人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 22日

「bmr」12月号に『ブラック・アトランティック』の書評

ブルース・インターアクションズの月刊誌「bmr (ブラック・ミュージック・リヴュー)」06年12月号の「Kool Hype!」欄に、『ブラック・アトランティック』の書評が掲載されました。評者は岩間慎一さん。「とくに“ブラック・ミュージックと真正性の政治学”の章は興味深く、我々が何気なく使う「黒っぽさ」という感覚の在りかを、ゴスペルやレゲエ、ヒップホップなどを通して語り尽くしている」と評価していただきました。岩間さん、ありがとうございました。

by urag | 2006-11-22 13:00 | 人文書既刊 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 21日

楽天フリマが終了して

古本を初めとする中古商品の横断検索サイトだったEasyseekが楽天フリマに統合されてサービスを終了したのが、05年4月27日。今度は06年11月13日、楽天フリマに代わり楽天オークションがスタートし、11月24日にはフリマは終了します。これを機会に楽天からひとまず撤退するという古書店さんが私の知っている限りでは続出しています。リニューアルに伴い、出品者は再度新規登録をせねばならず、固定価格というのも一切なくなるようです。

それだけではなく、出品している商品データがフリマからオークションへ自動的に移行されることがないため、一点ずつ再入力しなければならなかったり、出品者ごとに顧客に向けて配信する新着商品情報メールが全部停止になったり、商品の配送方法についても、郵便局が提供する高額送料のサービスしか使えなくなるとのこと。冊子小包は不可。古書店さんや個人出品者さんにとってみれば、楽天のシステム変更には付き合いきれないといった本音があるようです。

一顧客として私も楽天のやり方にはちょっとついていけないです。検索してきた本の「あしあと」が全部消えてしまったのも残念。これでおおよそ、古書の横断検索は、「日本の古本屋」や「スーパー源氏」「Old Book Mark」などを頼るしかなくなるかもしれない。いわゆる個人出品者は業者とは違うのでこれらに参入するわけにはいかないでしょう。ヤフオクやアマゾン・マーケット・プレイスに移るとか、そうした選択肢があるにしても実際に移るかどうか。わかりません。

by urag | 2006-11-21 20:18 | 雑談 | Trackback | Comments(6)
2006年 11月 20日

ジェイムズ・クリフォード来日公演06年12月13日

第3回アイハウス・アカデミー
「複数の伝統的未来――グローバル化時代における先住民運動の新たな展開と歴史叙述をめぐる諸問題」ジェイムズ・クリフォード(カリフォルニア大学サンタクルーズ校教授)
司会:太田好信(九州大学教授)

日時:06年12月13日(水)19:00-20:30
会場:国際文化会館・講堂(港区六本木5-11-16 電話03-3470-3211)
言語:英語/日本語(同時通訳つき)
会費:一般1,500円、学生1,000円(学生証をご提示ください)
お申し込み:国際文化会館企画部 program@i-house.or.jp あてにお名前とご連絡先(電話・電子メールなど)をお知らせください。ウェブサイト http://www.i-house.or.jp からもお申し込みいただけます。

内容:いま世界では、グローバル化が進む一方で、文化的アイデンティティをめぐる自立した帰属意識が高まるという矛盾をはらんだ複雑な状況が生まれている。そうした背景を踏まえたうえで、クリフォードが自らの最近の先住民運動比較研究について語る。

by urag | 2006-11-20 16:01 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 19日

今週の注目新刊(第76回:06年11月19日)

◎注目の新書・文庫

a0018105_0141812.jpg
人権と国家――世界の本質をめぐる考察
スラヴォイ・ジジェク(1949-):著 岡崎玲子(1985-):訳・インタビュー
集英社新書 06年11月刊 756円 新書判221頁 ISBN:4-08-720367-0
●「脱線しまくるジジェク」を堪能できる初めての本。

