人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

2008年 01月 22日 ( 2 )


2008年 01月 22日

『ドンケデリコ』新版、河出書房新社さんより来月刊行

幻の奇書『ドンケデリコ』(大竹伸朗×ヤマンタカ・アイ、作品社、1996年)について、増補版を弊社より刊行する旨、これまでに雑誌で報道されたり、拙ブログでお知らせしたりして参りましたが、縁あって、弊社ではなく河出書房新社さんで刊行されることになりました。詳細は、「復刊ドット・コム」さんより本日配信された復刊決定メールや、河出書房新社さんのウェブサイトの「もうすぐ出る本」にある通りです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■『ドンケデリコ』(最終得票数 13 票)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【著者】大竹伸朗、ヤマタカEYE
【発行】河出書房新社
【定価】1,890円(税込み)
【発送時期】2月下旬

フリーキーな“音のコラージュ”ユニット、PUZZLE PUNKSを組んでいることでも知られる「全景」の鬼才画家=大竹伸朗とデビュー20周年・ボアダムスのヴォーカル=ヤマタカEYE。その二人の「FAX交換漫画集」、大増量で復刻! ヤマタカEYEはBECKなどのアルバムジャケットデザインも手がけており、画伯二人の才能のぶつかり合いが楽しめます。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ドンケデリコ
大竹伸朗/ヤマタカEYE:著
定価1,890円(本体1,800円) B5判218頁 発売日:2008.02.19
ISBN 978-4-309-26996-2 C0071
最新の交漫ピーッ!?  『全景カタログ』をついに完成させた鬼才画家=大竹伸朗と、08年にデビュー20周年を迎えるボアダムスの天才ヴォーカリスト=ヤマタカEYEによる「伝説のFAX交換漫画集」、奇跡の大増量復刻!!!!

by urag | 2008-01-22 17:54 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 22日

国際討論会「ガタリ・エフェクト」4月17日・18日@ミドルセックス大学

ロンドンはミドルセックス大学の現代西欧哲学研究センターの告知によれば、本年(08年)4月17日と18日に、同大学にて国際討論会「ガタリ・エフェクト――フェリックス・ガタリの生涯と仕事 1930-1992」が開催されるそうです。要予約有料。

チェアパーソンには、エリック・アリエズ(毬藻充訳『ブックマップ 現代フランス哲学――フーコー、ドゥルーズ、デリダを継ぐ活成層』、松籟社、1999年)の名前が見えます。ガタリ研究の専門家三名のほか、七名の発表者が告知されています。

専門家三名というのは、ゲイリー・ジェノスコ、ブライアン・マスミ、ペテル・パル・ペルバルトの三氏。他の七名の内には、イタリアのアウトノミア活動家として知られてきたビフォ(フランコ・ベラルディ)や、精神分析家モニク・ダヴィド=メナール(川崎惣一訳『普遍の構築 カント、サド、そしてラカン』せりか書房、2001年)、フランス「ミュルティテュード」誌の常連アンヌ・ケリアン、歴史家フランソワ・ドッス(『構造主義の歴史』上下巻、『意味の支配――人文科学の人間化』、ともに国文社)などがいます。

日本では先ごろ平凡社から論文集『ドゥルーズ/ガタリの現在』が刊行されましたが、「ガタリ・エフェクト」のカンファレンス記録(いずれ公刊されることでしょう)をともに読めば、いっそうドゥルーズ/ガタリへの理解が深まるのではないかと期待できます。

なお、カンファレンスの紹介ページで、アリエズの略歴に添えられているガタリとの共著論文'Capitalistic Systems, Structures and Processes'は、ガタリの『分子革命』英訳版(The Molecular Revolution, Penguin: 1984)の補遺として収録されたテクストですが、これには日本語訳があります。フェリックス・ガタリ+エリック・アリエーズ「資本のアレンジメント――CMIに抗して」(フェリックス・ガタリ+田中泯『週刊本(35) 光速と禅炎――Agencement '85』所収、朝日出版社、85年6月、135-187頁)。

