人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 04日

冊子「本の島」第一号、第二号

昨年(2009年)、50歳の若さでお亡くなりになった編集者・津田新吾さんが生前に構想していた「本の島」というプロジェクトへのオマージュとして、ここ数ヶ月間青山ブックセンター本店でブックフェア「本の島――「オマージュ 津田新吾」」が展開され、二度にわたってトークイベントも開催されました(5月16日:「本の島」をめぐる対話vol.1 管啓次郎×野崎歓×鄭暎惠トークイベント/6月19日:「本の島」をめぐる対話vol.2 堀江敏幸×前田英樹×冨原眞弓トークイベント)。その際、イベント来場者に冊子が配布されました。船出を予感させるヨットのようなかたちをした、手作りの素敵な冊子です。

冊子にはまず冒頭に、本の島実行委員会からの挨拶文があり、続いて「「本の島」の書棚」と題して、津田さんが青土社、書肆風の薔薇/水声社で手掛けられた本の一覧があり、ブックフェアで陳列している関連書の本のリストが続き、最後に青山BC本店の担当者・寺島さやかさんの挨拶文が載っています。ここまでが第一部。第二部は寄稿からなっており、詳細は以下に列記します。私も寄稿しました。第一部と第二部は大きさの異なる三角形であるため、見開きにした時にヨットに見えるのです。添えられたイラストには、本があたかもカモメのように舞っています。フェア会場でそれらの冊子は公開されているそうですが、ウェブ上では内容についての情報が少ないので、寄稿依頼者の了解を得て、以下に写真とともに紹介します。

a0018105_17432387.jpg

本の島へ 〔写真左〕
編集・発行 本の島実行委員会(ブログ
2010年5月16日発行
制作・デザイン BEKA(ブログ
イラスト 鈴木英果

内容:「津田新吾の編集した本から、「私の三冊」あるいは「私と三冊」を選んでください、そんなシンプルな問いをさまざまな方に投げかけてみました。この冊子に収められたのは、そんな単純な難問への返答です」(本の島実行委員会)。

寄稿者:
管啓次郎(すが・けいじろう:詩人・比較文学者)「本が本としておとなしく本の世界だけに留まっているのでは物足りない」
山本充(やまもと・みつる:『ユリイカ』編集長)「津田新吾の本 私の三冊」
桂川潤(かつらがわ・じゅん:装本家)「最初で最後の依頼」
谷昌親(たに・まさちか:早稲田大学教授、フランス文学・映像論)「島に渡るための乗船券」
姜信子(きょう・のぶこ:作家)「(無題)」
西口徹(にしぐち・とおる:河出書房新社、編集者)「(無題)」
柴田元幸(しばた・もとゆき:東京大学教授)「(無題)」
柳瀬徹(やなせ・とおる:編集者)「(無題)」
本橋哲也(もとはし・てつや:東京経済大学教授、英文学・文化研究」「「本の島、島の本」――津田新吾さんの志へむけて」
月永理絵(つきなが・りえ:出版社〈港の人〉、編集者)「(無題)」
和泉仁士(いずみ・ひとし:紀伊國屋書店出版部)「(無題)」
笹浪真理子(ささなみ・まりこ:スイッチ・パブリッシング編集部)
越川芳明(こしかわ・よしあき:明治大学教授、アメリカ文学)「津田新吾と作る本」
山元伸子(やまもと・のぶこ:ブックデザイナー)「(無題)」
樽本周馬(たるもと・しゅうま:国書刊行会編集部)「(無題)」
淺野卓夫(あさの・たかお:サウダージ・ブックス)「私と三冊」
大友哲郎(おおとも・てつお:無職、元青土社営業部)「(無題)」
後藤享真(ごとう・きょうただ:東京外国語大学出版会)「(無題)」
鵜戸聡(うど・さとし:京都造形芸術大学非常勤講師)「(無題)」
小林浩(こばやし・ひろし:月曜社取締役)「私と3冊」
吉成秀夫(よしなり・ひでお:書肆吉成・札幌)「石狩シーツの枕もと」
古賀弘人(こが・ひろと:イタリア文学)「(無題)」
大竹昭子(おおたけ・あきこ:文筆家)「(無題)」
宮崎志乃(みやざき・しの:NTT出版書籍編集部)「(無題)」
伊香祝子(いか・しゅくこ:CLILAJ、日本ラテンアメリカ子どもと本の会、スペイン語講師)「(無題)」
阿部日奈子(あべ・ひなこ:詩人)「(無題)」
藤田省一(ふじた・しょういち:フランス文学研究、翻訳論)「(無題)」
吉田大作(よしだ・だいさく:中央公論新社、編集者)「あとがきの名前」
岩津航(いわつ・こう:金沢大学准教授、20世紀フランス文学・比較文学)「津田新吾さんと私の3冊」
陣野俊史(じんの・としふみ:批評家・フランス文学者)「津田新吾さんの作った本の中でもっとも記憶に残っているのは」
佐久間文子(さくま・あやこ:朝日新聞文化グループ)「(無題)」
竹中龍太(たけなか・りゅうた:リアル・アリーナ)「(無題)」
樋口良澄(ひぐち・よしずみ:編集者)「(無題)」
今福龍太(いまふく・りゅうた:文化人類学者)「(無題)」
石塚千恵子(いしづか・ちえこ:主婦・編集)「「本の島」へ――私の(と)津田さんの作った本三冊」


