人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 18日

尾崎写真集の書評がコムコム.comに掲載されました

PLACE M発行、月曜社発売の、尾崎大輔写真集『写真は私たちの記憶を記録できるのですか?』および『』の書評が、コムコム.comさんのDaily Jiyuコーナーに掲載されました。評者は三橋輝さんです。

写真は~』については、「「記憶」とは決して「眼」によってのみ支配されるものではない。そして、「見える」彼が「見えない」彼女の写真を撮り、「見えない」彼女が「見える」彼の写真を撮ったこの行為の瞬間の結果として現れるこの二葉の写真こそ写真(カメラ/撮影)という機械が可能にした新たなコミュニーケーションの誕生の「記録/記憶」に他ならないのではないのだろうか」と評していただきました。

また、『』については、「工藤氏ただ一人が波打ち際という「境界線」の上で舞踏を行う姿からは、まさに肉体の、その存在の奥底を、私たちの前に投げ出さんとする試みが此岸と彼岸の間での往復運動を伴って切迫感と共に写真を見る私たちを揺さぶる」と評価していただきました。三橋さん、ありがとうございました。

***

また、旧聞に属しますが、「STUDIO VOICE」誌07年12月号の「2007年のベスト・カルチャー・カタログ200!」で、弊社刊行のトニ・ネグリ『芸術とマルチチュード』と、森山大道『ハワイ』が取り上げられました。

芸術とマルチチュード』は「評論など」部門で取り上げられました。評者は大森俊克さんです。「本書は芸術論でありつつ、ネグリが敬愛するドゥルーズの思想に相通じる、真にラディカルな政治思想書ともなっている」と評していただきました。大森さん、ありがとうございます。

ハワイ』は「写真集」部門で取り上げられました。評者は富田秋子さんです。「新たな森山写真の傑作が出現」と評していただきました。富田さん、ありがとうございます。

by urag | 2007-12-18 12:56 | PLACE M | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 16日

12月20日発売:マイク・デイヴィス『自動車爆弾の歴史』

『要塞都市LA』(青土社、2001年)、『感染爆発--鳥インフルエンザの脅威』(紀伊國屋書店、2006年)に続く、アメリカの作家マイク・デイヴィス(1946-)の日本語訳第三弾『自動車爆弾の歴史』が河出書房新社さんから、今週木曜日に発売されます。訳者は金田智之さんと比嘉徹徳さん。原書はVersoから今春発売されたばかりの"Buda's Wagon: A Brief History of the Car Bomb"です。

このたび刊行される訳書の帯文にはこうあります。「1920年、ウォール街で炸裂した一台の馬車とともにはじまった「貧者の空軍」=自動車爆弾による惨劇の悪循環――『要塞都市LA』『感染爆発』などで来たるべき世界の暗黒をえぐりつづける著者がおくる、かつてない旋律の現代史」。装丁は前田晃伸さん。最高にcoolなカバーです。

目次は以下の通り(アラビア数字は実際は漢数字になっています)。12月20日発売:マイク・デイヴィス『自動車爆弾の歴史』_a0018105_59502.jpg
1 ウォールストリート 1920年
2 貧者の空軍
3 幕開けの爆轟
4 ジャッファ・オレンジ
5 サイゴンの男
6 プラスチック爆弾の祭典
7 悪魔の種
8 爆弾都市へようこそ
9 「ブラック・スタッフ」
10 死者を嘲ること
11 地獄の厨房
12 ベイルート・ヒルトン
13 自動車爆弾大学
14 自爆する虎
15 ソフト・ターゲット
16 ロス・コチェス・ボンバ
17 包囲網下の都市
18 恐怖をもたらす方法
19 ブッシュ殺害計画・オクラホマ爆破
20 ジハードの惑星
21 イラクの君主
22 地獄の門

以上です。馬車から自動車、そして航空機へ、乗物に爆弾を載せるテロ行為の発達史が見て取れます。巻末の「訳者あとがき」によれば、明石書店より、杉浦勉訳『マジカル・アーバニズム』(原書00年刊)と酒井隆史訳『スラムの惑星』(原書06年)が続刊予定だそうです。実に楽しみです。原書では今秋、『野蛮人を讃えて--帝国に抗するエッセイ』が上梓されています。知の軍事化に抵抗するフランスの思想家ポール・ヴィリリオに関心を払ってきた読者はきっとデイヴィスの本も興味を惹かれるでしょう。オススメです。

by urag | 2007-12-16 05:15 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 16日