エコシフト――チャーミングに世界を変える方法
マエキタミヤコ(1963-):著
講談社現代新書 06年11月刊 777円 新書判254頁 ISBN:4-06-149868-1
●巻末の文献案内の「オルタナティブなものに触れられる本」で取り上げられている書目に若干不満があるのですが、それは大きな問題ではありません。エコシフトとは「経済を環境経済に転換させること」。左でも右でもない、日常生活ベースの政治運動というものについて、いろいろ考えさせられます。

適当手帳
高田純次:監修 06年11月刊 1,000円 新書判144頁 ISBN:4-7973-3764-8
●新書サイズですが、単行本扱いのようです。手帳売場でもありません。ただ、手帳好きとしては新刊平台で渋い色目の本書につい目がいってしまい、手にとって毎頁に繰り広げられる脱力系オヤジギャグを読んでいるうちに思わず買ってしまった次第です。ソフトバンク新書『適当論』(06年3月刊)をきっかけに生まれたユル~い企画。

現代建築に関する16章――空間、時間、そして世界
五十嵐太郎:著
講談社現代新書 06年11月刊 777円 新書判269頁 ISBN:4-06-149867-3

欲ばり過ぎるニッポンの教育
苅谷剛彦(1955-)+増田ユリヤ(1964-):著
講談社現代新書 06年11月刊 777円 新書判254頁 ISBN:4-06-149866-5

中央公論文芸欄の明治
中公文庫編集部:編
中公文庫 06年10月刊 1,500円 文庫判320頁 ISBN:4-12-204757-9
●同時に明治編よりヴォリュームのある『中央公論文芸欄の大正』も発売。

斎藤隆介童話集
斎藤隆介:著
ハルキ文庫:角川春樹事務所 06年11月刊 714円 文庫判221頁 ISBN:4-7584-3262-7
●大人になってから読む童話ってなぜ胸にしみるんでしょうね。『新美南吉童話集』『浜田広介童話集』も同時発売。

イヴの七人の娘たち
ブライアン・サイクス:著 大野晶子:訳
ヴィレッジブックス:ソニー・マガジンズ 06年11月刊 861円 文庫判377頁 ISBN:4-7897-3002-6
●親本は01年刊。今回の文庫の売行次第では、姉妹編『アダムの呪い』(04年刊)もいずれ文庫化されるかも。

***

◎注目の単行本

世界資本主義 (1) 新情報革命と新資本主義の登場
岩田弘(1929-):著
批評社 06年11月刊 3,360円 A5判475頁 ISBN:4-8265-0451-9
●第1部は「旧版刊行の64年以降に起きた世界史的な事件の歴史的総括」。旧版の諸論考は第2部として刊行されます。

世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す
ジョセフ・E・スティグリッツ(1943-):著 楡井浩一:訳
徳間書店 06年11月刊 1,890円 46判414頁 ISBN:4-19-862254-X

ブルネルの生涯と時代――産業革命を演出した快男児イザムバード・キングダム・ブルネル
R・アンガス・ブキャナン著 佐藤建吉:監修 大川時夫訳
LLP技術史出版会 06年10月刊 4,830円 A5判324頁 ISBN:4-434-08485-2

ビクトリア時代のアマチュア天文家――19世紀イギリスの天文趣味と天文研究
アラン・チャップマン:著 角田玉青+日本ハーシェル協会:訳
産業図書 06年11月刊 5,250円 B5変形判428頁 ISBN:4-7828-0160-2

戦争の表象――東京大学情報学環所蔵第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスターコレクション
吉見俊哉:編
東京大学出版会 06年11月 4,410円 A4判248頁 ISBN:4-13-001003-4
●米、加、英、印、仏、伊の6ケ国のプロパガンダ・ポスター図版約660点をオールカラーで収録。

ワルシャワ・ゲットー――捕囚1940-42のノート 〔新版〕
エマヌエル・リンゲルブルム(1900-1944):著 ジェイコブ・スローン:編 大島かおり:訳
みすず書房 06年11月刊 4,410円 46判378+8頁 ISBN:4-622-07249-1

最新右翼辞典
堀幸雄(1929-):著
柏書房 06年11月刊 12,600円 A5判686頁+図版16頁 ISBN:4-7601-3023-3

理趣経講讃
松長有慶(1929-):著
大法輪閣 06年11月刊 2,940円 A5判253+19頁 ISBN:4-8046-1243-2
●密教経典の現代語訳と解説。

