人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 21日

ジル・ドゥルーズを知らない世代

センター試験の日は毎年雪が降っているような気がします。昨日、ドゥルーズ関連書について書きながら、もう没後十年を過ぎたのか、とあらためて感慨深くなりました。ドゥルーズが自宅アパルトマンから飛び降り自殺をしたニュースを聞いたのは、私が哲学書房でほんの短い間勉強させてもらっていた時でした。電話で会社に一報が入り、受話器を置いた中野さんからその事実を聞いたのでした。

今日センター試験を受けた人々はもちろん、現在大学生の方々は十年前は小中学生。ドゥルーズの死のニュースなどおそらく記憶にない世代でしょうし、ドゥルーズという哲学者自体を知らなくても不思議ではない。「フランス現代思想」の輝かしい星座もまったく知らないかもしれません。

院生の方々は別として、現在20代の社会人の方々も、ドゥルーズやフランス現代思想を知らないのがごく普通なことかもしれない。私が思想系の本を出版するときに一番読んでもらいたいのはまさに20代の方々なわけですが、そのうちで月曜社の本はごく僅かな人数にしか届いていないのかもしれない。当然そうしたことを考えざるを得ません。

私は別にそうした時代の移り変わりを嘆こうとは思いません。ただ、バックグラウンドの違いを超えて、若い読者の皆さんに何を届けるべきか、何を届けたいのか、いつも悩んでいます。悩んでいるからこそ、色々なアイデアも浮かんでくる。むしろ悩み足りないかもしれないことを、もっと恐れなければならないのかもしれない、と思っています。(H)

by urag | 2006-01-21 20:28 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(6)
2006年 01月 20日

没後十年のドゥルーズ論集とアルバム

二日遅れの投稿ですが、1月18日はジル・ドゥルーズ(1925-1995)の誕生日でした。生きていれば81歳ですか。パリに生まれ、パリに死んだドゥルーズ。昨年11月4日は没後十年ということで、河出さんが「道の手帖」シリーズでガイドブックを編まれたりしました

フランスでも11月にいくつか回顧的な書籍が出ましたが、中でも下記写真の2点は印象的でした。
a0018105_2221402.jpg
Deleuze épars: approches et portraits
Hermann Éditeurs des Science et des Arts, ISBN2-7056-6487-4, 35 euros.

本書はAndré BernoldとRichard Pinhasの編纂になるアンソロジーです。Pinhasさんと言えば、約四年前にドゥルーズの幻の著書『マルクスの偉大さ』について取材させていただいたことを思い出します。

本書の目次は以下の通りです。

"Présentation" André Bernold, Richard Pinhas
"Les différences parallèles. Deleuze et Derrida" Jean-Luc Nancy
"Un mysticisme athée" René Schérer
"Deleuze-Sartre: pistes" Jeannette Colombel
"Images-Deleuze" Roger-Pol Droit
"L'invitation" Pascale Criton
"Deleuze dos à dos et de face" Jean Pierre Faye
"Comment peut-on être deleuzien ?" Arnaud Villani
"L'empirisme comme apéritif (une persistance de Deleuze)" Philippe Choulet
"Mauvaises fréquentations" Richard Zrehen
"Le rêve de la Vallée des Reines" Raymond Bellour
"Locus Altus" Jean-Claude Dumoncel
"Deleuze millénaire, ou Au-delà du tombeau" Charles J. Stivale
"Pays de danseurs, et de rythmes boiteux" Jérôme Cler
"Dialogue entre Hylas et Philonous sur Geer van Velde" André Bernold
"Bibliographie raisonnée de Gilles Deleuze, 1953-2003" Timothy S. Murphy
"Théorie des multiplicités chez Bergson" Extraits en fac-similé d'une conférence de Gilles Deleuze

なかなか充実していると思います。随所にドゥルーズの写真(大半はHélène Banbergerか、Marie-Laure de Deckerによる撮影)がちりばめられ、本書の中ほどには、Simon Hantaïのタブローがカラーで掲載されています。目次にある通り、巻末ではドゥルーズの肉筆原稿を見ることができます。とても勢いのある筆遣いです。思考のスピードに追いつこうとして飛ぶように書いている感じ。

なお、本書に掲載されている写真はほぼ、ポンピドゥー・センター出版部より刊行された以下のアルバム本でも見れます。

Deleuze, un album
Éditions du centre Pompidou, ISBN2-84426-294-5, 19.90 euros.