アマゾンが落札したローリングの手書き本『詩人ビードルの物語』の画像を公開

『ハリー・ポッター』シリーズでお馴染みの作家J・K・ローリングの執筆と挿絵によるハンドメイド本『詩人ビードルの物語(The Tales of Beedle the Bard)』が、12月13日、ロンドンで開催されたオークションで4億5千万円で落札されたのはニュースで目にしていましたが、落札者がアマゾンだったとは知りませんでした(アマゾン・ジャパンではなく、米国アマゾンです)。競売会社はかのサザビーズAFP通信によれば、この本は「7冊のみ限定制作された。7冊とも半透明のベラム紙にローリングが手で書きイラストをつけたもので、カバーは皮製でシルバーや宝石で飾られている。うち6冊はハリー・ポッターの著書に関わった6人に贈られ、残る1冊のみがオークションに出品された」とのこと。

アマゾンは早くもウェブサイトで本の表紙と中のページの画像を公開。ローリングさんのメッセージ映像も見ることができます。「今後、それぞれのおとぎ話の書評と画像をご紹介していく予定」とのこと(米国本家ではレヴューが掲載され始めています)。慈善活動の一環として造られた本ですから、画像の公開は有料にはしないでしょう。でもいずれアマゾンはこの本を一般読者が読めるようにしたいのかもしれません。そのときはさすがに有料なのでしょうね。有料にしてその売上も寄付、ということになるのかどうか。サザビーズの出品概要では、「著作権を販売するものではない。購入者は作品を出版したり複製することはできない」と特記されていましたから、アマゾンが著者とどう交渉するのか(たぶんもう「した」のでしょう)、興味深いところです。

また、本好きとして気になるのは、ローリングさんが書き込んだ「イタリア製の手作りのノート」。実物はカスタマイズされている様子なので、まったく同じというわけにはいかないようですが、本家アマゾン・コムで、「Epica handmade Italian leather」を検索してみてください。背や表紙やスピンやギザギザの小口が似た雰囲気のノートが複数ヒットします。製造元のEPICAのウェブサイトはどうも重いです。ひょっとして、ローリング効果? 日本でもEPICA製品が遠からずネットオークションなどに出品されそうな予感。

by urag | 2007-12-16 01:54 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 16日

サルトル『存在と無(II)』、ちくま学芸文庫にて発売

サルトル『存在と無(II)』、ちくま学芸文庫にて発売_a0018105_122818.jpgサルトル『存在と無(II)』がちくま学芸文庫にて10日に発売されました。第II巻は第三部「対他存在」を収録しています。第III巻は来月発売。

ついに発表された「ちくま学芸文庫 復刊投票2007」での復刊書目10点の中に、サルトルの『マラルメ論』が入っていました。こちらは来春発売予定。復刊書目は「得票をもとに上位10点」が選ばれたそうですが、さすがに10点ではあれもこれもという壮観には至らず、若干の心残りが。次回に繋がることを期待しています。

なお、今月のちくま学芸文庫では、かつて朝日出版社から81年に刊行されていたメルロ=ポンティの『心身の合一--マールブランシュとビランとベルクソンにおける』も発売されています。また、めでたく創刊二周年を迎えたMath & Scienceシリーズでは、74年に講談社から刊行されていたパウリの『相対性理論』上下巻(内山龍雄訳)などを発売。執筆時、パウリは21歳。すごいですねえ。

かつて講談社は本書のほかにもパウリの本を多数刊行していました。75年には『物理と認識』や『量子力学の一般原理』を、76年には『パウリ物理学講座』全6巻を。ちくま学芸文庫でこれらも再刊されたらなあと思います。

by urag | 2007-12-16 01:22 | 本のコンシェルジュ | Trackback(1) | Comments(0)
2007年 12月 16日

12月14日発売のDVDと新刊:ブレードランナー、EHM、クリドラ

12月14日発売のDVDと新刊:ブレードランナー、EHM、クリドラ_a0018105_0532114.jpg14日発売の商品で予約を入れていた、リドリー・スコット『ブレードランナー アルティメット・コレクターズ・エディション』とジョン・パーキンス『エコノミック・ヒットマン』とあしべゆうほ『クリスタル☆ドラゴン(25)』が翌15日に届きました。

