人気ブログランキング | 話題のタグを見る

URGT-B(ウラゲツブログ)

urag.exblog.jp
ブログトップ
2020年 04月 17日

新規取引店情報:月曜社の本を置いてくださる本屋さん

2020年5月22日(金)開店
横浜市戸塚区品濃町536-1 西部東戸塚S.C. アネックス館7F
トーハン帳合。弊社へのご発注は芸術書主要商品。紀伊國屋書店の取締役副会長・市川晶裕さんの記名がある、出版社への挨拶状によれば、西武東戸塚S.C.は「JR東戸塚駅から歩道橋を介して接続した利便性の高い場所に立地し、西武館、オーロラモール館、アネックス館を有した大型商業施設」。「東戸塚エリアは横浜・東京都心へのアクセスも良いため居住区としての人気も高く、今後も発展が期待できる地域」とのことです。

開店に先駆けて3月9日から同SC内の西武館5F特設売場で営業を行ってきたそうですが、現在は緊急事態宣言を受けてSCは当面のあいだ「一部の食品売場を除き臨時休業」。この先いつ営業再開となるか不透明であり、予定通り開店できるのかどうかはまだはっきりしていないところかと思います。営業時間は、10:00~21:00の予定。

ちなみに今回の選書は先の挨拶状によれば「トーハン様による市場調査をもとに、弊社の持つ豊富なデータを元に、親和性の高い同規模店舗の在庫データ等を活用し、ファミリーから学生、シニアまで、幅広い層のお客様に応えられる品揃えを意識」したとのことです。弊社は芸術書より人文書の方をより多く出版してきたものの、今回は人文書のご発注はなし。弊社の芸術書が評価されるのは嬉しい反面、これで良し、とは自認しにくいところです。

紀伊國屋書店は横浜市内では現在2店舗を運営。西区のそごう横浜店7Fに横浜店、都筑区のららぽーと横浜3Fにららぽーと横浜店があります。中区のコレットマーレ5Fの横浜みなとみらい店は3月31日で10年間の営業に終止符を打ったばかりです。このみなとみらい店にかわり、西部東戸塚S.C.店が市内3店舗目となります。


by urag | 2020-04-17 00:01 | 販売情報 | Comments(0)


<< 注目新刊:『ハリー・スミスは語...      ブックツリー「哲学読書室」で3... >>