人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 05日

月刊誌『みすず』読書アンケート号発売

a0018105_1465769.jpg

月刊誌『みすず』2013年1/2月合併号は毎年恒例の「読書アンケート特集」です。今年も多種多様な本が挙がっており、たいへん参考になります。ジュンク堂書店池袋本店をはじめ、この「読書アンケート特集」をもとにブックフェアが開催されています。弊社からはバトラー『権力の心的な生』と、ド・マン『盲目と洞察』を出品しています。

読書アンケートで取り上げられた弊社の本は以下の通りです。まず、上村忠男さんが御自身のご高訳書であるアガンベン『到来する共同体』に言及され、思想集団ティックーンの論文「ブルームの理論」を取り上げておられます。Théorie du Bloomはウェブ上でPDFが無料配布されています。

加藤幹郎さんはロザリンド・E・クラウスの最新評論集『Perpetual Inventory』を取り上げられ、その際、クラウス+ボワ『アンフォルム』に言及されています。弊社の出版活動に過分のお言葉を頂戴しました。ジュンク堂書店難波店店長の福島聡さんには岡本源太『ジョルダーノ・ブルーノの哲学』を取り上げていただき、「圧倒的な印象」と評していただきました。

李孝徳さんにはバトラー『権力の心的な生』を取り上げていただきました。ベル・フックス、チャンドラー・モーハンティ、ジェルメーヌ・ティヨンらの訳書とともに、「長らく邦訳が待望されていたフェミニズム・ジェンダー論の著作〔…〕いわゆる学術では終わらないフェミニズムの射程にあらためて深い感銘を受けた」と記されています。

巽孝之さんはポール・ド・マン『読むことのアレゴリー』(岩波書店)を取り上げられ、弊社の『盲目と洞察』にも言及していただきました。「デリダの盟友ド・マンの理論的本質をふまえて初めて、脱構築は歴史化されるとともに、歴史そのものが脱構築であることも実感されるだろう」と指摘されています。國分功一郎さんにも『盲目と洞察』を取り上げていただきました。「静謐さと倫理を精密に組み立てた構築物」であるド・マンの文章を「実に見事に日本語に移し替えた」と評していただいています。また、十川幸司さんにも人文書の翻訳もので強い感銘を受けたものとして『盲目と洞察』を挙げていただきました。

特に弊社の訳本を指定していただいたのではないのですが、鵜飼哲さんはヴィリリオ『民衆防衛とエコロジー闘争』に言及しつつ、一年を振り返っておられます。杉橋陽一さんには片山廣子『野に住みて』を取り上げていただきました。「彼女の短歌はケルトとも繋がっているのがおもしろい」と評していただきました。写真家の大島洋さんには中平卓馬『都市 風景 図鑑』を取り上げてくださり、「時代を彷彿とさせる」と書かれています。

+++

さて現在、東京堂書店神田神保町店の3Fでは、土田知則さんの選書によるブックフェア「ポール・ド・マン・ルネサンスのために」が開催されています。選書コメントを集めた小冊子(写真右)が無料配布されています。また、先日も告知しましたが、明日2月6日18:30より、同店6Fの「東京堂ホール」にて、ブックフェアと同名のトークセッションが行われます。土田さんと巽孝之さんの対談です。参加費は800円(ドリンク付)で、要予約(電話03-3291-5181)です。ブックフェアを担当されているMさんが司会をおつとめになられます。

by urag | 2013-02-05 13:22 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 03日

注目新刊:藤田直哉『虚構内存在』作品社、など

a0018105_1872539.jpg

虚構内存在――筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉
藤田直哉(ふじた・なおや:1983-)著
作品社 2013年1月 本体2,400円 46判上製336頁 ISBN978-4-86182-424-1

帯文より:10年代本格批評の誕生! 3・11以降急速に政治化するオタク、貧困にあえぐロスジェネ世代……、絶望の淵に立たされる今、高度電脳化世界の〈人間〉とは何かを根源から問う。「世界がSF化した21世紀、筒井康隆の超虚構力が甦る。その可能性から跳躍した藤田の批評は、夢と希望と勇気を与えてやまない」(巽孝之:慶應義塾大学文学部教授・SF批評家)。