新宿バルト9での『ブレードランナー ファイナル・カット』の上映をぼやっとしているうちに見逃してしまい、悲しみにくれていたところ。ブルーレイでの発売がないのは、ダグラス・トランブルが証言している高画質のオリジナルネガがいずれ初公開となりうるような可能性を秘めているからでしょうか。一ファンとしてはそう信じたいところです。

『エコノミック・ヒットマン--途上国を食い物にするアメリカ』(古草秀子訳、東洋経済新報社)は「デモクラシー・ナウ!」の著者インタビューを視聴して以来、個人的に待望していた日本語訳。原書は04年刊。映画のような本当の話で、話題沸騰間違いなしの予感。一流企業のエコノミストたちが工作員として他国の経済をアメリカのいいように陥れていくという怖すぎる話。彼らが失敗すると、暗殺屋であるジャッカルや軍隊が出動して事にあたり、国家を転覆させると言います。こういう「仕事」をする人々が日本社会でもいるような気が。今年原書が刊行された続編『アメリカ帝国秘史』の翻訳も待たれるところ。

クリスタル☆ドラゴン(25)』(ボニータコミックス、秋田書店)はいよいよアリアンとバラーの対決が間近であることを感じさせる展開。あの象徴的な存在が壊れてなくなっちゃったけど、いいのだろうか? いいのか、引き継がれているんだから。年一回のペースで進んでいるコミック発売を毎回楽しみにしています。

by urag | 2007-12-16 00:49 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 14日

WINC:新自由主義状況における出版メディアと人文学

WINC(Workshop in Critical Theory)のブログ「WINC通信」で本日より告知されていますが、来月の例会にパネラーとして参加することになりました。

◎08年1月例会「新自由主義状況における出版メディアと人文学

日時:2008年1月26日(土曜日) 午後2時から
場所:東京外国語大学海外事情研究所会議室 研究講義棟四階 427
※東京外国語大学の住所は「府中市朝日町3-11-1」です。西武多摩川線(中央線武蔵境駅にてのりかえ)多磨駅下車徒歩4分。あるいは、京王線飛田給駅下車北口からの循環バスで5分、「東京外国語大学前」下車です。

提題者:守田省吾(編集者、みすず書房)、小柳暁子(フリーランス編集者)、小林浩(編集者、月曜社社長)
司会:岩崎稔(東京外国語大学)

***

私ごときを呼んでいただき恐縮しております。肩書きが「社長」となっていますけれども、社長ではなく、ただの取締役です。さらに「編集者」とも記載していただいていますが、私は編集者と呼ばれるよりむしろ営業マンとして名乗っている方が落ち着きます。営業へのこだわりは話が長くなるのでまた別途。

by urag | 2007-12-14 18:05 | イベント告知 | Trackback | Comments(2)
2007年 12月 13日

アラン・バディウの状況論第四弾はサルコジ批判

フランスの哲学者アラン・バディウ(1937-)の『状況論 Circonstances』第四弾"DE QUOI SARKOZY EST-IL LE NOM ?"が、Nouvelles Éditions Lignesより発売になりました。「サルコジ時代」における政治の荒廃と可能性を問います。

バディウの状況論はこれまでに、03年に第一巻「コソヴォ、911、シラク/ル・ペン」、04年に第二巻「イラク、スカーフ、ドイツ/フランス」、05年に第三巻「『ユダヤ人』という言葉の射程」がLéo Scheerから刊行されています。「リーニュ」誌はHazanやLéo Scheerをこれまで発売元にしてきましたが、ついに発行元を立ち上げたというわけでしょうか。

バディウの著書の日本語訳には、『ドゥルーズ--存在の喧騒』(98年、河出書房新社)、『倫理』(04年、河出書房新社)、『哲学宣言』(04年、藤原書店)、『聖パウロ』(04年、河出書房新社)があります。状況論もどこかで出版されるのだろうと待っていますが、なかなか出ませんね。ボリュームがそれぞれ小さいので、新書には向いているかもしれません。時事的なものだけに、話題になりそうな反面、翻訳までの鮮度を心配されたりするのでしょう。

by urag | 2007-12-13 16:55 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(2)
2007年 12月 12日

