人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

2011年 02月 06日 ( 1 )


2011年 02月 06日

弊社出版物の著者や訳者の方々の最近の御活躍

★上村忠男さん(アガンベン『アウシュヴィッツの残りのもの』『涜神』共訳者、スピヴァク『ポストコロニアル理性批判』共訳者)
未來社のシリーズ「転換期を読む」より、編訳書『ヴィーコの哲学』がまもなく発売されます。

ヴィーコの哲学
ベネデット・クローチェ(Benedetto Croce: 1866-1952)著 上村忠男編訳
未來社 2011年2月10日 本体2,000円 四六判並製172頁 ISBN:978-4-624-93431-6

帯文より:毀誉褒貶相半ばした〈新しい学〉へやがて結実するヴィーコの認識理論と自身の〈精神の学〉との思想的対話を重ね、真理をめぐる神学と数学の交錯を解きほぐす。いまなお比類なき実証性と独創性を誇る先駆的研究のエッセンスを集約。

目次:
第1章 ヴィーコの生涯と性格について
第2章 ヴィーコ認識理論の第一の形態
第3章 ヴィーコ認識理論の第二の形態
第4章 ヴィーコ認識理論の源泉
編訳者あとがき
人名索引 

a0018105_19591229.jpg

第2章と第3章が『ジャンバッティスタ・ヴィーコの哲学』(La Filosofia di Giambattista Vico, 1911)の冒頭二章で、第1章は1909年の講演、第4章は1912年の論考です。『ジャンバッティスタ・ヴィーコの哲学』の既訳には青木巌(1900-1973)訳『ヴィコの哲学』があり、1932年に春秋社のシリーズ「世界大思想全集」の第70巻に収録され、さらに改訳版(写真左)が1942年3月に東京堂から刊行されています。参照用に、改訳版の目次を以下に掲げます。

一 ヴィコ認識論の第一形態
二 ヴィコ認識論の第二形態
三 『新科学』の内的構造
四 認識の想像的形態。死と言語
五 認識の半想像的形態。神話と宗教
六 道徳的意識
七 道徳と宗教
八 道徳と法
九 法の歴史性
十 摂理
十一 回帰
十二 形而上学
十三 歴史叙述への推移。ヴィコ的歴史叙述の一般的特性
十四 不分明な神話時代の歴史に対する新準則
十五 英雄社会
十六 ホメロスと原始詩
十七 羅馬史と民主政治の形成
十八 野蛮の再帰――中世紀
十九 ヴィコ対当時の文化傾向
二十 結辞。ヴィコと其の後の哲学思想並に歴史観念の発展

改訳版冒頭には訳者による「序」(1942年1月付)があり、そこでは1941年12月の太平洋戦争勃発と第二次世界大戦への突入の影響が色濃く刻印されています。そこでの一部翼賛的な言辞には非常に興味深いものがあるのでご紹介したいところですが、部分的な引用は適切ではないと思うので、図書館などでお読みになって下さい。青木さんはプラトン、アリストテレス、ヘロドトス、トゥキュディデス、プルタルコス、ニーチェなどの翻訳があるほか、『イタリア哲学の主流』という著書を第一書房から1938年に刊行されています。

なお、弊社シリーズ「古典転生」では上村忠男さん編訳のイタリア哲学の古典の翻訳を二点ほど準備中です。


★西山雄二さん(『ブランショ政治論集』共訳者、デリダ『条件なき大学』訳者)
勁草書房からDVD付の著書『哲学への権利』がまもなく発売されます。

哲学への権利
西山雄二(1971-)著
勁草書房 2011年2月17日 本体3,200円 四六判上製232頁 映画DVD付(本編84分+特典映像20分) ISBN:978-4-326-15414-2