論説大日経
宮坂宥勝:著
四季社 06年10月刊 7,140円 A5判329頁 ISBN:4-88405-380-X

道元禅師全集 (3) 正法眼蔵 原文対照現代語訳
道元:著
春秋社 06年10月刊 5,250円 ISBN:4-393-15023-6
●第19「古鏡」から第30「看経」までを収録。

中世の預言とその影響――ヨアキム主義の研究
マージョリ・リーヴス(1905-2003):著 大橋喜之:訳
八坂書房 06年10月刊 10,290円 菊判662+56頁+図版48頁 ISBN:4-89694-881-5

ヘミシンク入門――未知領域への扉を開く夢の技術
坂本政道(1954-)+植田睦子:著
ハート出版 06年11月刊 1,365円 A5判114頁 ISBN:4-89295-549-3
●著者の坂本氏は、モンロー研究所公式認定ゲートウェイ・アウトリーチ・トレーナー。

オールアバウトシュヴァンクマイエル
Lucaの本:エスクァイアマガジンジャパン 06年11月刊 1,680円 A5判135頁 ISBN:4-87295-106-9

チャペック戯曲全集
カレル・チャペック+ヨゼフ・チャペック:著 田才益夫:訳
八月舎 06年11月刊 3,990円 A5判566頁 ISBN:4-939058-09-3

建築家の講義 - ル・コルビュジエ
ル・コルビュジエ:著 岸田省吾:監訳 桜木直美:訳
丸善 06年11月刊 1,680円 B6判78頁 ISBN:4-621-07766-X
■版元紹介文より:原著が出版された1943年、56歳のル・コルビュジエは一つの節目を迎えていた。すでに新しい建築の「世界的権威」としての地位はゆるぎなかったが、ナチ占領下のフランスにあって、実作を作る機会は限られていた。本書は、自身にとって「空白の時代」にまとめられた、きわめて貴重な記録である。

ダンスについての対話 アリテラシオン
ジャン=リュック・ナンシー(1940-)+マチルド・モニエ(1959-):著 大西雅一郎+松下彩子:訳
現代企画室 06年11月刊 2,625円 46判213頁 ISBN:4-7738-0609-5

by urag | 2006-11-19 11:22 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(2)
2006年 11月 13日

「スタジオ・ボイス」12月号に『ブラック・アトランティック』の書評

11月6日に発売された月刊誌「スタジオ・ボイス」06年12月号(通巻372号)のBOOK欄に、『ブラック・アトランティック』の書評が掲載されました。評者は木村重樹さん。「原著の発売から13年もの歳月が過ぎたわけだが、500ページを越える本書の(物質的・内容的な)"重み"を目の当たりにすると、それだけの手間と時間がかかったことも頷ける」と評していただきました。木村さんありがとうございます。

by urag | 2006-11-13 11:48 | 人文書既刊 | Trackback | Comments(2)
2006年 11月 12日

今週の注目新刊(第75回:06年11月12日)後編

◎今週の注目文庫

a0018105_2354091.jpg
フーコー・コレクション (別巻) フーコー・ガイドブック
ミシェル・フーコー:著 小林康夫ほか:編
ちくま学芸文庫 1,365円 文庫判326頁 ISBN:4-480-08997-7
●ブックガイドや詳細な年譜がいい。本巻を買っていない方も、この別巻は買っておいたほうがお得でしょう。オススメです。

雄羊――途切れない対話:二つの無限のあいだの、詩
ジャック・デリダ:著 林好雄:訳
ちくま学芸文庫 1,050円 文庫判206頁 ISBN:4-480-09020-7
●2003年2月5日、ハイデルベルク大学における、ガダマー記念講演。ツェランの詩「雄羊」(『息のめぐらし』所収)の読解。

