人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

2012年 04月 06日 ( 1 )


2012年 04月 06日

新規開店情報:月曜社の本を置いてくださる予定の本屋さん

2012年4月27日(金)オープン
八重洲ブックセンター丸井柏店:図書270坪
千葉県柏市柏1-1-11 丸井VAT館 7F
帳合はN。弊社へのご発注は人文書および芸術書少々。JR柏駅東口徒歩一分、開業14年目のファッション・モール「丸井柏店VAT館」のリニューアルに伴い、以前はメンズファッションのフロアだった7Fに単独出店。8Fにはg.u.とヴィレッジヴァンガード。g.u.目当てのお客が最上階から降りてくる「シャワー効果」を狙ったものか。むろん八重洲BCも「シャワー効果」を期待されているでしょう。八重洲BCの鹿島光一社長のお名前で出されている挨拶状によれば、今回の店舗は「家族でご利用いただける書店」がモットーで、地域一番店を目指すとのこと。同じく東口(および南口)駅前は、スカイプラザ専門店街の浅野書店新星堂カルチェ5(3・4Fが書籍売場)など、地元および古参勢力がしっかり固めてきたので、オーバーストアにならないか心配です。


2012年5月22日(火)オープン
三省堂書店東京ソラマチ店:??坪
東京都墨田区押上1-1-2
帳合はN。弊社へのご発注は現時点では短冊のみで芸術書少々。東京ソラマチはスカイツリーの足元にオープンする多層階複合施設で、京成押上線・都営浅草線・東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の押上駅(副駅名スカイツリー前駅)と、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)とうきょうスカイツリー駅(旧・業平橋駅)を結ぶ東西400メートルに及ぶ巨大施設になります。スカイツリーを中心に様々な商業施設が入居し、水族館やプラネタリウム(ドーム・シアター)、オフィス街、スクール街なども併設されます。東武グループの命運を掛けた一大プロジェクトであると言っても過言ではないだろうと思います。

三省堂ウェブサイト内の、昨年9月22日発信とおぼしいイベント情報欄にある記事「2012年5月、東京スカイツリータウン「東京ソラマチ」に出店」では、「神保町で生まれ本と街とお客様に育てられた当社は、これからも未来に向けて情報と文化を発信していきます。/来年5月には、日本中が待ちに待った東京スカイツリータウンが開業し、三省堂書店はこの最先端の情報発信基地の商業施設「東京ソラマチ」に、満を持して出店します。2012年、ぜひご期待下さい」と告知されています。また「東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト」の「お役立ち情報」内の記事「東京ソラマチにサマンサ新業態ほか、310店舗が出店」でも三省堂書店の名前が挙がっています。曰く「主に2階を中心に展開される「ファッション・雑貨」ゾーンは、地域・沿線を含めた東京イーストエリアの女性たちが集う、女性のカワイイ&キレイ&オイシイを集積した「TOKYOネオトレンド」フロアと、シンプルで上質感のある暮らしにこだわるファミリーや女性に向けて豊かな日常のためのファッション、ライフスタイルを編集・提案する「リラックス&リミックス」フロアからなっています。今回出店店舗として発表されたのは、「三省堂書店」や「LOFT」をはじめ、関西初出店のアーバンリサーチの大型複合店「URBAN RESEARCH Store.(アーバンリサーチストア)」やサマンサタバサジャパンリミテッドの新業態「サマンサタバサ スイーツ&ギフト(仮称)」、アッシュ・ペー・フランスの新業態「東京十月 H.P. FRANCE」の全5店舗。ファッション・ライフスタイルショップは「東京ソラマチ」全体の40%の割合を占める予定で、今後随時発表していくとしています」とのことです。店名はともかくそのほかもカタカナ語ばっかりというのは昨今の一般的傾向なのかもしれませんけれど、どこかこう、うんざりさせますね。

by urag | 2012-04-06 14:54 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)