ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 30日

6月24日発売予定新刊『洲之内徹文学集成』

◎08年6月24日取次搬入予定

洲之内徹文学集成 [全小説+文芸評論+単行本未収録エッセイ]
A5判(タテ210ミリ×ヨコ188ミリ)、上製カバー装736頁、税込定価7,560円(本体価格7,200円)、初版800部、ISBN:978-4-901477-41-3

内容:美術エッセイ「気まぐれ美術館」シリーズで知られる著者の、文学との格闘の軌跡! 独自の倫理と美意識で自らの戦中戦後を描いた私小説家・洲之内徹のすべて。マルクス主義・転向・戦争・文学・女……。

著者:洲之内徹(すのうち・とおる 1913−1987):愛媛県松山市生まれ。1930年、東京美術学校(現東京藝術大学)建築科在学中、マルクス主義に共感し左翼運動に参加する。大学3年時に特高に検挙され美術学校を退学。郷里で活動を続けるが、20歳の秋に再検挙にあい、獄中生活を送る。釈放後、転向仲間と同人誌『記録』を発刊、精力的に文芸評論を発表した。1938年、北支方面軍宣撫班要員として中国に渡り、特務機関を経て、共産軍の情報収集の仕事に携わった。1946年、33歳で帰国してから50代半ばまでの約20年間、小説を執筆。最初の小説「鳶」が第一回横光利一賞候補となり、その後「棗の木の下」「砂」「終りの夏」で三度芥川賞候補となるが、いずれも落選。1960年より、田村泰次郎の現代画廊を引き継ぎ画廊主となる。1974年から死の直前まで「芸術新潮」に「気まぐれ美術館」を連載、小林秀雄、青山二郎に絶賛された。
[PR]

by urag | 2008-05-30 00:27 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/7160412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「論座」08年7月号に、『条件...      西山雄二講演「条件なき大学」@... >>