文化防衛論
三島由紀夫:著
ちくま文庫 819円 文庫判394頁 ISBN:4-480-42283-8
■収録作品:反革命宣言/反革命宣言補註/文化防衛論/橋川文三氏への公開状/『道義的革命』の論理/自由と権力の状況/政治行為の象徴性について(いいだもも:述)/テーマ『国家革新の原理』/果たし得ていない約束

鼻/外套/査察官
ゴーゴリ:著 浦雅春:訳
光文社古典新訳文庫 680円 文庫判372頁 ISBN:4-334-75116-4

カラマーゾフの兄弟 (2)
ドストエフスキー:著 亀山郁夫:訳
光文社古典新訳文庫 820円 文庫判501頁 ISBN:4-334-75117-2
●「大審問官」などの見せ場あり。

中国古代書簡集
佐藤武敏:編
講談社学術文庫 1,050円 文庫判292頁 ISBN:4-06-159790-6

森のバロック
中沢新一:著
講談社学術文庫 1,260円 文庫判419頁 ISBN:4-06-159791-4

◎今週の注目辞典・大全

a0018105_027181.jpg
韓国文化シンボル事典
伊藤亜人:監訳 川上新二:編訳
平凡社 06年11月刊 9,660円 A5判864頁 ISBN : 4-582-13601-X
●全256項目、図版500点。

十字軍大全――年代記で読むキリスト教とイスラームの対立
エリザベス・ハラム:編 川成洋+太田直也+太田美智子:訳
東洋書林 06年11月刊 4,935円 A5判654頁 ISBN:4-88721-729-3

図説 キリスト教聖人文化事典
マルコム・デイ:著 神保のぞみ:訳
原書房 06年11月刊 2,415円 菊判160頁 ISBN:4-562-04031-9
●百人の聖人たちをめぐる祝日、象徴図、守護対象、経歴、などの諸データを所載。

by urag | 2006-11-12 22:13 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 12日

今週の注目新刊(第75回:06年11月12日)前編

a0018105_1184288.jpgフロイト全集(17) 1919-22年 不気味なもの/快原理の彼岸/集団心理学
須藤訓任(1955-)+藤野寛(1956-):訳
岩波書店 06年11月刊 4,620円 A5判429頁 ISBN:4-00-092677-2
●全22巻別巻1のうちの、記念すべき第1回配本。ホフマンの小説「砂男」を論じた高名な論文「不気味なもの」や、生への本能と拮抗する死の欲動(タナトス)を論じた後期代表作「快楽原則の彼岸」の新訳がこの時期に読めるのは本当に嬉しいですね。時代にぴったりな気がします。
●全22編収録:不気味なもの/快原理の彼岸/集団心理学と自我分析/意識の機能に関するE・T・A・ホフマンの見解/戦争神経症者の電気治療についての所見/夢学説への補遺/女性同性愛の一事例の心的成因について/分析技法の前史にむけて/アントン・フォン・フロイント博士追悼/ある四歳児の連想/J・J・パットナム著『精神分析論集』への序言/クラパレード宛書簡抜粋/精神分析とテレパシー/夢とテレパシー/嫉妬、パラノイア、同性愛に見られる若干の神経症的機制について/ヨーゼフ・ポッパー=リュンコイスと夢の理論/J・ヴァーレンドンク著『白昼夢の心理学』へのはしがき/賞授与/懸賞論文募集/無意識についてひとこと/レーモン・ド・ソシュール著『精神分析の方法』へのはしがき/メドゥーサの首
●第2回配本は07年1月「第7巻:1901年 日常生活の精神病理学」、第3回は07年3月「第4巻:1900年 夢解釈I」の予定。

クレペリン回想録
エミール・クレペリン(1856-1926):著 影山任佐(1948-):訳
日本評論社 06年11月刊 5,250円 A5判255+38頁 ISBN:4-535-98196-5
●ドイツ精神医学の重鎮の回想録が公刊されたのは、没後半世紀以上を経てのこと。本書の末尾のほうで、第一次世界大戦期における一介の愛国者としての活動が手短かに淡々と綴られているのが印象的でした。

