人気ブログランキング | 話題のタグを見る

URGT-B(ウラゲツブログ)

urag.exblog.jp
ブログトップ
2020年 05月 18日

『建築雑誌』『美術手帖』でブルーノ・ラトゥールが取り上げられています

建築雑誌』2020年5月号のメイン特集「社会のマテリアライゼーション――建築の社会的構想力」の座談会「アクター・ネットワークは建築に適用できるか――ノンモダニズムの観点からデザインを考える」(2~7頁)に『ブルーノ・ラトゥールの取説』(月曜社、2019年8月)の著者、久保明教さんが参加されています。座談会では同『取説』掲載の「モダニズム/ポストモダニズム/ノンモダニズム」分類図2点が参照され、ANT(アクターネットワーク理論)の建築分野への応用が議論されています。『美術手帖』6月号「新しいエコロジー」特集ではラトゥールの論考「地球に降り立つことへの7つの反対理由」(鈴木葉二訳、119~130頁)が訳者の鈴木さんによる解説「扉を開き続けること」(131頁)とともに掲載されました。人文学の範疇を越えた、ラトゥールの越境的影響は海外ではすでに顕著でしたが、日本国内でも広がりつつあるようです。

『建築雑誌』『美術手帖』でブルーノ・ラトゥールが取り上げられています_a0018105_11402989.jpg


by urag | 2020-05-18 16:08 | 広告・書評 | Comments(0)


<< 注目新刊:ニック・ランド『暗黒...      注目新刊:東浩紀『哲学の誤配』... >>