人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

2006年 03月 14日 ( 1 )


2006年 03月 14日

アマゾン・マーケット・プレイスにおける値付け

いかなる事情によるものか、今月の新刊の『シェリング著作集(3)』がアマゾン・マーケット・プレイス(AMP)に「ほぼ新品」が二万円で出品されています。たしかにアマゾンでは今現在は買い物カゴがついていませんから、アマゾンでは新品を購入できません。そこを狙って出品しているのかもしれませんが、普通に他のリアル書店やオンライン書店へは発注できるのです。××書房というこの出品者は古本屋なんでしょうか、それとも個人? AMPにおける値付けというのはいわゆる古書市場のそれとは異なっているように感じます。アマゾン活用術を謳った実用書はご承知のように複数存在しますし、新刊も出ています。一利用者として言えば、AMPは出品者情報や商品説明がごく浅いものでしかないので、楽天フリマ(旧EasySeek)などと比べると信頼感が薄いです。

私もAMPを何度か利用したことがありますが、購入を決める際に判断材料になった商品説明が受注メールや購入履歴には記載されておらず、発注する前に画面をDLして保存しておくか、メモを取っておくかしないと、届いた商品が事前の説明通りなのかどうかを確認できない、という点が非常に不便でした。こんな体験をしたことがあります――たしかサイン本だったような気がするけれど、届いたらサイン本じゃない。履歴を確認しても商品情報が記載されていない。記憶違いだったのかなあ・・・というような。幸い、サイン本に執着しているわけではなかったし、値段も手ごろだったので後悔はしていません。しかし、普通の古本屋の場合だって、商品説明と届いた現品が違うというトラブルはままあるのですから、AMPはこの点が他店より不親切です。受注メールや購入履歴には個々の商品情報をしっかり残しておいて欲しい。ここしばらく利用していませんが、今はどうなんでしょうか。改善されたのでしょうか。

***

[3月17日追記]このエントリーのコメントしてくださったかたやまさんが重要なことを教えてくださいました。アマゾンからの注文確認メールに「トランザクションページ」のリンクが貼られており、そのページに今までのすべての取引記録とともに商品説明があるとのことです。

私自身早速確認してみたところ、「マーケットプレイスご注文の確認」のメールに「取引状況は、支払いのトランザクションページにアクセスして、いつでも照会することができます」という一文とともにリンクがあり、クリックして飛んでいくと、サインインののちに「アカウントサービス>トランザクションサーチ」に入ります。そこで期間を指定してサーチ結果へ。たしかにAMPでの取引記録を見れます。

ただ、そこの「トランザクションID/注文ID」のリンクでは商品説明(例えば「オビなし」とか、「カバー少ヨゴレ」とかの情報)は私は確認できませんでした。「出品ID」をクリックすると「お探しの商品は見つかりませんでした。この商品は当サイトのデータベースには存在しません」と出ます。ひょっとして、取引からごく間もない履歴についてはこの「出品ID」のほうから商品説明を見れるのでしょうか。

こうしたAMPでのトランザクションの確認は、同じ「アカウントサービス」内の「注文履歴>注文内容」とは違ったページで行うことになり、「注文履歴>注文内容」と「トランザクションサーチ」は連動していません。これは正直なところ不便です。

[3月19日追記]かたやまさんからの更なるご教示によって、「出品ID」のページから60日間は商品説明を見れるようだということが分かりました。かたやまさん、ありがとうございます。AMPに出品したことのある方なら、他にもいろいろ詳細をご存知かもしれませんね。

by urag | 2006-03-14 23:32 | 雑談 | Trackback(1) | Comments(13)