目次:
はじめに 虚構内存在との新たなる生の次元にむけて
第一部 なぜ、いま筒井康隆が必要なのか
 第一章 なぜ、いま筒井康隆が必要なのか
 第二章 戦後史の中の筒井康隆――「武器としての笑い」と「楽器としての笑い」
第二部 超虚構理論と虚構内存在
 第三章 超虚構理論とフリードリヒ・フォン・シラー
 第四章 虚構内存在の存在論
 第五章 内宇宙の神話――《集合的無意識》から「文化的無意識」へ
 第六章 感情移入の理論
 第七章 機械化した良識――『朝のガスパール』から『断筆宣言』まで
第三部 虚構内存在の切り拓く新たなる《生》の次元
 第A章 虚構内存在の政治
あとがき

筒井康隆 略年譜

★発売済。早大一文文芸専修を卒業後、東工大社会理工学研究科の博士後期課程に在学中の、SF評論の大型新人による単独著第一作です。「ゼロアカ道場」でも活躍し、現在『ダ・ヴィンチ』誌の「7人のブックウォッチャー」を担当されているほか、『ユリイカ』『SFマガジン』等の媒体で活躍。新書も複数冊進行中とのことです。

★「世界内存在」(ハイデガー)ならぬ「虚構内存在」(筒井康隆)という概念は、「フィクションの中のキャラクター」や「文字に書かれたもの全て」、「メディア越しに「現実」を理解することしかできず、自らの生を支えるために理想や理念、思想などの様々な「虚構」を必要とせざるをえない我々の生」(10頁)を意味しています。その前提となるのが「超虚構理論」で、それは次の三つの特徴があるとのことです。「虚構の中にも存在を感じ、実際に生きている自分も登場人物であると思うかのような人間観」。「現実もまた虚構かもしれず、虚構もまた現実かもしれないという虚構と現実の境界の融解の認識」。「信念や思想もまた虚構であり、人間はその虚構に操作されて内面もあるのかないのかわからない」。高度電脳社会に生きる私たちはすでに「虚構内存在」なのだ、と著者は教えます。

★「虚構内存在」は嘘と偽りにまみれた暗い側面も否応なく有してはいるでしょうが、本書は巽さんが推薦文に書いた通り「夢と希望と勇気を与えてやまない」ものでもあります。「新しい認識が切り拓かれ、そして新しい社会像を提示し、新しい希望を提示し、新しい理念を提示していくこと――フィクションと政治はそのように関係しあってきた。おそらくは、これからもそれは変わらないだろう。〔…〕人類史において未だに開示されていない未曾有の生の次元を切り拓く、奇跡の可能性を探し求めたい。〔…〕政治と文学、虚構と現実の問題を思考し続けてきた筒井康隆のテクストの軌跡から」(16頁)。「超虚構とは、その〔人が生きるために必要な〕虚構を相対化して見る超越的な立場もまた虚構でしかないことを自覚しながらも、その虚構たちの無意味で虚無的な無底性を指し示しつつ、虚構とのあり方を再考するための試みである」(266頁)。

★闇の中の光、光の中の闇、絶望の中の希望、希望の中の絶望。引き裂かれつつも抱きかかえようとする人間のさだめは批評家の宿命でもあります。藤田さんのデビュー作『虚構内存在』は彼の魂が帯びている熱の強烈な輻射を感じさせます。燃えあがる炎をそのまま叩きつけたような書き下ろしです。


新版 テロルの現象学――観念批判論序説
笠井潔(かさい・きよし:1948-)著
作品社 2013年1月 本体2,800円 46判上製480頁 ISBN978-4-86182-423-4

帯文より:フランス革命、ロシア革命、連合赤軍、ポル・ポト、オウム事件、9・11テロ……、なぜ、21世紀の今日に至るまで、人々を解放するはずの思想=観念は、テロと殺掠、そして終わりなき“暴力”を生み出すのか。刊行時代反響を呼んだ作家の原点。連合赤軍事件とパリへの“亡命”という自らの《68年》体験を綴りながら、21世紀以降の未来に向けた新たなる書き下ろしとともに、復活!

目次:
はじめに
序章 観念の廃墟
1 自己観念
 第一章 観念の発生
 第二章 観念の欺瞞
 第三章 観念の背理
2 共同観念
 第四章 観念の矛盾
 第五章 観念の逆説
 第六章 観念の倒錯
3 集合観念
 第七章 観念の対抗
 第八章 観念の転変
 第九章 観念の遍歴
4 党派観念
 第十章 観念の顛倒
 第十一章 観念の簒奪
 第十二章 観念の自壊
終章 観念の浄化
補論 68年ラディカリズムの運命――『テロルの現象学』以後三十年
引用文献
旧版あとがき
文庫版あとがき
新版あとがき