本の島へ Vol.2 〔写真右〕
編集・発行 本の島実行委員会
2010年6月19日発行
制作・デザイン BEKA
イラスト 鈴木英果

寄稿者:
堀江敏幸(ほりえ・としゆき:作家、フランス文学者)「アンケート――津田新吾三景」
冨原眞弓(とみはら・まゆみ:フランス文学、哲学)「「本の島」の岸辺に――津田さんにささぐ」
鵜飼哲(フランス文学・思想)「(無題)」
大辻都(おおつじ・みやこ:フランス語圏文学)「(無題)」
岡本由希子(おかもと・ゆきこ:編集者)「(無題)」
小柳学(こやなぎ・まなぶ:左右社代表)「(無題)」
米田綱路(よねだ・こうじ:図書新聞)「(無題)」
上野千鶴子(うえの・ちづこ:社会学者)「津田新吾「本の島」」
酒詰治男(さかづめ・はるお:フランス語、仏文学専攻)「思い出す、津田新吾」
東辻浩太郎(とうつじ・こうたろう:左右社)「津田新吾さんの書物たち(いつの間にか)」
中島郁(なかじま・ふみ:クインテッセンス出版編集部、元青土社同僚)「「本の島」のはじまり」
野崎歓(のざき・かん:フランス文学者・翻訳家・エッセイスト)「津田新吾、自由自在」
鄭暎恵(ちょん・よんへ:社会学(教信)者、元(詩人+岳人))「(無題)」

***
なお、第一号に寄稿した拙文は字数の関係で一部削除されています。寄稿依頼者の了解のもと、以下に完全版を公開します。

私と3冊   2010年4月29日 小林浩(月曜社取締役)

ジュディス・バトラー『ジェンダー・トラブル』竹村和子訳(1999)
ジュディス・バトラー『アンティゴネーの主張』竹村和子訳(2002)
S・サリー『ジュディス・バトラー』竹村和子他訳(2005)

 津田新吾さんと初めて同席したのは、ジュディス・バトラーが来日した2006年1月14日のことだった。お茶の水女子大学講堂で「Undoing Gender」と題する講演が行なわれた。私は津田さんのお名前をそのずっと前から知っていたし、津田さんも私のことを憶えてくださっていたと思う。講演会が終わり、バトラーさんを見送ったあと、私はK書店本店人文書担当のYさんらと連れだってお茶を飲んだ。津田さんのパートナーである鈴木英果さんも一緒だった。津田さんはその席に合流されたのだった。

 津田さんは座るなり、私の手帖を見て「ブレポルスですね」とそっと言った。あとにもさきにも、手帖のブランドをひとから一目で言い当てられたのはこの一度しかない。そのまなざしはおだやかだった。津田さんは当時バトラーの訳書を二冊刊行し、さらにバトラー入門も手掛けられていた。私には、始まったばかりのバトラーの翻訳企画があった。津田さんが担当された様々な本を私は愛読してきたけれど、バトラーがいなければ、そして彼女が来日しなければ、私と津田さんは会わないままかもしれなかった。

 津田さんの視線は静かに目の前の同席者に注がれていた。そのいっぽうでつねに未来へ、前へと進まねばならない予感に満ちているようにも見えた。しばらくして津田さんは途中で退席された。次の仕事へ向かわねばならなかったのだ。

