人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

2006年 03月 31日 ( 1 )


2006年 03月 31日

エスポジト三部作

a0018105_19465025.jpg先日、講談社の新雑誌「RATIO」についてご紹介しました。「イタリア現代思想の最前線」という連載が開始され、ロベルト・エスポジト(1950-)の論文「生政治、免疫、共同体」と、ジョルジョ・アガンベン(1942-)の論文「人間の仕事」(月曜社より刊行予定の『思考の潜勢力』に収録)、そして岡田温司(1954-)さんによる解説「イタリア現代思想への招待」を読むことができました。

ロベルト・エスポジトの論文に題名に掲げられている「生政治」「免疫」「共同体」といったキーワードは、彼の三部作に対応しています。すなわち、「ビオス」「イムニタス」「コムニタス」です。これらの三部作はいずれも未訳。刊行の順番としては以下の通りになります。

"Communitas: Origine e destino della comunità", 1998 (2006).
"Immunitas: Protezione e negazione della vita", 2002.
"Bíos: Biopolitioca e filosofia", 2004.

版元はすべてエイナウディ。トリノの名門出版社です。日本で言えば岩波書店のような存在でしょうか。ただ、名門といえども、話題の本をずっと切らさずに重版し続けるかというとそうではありません。第一作『コムニタス:共同体の起源と未来〔=運命〕』は今年一月に増補新版が刊行されるまで品切れでしたし、第二作『イムニタス:生〔命〕の保護と否定』は品切れのままです(いずれは新版が出るでしょうけれど)。そんなわけで、第三作『ビオス:生政治と哲学』しか入手できないという一時期がありました。

『コムニタス』はすでに各国語で翻訳されていて、フランス語訳版(2000年にPUFより刊行)には、ジャン=リュック・ナンシーによる序論、"Conloquium"が付されています。これが話題になったせいでしょうか、フランス現代思想に詳しい方がエスポジトに注目する例が増えているように思います。

2003年に刊行されたブラジルポルトガル語訳版では、このナンシーの序論が一緒に訳出されていました。今年刊行されたイタリア語の増補新版では、この序論が「逆輸入」されることはなく、巻末に補論として「ニヒリズムと共同体」という論考が加えられています。もし将来的に『コムニタス』が日本語で読めるようになるならば、ナンシーの論考も付録に収めてもらいたいですね。

エスポジトの著書の日本語訳は、1986年に芸立出版から刊行された、堺慎介(1930-)さん訳の『政治の理論と歴史の理論――マキァヴェリとヴィーコ』(ISBN4-87466-042-8)のみです。本書は1980年にリグォーリから出版された"La politica e la storia: Machiavelli e Vico"の翻訳。「RATIO」誌を通じて、エスポジトに興味を持ちはじめた読者は、それなりの人数がいるかもしれませんから、ぜひこの三部作は翻訳されて欲しいです。どなたかおやりになりませんか。

なお、この三部作について「イタリア現代思想への招待」で達意の解説を書かれた岡田温司さんは、平凡社から今月、『芸術(アルス)と生政治(ビオス)――現代思想の問題圏』(ISBN4-582-70261-9)と題した新著を刊行される予定です。たいへん楽しみですね。

by urag | 2006-03-31 17:54 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(4)