★発売済。作品社より1984年に単行本初版が刊行され、その後1993年にちくま学芸文庫となった著者の代表作が新版として再刊されました。巻末の特記によれば「文章の修正をほどこし、新たに註をつけ、書き下ろし「補論 68年ラディカリズムの運命」を加え」たものとのことです。内容から見て巻頭の「はじめに」も今回新たに加えられたものかと思います。そこには「新版には補論「68年ラディカリズムの運命」を付した。若い読者は、補論を先に読んでから本論に取りかかるほうがわかりやすいかもしれない。68年ラディカリズムが辿った「運命」を再確認するため、新たに書き下ろした補論は旧世代の読者にも読んでいただければと願っている」(2頁)とのことです。この補論は338頁から459頁まで100頁以上もある長いものです。

★「新版あとがき」にはこう書かれています。「若書きの著書を再刊しようと思いたったのは、補論でも書いたような情勢の急迫に促されてのことだ。東日本大震災と福嶋原発事故を転回点として、戦後日本の「平和と繁栄」は終わり「戦争と衰退」の新時代が到来した。その帰結として2012年の、脱原発運動の高揚や日中軍事衝突を予感させた尖閣危機も生じている。〔…〕新たな危機の時代、大衆蜂起の時代を生きるだろう新世代に、68年の私的な総括として書かれた『テロルの現象学』を読んでもらいたいと思った」(475-476頁)。

★また、こうも書かれています。「三十年前には本論部分として、引き続き『テクストの現象学』、『エロスの現象学』、『ユートピアの現象学』を書こうと計画していた。初版の事情で放置されてきた三部作の構想だが、新版『テロルの現象学』刊行を機に、少なくとも『ユートピアの現象学』は完成したいと考えはじめている。/〔『テロルの現象学』が目指した〕観念論批判は〈超越的なるもの〉の現象学として構想された。人間存在の超越的経験を最初から終わりまで全体として記述するのには、〈超越的なるもの〉の第一次元を構成する美的経験(『テクストの現象学』)や、第二次元のエロティシズム経験(『エロスの現象学』)の検討が不可欠であるとしても、新たな大衆蜂起の時代を迎えて緊急に要求されているのは、第三次元の革命経験をめぐる『ユートピアの現象学』ではないだろうか」(477頁)。

★『虚構内存在』と『新版 テロルの現象学』の編集を担当されたのはFさんです。時代に即応した鋭い問題意識とやむにやまれぬ言論への情熱を兼ね備えた、10年代を背負って立つ優秀な若手編集者の一人です。今回の2冊の新刊は文芸書売場の評論・批評棚でも、人文書売場の日本現代思想でも、どちらでも展開できる本ですが、書店さんによっては文芸書と人文書の最前線を横断しうる「批評」の分野をもっと耕したいとお考えかもしれません。この分野は佐々木敦(1964-)さんや東浩紀(1971-)さん、宇野常寛(1978-)さんや濱野智史(1980-)さんなどの書き手によって牽引されてきたものです。従来の棚の縦割り管理では充分にそのネットワークや多様なレイヤーを表現しきれないこの「批評」の分野は、文芸書と人文書の分断を飛び越していく特異点です。この特異点は実は昔から存在していたものなのですが、近年再度見直されつつあると言っても過言ではなく、今後の新しい売場構成の鍵のひとつであることは間違いありません。

by urag | 2013-02-03 18:07 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 01日

間章著作集刊行記念ミニフェア@千駄木・往来堂文芸書コーナー

今週発売の『間章著作集I 時代の未明から来たるべきものへ』の刊行記念フェアが、千駄木の往来堂書店さんの文芸書コーナーで昨日(2013年1月31日)より開催されています。「1978年に32歳でこの世を去った音楽批評家・間章(Aida Akira)の著作集1が月曜社から刊行されました。記念ブックフェアを開催! 敢えて文芸書コーナーで(!!)... 」(2013年1月31日18:40、@ohraido)とtwitterで告知いただいているほか、同店のフェイスブックでも告知されています。

