人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 21日

『舞台芸術10』店頭発売は28日から

『舞台芸術10』(特集:教科書問題)は、今月28日以降の店頭発売となります。いつもの某書店さんでは今週末から先行発売です。『舞台芸術』はこの10号をもって第一期完結となります。

京都造形芸術大学舞台芸術研究センターからのお知らせ
◎『舞台芸術』第二期、2006年秋刊行開始!

21世紀の世界に舞台芸術はどのような思考と言語によって応答できるのか。コマーシャリズムにもアカデミズムにも依拠しない「批評」の場をどう開くことができるのか。本誌は引き続きそうした問いに向き合うべく、次号より新たな編集・発行体制のもとで誌面をリニューアルしてお届けします。ご期待ください。

「2001年9月11日の事件をはさんで創刊の準備が進められた本誌『舞台芸術』が、舞台芸術研究センターの活動のなかで、多様なネットワーク構築や研究成果の検証、また社会への応答・発信媒体として、きわめて大きな役割を果たしてきたことは言うまでもない。これまでこの雑誌を支えていただいた多くの関係者、寄稿者、そして読者の皆様に深く感謝申し上げたい。本誌もこの10号で「第一期」を終了し、次号からは新たな編集体制、編集方針のもとで刊行を続けることになるが、リニューアルにあたっても、われわれは必ずしも「新しく」あることを重視してはいないし、アカデミズムにもコマーシャリズムにも依拠しない「批評」の言説を紡いでいこうとする本誌の基本的スタンスは「第二期」においても維持される。しかし同時に、「批評」的交通の場を今まで以上に開いていくためには、この五年間に作り上げてきた本誌の輪郭を改めて検証し、それを逸脱していくところから始める必要があるだろう。それが今後どのような形になっていくのか、ぜひとも注目していただきたい。」(10号巻末掲載:八角聡仁「京都造形芸術大学舞台芸術研究センターの活動について」より)

by urag | 2006-06-21 20:54 | 舞台芸術 | Comments(0)


<< 京都の三月書房さんがブログ「三...      大竹伸朗フェア@リブロ青山店 >>