幼少の頃から晩年までをざっと見通すことができ、日本の読者にはほとんどが初見の写真になるかと思います。友人とともにくつろいでいる場面や家族との写真などのごく私的なものが目立つせいか、タイムマシンに乗って、ごく間近で彼の生涯を見つめるかのような感覚になる、とても良いアルバムだと思います。

満員の教室で、大きな身振りで講義している場面なども印象的です。私は本書でクレール・パルネさんのお顔を初めて見ました。1975年の写真。とても綺麗な女性です。折々に映っているドゥルーズ夫人のファニーさんも素敵な方ですね。

本書には以下の二つのテクストも含まれています。

"Seules les images..." Dominique Païni
"Signaux pour Gilles Deleuze" Hubert Damisch

アマゾン・フランスでは両方をセットに見立てて販促していますが、まさに両方購入して損はないのではないかと思います。ぜひ皆様もどうぞ。(H)

by urag | 2006-01-20 21:50 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 19日

毛利嘉孝さんがABCの『マルチチュード』イベントへ

弊社より『文化=政治』を刊行させていただいている毛利嘉孝さんが、今週末21日(土)に、青山BC本店で行われるトークセッションに登壇されます。

◎「マルチチュードとは誰か?」 姜尚中×毛利嘉孝×水嶋一憲
ネグリ&ハート『マルチチュード─<帝国>時代の戦争と民主主義』(上下巻、NHKブックス)出版記念

日時:2006年1月21日(土)15:00~17:00(14:30開場)
会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
定員:120名様
入場料:¥1,000(税込)電話予約の上、当日精算
電話予約&お問い合わせ電話:03-5485-5511

内容:マルチチュードとは誰のことか?フランスで暴動を起こした移民たちや、日本のフリーターは、マルチチュードと呼べるのか?マルチチュードとは思想業界の中でのみ通用する理念的なものなのか?「マルチチュード」を真の批判的・実践的概念としてどう定着させるかをテーマに語り合うスリリングなセッション。

会場では、現在品切重版未定の『文化=政治』が特別販売されます。本書は現在のところ、毛利さんの唯一の単独著。もう弊社には在庫は残っていませんから、あとはこうした店頭に残っている在庫を買っていただくしかありません。定価は税込1890円ですが、AMAZONのマーケットプレイスで5000円の値がついているのには正直面くらいました。

ところでネグリ&ハートは、『帝国』『マルチチュード』に次ぐ第三作目を準備中だと聞きます。楽しみですね。(H)

by urag | 2006-01-19 15:49 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 17日

09号「記録主義」店頭発売開始

舞台芸術09』(特集=記録主義)は、今週金曜日20日頃から順次書店店頭に並び始めます。皆様たいへんお待たせいたしました。今回の号の注目記事は、ローリー・アンダーソンのインタビューとエッセイです。発売まで待ちきれないというお客様は、東京堂書店神田本店ではすでに販売開始していますので、ご利用ください。(H)

by urag | 2006-01-17 20:15 | 舞台芸術 | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 16日

15日付読売読書欄に「picnic」の書評

a0018105_19301929.jpg1月15日付の「読売新聞」の読書欄「本よみうり堂」で、弊社発売(PLACE M発行)の瀬戸正人さんの写真集『picnic』の書評が写真付で掲載されました。「(前)」という署名が付されています。おそらく記者の方が書いてくださったのだと思います。この書評はオンラインでも読めます