今回の新刊『間章著作集』についてはなにせ間章さんがお亡くなりになってから今年で35年になりますので、書店さんの現場にいらっしゃる若い世代の方々からの反応をなかなかいただけない反面、ヴェテラン書店員の方々からは「懐かしいなあ。当時はずいぶん売ったんだよ」とのお声をいただきました。そんななか、往来堂のフェアのご担当Oさんからは熱いオファーを頂戴し、本当に嬉しいです。Oさん、ありがとうございます。Oさんからいただいた店頭写真をご覧になって頂けるとお分かりになるかと思いますが、弊社の大里俊晴『マイナー音楽のために――大里俊晴著作集』(2010年)、同『ガセネタの荒野』(2011年)、高柳昌行『汎音楽論集』(2006年)、大谷能生『貧しい音楽』(2007年)なども併売していただいています。

a0018105_1719413.jpg

a0018105_1720674.jpg

a0018105_17202295.jpg

a0018105_1720379.jpg

+++

さて、続いてイベント情報です。『間章著作集』の編集を担当していただいている須川善行さん(@Niwanionegai)が高円寺の「円盤」で毎月読書会を開催されているのですが、今月は第I巻刊行記念ということでパーティが開かれます。皆様のお越しをお待ちしております。

『時代の未明から来たるべきものへ』発刊記念パーティ

日時:2012年2月18日 (月)19:00-
場所:円盤(杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F、TEL/FAX 03-5306-2937 営業時間13-22時、火曜定休)
料金:2,000円
案内人:須川善行

内容:元『ユリイカ』編集長にして、映画『庭にお願い』のプロデューサーでもある須川善行あらため才蔵が、文章が難解なことで知られるジャズ批評家、間章の主著『時代の未明から来たるべきものへ』を読み解こうというけっこう無謀な月例企画。しかし、今回はその『時代の未明から来たるべきものへ』がついに復刊されましたので、発刊記念のパーティーを開催致します。1ドリンク&軽食付きです。

by urag | 2013-02-01 17:21 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 01日

新規開店情報:月曜社の本を置いてくださる予定の本屋さん

2013年2月23日(土)改装オープン
丸善岡山シンフォニービル店:940坪(図書765坪、文具・喫茶175坪)
岡山県岡山市北区表町1-5-1
日販帳合。弊社へのご発注は人文書および文芸書を数点。取次の案内状によれば「什器の大幅な入替によりリフレッシュ効果を演出し、実用書・文庫・新書・社会科学の強化による地域一番の品揃えと児童書・コミック売場の増床による若年層の集客アップを図り、幅広いお客様のご要望にお応えできる店舗づくりを進め」るとのことです。児童書とコミックを増床とのことですが、トータルの売場面積は変わっていませんから、売場構成を変えた(つまり児童書とコミック以外の分野が減った)ということだろうと思います。丸善書店の工藤恭孝社長の記名がある依頼状では「今回の商品選定にあたりましては、弊社主要店及びジュンク堂書店基幹(原文ママ)店舗の販売データ・スタッフの選書をもとに、立地条件を加味しながら厳選」したとのことです。

2013年3月16日(土)オープン
蔦屋書店仙台泉店:3000坪(図書1000坪、レンタル265坪、セル200坪、その他1535坪)
宮城県仙台市泉区大沢2-12-4
日販帳合。弊社へのご発注は芸術書のメイン商品と文芸書数点。イオンタウン仙台泉大沢店に隣接。取次の出品依頼によれば、昨年11月に開店した「ひたちなか店」同様の、最大規模の旗艦店舗とのこと。経営母体であるトップカルチャーの清水秀雄社長の記名がある挨拶状では、昨年「前橋みなみモール店」「フォレオ菖蒲店」「ひたちなか店」をオープンしており、今回で大型店舗4店舗目の出店、と紹介されています。「新たな楽しみを発見し、楽しみを通じて家族や仲間が集う場の提供、そして家族三世代で1日ゆっくりと過ごせるお店となるような品揃え・売場構成にしています」とのことです。売場構成のうち「その他」というのは、同店の求人情報から確認する限り、カフェや文具雑貨売場、輸入食品や酒類の売場などを含んでいるようです。また、同情報では勤務時間が「6:00~24:00※時間応相談、土日祝勤務可能な方大歓迎」となっていますから、営業時間もかなり長そうです。

強いて辛口に言えば、もともと超大型店の展開経験が少ないチェーンでの新規店の特徴は、新刊配本を出版社や取次のパターンに任せがちなところです。せっかく新規開店時に出品しても、弊社のようなパターン配本をしない専門書版元にとっては、あとが続かないのです。店舗によってはEメールやFAXなどで新刊案内を受け付けて「いない」お店もあるため、新刊情報すらなかなかお届けできません。専門書の新刊が事前発注なしにパターン配本で入荷することなどほとんどありません。そういう体制で巨大な売場を維持できるのかなあと疑問に思います。

by urag | 2013-02-01 11:27 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)