人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

2011年 06月 28日 ( 1 )


2011年 06月 28日

ウェブ連載:ルソー『化学教程』翻訳プロジェクト

第1回「ルソーは化学にどのような夢を見たか?」 2011年6月28日 淵田仁

◆知られざる著作
 2011年6月28日。今日はルソーの299回目の誕生日である。そして、来年は彼の生誕三百年にあたる。そのため、来年、ルソーの生地であるジュネーヴやフランスにて様々なイベント、シンポジウムが行われる。

 このような記念すべき日を前にして、私たちはルソーの知られざる著作を読み解きはじめたいと思う。その知られざる著作とは、ルソーが私たちのよく知っている「政治思想家ルソー」になる以前に書かれたものである。すなわち、パリでの論壇デビュー作品『学問芸術論』(1750年)が書かれる以前に書かれた作品であり、ルソーの思想が開花する後の『人間不平等起源論』(1755年)や『社会契約論』(1762年)以前に執筆された。

 その作品は『化学教程Institutions chimiques』と名付けられている。フランスのルソー研究によってこの作品は1747年頃から執筆されていたことが明らかとなっている。その頃、ルソーは大都会パリにやってきて、名を上げようとして必死であった。様々なサロン(哲学者、文筆家、知識人の交流の場)に出入りしつつ、ディドロ、コンディヤックといった若き思想家たちと日々討論していた。そのような知的雰囲気の中で、ルソーは化学という新しい学問へ関心を寄せていた。(ルソーの生涯については、詳しくは小林拓也氏のウェブサイト『ルソー研究への扉』を参照して欲しい。ルソー研究の現在を知る上でも非常に有効である。)

◆従来のルソー像とのズレ
 『化学教程』は、一言で言えば、ルソーによる「化学の教科書」である。これを意外だと思う人も多いであろう。というのも、ルソーに対する私たちのイメージは、学問や都会的生を批判し、素朴な未開人を愛し、人民主権を打ち立てた人であり、あるいは反対に、自らの子供を孤児院の前に置き去りにする冷酷な思想家であり、または性的倒錯者というイメージを私たちはルソーに対して抱いている。そして、一番有名なルソー像は、「自然に帰れ」というルソーであろう(実際に、このようなことをルソー自身は述べていないし、彼の思想においてもこの言葉は間違っている)。

 そのようないわゆる「非理系」的ルソー像を払拭するかのような作品がこの『化学教程』なのである。当時、化学は最先端の学問、技術であった。時代の最先端に位置するこの学問をルソーは大学の講義に出席したり、実際に実験をおこなったりして学んでいた。そして、その学びをルソーは1206枚の膨大な手稿にまとめた。だが、この手稿は出版されることはなかった。それが『化学教程』である。

 1905年に発見されるまで、この『化学教程』の存在は誰にも知られることはなかった。この時まで、このような膨大な手稿を書かせるほど、化学がルソーに多大な関心を抱かせていたということを誰が想像し得ただろうか。徹底的な学問批判、文明批判をしたルソーが「なぜ」化学に関心を寄せていたのか? これが『化学教程』を私たちが読むときのひとつの問いであろう。また、「化学」という技術と政治思想の関係にも注目したい。(『化学教程』についての詳細は今後の月曜社ウェブサイトでの連載解説や、『ミクロコスモス』の編著者でもある平井浩氏のウェブサイト『bibliotheca hermetica』に掲載されている『化学教程』紹介のページをご覧いただきたい。)

◆化学への情熱、科学への夢
 化学に情熱を注いでいたのはルソーだけではなかった。ディドロやドルバック、テュルゴーといった同時代の哲学者たちは皆、化学に飛びついた。化学は新しい世界観を彼らに与え、誰もがそれを熱狂的に自らの思想のうちに取り込もうとしていたのであった。

【続きはこちらからお読みいただけます】


◆訳者略歴
淵田仁(ふちだ・まさし)1984年、福井県生まれ。横浜市立大学卒。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程在籍。日本学術振興会特別研究員。専門は、思想史・哲学。論文に「社会契約無き共同体」(『.review001』、2010年)、「なぜルソーは「分析」を批判したのか?――ルソーの『化学教程』についての試論」(『フランス哲学・思想研究』第16号、日仏哲学会、2011年〔掲載予定〕)などがある。また、Project.review編集チームの一員でもある。

飯田賢穂(いいだ・よしほ)1984年、東京都生まれ。中央大学卒。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻(表象文化論分野)博士後期課程在籍。専門は、ジャン=ジャック・ルソーの『社会契約論』に関する研究を中心とした政治思想史。


◆ウェブ連載について
今後、月曜社ウェブサイト内で淵田、飯田共訳による『化学教程』を不定期公開していくが、私たちは読者と共にその作業を進めていきたいと考えている。つまり、『化学教程』というテクストめぐって訳者、読者の相互的なやり取りをつくっていきたい。一方的に訳するだけではなく、読者からの指摘などにも真摯に耳を傾けながら、『化学教程』翻訳プロジェクトを進めていきたい。御感想、御批正を月曜社編集部までお寄せいただければ幸いである。

by urag | 2011-06-28 10:50 | ウェブ限定コンテンツ | Trackback | Comments(0)