月曜社は07年12月7日で創業満七周年を迎えました

毎年だいたい自分たちはスルーしてしまい、お祝いの言葉をいただいてから気づくのですが、先週金曜日の12月7日は、弊社の創業記念日でした。満七周年になります。ご挨拶が遅くなりましてすみません。もう七年経ったのか、と驚いてしまいます。生き残っているのが奇跡のようです。ありがたいことです。皆様の日ごろのご愛顧に篤く御礼申し上げます。これからもいっそうがんばります。

2007年に出版した本

自社発行
1月:ポール・ヴィリリオ『民衆防衛とエコロジー闘争』河村一郎・澤里岳史訳【哲学思想】
5月:トニ・ネグリ『芸術とマルチチュード』廣瀬純・榊原達哉・立木庸介訳【哲学思想】
6月:森山大道『大阪+』【写真】
7月:森山大道『ハワイ』【写真】
9月:モーリス・ブランショ『書物の不在』【哲学思想・フランス文学】
10月:大谷能生『貧しい音楽』【音楽】
11月:ヴェルナー・ハーマッハー『他自律--多文化主義批判のために』増田靖彦訳【哲学思想】
12月:片山廣子『新編 燈火節』【日本文学】

自社重版
1月:ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック』2刷【カルチュラル・スタディーズ】
1月:大竹伸朗『ネオンと絵具箱』2刷【美術】
5月:ジョルジョ・アガンベン『アウシュヴィッツの残りのもの』5刷【哲学思想】
11月:高柳昌行『汎音楽論集』2刷【音楽】

発売元請負
3月:熊木裕高『吠えない犬』PLACE M発行【写真】
4月:『表象01』表象文化論学会発行【哲学思想】
12月:尾崎大輔『写真は私たちの記憶を記録できるのですか?』PLACE M発行【写真】
12月:尾崎大輔『無』PLACE M発行【写真】

以上、自社本8点、発売元請負4点でした。

ところで皆様、「吉野家シンガポール」のウェブサイトをご存知でしょうか。私はアメーバニュースで知ったのですが、本当にユニークですね。初めてご覧になる方はぜひ音声も楽しんでください。ことばに携わる仕事をしている身として「正しい日本語」云々を申し上げるつもりは毛頭ありません。多少ユルくても許される例もあると思いました。ご自在に迷うな~

by urag | 2007-12-12 19:17 | ご挨拶 | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 11日

でるべん:かつてパルコブックセンターという書店があった!

でるべん(出版関係勉強会)の08年1月勉強会が、1月18日午後7時15分より、東京・池袋の東京芸術劇場会議室で開かれる、という告知が「新文化情報掲示板」に掲載されています。曰く、「講師は梶村陽一(元A/Zブック&カフェ、元パルコ)、矢部潤子(リブロ池袋本店、元パルコブックセンター)、小林浩(月曜社)の3氏。90年代のパルコBCを中心に語る。参加費は1000円。終了後に行われる懇親会は4000円(予定)。問合せ・申込みは、でるべんの会blogから」と。

詳報は、同会ブログの該当記事でご覧いただけます。私は「コーディネーター」となっていますが、実際は司会の真似事をする程度で、今回の勉強会はでるべんの皆さんが企画したものです。私が呼ばれたのは、以前からいわゆるセゾン文化に興味を持っていて、元リブロの田口久美子さんが『書店風雲録』を刊行された当時にAZブックカフェで開催されたトークイベントに出ていた、というご縁があったりしたからのようです。

来月の勉強会は、パルコBCとリブロの違い(あるいはパルコと西武百貨店の違い)がどこにあったか、当時の証言が聞ける場となるはずです。

by urag | 2007-12-11 22:15 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 08日

『書物の不在』美本がブックファースト自由が丘店に

『書物の不在』美本がブックファースト自由が丘店に_a0018105_1225049.jpgていねいにシュリンクされた『書物の不在』の美本が、5冊もブックファースト自由が丘店の人文書売場にありました。品切本との思いがけない出会いに「おおー」と声を上げてしまいました。

自由が丘店の店長のHさんは元渋谷店の手練れの人文書担当。本を大切に扱ってくださいますし、目をつけた本の在庫確保には発売前から抜かりがありません。さすがだなあ。

かのミシュランガイドも相当な数を仕入れて二日間で完売されたとか。見事な「読み」ですね。一版元の目から見て、安心してお付き合いできる書店員さんです。

by urag | 2007-12-08 01:22 | 人文書既刊 | Trackback | Comments(2)