 いまからちょうど一年前の2009年5月、青土社退職の葉書をいただいた。「これからは、野に放たれた編集者として職人仕事を継続し、書物という複製技術に愛情をこめて、素晴らしい本の世界をさらに探究する所存です」とあった。私はその弾むような活きいきとした言葉に触発されてすぐに連絡を取ろうとしたものの、先輩編集者の苦労を前に軽々しい挨拶はできないぞと躊躇した。それからわずか数カ月後のことだ。青土社のOさんとの何気ない会話のなかで、津田さんが亡くなったことを知らされた。絶句するほかはなかった。

 津田さんが著者や読者からいかに愛された編集者だったかについては、私があらためて書くまでもない。遅かれ早かれひとは誰しも死ぬ。しかし津田さんの旅立ちは早かった。私たちは津田さんが手掛けた書物から、彼の挙措の痕跡をいまなお窺い見ることができる。これらの本をとくとごらんなさい、あなたにも彼のユートピアが見えないか?

by urag | 2010-07-04 17:52 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(1)
2010年 07月 02日

新規開店情報:月曜社の本を置いてくださる予定の本屋さん

2010年9月2日(木)
ジュンク堂書店渋谷店:1100坪
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店本店7F
大型書店の雄、ジュンク堂がついに満を持して渋谷に進出です。取次はT。渋谷の覇権は90年代のパルコブックセンター渋谷店(現リブロ渋谷店)、00年代のブックファースト渋谷店(渋谷文化村通り店に縮小移転)を経て、現在は新旧勢力が入り乱れて混沌とした様相を呈しています。

80年代までの地域の重鎮だった大盛堂書店本店は05年6月に閉店しましたが、駅前店(旧称)として残っていたコミック中心の店舗は昨今、専門書の品揃えを少しずつ強化しつつあるのか、最近弊社の本も発注がかかるようになってきた印象があります。

ジュンク堂としては当然のことながら、「渋谷地区一番の品揃えを目指」すとアピールしています。実際に、専門書販売では優位に立つことが予想されます。ジュンク堂の進出で、渋谷の書店勢力図は大きな変化を強いられるかもしれませんが、同じ大日本印刷(DNP)グループ内の文教堂書店渋谷店はポジションはどうなるのでしょう。

業界紙が伝えているように、ジュンク堂書店は大日本印刷グループ傘下のCHIグループ(丸善およびTRCを擁する)と来年2月に経営統合します(「新文化」10年6月29日付「CHIグループ、来年2月にジュンク堂書店と経営統合」、「ITmedia News」10年6月29日付「DNP、ジュンク堂をCHIの完全子会社に」)。DNPサイドのプレスリリース「グループ企業再編に伴う子会社の異動に関するお知らせ」では再編の意図が明かされており、必読です。来月には丸善は店舗事業を「丸善書店」として分社化し、なんとその社長にはジュンク堂の現社長である工藤恭孝さんが就任されます。会長はCHIグループ社長の小城武彦さん。つまり単純化すると、丸善のトップだった小城さんはその後TRCの上に立っただけでなく、ジュンク堂の上にも立ったことになり、いっぽうジュンク堂のトップは丸善に移ることになるわけです。ジュンク堂自体の新しい社長は今月中に株主総会で決定されるのだとか。後任に注目が集まります。

工藤さんは文教堂GHの取締役でもありましたが退任されるとのことです。文教堂は先々月DNPの子会社になったばかりのためか、今回のグループ内再編には組み込まれておらず、CHIグループには入っていません。しかしいずれ統合されていくのは時間の問題かもしれません。DNPがそれぞれを子会社化していった時点で予想できたことではありますが、以前当ブログに書いた「丸善=ジュンク堂=文教堂」連合体であるMJB書店がいよいよ現実味を増していくのかもしれません。

CHIグループは6月29日の報道を受けて、「一部報道機関において、当社の連結子会社である丸善株式会社が、他社と共同で新ブランドの書店を展開するとの報道がなされましたが、本件は当社が発表した内容ではありません」と即日発表しました。これは「日経新聞電子版」10年6月29日付の記事「ジュンク堂と丸善、共同ブランドの新型書店を展開」で、「大日本印刷傘下のジュンク堂書店(神戸市)と丸善は共同で、新ブランドの書店を展開する。9月にも東京・渋谷の東急百貨店に第1号店を出し、年内に最大3店舗を出店する計画だ」云々と書かれたことに対するアナウンスだと思われます。