一般言語学 第二回講義――リードランジェ/パトワによる講義記録
小松英輔:編 相原奈津江+秋津伶:訳
エディット・パルク 06年11月刊 3,675円 A5判318頁 ISBN:4-901188-05-4
●同社より03年に刊行された「第三回講義――コンスタンタンによる講義記録」に続く、講義録の翻訳第2弾です。
●同じく第2回講義を扱ったものに、ゴデル編:『言語学序説』(山内貴美夫:訳、勁草書房、1971年)、リードランジェ筆記録:『ソシュール講義録注解』(前田英樹:訳、法政大学出版局、1991年)があります。

超人類へ!――バイオとサイボーグ技術がひらく衝撃の近未来社会
ラメズ・ナム:著 西尾香苗:訳
インターシフト:発行 河出書房新社:発売 06年11月刊 2,310円 46判299頁 ISBN:4-309-90698-2
■帯文より:ケータイから脳-脳コミュニケーションへ! “脳、IT、遺伝子”、技術の融合から超人類が生まれつつある。脳から脳へテレパシーのように思いを伝える(米国防省が実験を推進)など、驚異の生体情報社会の到来を、世界中で活用されているウェブソフトInternet Explorerの開発者が告げる!
■原書:"More Than Human: Embracing the Promise of Biological Enhancement" by Ramez Naam, 2005, Doubleday.
●トンデモ本ではない(はずです)し、SFでもありません。それだけに、かえって恐いです。Ghost in the Shellの世界はすぐそこにあるのでしょうか。

a0018105_1194985.jpg
シネマ2*時間イメージ
ジル・ドゥルーズ(1925-1995):著 宇野邦一+石原陽一郎+江沢健一郎+大原理志+岡村民夫:訳
法政大学出版局 06年11月刊 4,935円 46判403+88頁 ISBN:4-588-00856-0
■帯文より:映画を思考することによって時間や運動をめぐる哲学の新たな概念を創出する。ドゥルーズの思想が多様に注入され再編成された結晶を示す。
●長年待っただけに出版が奇跡のようにすら感じるのは私だけでしょうか。宇野さん以外の訳者の皆さんは皆60年代生まれで、宇野門下でいらっしゃるようです。書店店頭で配布されていた版元のチラシによれば、『シネマ1*運動イメージ』は来年07年6月刊行予定とのことです。待ち遠しいですね。

ビル・ヴィオラ はつゆめ
ビル・ヴィオラ(1951-):著
淡交社 06年11月刊 2,940円 B5変形判210頁 ISBN:4-473-03348-1
■版元紹介文より:森美術館で今年10月14日より開催される同名展のカタログ。兵庫県立美術館に巡回。本書は、アジア初となる大規模な展覧会の出品作を核としながら、ヴィオラ芸術の全容を回顧できる内容。論文は海外の研究者が執筆、資料編も充実。
●今回の本は「アジア初となる個展「ビル・ヴィオラ:はつゆめ」の公式カタログ」だそうです。70年代の初期作品から、04年の「ラフト/漂流」までの代表的な全28作品が紹介され、ロングインタヴューが併載されています。英語版も同時発売。
●ヴィオラはニューヨーク生まれのヴィデオ・アーティスト。「80年代に日本に滞在し、禅思想や能などの伝統芸能に親しむなかで、独特の創作世界を構築」したと版元が紹介しています。

とびこえよ、その囲いを――自由の実践としてのフェミニズム教育
ベル・フックス:著 里見実:監訳 朴和美+堀田碧+吉原令子:訳
新水社 06年11月刊 2,940円 A5判254頁 ISBN:4-88385-093-5
●フックスの提唱する「関与の教育学」は、パウロ・フレイレやティク・ナット・ハンから影響を受けて編み出されたものだそうです。フレイレを敬愛してやまない私にとっては、フェミニズムの範疇で捉えていたフックスの更なる一面を発見することになり、とても興味深いです。

時代病としての癌の克服
リタ・ルロア:著 高橋弘子+高橋明男:訳
水声社 06年11月刊 1,890円 46判157頁 ISBN:4-89176-616-6

ハイデガーと和辻哲郎
H・P・リーダーバッハ:著 平田裕之:訳
新書館 06年11月刊 3,990円 A5判299頁 ISBN:4-403-12019-9
●著者は関西学院大学社会学部助教授。

