人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:重版情報( 21 )


2014年 06月 20日

3刷出来:ドアノー『不完全なレンズで』堀江敏幸訳

ここしばらく版元品切だったロベール・ドアノー『不完全なレンズで――回想と肖像』(堀江敏幸訳、月曜社、2010年9月)を重版いたしました(3刷出来)ので、皆様にご報告いたします。

a0018105_1721461.jpg

+++

ちなみに1年前の月曜社はこんな本を出していました。

◎2013年6月4日発売:リピット水田堯『原子の光(影の光学)』本体3,400円。
書評1⇒北野圭介氏書評「観ることの倫理性」(「思想」2014年第5号:1081号)

◎2013年5月10日発売:清水知子『文化と暴力――揺曳するユニオンジャック』本体2,800円。
書評1⇒浜井祐三子氏書評「サッチャー時代の功罪」(「北海道新聞」2013年7月14日(日)付朝刊12面)

◎2013年5月2日発売:廣瀬純『絶望論――革命的になることについて』本体1,600円。
書評1⇒ナガタ氏書評「革命の不可能性から逃げるために。」(「Book News」2013年5月15日付)
書評2⇒無記名氏書評(「神戸新聞」2013年6月16日付11面読書欄「ひょうご選書」;「信濃毎日新聞」6月23日付朝刊読書欄)
書評3⇒結城秀勇氏書評「《始まりから始める》ための強さと柔軟さとを」(『nobody』39号、2013年夏季)
書評4⇒綿野恵太氏書評「バートルビーが振り返る」(『映画芸術』444号、2013年夏季)

◎2013年4月11日発売:『表象07:アニメーションのマルチ・ユニヴァース』本体1,800円。
書評1⇒ナガタ氏書評「アニメ論の最先端を切り開く」(「Book News」2013年4月24日付)

by urag | 2014-06-20 17:20 | 重版情報 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 06日

2刷出来:ポール・ド・マン『盲目と洞察』

ポール・ド・マン『盲目と洞察』2刷が本日出来上がりました。また、「Book News」さんに同書の紹介記事「ド・マン対デリダ テクストを誤読する盲目性と、批評における洞察とは?」(2013年3月1日付)が掲載されています。また、先日東京堂書店で行われた土田知則さんと巽孝之さんのトークセッション「ポール・ド・マン・ルネサンスのために」の模様が、3月9日付「図書新聞」に「言葉、この不可解なもの――ド・マンを正面から読み直す好機が訪れた」と題され掲載されています。

a0018105_17494516.jpg

「Book News」さんの記事では『盲目と洞察』が最新刊となるシリーズ「叢書・エクリチュールの冒険」の造本についてご好評をいただきました。「疑念や驚きをテクストが読者に与えるということに自覚的な「エクリチュールの冒険」の試みを僕は支持する。今後も「単に書かれている」と思われるだけのテクストに対して「余計な意味」と思われそうな危険な挑戦を続けて欲しい」との励ましのお言葉、光栄です。ナガタさんありがとうございます! 同シリーズの次回配本はエルンスト・ユンガー『労働者』になる予定です。刊行時期が決まりましたら当ブログにてお知らせします。

by urag | 2013-03-06 17:51 | 重版情報 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 17日

ボワ+クラウス『アンフォルム』2刷、2011年5月17日出来

イヴ-アラン・ボワ+ロザリンド・クラウス『アンフォルム――無形なものの事典』の2刷が出来上がりました。本日より搬入再開しております。

なお、4月新刊『表象05』は現在、版元在庫僅少です。ネット書店ではしばらく入手しにくいかもしれませんが、リアル書店の店頭ではまだ在庫があります。MARUZEN&ジュンク堂さんの在庫はこちら

by urag | 2011-05-17 10:43 | 重版情報 | Trackback | Comments(0)
2008年 12月 05日

アガンベン+メルヴィル『バートルビー』、来週より重版出荷開始

アガンベンの論考にメルヴィル小説の新訳を附した『バートルビー』(05年7月刊)の重版が本日出来上がり、事前にご予約いただいた書店様には、8日(月)から取次搬入開始いたします。働くことを拒絶しながらも職場に居座り、やがて世界の片隅で餓死してしまう小説の主人公の生き様は、発表後150年を経た今もなお鮮烈です。昨今、小林多喜二の「蟹工船」がブームになりましたが、「蟹工船」に描かれた《抵抗と団結》への労働者の道のりとは違って、一生懸命自分の仕事に没頭していたバートルビーはある日突然、職場での簡単な手伝いを拒んだのをきっかけにして、やがて自分の職務そのものもやめてしまいます。その《拒絶と孤独》のありようというのは、現代人への黙示録のように映ります。

アガンベンはバートルビーをあらゆる可能性の全的回復者とみなします。アガンベンの議論というのは、現実として顕在化したものが世界のすべてなのではなく、現実の奥底にすでに潜在的に実在するものが確かにあって、いまだ到来していないけれども「存在しない」とまでは否定できない、というような、そうした物事について書いているように私個人は読みました。つまり、人間が本来持っている可能性というのは、《できない》という否定形としてよりも、「ないことが《できる》」という肯定においてこそ捉えることのできるものだ、とアガンベンは言っているように思います。「もうひとつの世界は可能だ」とでもいうような、ひとつの希望です。