日経の記者がどれくらい裏を取ったのかは不明ですが、東急百貨店に出店するのは新ブランドではなく明らかにジュンク堂書店なので、経営の新体制を新ブランドと深読みしたのでしょうか。MJB書店が将来的に出現するかもしれない可能性は確かにあるものの、丸善は書店業界の最古参としてブランド名を捨てることはないでしょうし、ジュンク堂も(そして文教堂も)その名を捨てはしないでしょう。重要なのは、他の書店チェーンを圧倒するブロック化がどんどん進んでいるということで、看板の問題ではありません。

【10年7月9日追記】業界紙「新文化」10年7月6日付記事「ジュンク堂書店、丸善とダブルブランドで出店」によれば、9月2日に渋谷の東急百貨店本店7階に出店するのは、ジュンク堂書店ではなく「丸善&ジュンク堂書店渋谷店」とのことです。これは、CHIグループは表向きは否定する構えを見せていた日経新聞記事が、多少の「表現の違い」はあれ、本当だったことを意味するのではないでしょうか。「新文化」によれば、「2号店として10月9日に広島市中区の天満屋広島八丁堀店7、8Fに1200坪で出店する。また、単独屋号では10月中旬に東京・吉祥寺の伊勢丹跡地のビルの6、7階に1100坪で出店する予定」とのこと。

CHIグループのウェブサイト上では「新文化」記事に反論するようなプレスリリースは今のところありません。かわりに昨日8日付のプレスリリースで、「大日本印刷 CHI グループ 国内最大級の電子書店を今秋開設――紙の書籍と電子出版コンテンツの制作・製造・配信までをワンストップで提供する「ハイブリッド出版ソリューション」を強化」という驚くべき発表がありました。

このプレスリリースによれば、電子書店の概要は以下の通りです。

・約10 万点のコンテンツを揃えた国内最大規模の電子書店。
・パソコンやスマートフォンをはじめ、読書専用端末、多機能端末など、あらゆる表示端末に向けて電子出版コンテンツを販売する予定。
・CHI のオンライン書店「bk1」と連携し、電子出版コンテンツと紙の書籍を取り扱い、生活者の希望に応じた多様な選択肢を提供。

あくまでも私の予想ですが、「bk1」との連携というのは、将来的にはbk1との事業統合を含んでいるものと思います。その時、「bk1」の名前は消滅するのかもしれませんが、おそらくスタッフは新書店に移ることでしょう。

さて話は戻ってダブルネームの「丸善&ジュンク堂書店渋谷店」ですが、少なくとも発注書を見る限り、選書しているのは丸善ではなくジュンク堂のスタッフです。今後2号店、3号店が出ていくとして、おそらく選書を担当するのはやはりジュンク堂でしょう。これは何を意味するのでしょうか。私は先日、丸善もジュンク堂も歴史のある書店であり、屋号を捨てることはないだろうと書きました。それが今回のいかにも座りの悪すぎるダブルネームの現実として当面は帰結しているわけですが、丸善の社長がジュンク堂の工藤さんになるのですから、CHIグループとしては、丸善の書店事業の中身をジュンク堂仕様に変えていくことを考えている、ということなのかもしれません。かつて丸善のインターネット事業でアマゾンの力を借りたように、です。

とすると、ふつうに考えれば、丸善に守旧派勢力が存在すると仮定した場合は、こうした統合劇に言い知れぬ不安を感じているかもしれません。なにせ、あれよあれよという間に会社がどんどん変化していくわけですから。あるいは小城さんへの信頼が絶対的なものであれば、丸善はいまや従来の姿から「脱皮」することをもう受け入れているのかもしれません。

いずれにせよ、CHIグループ傘下の書店店売や外商、ネット販売はそれぞれ将来的にダブルネームやトリプルネームをやめてもっとシンプルな名前に変わっていくはずです。正直な話、このような再編があると、10年前は誰が予想しえたでしょうか。舵はついに切られました。今年から来年にかけて、電子書籍市場や従来の流通=取次は、これによって良くも悪くも、社外協力も含めた合理化と、業界内での自社の「ポジショニング決定」を強く迫られることになるでしょう。

by urag | 2010-07-02 18:09 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 01日

今週末のイベントで先行販売:杉浦康平『多主語的なアジア』工作舎

多主語的なアジア
杉浦康平著
工作舎 2010年7月10日店頭発売開始/取次搬入7月8日 本体2800円 A5判並製カバー装284頁 ISBN978-4-87502-427-9