ブルデューとルーマン――理論比較の試み
アルミン・ナセヒ(1960-)+ゲルト・ノルマン(1967-):編 森川剛光:訳
新泉社 06年11月刊 3,675円 A5判277+30頁 ISBN:4-7877-0613-6

構築主義を再構築する
赤川学(1967-):著
勁草書房 06年11月刊 2,940円 46判358+18頁 ISBN:4-326-65319-1

歴史家の自画像――私の学問と読書
阿部謹也(1935-2006):著
日本エディタースクール出版部 06年11月刊 1,680円 46判191頁 ISBN:4-88888-371-8

埴谷雄高〈死霊〉論
藤一也:著
沖積舎 06年10月刊 15,750円 46判703頁 ISBN:4-8060-4722-8

グレート・ギャツビー
スコット・フィッツジェラルド(1896-1940):著 村上春樹(1949-):訳
中央公論新社 06年11月刊 2,730円 A5判319頁 ISBN:4-12-003782-7
●こちらは愛蔵版で、書き下ろし作「『グレート・ギャツビー』に描かれたニューヨーク」を収録した小冊子付。同時発売で、「村上春樹翻訳ライブラリー」からも同訳書が刊行されています。ライブラリー版は新書サイズで定価861円 (ISBN:4-12-403504-7)。

by urag | 2006-11-12 22:02 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 11日

20日の週に発売予定です:『新宿+』

a0018105_050230.jpg文庫サイズで、本の厚さが50ミリもあります。森山大道『新宿+』。新しい写真が30枚ほど追加され、作品の順番もガラリと変わっているので、『新宿』初版本をお持ちの方にも、あらためて楽しんでいただけると思います。頁を開くと濃密なインクの匂い。これぞ『新宿』。11月20日の週内に発売予定です。

by urag | 2006-11-11 23:46 | 森山大道 | Trackback | Comments(2)
2006年 11月 09日

とある本屋さんの「閉店日記」

とある本屋さんのブログが、10月17日付から「閉店日記」になり、本日9日付のエントリーで「完」とのこと。「閉店するんだ。あとはコンビニに貸すらしい」という雇われ店長のつぶやき。十年間奉職した顛末がこれなのか、と虚脱するブログ主さん。返品了解をとるための電話、電話、電話。がらんとした本棚や、山と積まれた返品ダンボール163箱の写真。店舗を引き渡した翌日には早くも工事が始まり、「あっという間に」本屋だった空間は消滅してゆく。淡々とした、簡潔な日記。

by urag | 2006-11-09 19:19 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 05日

今週の注目新刊(第74回:06年11月5日)

a0018105_16553155.jpg
三位一体モデル TRINITY
中沢新一(1950-):著
ほぼ日ブックス:東京糸井重里事務所 07年1月刊 1,260円 46判上製106頁 ISBN:978-4-902516-08-1
■芸術人類学研究所青山分校!第0講。

ジョン・ヒック自伝――宗教多元主義の実践と創造
ジョン・ヒック(1922-):著 間瀬啓允:訳
トランスビュー 06年11月刊 5,040円 A5判471+5頁 ISBN:4-901510-43-6
●ヒック既訳書:
『宗教の哲学』(初版:培風館1968年、改訂版:培風館1979年、改訳版:勁草書房1994年)
『神は多くの名前をもつ――新しい宗教的多元論』(岩波書店、1986年)
『もうひとつのキリスト教――多元主義的宗教理解』(日本基督教団出版局、1989年)
『宗教多元主義――宗教理解のパラダイム変換』(法蔵館、1990年)
『宗教がつくる虹――宗教多元主義と現代』(岩波書店、1997年)
『宗教多元主義への道――メタファーとして読む神の受肉』(玉川大学出版部、1999年)
『魂の探求――霊性に導かれる生き方』(徳間書店、2000年)

歓喜する円空
梅原猛(1925-):著
新潮社 06年10月刊 2,310円  46判382頁 ISBN:4-10-303021-6
■『芸術新潮』連載に加筆して単行本化。