***

The Guattari Effect: The Life and Work of Felix Guattari 1930-1992 An International Conference

17 and 18 April 2008
Middlesex University, Drawing Room, Mansion Building: Trent Park Bramley Road London N14 4YZ

Supported by the Cultural Service of the French Embassy

Advance registration only: Two day registration: £48 waged, £25 students (£15 CRMEP students), includes refreshments, lunches and reception. One day registration (subject to availability): £30 waged, £15 students (£10 CRMEP students).

This 2-day international conference, organized by the Centre for Research in Modern European Philosophy at Middlesex University, will be the first devoted to the work of the French psychoanalyst, philosopher, and political activist Felix Guattari. Its primary aim will be to gauge the contemporary significance of a theorist whose status as an ‘extraordinary philosopher’ was proclaimed by his collaborator Gilles Deleuze. To that end, it will bring together 3 internationally renowned experts on Guattari (Gary Genosko, Brian Massumi, Peter Pal Pelbart) along with 7 other philosophers, psychoanalysts, historians, sociologists, anthropologists and artists, all of whom have been profoundly influenced by Guattari.

The goal will be to explore the full spectrum of Guattari’s work, from his early political engagement as an activist in the French mental health system, through to his critique of Freudian-Lacanian psychoanalysis and his conception of a ‘micro-politics of desire’ (which challenged the then dominant theoretical paradigm of ‘structure’ with the concept of ‘machine’), finally considering his later elaboration of a ‘new ethico-aesthetic paradigm’, where ‘subjectivity’ was to be considered ‘from the point of view of its production’.

While acknowledging the importance of Guattari’s influential collaborations with Gilles Deleuze (Anti-Oedipus, Kafka, A Thousand Plateaus, What is Philosophy?), one of the primary purposes of the conference will be to give due weight to Guattari’s own independent and highly innovative contributions to a variety of fields, including linguistics, pragmatics, aesthetics, ecology, architecture and media theory.

Among the questions the conference seeks to explore are: Why did Guattari turn his attention to these fields, and what did he produce in them? What forms did his activism take in the 1970s and 80s, and of what relevance are they today? Rare archival film and audio footage from these periods will be screened to accompany discussions of Guattari’s adventures in media activism.

The conference will be chaired by Professor Eric Alliez and Dr. Christian Kerslake, both of the Centre for Research in Modern European Philosophy, Middlesex University.

Speakers:

Franco Berardi Academy of Fine Arts, Milan
'Chaosmotic Sensibility and Ethics’

Gary Genosko, Dr. Lakehead University
‘Banking on Félix: Refashioning Low Threshold Semiosis Through A-Signifying Particle-Signs’

Barbara Glowczewski, Professor Écoles des Hautes Études en Sciences Sociales
‘Passion According to Guattari: Attractors and Detractors in Anthropology’

Monique David Ménard, Professor Université de Paris VII Denis-Diderot
‘Guattari and “Collective Assemblages of Enunciation”’

Anne Querrien, Dr. Université de Paris XV-Evry Val d'Essonne
‘Mapping in an N-Dimensional Plane’

Brian Massumi, Professor University of Montreal
‘Always Having Been, For the First Time: Emergence and Eternality in the Work of Guattari’

Peter Pal Pelbart, Professor Catholic University of Sao Paolo
‘Re-founding the Unconscious upon Deterritorialization’

Anne Sauvagnargues, Dr. École Normale Supérieure
‘Politics of the Face’

Stephen Zepke, Dr. Academy of Fine Arts, Vienna
‘To Remake the Readymade: Guattari and Duchamp’

François Dosse, Professor History, Institut Universitaire de Formations des Maitres de l’Académie de Créteil
'Guattari with Deleuze’

by urag | 2008-01-22 14:10 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)