◆版元紹介文より:革新的な手法でグラフィックデザインの可能性を切り拓いてきた杉浦康平。1960年代前半から今日までの、執筆、インタビュー、講演、対談などの、テクストを精選・集成したシリーズ「杉浦康平デザインの言葉」(第1期5冊)の刊行が始まります。その第1回配本『多主語的なアジア』では、「アジアのカタチ・アジアの心」、「光る眼」、杉浦日向子との対談「見えないものが、この世界を支えている」、日高敏隆との対談「主張する模様」、津野海太郎が聞き手となったインタビュー「アジアの多主語的世界に魅せられて」等を収録。シリーズは5巻で構成され、第2回配本では文字をテーマにした『文字の霊力(れいりき)』が、以降、アジアの美、地図、ブックデザインがテーマとなって、杉浦グラフィズムの源流をたどります。

◆目次:
【1】
「生命記憶」、そして「照応しあう」こと…
アジアのカタチ・アジアの心
生命のざわめきに 聴き耳をたてる…
生命記憶を形にする…
【2】
見えないものが、この世界を支えている ---杉浦日向子さんとの対話
主張する模様 ---日高敏隆さんとの対話
【3】
光る眼
唐草文(からくさもん)、生命樹(せいめいじゅ)の吐息
「天の火・地の水」 荒(すさ)ぶる神輿(みこし)
天の双龍(そうりゅう) 古鏡(こきょう)が語る宇宙図
【4】
「オームの波動」宿す
アジアの森羅万象をみたす多主語的なもの
アジアの多主語的世界に魅せられて---聞き手=津野海太郎

★工作舎さんによれば、第1回配本『多主語的なアジア』は「森羅万象の声に耳をかたむけるアジアの多主語的世界観をテーマにテクストを集めた」とのことです。同舎からいただいた書影や本文などの写真を下段に掲載しましたのでご覧ください。とにかく美しい本で、思わずうっとりします。杉浦さんが装丁造本を担当された本はどれも素晴らしいものばかりですから、この機会にぜひ書店さんでは杉浦さんが手掛けられた本を集めてブックフェアを開催してほしいなと一読者として熱望したいです。実に壮観な書棚ができるはずです。青山ブックセンター本店と六本木店では、杉浦さんの著作+造本ブックフェアを新刊発売と同時に展開するそうですよ※。

★なお同書の刊行を記念して7月4日(日)に青山ブックセンター本店で開催される、杉浦さんと中島岳志さんのトークイベント 「〈オームの波動〉宿す地にて」 において、『多主語的なアジア』は先行販売されます。対談相手に中島さんを指名したのは、杉浦さんご自身だと聞きました。書店での店頭発売が都内の超大型書店では7月9日以降、大都市の大型書店クラスでは10日以降、その他では週明けの12日以降から順次店頭発売になると思われるので、フライングで入手したい方はぜひトークイベントへ行ってみてください。イベント用にサインシートが付いているそうなので、レアですよ。

◎杉浦康平×中島岳志トークショー「〈オームの波動〉宿す地にて
日時:2010年7月4日(日)16:00~18:00(開場15:30~)
会場:青山ブックセンター本店・カルチャーサロン青山
定員:120名様
料金:700円(税込)
※予約詳細は青山ブックセンターwebサイトへ

内容:二人は何度かインドを訪れている。杉浦グラフィズムの源流をなし、中島の書くエネルギーを育んだインド。インドの地に何があるというのか……。『杉浦康平デザインの言葉 多主語的なアジア』の刊行を記念して、著者・杉浦康平と気鋭の論者・中島岳志が語り合う。「よき対談相手をうると、相手の言葉に触発され、私のからだの奥深くにしまわれていた着想が思いがけない言葉となって飛び出してくる。私にとって対談は、楽しい思考訓練の場でもあった」(同書序文より)。当日会場では、著者のサインシート付き『多主語的なアジア』を、先行発売します。

書影
a0018105_12225316.jpg

a0018105_12232219.jpg


a0018105_12235552.jpg

本文
a0018105_12243720.jpg

a0018105_1225876.jpg


***
※青山BC本店での「杉浦フェア」の写真を工作舎さんからいただきました。六本木店でのスタートもまもなくのようです。なお、工作舎さんは月島から大久保に今月引っ越しされるそうです。【2010年7月17日追記】
a0018105_184010.jpg

a0018105_1842779.jpg

***
エキサイトブログは、ユーザーの不満を押し切って、本日(2010年7月1日)からエントリーの個別ページの下段に自動的に広告を載せるような仕様に強制変更し始めました。正直な話、うんざりですが、無料ブログなだけにこういう余分なものが追加される可能性は排除できません。お目障りかもしれませんが、ご了承ください。

by urag | 2010-07-01 12:25 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)