万来舎――谷口吉郎とイサム・ノグチの協奏詩
杉山真紀子:編
鹿島出版会 06年11月刊 2,940円 B5判103頁 ISBN:4-306-04472-6

a+u 〔建築と都市〕 2006年11月臨時増刊号:セシル・バルモンド
エー・アンド・ユー 06年10月刊 3,800円 A4変型判296頁 ISBN4-900211-63-X
■バルモンド既訳書:『9』(高橋啓:訳、飛鳥新社、1999年)、『インフォーマル』(山形浩生:訳、TOTO出版、2005年)。

都市と人間 〔再装版〕
ルイス・マンフォード(1895-1990):著 生田勉+横山正:訳
新思索社 06年10月刊 3,360円 46判350頁 ISBN:4-7835-4050-0
■72年初版、81年新装改訂版。

精神と自然――生きた世界の認識論 〔普及版〕
グレゴリー・ベイトソン:著 佐藤良明:訳
新思索社 06年10月刊 2,100円 B6判325頁 ISBN:4-7835-1195-0
■82年初版、01年改訂版。

赤を見る――感覚の進化と意識の存在理由
ニコラス・ハンフリー(1943-):著 柴田裕之:訳
紀伊国屋書店 06年11月刊 2,100円 B6判172頁 ISBN:4-314-01017-7
●進化心理学の本ですが、装丁が凝っていてとてもキレイです。既訳書:『内なる目――意識の進化論』(垂水雄二:訳、紀伊国屋書店、1993年)、『喪失と獲得――進化心理学から見た心と体』(垂水雄二:訳、紀伊国屋書店、2004年)。

表現と意味――言語行為論研究
ジョン・R・サール:著 山田友幸:監訳
誠信書房 06年9月刊 3,990円 46判306頁 ISBN:4-414-12054-3
■『言語行為』勁草書房、『志向性』誠信書房とともに3部作を形成する初期サールの代表作。

解釈の射程――〈空白〉のダイナミクス
ヴォルフガング・イーザー(1926-):著 伊藤誓:訳
法政大学出版局 06年11月刊 3,990円 46判330+9頁 ISBN:4-588-00857-9

エロマンガ・スタディーズ――「快楽装置」としての漫画入門
永山薫:著
イースト・プレス 06年11月刊 1,680円 A5判255頁 ISBN : 4-87257-732-9

承認の行程
ポール・リクール(1913-2005):著 川崎惣一:訳
法政大学出版局 06年11月刊 4,515円 46判387+10頁 ISBN:4-588-00854-4

a0018105_16564060.jpg闘争の最小回路――南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン
廣瀬純(1971-):著
人文書院 06年11月刊 1,890円 B6判240頁 ISBN:4-409-24076-5
●人文書院のウェブサイトで公開されていた連載と、「現代思想」誌に掲載された論文を一冊にまとめたもの。
■刊行記念トークセッション「ラテンアメリカ、反米と運動の最前線」市田良彦×廣瀬純×王寺賢太、崎山政毅(特別参加)/06年12月3日(日)17:00~/喫茶店ほんやら洞2F/入場無料、1ドリンク代のみ。

パレスチナ・ナウ――戦争/映画/人間
四方田犬彦(1953-):著
作品社 06年11月刊 2,520円 46判331頁 ISBN:4-86182-105-3

理想の出版を求めて―― 一編集者の回想1963-2003
大塚信一(1939-):著
トランスビュー 06年11月刊 2,940円 46判381+21頁 ISBN:4-901510-42-8
●岩波書店前社長の回想録。現在は、つくば伝統民家研究会代表、社会福祉法人日本点字図書館理事、東アジア出版人会議理事などをつとめていらっしゃるそうだ。

***

◎注目の新書新刊

自由訳・養生訓
貝原益軒:著 工藤美代子(1950-):訳・解説
新書y:洋泉社 06年11月刊 819円 新書判245頁 ISBN : 4-86248-087-X

by urag | 2006-11-05 19:27 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)