人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 21日

アガンベン『アウシュヴィッツの残りのもの』が品切重版中です

a0018105_123142.jpg
小社の処女出版であるアガンベン著『アウシュヴィッツの残りのもの』はおかげさまで第ニ刷もほぼ完売で、ただいま第三刷を準備中です。重版出来までしばらく時間がかかりそうです。それまでは本屋さんの店頭在庫のみの販売となります。

写真で『アウシュヴィッツ~』の上にのせている白い本は、小社近刊のアガンベン著『バートルビー』の原書です。原書では、ジル・ドゥルーズの論文「バートルビー、または決まり文句」が併載されています。いわゆる書き下ろしの共著ではなく、アガンベンさんがドゥルーズの既存の論文をカップリングすることを許可されて刊行した本です。ドゥルーズの論文は彼の生前最後の論文集『批評と臨床』(河出書房新社)に収録されていますので、小社より刊行する日本語訳ではカップリングはしない方針です。

その代わり、題材になっているハーマン・メルヴィルの短編『代書人バートルビー』の新訳を併載します。150年も前に書かれた物語ですが、現代人の生の暗部を冷徹に見つめた慧眼は今なお私たちに強く訴えるものがあります。

写真で一番下になっているのが、アガンベンの論文15編をダニエル・ヘラー=ローゼンという若手の研究者が編集し英米語訳した論文集『ポテンシャリティーズ』です。これとほぼ内容が共通した日本語訳版を小社では準備しております。訳者は慶応大学で教鞭を執っておられる高桑和巳さんです。

by urag | 2004-05-21 12:32 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/307387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< やなぎみわ作品集「White ...      ただいま編集中:カッチャーリ「... >>