「ビニールシートを敷き、肩を寄せ合ったり、ひざ枕してもらったり。一緒にいられたら、他に必要なものはないという風情。そう、彼らはアダムとイブの末裔(まつえい)たちなのである。(中略)どこか奇妙で、照れくさく、しかし、いとおしい気分にさせるのは、あまりに人間的な瞬間をとらえているからなのだろう。1996年、木村伊兵衛写真賞を受け、その作品以降、久々の写真集となる」。

「(前)」さん、素敵なご紹介をありがとうございます。

なお、本書はまだ書店さんでは発売されていません。早くてあさって18日ごろから大書店を中心に並び始めるはずです。

書店様への業務連絡ですが、委託分の取次搬入日は次のようになっています。16日・・・日販、17日・・・大阪屋・栗田・太洋社。

諸般の事情により、トーハンへの委託出荷はこの新刊についてはありませんので、帳合店様におかれましては、弊社へご用命いただければ、返品条件付の注文扱いで出荷することができます。けっこう大きめな写真で目立つ記事なので、すでに客注や店売発注が入り始めています(H)

by urag | 2006-01-16 19:30 | PLACE M | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 01月 15日

今週の注目新刊(第34回:06年1月15日)

年末と年始の発売分を併せてのピックアップになりますので、少々多めの点数です。今回の一番の注目は何と言っても、ディディ=ユベルマンの大著『残存するイメージ』(人文書院)です。高価ですが、そんなことを気にしていられません。縦横無尽に展開されるヴァールブルク論。内容、ヴォリューム、造本、何を取っても素晴らしいです。しばらくは頬ずりしたり撫で回したり、座右に置いておくことでしょう。こうした行為もまた読書の愉楽の一環。

***

残存するイメージ
ジョルジュ・ディディ=ユベルマン(1953-)著 / 人文書院 / ¥10,290
●ディディ=ユベルマンはデリダ以降のフランス現代思想においてもっとも注目されている思想家です。美術史の仕事がメインですが、芸術書売場だけでなく、人文書としてもキチンと扱われるべきです。
●訳書は以下の通り。『アウラ・ヒステリカ:パリ精神病院の写真図像集』谷川多佳子+和田ゆりえ訳/杵渕幸子解説/1990年9月/リブロポート、『ジャコメッティ:キューブと顔』石井直志訳/1995年5月/PARCO出版、『フラ・アンジェリコ:神秘神学と絵画表現』寺田光徳+平岡洋子訳/2001年5月/平凡社、『ヴィーナスを開く:裸体、夢、残酷』宮下志朗+森元庸介訳/2002年7月/白水社、『イメージ、是が非でも』平凡社近刊。

色彩の本質◎色彩の秘密
ルドルフ・シュタイナー著 / イザラ書房 / ¥2,625

天体の図像学
藤田治彦著 / 八坂書房 / ¥3,990
■版元紹介文より:古代ギリシア・ローマから20世紀のモダン・アートに至るまで、ヨーロッパだけでなく西アジアや新大陸までを視野に含めつつ、太陽・月・星・地球などの天体が、絵画や彫刻にどのように描き表されて来たかを、豊富な図版でたどり、独自の視点で考察する。気鋭の学者渾身の刺激に満ちた新しい美術史!!
●図版多数。主に西洋におけるそれが研究されています。まさに読みたかった主題。

音楽する脳
ウィリアム・ベンゾン著 / 角川書店 / ¥2,310

みるきくよむ
クロード・レヴィ=ストロース著 / みすず書房 / ¥3,045

図書館の政治学
東条文規著 / 青弓社 / ¥1,680
■版元紹介文より:戦前・戦中期の図書館界は、文部省などの行政組織の意向を受け、検閲や思想善導、選書を積極的におこないながら、天皇制を利用して全国に図書館を設置しようと試みていた――。図書館界発展の欲望の高揚と挫折の歴史から、彼らの戦争責任・戦後責任を問う。
●政治(ここで言う政治は文化と背中合わせの社会的な力関係や権力構造のことを指しています)から無縁な本というのは実際には存在しません。すべての本は政治の磁場に何かしらの形でかかわったりからめ取られたりしているわけです。そして、特定の本を集める行為もまた政治的です。政治の現状が蒐集には反映されるものです。例えば戦時が顕著な例でしょう。そうした関心から、この本にはぜひ目を通しておきたいのです。