版元案内文より:哲学の名において、何を希望することができるのか。哲学、大学、制度、教育、人文学を根幹から問う映画『哲学への権利』が、ついにDVD付書籍化。J・デリダらによって創設された仏研究教育の市民団体「国際哲学コレージュ」。哲学者・西山雄二は哲学と教育の未来を問うため、関係者にインタビューを敢行、ドキュメンタリー映画『哲学への権利』を撮った。上映会は国内外40ヶ所3000人を動員。字幕、書き下ろしエッセイ、特典映像付の映画DVDをあわせた完全保存版が誕生する。

本書刊行を記念して、2月14日から三省堂書店神保町本店やブックファースト新宿店にてブックフェアが開催される予定です。弊社の本もいくつか並びます。『哲学への権利』は三省堂神保町本店では11日より先行発売予定だそうです。ブックフェアはこのほか、八重洲BC本店をはじめ、首都圏、関西、九州などでも順次開催予定とのこと。また、以下の通り刊行記念イベントが行われます。

◎刊行記念イベント(詳細は勁草書房ウェブサイトをご参照ください)

◆〈旅〉と〈思考〉:西山雄二×池澤夏樹(詩人・作家)トークセッション&サイン会

日時:2011年2月18日(金)18:30~(18:00 開場)
会場:三省堂書店神保町本店 8階特設会場 ※8階特設会場へは、正面入口(靖国通り)側エレベーターにてご来場ください。

参加費:500円(当日精算) ※要予約・定員100名
※参加ご希望のお客様先着100名様に三省堂書店神保町本店4階レジカウンターにてご予約を承っております。
※トークセッション後、サイン会も予定しております。なお、サイン会は対象書籍(西山雄二『哲学への権利』勁草書房刊、定価3,360円/池澤夏樹『セーヌの川辺』集英社刊、定価1,890円)のみへのサインとなります。

お問い合わせ先:三省堂書店神保町本店 4階 Tel 03-3233-3312(代)10:00~20:00
※映画『哲学への権利』の上映はありません。

◆彷徨うこと、考えること:西山雄二×管啓次郎(詩人・明治大学教授)トークショー

日時:2011年2月26日(土)14:00~17:00(13:30 開場)
会場:Bibliotheque(ビブリオテック)参加費:1,200円(当日精算) ※要予約
お申込み先:ビブリオテック Tel.03-3408-9482(電話または店頭にて受付) ※60名様になり次第〆切
電話予約受付:火~土曜 12:00~20:00(祝日除く) 日曜 12:00~18:00
※映画『哲学への権利』(DVD)の上映あり(14時より上映開始します)

◆哲学と大学の未来:西山雄二×鷲田清一(哲学者・大阪大学総長)対談――『哲学への権利』(勁草書房)+『ドキュメント 臨床哲学』(大阪大学出版会)刊行記念

日時:2011年2月23日(水)19:00~21:00
会場:京阪電車なにわ橋駅構内アートエリアB1
カフェマスター:本間直樹(大阪大学CSCD教員)
入場:無料、定員100名(事前予約不要、入退場自由、先着順)
主催:大阪大学CSCD/アートエリアB1/勁草書房/カフェフィロ
お問い合わせ先:中之島哲学コレージュ事務局 college_info@cafephilo.jp
※映画『哲学への権利』の上映はありません。


★中平卓馬さん(写真集『都市 風景 図鑑』)
Akio Nagasawa Publishingより写真集『Documentary』が発売されました。銀座BLDギャラリーでの同名の展覧会やトークイベントについてはこちらをご覧ください。今月いっぱいまで開催中の同展覧会には中平さんが何度も足を運んでおられるご様子です。また刊行予定としては、未來社の写真集シリーズ「琉球烈像」の第8巻が中平さんの写真集になります。


★森山大道さん(写真集『新宿』『新宿+』『大阪+』『ハワイ』『にっぽん劇場1965-1970』『何かへの旅1971-1974』)
講談社さんより写真集『71 New York』が発売されました。また、図書新聞出版から今月中旬以降の刊行予定で『Northern 3――光と影のハイマート』が刊行されます。同書の直筆サイン本がBLDギャラリーウェブストアから予約可能です(税込4,200円)。

by urag | 2011-02-06 20:00 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)