の価値」を興味深く拝読しました。特に次のくだり。

「今リアル大型書店に将来性は全く期待されていません。もちろん自分もAmazonは利用しますし、電子書籍も買います。ただ自分にとってはリアル大型書店でしかない価値はいまだに大きい。/Web書店は買うものが明確に決まっているときはいいのですが、なんとなくその分野の本を調べたいときに一覧性が悪いです。物理的な書棚の背表紙の情報量に対し、ディスプレイの情報量は少なすぎる。〔…〕Amazon時代のリアル書店の方向性として、店主のセレクトショップ的な方向が注目されたりしています。でも自分はそれには全く興味ないですね。店主とのコミュニケーションにも全く興味がないです。/リアル大型書店には自分にとってはまだ大きな価値がある。ただその価値は多くの人にとってはなくなってきているのは事実だと思います。そこをなんとかする案が自分にあるかというと思いつかないです」。

リアル大型書店にはまだ大きな価値がある、という言葉に励まされる業界人は多いと思います。私も同感です(ちなみに私は「店主のセレクトショップ」も、センスの良い品揃えならたちまち好きになります)。紙の本を作る出版社と、紙の本を売る書店が「あってもいい」と思って下さる方がいるならば、とても嬉しいですし、人の目を気にせずに本をゆっくり選べる大書店がまだ望まれているなら、なおさら業界人はそのことを意識すべきです。ブログ主さんが書いているように、「その価値は多くの人にとってはなくなってきている」のかもしれないのですから。

書店さんの現在形は上記の新規店情報で見た通り「複合書店」です。もうしばらくは様々な複合形態が模索され続けるでしょうし、書店以外の小売店が書籍売場を新設する形態も引き続き追求されるだろうと思われます。そして「ポスト複合化」の鍵のひとつが、町の本屋さんの復活としての小規模セレクトショップにあることはおそらく間違いありません。昨今ではセレクトショップというと、VMD優先型の美的な複合店が思い浮かびますが、前述の「町の本屋さんの復活としての小規模セレクトショップ」というのはそれとは異なり、パターン配本に頼らず選書できる書店員さんがいて、地域に密着しつつ、書棚の手入れを怠らないような、小規模な本屋さんのことであって、チェーン店が展開している複合書店とは基本的に別物です。出版業界にとって大きな問題なのは、セレクト型の複合店にせよ大型店にせよ、人材不足が進行していることです。経験者をリストラして、より賃金の安い未経験者でも運営できるような店づくりが進んでいる現実がその背景にあります。結局のところ、書店員というのは未経験者でも簡単にこなせる職種とは言い難く、人材を失えば運営はままなりません。このことは「書店」を「出版社」と置き換えても同様のことが言えます。そうした事実――書店や出版社の仕事がプロフェッショナルな職能であること――がちゃんと認識されていないどころか、軽視されている気さえします。

最近では退職した書店経験者や版元経験者はますます業界外に移る傾向が強まっているように感じます。経験者を大切にしない業界はどんな職種であれ、衰退を避けられないだろうというのが私の意見です。出版業界にとって重要な課題は、経験者を大切にしうるほどの収益をいかに上げるかということです。今後、製造(出版社)と販売(書店)は利益分配をめぐっていっそう緊密に連携しなければならないでしょうし、それは相互の買収というかたちも当然含むことになるでしょう。そうした再編劇はすでに始まっています。

大型書店の衰退がどういった未来を招来するかについては語るべきことが多いのですが、いったんここで筆を擱きます。ここから先は昨年11月、第29回まで書いてその後中断ている「メモ」の続きを書くことになるからです。あれ以降、つまりここ半年間に、様々な出来事が業界を襲っており、注目すべき事案は多いです。しかし、今はそれを書き留めている時間すらもどかしいほどの変化が進行しています。出版業界の誰もが、とまでは言わないにしても大多数が、自分がまず死なないようにその日を精一杯生きるしかないような、立ち止まって考えているいとますら許されないような、そうした切迫した危機のさなかにいるのではないでしょうか。私たちは崩壊過程に直面しています。そしてその崩壊の中から、新しい樹々を育てなければならないのです。これは絶望の態度でも単純な盲目でもありません。終末でも革命でもない、二者択一ではないいばらの道。

+++

[PR]

by urag | 2018-05-08 19:44 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 07日

月曜社5月新刊:荒木優太『仮説的偶然文学論』

◆月曜社2018年5月新刊:人文/文芸/思想・批評:5月14日受注締切/5月22日取次搬入予定

仮説的偶然文学論――〈触れ‐合うこと〉の主題系
荒木優太著
月曜社 2018年5月 本体:2,000円 B6変判[180mm×114mm×23mm]並製336頁 ISBN: 978-4-86503-059-4


なぜ「たまたま」や「ひょんなこと」や「奇跡」で小説を組み立ててはいけないのか。昭和10年代、中河与一の偶然文学論は近代文学伝統のリアリズムに対して果敢に挑戦した。本当にリアルなのは偶然の方なのだ。が、その偶然なるものは、どんな〈触れ‐合い〉を排除することで成り立っているのか。中河、国木田独歩、寺田寅彦、葉山嘉樹のテクストに宿るcontingencyを、〈遭遇 con-tact〉と〈伝染 con-tagion〉、つまりは〈触れ‐合うこと con-tangere〉の主題系として読み解く。偶然という言葉でもってなにかを語った気になってはいけない。新シリーズ〈哲学への扉〉創刊!