言葉と建築
エイドリアン・フォーティー著 / 鹿島出版会 / ¥5,775

大杉栄訳ファーブル昆虫記
ジャン=アンリ・ファーブル著 / 明石書店 / ¥6,300
●これは親本がずいぶん古い本ですが、当時のベストセラーということもあってか、まだ古書市場でさほど高価でもなく手に入ります。大杉栄が昆虫記に熱中していたことは有名ですよね。ちなみにファーブルのひ孫のヤン・ファーブルはアーティストとして有名。ベルギーの出版社IMSCHOOTからヤンのアーティスト・ブック"FABRE'S BOOK OF INSECTS"の第一巻が刊行されたのは1999年でしたね。アメリカの某大学の構内にある書籍購買部で一目ぼれして買ったのを思い出します。

越境者の思想
ツヴェタン・トドロフ著 / 法政大学出版局 / ¥5,985

文芸学入門
ヴォルフガング・カイザー著 / 而立書房 / ¥9,450

江戸の英吉利熱
タイモン・スクリーチ著 / 講談社 / ¥1,785

衝撃のグラフィックデザイン
ミルトン・グレイザー+ミルコ・イリッチ編 / グラフィック社 / ¥3,990
●「社会問題や政治問題に焦点をあてたグラフィックデザイン作品を一堂に集め、これを分析」したものだそうです。カルチュラル・スタディーズ棚に置かれても違和感がなさそう。

横尾忠則Y字路
横尾忠則著 / 東方出版 / ¥5,250
●横尾さんの本はどれもさすがにデザインが素敵で、手に取る喜びがありますね。

ドゥルーズ
松本潤一郎著 / 白水社 / ¥2,310

娘と話す哲学ってなに?
ロジェ=ポル・ドロワ著 / 現代企画室 / ¥1,260

議論された過去
ヴォルフガング・ヴィッパーマン著 / 未来社 / ¥3,990

アメリカのヒスパニック=ラティーノ社会を知るための55章
大泉光一編著 / 明石書店 / ¥2,100

ジハードとフィトナ
ジル・ケペル著 / NTT出版 / ¥3,360

キリスト教神秘主義著作集 2 ベルナール
教文館 / ¥6,300
●クレルヴォーのベルナルドゥス(ベルナール/聖ベルナルド)の著書は、大著『雅歌について』をはじめ、あかし書房や中央出版社から訳書が出ているのですが、代表作が一冊にまとまるというのは今回が初めてですね。中沢新一さんの著書に『蜜の流れる博士』(せりか書房)というのがありますが、この称号はもともと、ベルナールに与えられたものです。

三島由紀夫全集 補巻
三島由紀夫著 / 新潮社 / ¥6,090
●補巻には、近年に発見された未発表原稿や日記、そして全作品の索引が付されています。早いうちに買っておかないと品切になりそうな予感。

転回期の科学を読む辞典
池内了著 / みすず書房 / ¥2,940

科学の未来
フリーマン・ダイソン著 / みすず書房 / ¥2,730

障害のある人がいる家族の肖像(かたち)
ステェン・ランゲ文・写真 / 明石書店 / ¥2,625

自らがん患者となって
杉村隆(1926-)著 / 哲学書房 / ¥1,800
●著者は国立がんセンターの名誉所長さんです。モンシロチョウの体液からアポトーシスを惹き起こす物質ピエリシンを世界で初めて発見したというエピソードは偶然と必然があいまった成果で、心躍るお話。ガン克服のために大きな一歩ですね。

***

以上です。(H)

by urag | 2006-01-15 20:23 | 本のコンシェルジュ | Trackback(2) | Comments(0)
2006年 01月 14日

ジュディス・バトラー初来日講演会は大盛況

a0018105_21464112.jpga0018105_2147624.jpg『ジェンダー・トラブル』や『アンティゴネーの主張』(いずれも青土社)、『触発する言葉』(岩波書店)などの著書で知られるアメリカの思想家のジュディス・バトラーさんが初来日を果たし、本日14:00から茗荷谷のお茶の水女子大学の講堂で講演会「Undoing Gender」が行われました。

