人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 20日

ただいま編集中:カッチャーリ「多島海(アーキペラゴ)」

a0018105_113623.jpg
アート系の近刊が連続するためか、すっかり芸術書版元のブログのようになっている今日この頃ですが、月曜社といえばむしろ人文書だろ、現代思想とか、カルチュラル・スタディーズとか、と思っていらっしゃる方は多いかもしれません。その通りです。ウチは人文系がメインです。

写真は、近刊予定の、マッシモ・カッチャーリ著『多島海(アーキペラゴ)』の原書等です。真ん中の赤い本がそれ。その下にあるのは、今年三月に刊行されたカッチャーリの久方ぶりの新刊『究極的なものについて』です。共著やインタビュー集や増補版などの刊行を除外すると、実に『多島海』(1997年)以来の新刊になります。版元はいつもどおりミラノのアデルフィ社。ハイデガーやウィトゲンシュタイン、ジョルジョ・コッリやエマヌエレ・セヴェリーノらの著書を多くエントリーしている「哲学叢書」からの一冊です。

「哲学叢書」ではかつてカッチャーリの大著『根源について』が刊行されたことがありますが、今回の『究極的なものについて』も、『根源について』並みの分厚さで圧倒されます。注をあわせ、554ページになります。

一番上の紫色の本は、今年の3月にズーアカンプから刊行された、アレクサンダー・ガルシア・デュットマンの最新論文集『誇張の哲学』です。デュットマン氏の小論『友愛と敵対』を一昨年に刊行してから早くも二度来日してくれた彼ですが、現在、ミドルセックス大学からロンドン大学ゴールドスミス校に移籍して教鞭を執っています。ゴールドスミス・カレッジといえば、イギリスにおけるカルチュラル・スタディーズの牙城です。哲学者である彼がなぜゴールドスミスに? 

彼は今月(2004年5月)1日から、視覚文化を研究するユニットの一員として、教授職につきました。彼は現代絵画論や写真論、美術館論などの実績がありますし、何より本人はゴールドスミスという環境が面白そうだったから、と来日時に話していたことを思い出します。芸術理論、芸術批評の方面での彼の近刊『痕跡を消す』も注目です。なお彼が本年念頭に来日した際に、アドルノの『ミニマ・モラリア』について東大駒場で連続講義を行いましたが、この主題は近々一冊の本としてズーアカンプから刊行されます。

by urag | 2004-05-20 11:34 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/301349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アガンベン『アウシュヴィッツの...      大竹伸朗「UK77」(6月末刊... >>