バートルビーのような絶望の物語に、希望を読み解こうとしたアガンベンが、私にはとても重要に見えます。彼は皮肉を書いたのではないのです。絶望をそっくりそのままあらゆる希望へと反転させるということ。キリストでも救世主でもないバートルビーにおいてすら「すべての希望が担保されている」ということを、アガンベンは言いたかったのではないかと私は考えています。

書店様へ。弊社では重版および新刊のご案内をFAXないしEメールでご案内しています。「そんなのもらったことないけど、チェックしてやってもいいぞ」という書店様は、弊社へ電話、FAX、メールなどでお申し付け下さい。電話/FAX番号やメアドは、弊社の公式ウェブサイトに明記してあります。


メルヴィルの「バートルビー」は今世紀に入ってから映画で実写化されたことがありました。2001年のアメリカ映画で、ジョナサン・パーカー監督の「バートルビー」(83分)がそれです。上記映像はその予告編。クリスピン・グローヴァーが主人公バートルビーをつとめていて、まさに小説で描かれているような風貌で怪演しています。グローヴァーと言えば、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の気弱なお父さん役や「チャーリーズ・エンジェル」のマニアックな用心棒役で日本でも一般的に知られていると思います。映画を製作したパーカー・フィルム・カンパニーでは「バートルビー」のTシャツや奇妙なサントラの音楽CDを販売していて可笑しいです。弊社でもTシャツを作ろうかな、「I would prefer not to」っていう。

by urag | 2008-12-05 01:45 | 重版情報 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 11日

ギルロイ『ブラック・アトランティック』3刷出来

ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック――近代性と二重意識』の3刷が本日出来上がりました。皆様のご愛顧のおかげです。まことにありがとうございます。人文社会書(カルチュラル・スタディーズ)売場だけでなく、音楽書(ブラック・ミュージック)売場でも動いているようです。嬉しい限りです。

by urag | 2008-01-11 15:37 | 重版情報 | Trackback | Comments(0)
2007年 11月 22日

高柳昌行『汎音楽論集』2刷出来

高柳昌行『汎音楽論集』の2刷が出来上がりました。順次出荷を再開しています。また、07年11月22日現在の月曜社品切僅少品目一覧は以下の通りです。

◎品切重版未定

・モーリス・ブランショ『書物の不在』→返品待ち。店頭にまだ在庫がある本屋さんがありますので、チェックしてみてください。たとえば、紀伊國屋書店さん、ジュンク堂書店池袋店さんなど。
・片山廣子『燈火節』→返品待ち。縮約版を12月に刊行するので、おそらくこの集成版は重版の機会が当分ありません。
・ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック』→3刷準備中です。
・毛利嘉孝『文化=政治』→美本でなくてもよろしいようでしたら、弊社までお問い合わせください。直販のみ承ります。書店様からはご注文できません。

◎在庫僅少〔サイン本〕 ※弊社公式ウェブサイトでいずれ専用サイトを設けて直販を再開するつもりです。書店経由ではご注文できません。

森山大道『ハワイ』サイン本
森山大道『新宿+』サイン本
森山大道『大阪+』サイン本
森山大道『新宿』サイン本 ※通常版は品切重版未定。
やなぎみわ『White Casket』海外版サイン本(ナズラエリ・プレス) ※日本版は完売。
川田喜久治『地図』サイン本 ※通常版は在庫僅少。

以上です。

by urag | 2007-11-22 00:59 | 重版情報 | Trackback | Comments(5)
2007年 06月 08日

アガンベン『アウシュヴィッツの残りのもの』本日より出荷再開

ジョルジョ・アガンベン著『アウシュヴィッツの残りのもの』の5刷が出来上がり、本日から出荷を再開いたしました。この本は弊社の刊行物のなかでもっとも多く版を重ねています。皆様のご購読に深謝申し上げます。

by urag | 2007-06-08 21:12 | 重版情報 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 23日

大竹伸朗『ネオンと絵具箱』2刷、本日出来

大竹伸朗の好評エッセイ集『ネオンと絵具箱』の2刷が本日出来上がりました。予約分は明日から取次出荷開始です。

by urag | 2007-01-23 17:47 | 重版情報 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 15日

『ブラック・アトランティック』在庫僅少、1月中旬重版出来予定

ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック』は現在、版元在庫が僅少です。書店様の店頭では大型店を中心に在庫している店舗があります。たとえば紀伊国屋書店BOOKWEBで検索してみてください。オンライン書店さんでもアマゾンやbk1のようにまだ24時間以内の発送になっているお店があります。なお、重版は1月中旬以降に出来上がる予定です。

by urag | 2006-12-15 15:09 | 重版情報 | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 16日

『アウシュヴィッツの残りのもの』4刷は2月28日出来予定

a0018105_20383235.jpg
弊社の処女出版であるジョルジョ・アガンベンの『アウシュヴィッツの残りのもの』はおかげさまで順調に版を重ね、今月28日に4刷を数えることになりました。取次搬入は3月1日から開始予定です。初公開となります上記の写真は、同書の最初期の装丁案です(4刷から装丁や価格が変わるわけではありません)。重版を記念し、特別に公開いたします。(H)

by urag | 2006-02-16 20:35 | 重版情報 | Trackback | Comments(0)