写真は会場に貼られたチラシと、休憩時間中の会場の様子です。

大きな講堂は驚くほどの人で埋め尽くされました。500人は軽く越えており、どうやら1000人近い来場者数だったようで、大盛況ぶりにびっくりしました。女性が多かったと思いますが、男性や外国人の方々も少なからずいて、老若男女の幅広い層が見受けられました。

訳書や解説書を刊行している青土社さんの販売ブースも盛況で、わずか数十分で百数十冊が売れたようです。人文系の個人講演の出張販売ではほとんどありえない数字。ただただ驚き、感心するばかりでした。

講演内容は、初来日にふさわしく、バトラーさんの思想的営為の根本姿勢が分かりやすく明確に示されたものでした。バトラーさんがゆっくりと落ち着いたトーンで原稿を読み上げ、竹村和子さんが続いて補足を交えつつ訳稿を読まれました。主なテーマは、ジェンダー/セクシュアリティと政治、そして精神分析でした。講演は遠からず、某社の某学術月刊誌に掲載されると聞いています。

後半の質疑応答では誠実なバトラーさんの人柄が滲み出ていて、なごやかな雰囲気のうちに17:40過ぎに終了しました。すると、壇上のバトラーさんの前にはサインを求める人の長蛇の列がたちまち出来上がりました。一人一人に丁寧に対応されていました。

今回の来日に合わせて、紀伊國屋書店新宿本店5Fの人文書売場では昨日から、「ジュディス・バトラーとポスト・フェミニズム――バトラー来日記念」と題したブックフェアが開催され、百数十点もの関連書が陳列販売されています。2月中旬まで展開されていますので、皆様どうぞご覧になってください。

月曜社ではバトラーさんの著書の翻訳企画がありますが、それはまた後日発表できるのではないかと思います。(H)

by urag | 2006-01-14 22:22 | 雑談 | Trackback | Comments(2)
2006年 01月 13日

第三書館VSトーハン

版元69社の連携団体「版元ドットコム」さんの「版元日誌」、皆さんは読んでいらっしゃいますよね。同団体に参加している各版元の社員さんが順番に寄稿している連載で、中小出版社の内側やそこで働いている人々の日常が窺えて、私は毎回楽しみにしています。

今週更新された記事は、第三書館の北川明さんによる「『テロ死/戦争死』は死なず」。同社の新刊『テロ死/戦争死』がトーハンをはじめとする取次各社に委託配本を拒否されて、それにどう対抗したか、という出版人なら当然盛り上がる実話が公開されています。実に痛快な展開。

私はこの写真集の中味を見たわけではないので、本についての感想は書きませんが、取次各社が「拒否」した経過は想像に難くありません。ただ、内容の是非はともかくとして、一社が拒否したことを、その他の取次が拡販のチャンスと捉えなかったのは何とも「残念」です。今や、横並びなんかをしている場合じゃないのではと思うのですが(という言い方はちょっと揶揄に過ぎるかもしれませんけれど)。

取次に新刊の見本出しをしたことのある営業マンなら、恐らく誰しも、心情的には似たような「攻防」を経験したことがあるはずです。私も当然あります。しかしそれにしても、取次の仕入窓口というのはタフな仕事ですね。毎日何十社もの営業マンと対峙し、神経をすり減らしていることでしょう。いつなんどきケンカが始まってもおかしくはない。営業マンも仕入窓口もツライよ、といったところでしょうか。

ちなみに新刊の見本出しというのは、営業マンが新刊を事前注文書などと一緒に取次各社の書籍仕入窓口に持っていき、発売日(取次搬入日)や配本部数を交渉する一連の作業を言います。大手版元は別として、中小の版元にとっては新刊の勝負の行く末がおおよそ決まる「現場」です。版元VS取次の力関係が赤裸々に見えてくる機会なので、読者の皆さんにしてみると興味が沸くところかもしれませんね。

