人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 25日

「バタバタ」しております

昨日、そして今日と、「White Casket」」発売にむけて、遠方にある倉庫で終日作業しておりまして、更新がままなりません。ご了承くださいませ。今週金曜日には「NOVEMBRE」も、イッセイ・ミヤケ六本木ヒルズ店で先行販売が始まりますし、来週末からは、2点がほぼ同時に書店発売開始です。どちらも手間のかかる商品なので、ここ二週間はあたふたしていると思います。

なお、たまに、つつじヶ丘の私どもの事務所まで本をお買い求めにいらっしゃりたい旨、お電話を頂戴することがあるのですが、事務所には販売用の在庫をおおむね置いていないうえ、事務所の番をしている人員もおりませんので、なかなかご希望にお応えすることができません。お詫びする次第です。

by urag | 2004-05-25 06:17 | 販売情報 | Comments(11)
Commented by dahlia_xx at 2004-05-25 08:26
初めて拝見させていただきました。
興味をそそるジャンルのタイトルばかりです。
マイブログにリンクさせていただきました。
これからも注目していますので、更新がんばってくださいね!
Commented by urag at 2004-05-26 01:17
dahlia_xxさん、コメントとリンクをありがとうございます。更新がんばります。dahlia_xxさんのブログも素敵ですね。聖フランチェスコの清冽な言霊のリズムに胸を洗われました。
Commented by dahlia_xx at 2004-05-29 23:11
uragさん、いつも楽しく拝見させていただいています。
中にはいくつか、手にとったことがあるタイトルがあって、びっくりしたりしました。
これも嬉しいご縁ですね。
芦屋の中古書店のご紹介ありがとうございました。
お返しといってはなんですが、私がよく行く京都の美術図書の本屋さんを一軒。
京都市左京区一乗寺「恵文社(けいぶんしゃ)」さんです。
澁澤作品の初期の装丁などもあって、腰が痛くなるまで立ち読みしてしまいます。←嫌な客ですね。
Commented by urag at 2004-05-30 10:40
一乗寺の恵文社さんには小社の書籍はたびたびお世話になっております。とはいえ、私は一度もお邪魔したことがないのです。訪問したら仕事のことを忘れて、dahlia_xxさんと同じように、立ち読みに没頭してしまうかもしれません。小社の本を手にしていただいていると伺い、とても嬉しいです。これからもよろしくお願いします。
Commented by rakudano at 2004-06-10 00:16 x
dahlia_xx さん、uragさん。いま思い出しました!そうなんです。「月曜社」という名、頭の奥のどこかに引っかかってました。もう10年近くになりますが、京都に住んでいた頃に恵文社さんに何度か行ったことがあります。あとBoxビルの本屋さん。ああ、なつかしや!!私も当時は貧乏学生だったので立ち読み専門でしたが(ごめんなさいっ!)。恵文社さんですごくほしかった絵本(大人向けの)があって、当時の自分には結構高かったので、しばらくしてお金を握り締めて買いにいったら、もう売り切れ、しかも絶版!というにがーいおもいでもあります(笑)。
Commented by urag at 2004-06-10 16:28
rakudanoさん、こんにちは!「すごく欲しかった絵本」というのがとても気になってます。絶版だなんて残念ですね。絶版だからこそ余計に飢餓感が煽られますよね。
Commented by rakudano at 2004-06-10 23:41
uragさん。そうなんですよね。私もまたまた気になってきました(笑)。でも残念ながら一昔も前(!)のデキゴトなので題名、忘れちゃいました。とほっ。不思議な本の雰囲気は覚えているんですけど。
Commented by urag at 2004-06-13 02:43
どんな雰囲気の絵本ですか? 日本の作家ですか、それとも海外の? とはいえ、私は絵本はあまり知らないのです、rakudanoさん。
Commented by rakudano at 2004-06-13 02:59
日本の方、男性でした。全体のイメージとしては暗い「茶色」。ちょっと未来と過去の地球が混ざったような、そんな風景で、どこか少し悲しげな本だった気がします。当時彼の本は何冊か出版されていて、中でもこれがなぜかとても気になったのを覚えています。うーん、残念ながら彼の名も本の名も思い出せません・・・。
Commented by urag at 2004-06-14 21:05
誰だろう・・・・きっとふとした瞬間に思い出したりすることもありますよね。でも誰だろう・・・・暗い色調というと、私はスズキコージのイメージがあります。
Commented by rakudano-yume at 2004-06-15 10:17
uragさん、いろいろありがとうございます。スズキコージさん、調べてみましたが、ちょっとちがいました。もっとなんというか、不思議な空間とでもいうか。題名はヴィザード、バザード、とかなんとかカタカナだったような気もしてきて調べてみましたが、ボツ!うーん、一昔前の記憶の糸をたぐるのはおもしろいですね。


<< やなぎみわ作品集「White ...      やなぎみわ作品集「White ... >>