人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 11日

新規取引店情報:月曜社の本を置いてくださっている本屋さん

2019年9月20日(金)開店
くまざわ書店大分明野店:図書668坪
大分県大分市明野東1丁目1番1号 あけのアクロスタウン二番館(新館)2F
トーハン帳合。弊社へのご発注は芸術書と人文書の主要商品。あけのアクロスタウンはJR大分駅から東に約5キロ、車で約15分のショッピングセンター。1971年にトキハインダストリー明野センターとして開業し、幾度かの増床と改装を経て現在に至ります。紀伊國屋書店大分店(トーハン帳合、2006年4月~2019年4月7日)の閉店跡に出店です。取次さんの7月下旬時点での開店予定日は27日(金)でしたが、一週間早まったようです。開店記念キャンペーンとして、Kポイントキャンペーン、文具セール、ロゴ入りボールペンプレゼント、風船フレゼント、などが実施予定とのことです。

2019年9月27日(金)開店
誠品生活日本橋:約877坪(書籍、文具・雑貨、レストラン、食物販ほか)
東京都中央区日本橋室町3-2-1 COREDO室町テラス 2F
日販帳合。弊社へのご発注は芸術書と人文書の主要商品。台湾のチェーン複合店「誠品生活」が今月27日に開業するCOREDO室町テラス内に日本初出店。注文短冊のみで挨拶状や出品依頼書が一切来ないので、三井不動産と誠品生活と有隣堂の連盟による6月11日更新済のプレスリリースを頼ると、誠品生活は「「Books, and Everything in Between. (本とくらしの間に)」のコンセプトのもと、書店からスタートし、読書と文化の交流を育む場づくりに注力し発展してきた台湾発の文化情報発信拠点」。日本初進出となる「誠品生活日本橋」は「「くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド」をコンセプトに出店」。店舗設計は台湾の建築家・姚仁喜(クリス・ヤオ)氏が担当。フロアは「誠品書店(書籍)」「文具」「セレクト物販・ワークショップ」「レストラン・食物販」の4ゾーン構成。「日本初進出5ブランドを含む約50の台湾ブランドや、日本をはじめ世界中から洗練されたアイテム、フード、ワークショップなどをセレクト」とのことです。

店舗運営を担当するのは、「HIBIYA CENTRAL MARKET」(東京ミッドタウン日比谷内)などの出店で、従来の書店像を大胆にぶっ壊して賛否を集めてきた有隣堂。「文学の香りただよう書籍ゾーンから「誠品書店」独自の読書文化を提案」し、「最大の特徴である体験型イベントについては、文化人によるトークセッション、音楽イベント、アート展、料理実演など、バラエティに富んだコンテンツを定期的に展開」するとのことです。

+++



by urag | 2019-09-11 12:25 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/239557039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 注目新刊:ロッコ/ジェンティー...      取次搬入日決定:『西洋演劇論ア... >>