ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

2018年 04月 02日 ( 1 )


2018年 04月 02日

4月下旬新刊:岡田聡/野内聡編『交域する哲学』

■2018年4月27日取次搬入予定 *人文/哲学

交域する哲学
岡田聡/野内聡編
月曜社 2018年4月 本体:3,500円 A5判[216mm×156mm×22mm]上製304頁 ISBN: 978-4-86503-061-7

アマゾン・ジャパンにて予約受付中

諸領域へと横断的に関わりつつ、現実の理論的、実践的な諸問題に取り組む哲学的な格闘としての「交域する」ことは、生きた「哲学する」ことがとる必然的形態である。知の「交差=越境」をめぐる16篇の清冽なインターヴェンション。

はじめに――「交域」に関連して|佐藤真理人
存在と永遠:スピノザにおける自然と様態の存在論|赤木真通
判断保留と哲学者の実践:ピュロン主義と現象学|岩内章太郎
ミルチャ・エリアーデの「新しいヒューマニズム」と軍団運動:「精神の革命」と「新しい人間」|大谷崇
ブルンナー、バルト、ヤスパース:ヤスパースの「自然神学」とその「限界」|岡田聡
民藝の美学的根拠:柳宗悦とカント『判断力批判』|大沢啓徳
スピノザの自然権思想とその成立背景|河合孝昭
理性としての懐疑:懐疑論再考|佐藤真理人
労働するとは別様に:生政治的生産の時代における人間活動|澤里岳史
実存と偶然と必然と|高橋章仁
〈リアル〉とは何か:フッサールの「実在性」概念と超越論的観念論の帰趨|田口茂
悲劇的な知とは何か:ヤスパースの悲劇論から|田辺秋守
伝達可能性と快|野内聡
前期ハイデガーにおける普遍性の問題|橋詰史晶
ベルクソン哲学における直観理論の生成と深化|増田靖彦
実存的哲学と実存論的哲学:アルフォンス・ド・ヴァーレンスのハイデガー批判を通じて|峰尾公也
高等教育における「文系廃止論」と「哲学」:人文科学に関する批判的議論の哲学的意義|和田義浩
おわりに|岡田聡

+++

◎本書を扱ってくださる書店様(4月11日現在)

ジュンク堂書店仙台TR店
ジュンク堂書店郡山店
ジュンク堂書店柏モディ店
ジュンク堂書店大宮高島屋店
丸善丸広百貨店飯能店
ジュンク堂書店立川店
BOOKS隆文堂(西国分寺)
東京堂書店神田神保町店
代官山蔦屋書店
八重洲ブックセンター本店
丸善丸の内本店
丸善日本橋店
MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店
紀伊國屋書店新宿本店
東京大学生協駒場書籍部
東京大学生協本郷書籍部
ジュンク堂書店吉祥寺店
ジュンク堂書店藤沢店
丸善ラゾーナ川崎店
丸善津田沼店
丸善松本店
丸善岐阜店
ジュンク堂書店新潟店
ジュンク堂書店名古屋店
ジュンク堂書店ロフト名古屋店
ジュンク堂書店京都店
丸善京都本店
同志社大学生協今出川店
ジュンク堂書店奈良店
ジュンク堂書店大阪本店
ジュンク堂書店天満橋店
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店
ジュンク堂書店西宮店
ジュンク堂書店三宮店
ジュンク堂書店姫路店
丸善岡山シンフォニービル店
丸善広島店
ジュンク堂書店広島駅前店
ジュンク堂書店福岡店

+++

[PR]

by urag | 2018-04-02 15:41 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)