人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 23日

9月19日発売予定:ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック』

●06年9月19日取次搬入予定新刊 【人文社会/現代思想/カルチュラル・スタディーズ】

書名:ブラック・アトランティック
副題:近代性と二重意識
著者:ポール・ギルロイ
訳者:上野俊哉+毛利嘉孝+鈴木慎一郎
本体:3,200円 版型:46判並製カバー装544頁 ISBN:4-901477-26-9

内容:西洋の中にありながら西洋そのものではないという〈二重意識〉として存在する近代の黒人たち――彼ら/彼女らが行き交い続ける、間文化的でトランスナショナルな時空間である〈ブラック・アトランティック〉。この時空間における、黒人音楽(フィスク・ジュビリー・シンガーズ、ジャズ、J・ヘンドリックス、ヒップホップなど)の流通や、黒人思想家たち(F・ダグラス、W・E・B・デュボイス、R・ライトら)によるヘーゲル、ニーチェ、フロイトなどの西洋批判理論との対峙の軌跡を辿り、奴隷制以降の黒人の抵抗と自立の歴史をナショナリズム的なパラダイムを超えた視点から考察する。

著者:ポール・ギルロイ(Paul Gilroy)1956年生まれ。現在、ロンドン・スクール・オヴ・エコノミクス&ポリティカル・サイエンス(LSE)の社会学部教授。文化研究(カルチュラル・スタディーズ)及びポストコロニアル理論の代表的な思想家。10代でジミ・ヘンドリックスを始めとするブルーズ・ギタリストたちに触発されてギターを手にする。その後、音楽ジャーナリストとして活動する一方、スチュアート・ホールが所長だったバーミンガム大学現代文化研究センター(CCCS)で博士号を取得、サウスバンク大学、エセックス大学、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジなどを経てエール大学の社会学部及びアフリカン・アメリカン研究学部の教授を歴任。著書に『スモール・アクツ』(月曜社近刊)などがある。

訳者:上野俊哉(うえの・としや)和光大学教授。『カルチュラル・スタディーズ入門』(毛利嘉孝との共著、ちくま新書)、『ディアスポラの思考』(筑摩書房)、『アーバン・トライバル・スタディーズ』(月曜社)ほか。

訳者:毛利嘉孝(もうり・よしたか)東京芸術大学助教授。『実践カルチュラル・スタディーズ』(上野俊哉の共著、ちくま新書)、『文化=政治』(月曜社)ほか。

訳者:鈴木慎一郎(すずき・しんいちろう)信州大学助教授。『レゲエ・トレイン』(青土社)ほか。

以上です。目次詳細と書影は近日中に公開いたします。

by urag | 2006-08-23 20:34 | 近刊情報 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/4171660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 蒼猴軒日録 at 2006-08-24 07:02
タイトル : [book]ブラック・アトランティック
ポール・ギルロイの『ブラック・アトランティック』の翻訳が出るとか。ウラゲツ☆ブログ : 9月19日発売予定:ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック』経由で。 原書の書影は↓ はまぞうがちょっと使いやすくなってる。 ... more
Commented by kasuga at 2006-08-24 10:30 x
夏のイベントで仰っていたあの本がついに刊行ですね!
おめでとうございます!

私は今「オタクinUSA」を読んでいます。
サブカル読み物としても十分面白いんだけれど、同じ作品に対しても文化が違えばこんなにも受け止め方が変わってくるのか、と、衝撃的ですらあります。

アニメやマンガという側面から、異文化の受容のされかたを書いた面白い本だと思います。
Commented by urag at 2006-08-25 22:04
kasugaさんこんにちは。ウルトラセブンが喜劇になるというのは驚きですよね。


<< 今秋から来春にかけての、注目書...      今週の注目新刊(第64回:06... >>