目次:
序 偶然を克服/導入せよ?
第一部 コンタクト
第一章 偶然性の時代
第二章 中河与一『愛恋無限』と日本的伝統
第三章 国木田独歩『鎌倉夫人』と主題〈場所性〉
第四章 国木田独歩『号外』と主題〈外部性〉
第五章 国木田独歩『第三者』と主題〈感性〉
第六章 国木田独歩の諸作と主題〈断片性〉
第二部 コンテイジョン
第七章 中河与一の初期小説と主題〈伝染性〉
第八章 寺田寅彦の確率論
第九章 寺田寅彦の風土論
第一〇章 葉山嘉樹文学の住環境と主題〈混合性〉
第一一章 葉山嘉樹の寄生虫
終章 偶然的他者との幅のある出会い方
あとがき
文献
索引

荒木優太(あらき・ゆうた:1987-):在野研究者。専門は有島武郎。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。ウェブを中心に大学の外での研究活動を展開している。2015年、「反偶然の共生空間――愛と正義のジョン・ロールズ」が第59回群像新人評論賞優秀作となる。著書に『これからのエリック・ホッファーのために――在野研究者の生と心得』(東京書籍、2016年)、『貧しい出版者――政治と文学と紙の屑』(フィルムアート社、2017年;『小林多喜二と埴谷雄高』ブイツーソリューション、2013年の増補改題版)。

a0018105_11082077.png


+++

[PR]

by urag | 2018-05-07 11:06 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 07日

ドイッチャー賞受賞作の訳書一覧

イギリスのマルクス主義歴史学者アイザック・ドイッチャー(Isaac Deutscher, 1907-1967)とその伴侶タマラ(Tamara Deutscher, 1913-1990)を記念し、英語圏で出版されたマルクスおよびマルクス主義をめぐる革新的な研究に対して毎年贈られる「ドイッチャー賞(the Deutscher Memorial Prize)」の受賞作(1969-2017)の訳書をまとめてみました。記載のない年は訳書がないか受賞なしの場合です。研究者の名前だけ記載しているのは、受賞作が翻訳されていないものの、他の著作や編書の訳書がある場合です。2018年はマルクス生誕200周年ですので、ブックフェアやコーナーづくりのご参考になれば幸いです。

2015年
タマシ・クラウス

2013年
グローバル資本主義の形成と現在:いかにアメリカは、世界的覇権を構築してきたか
レオ・パニッチ/サム・ギンディン著、長原豊監訳、芳賀健一/沖公祐訳、作品社、2018年

2010年
資本の「謎」:世界金融恐慌と21世紀資本主義
デヴィッド・ハーヴェイ著、森田成也ほか訳、作品社、2012年

2009年
ベン・ファイン

2003年
近代国家体系の形成:ウェストファリアの神話
ベンノ・テシィケ著、君塚直隆訳、桜井書店、2008年

1999年
カール・マルクスの生涯
フランシス・ウィーン著、田口俊樹訳、朝日新聞社、2002年

1997年
ロビン・ブラックバーン

1996年
ドナルド・サスーン

1995年
20世紀の歴史:極端な時代(上下)
エリック・ホブズボーム著、河合秀和訳、三省堂、1996年

20世紀の歴史:両極端の時代(上)
エリック・ホブズボーム著、大井由紀訳、ちくま学芸文庫、2018年6月7日発売予定

1994年
市民社会の帝国 : 近代世界システムの解明
J・ローゼンバーグ著、渡辺雅男/渡辺景子訳、桜井書店、2008年

1993年
ハーヴェイ・J・ケイ

1992年
必要の理論
L・ドイヨル/I・ゴフ著、遠藤環/神島裕子訳、勁草書房、2014年

1991年
要塞都市LA
マイク・デイヴィス著、村山敏勝/日比野啓訳、青土社、2001年;増補新版2008年

1990年
A・J・メイア

1989年
美のイデオロギー
テリー・イーグルトン著、鈴木聡ほか訳、紀伊國屋書店、1996年

1988年
ボリス・カガルリツキー

1986年
エレン・メイクシンス・ウッド

1985年
所有と進歩:ブレナー論争
ロバート・ブレナー著、山家歩/田崎愼吾/沖公祐訳、日本経済評論社、2013年

1984年
失われた美学:マルクスとアヴァンギャルド
マーガレット・A・ローズ著、長田謙一ほか訳、法政大学出版局、1992年

1980年
現代資本主義の論理:対立抗争とインフレーション
ボブ・ローソン著、藤川昌弘ほか訳、新地書房、1983年

1979年
G・A・コーエン

1977年
S・S・プロウアー

1976年
社会化と政治体制:東欧社会主義のダイナミズム
W・ブルス著、大津定美訳、新評論、1982年

1975年
M・リーブマン

1974年
イスラームと資本主義
M・ロダンソン著、山内昶訳、岩波現代選書、1978年;岩波現代選書特装版、1998年

1972年
A・ギャンブル/P・ウォルトン

1970年
マルクスの疎外理論
I・メサーロシュ(イシュトヴァン・メーサロシュとも)著、三階徹/湯川新訳、啓隆閣、 1972年;再版1975年

+++

[PR]

by urag | 2018-05-07 01:27 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)