ちなみに北川さんの記事にはこんな一節もありました。「新聞広告代理店からも思いがけない反応があった。一面三八ツに出稿しようとしたら、取次が委託しない本の広告は本ではなくて一般物販扱いだから何倍か高い別料金だというのだ」。これにはさらにびっくり。正直そんなことがあろうとは知りませんでした。腹立たしいことです。(H)

by urag | 2006-01-13 23:16 | 雑談 | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 01月 13日

「図書新聞」05年下半期読書アンケート

もうご覧になった方が多くいらっしゃることと思いますが、05年12月24日付の「図書新聞」2755号に掲載された「05年下半期読書アンケート」で、合田正人先生が『ブランショ政治論集』を採り上げてくださいました。

「若手の研究者たちによってこのようにブランショの仮面がひとつずつ提示されていくのはきわめて喜ばしい」とのお言葉を頂戴しました。合田先生、まことにありがとうございました。

なお、同号の「海外文学・文化2005回顧」のコーナーでは、ほかならぬ『ブランショ政治論集』の共訳者である郷原佳以さんが、フランスの動向を報告されています。「「虚構の自伝」の拡がり――「方法の物語」と自伝文学の隆盛」という記事です。

同号はすでに「図書新聞」のバックナンバーになるので、一般の書店さんではなかなか置いていませんが、発行元から電話で直接発注できるようです。電話番号03-3234-3471です。

by urag | 2006-01-13 21:27 | 人文書既刊 | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 12日

1~2月の注目のブックフェア情報

ひさしぶりの更新です。こんなちっぽけなブログでも更新を楽しみにしてくださる方がいてくださるのは、とても光栄です。今日は、弊社の書籍を扱ってくださる注目のブックフェアをいくつかご紹介します。

◆「イタリア現代思想」フェア

06年1月18日~2月14日
紀伊國屋書店新宿南店5F人文書売場

ここ数年間でずいぶん翻訳書が増えてきたイタリア現代思想。弊社でももっとも力を入れている部門です。書店さんでも、フランス、ドイツ、英米という現代思想の各ブロックに、新たにイタリアを加えるお店が増えてきているようです。

グラムシ(1891-1970)、エーコ(1932-)、ネグリ(1933-)、ギンズブルグ(1939-)、アガンベン(1942-)、カッチャーリ(1944-)、ヴィルノ(1952-)など、要チェックの思想家たちの名前を05年10月30日のエントリーで列記していますので、ご参照いただけたら幸いです。


◆「ネオリベラリズムとは何か」フェア

06年1月20日~2月20日
ジュンク堂書店池袋店4F人文書売場

同フロアでは、同時期に「白バラの祈り」というフェアも展開される予定で、弊社の既刊書数点を扱っていただいています。池袋店は私にとって、棚の端から端まで長時間眺め続けても飽きない、数少ないオアシスのひとつです。棚を眺めながら、本の企画のヒントが生まれることもあります。


◆「帝国と暴力――暴力を哲学的に考える」フェア

06年1月23日~2月18日
八重洲ブックセンター本店4F人文書売場

ネグリ+ハートの『〈マルチチュード〉』(NHK出版)や、弊社の「暴力論叢書」などと共鳴してくださるフェアのようで、とても嬉しいです。高名な評論家の方や大学の教員の方々に書評を書いていただくのも嬉しいことですが、それ以上に、書店さんの現場のスタッフの皆さんが弊社の出版動向を注視していてくださるのが、とても嬉しいです。時折、ひょっとするとこのブログを見ていただいているのかな、と思えるようなPOPにそこかしこの書店さんの店頭で出会ったりすることがありますが、単なる妄想かもしれません。妄想でしょう。

***

このほか、様々な書店さんで工夫を凝らしたフェア企画が組まれていることと思います。「自分の店では月曜社の本をこんなフェアで使っているぞ」「こんなPOPを作っています」という情報がありましたら、ぜひお教えください。宣伝します。(H)

by urag | 2006-01-12 10:40 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)