ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 19日

「週刊読書人」に、岡田温司『アガンベンの身振り』の書評

「週刊読書人」2018年9月14日号に、弊社6月刊、岡田温司『アガンベンの身振り』の書評記事「「エピゴーネンの流儀」とは何か――哲学者の思考に寄り添いながら、ともに思索を紡ぐ」が掲載されました。評者は岡本源太さんです。曰く「本書で注目されるアガンベンの「エピゴーネンの流儀」とは、「他者から出発してのみ生まれ、この依存関係を決して否定しない」ものだという。幼児期のわたしたちがはじめて言葉を習い覚えたとき、身近な人々の語る内容を理解するよりもまえに、その口調、声音、表情、身振り手振りをなぞって、いつしかそれを自分固有のものにした。エピゴーネンの身振りとは、言ってみればパラダイム――かたわらで示すもの――をなぞる身振りだ。身振りはしばしば自己のかたわらで手本を示してくれる他者の身振りをなぞる。そうして身振りは、自己を示すのみならず他者との関係を築き、自己と他者の境界をかぎりなく不分明にしながら特異性と共同性を同時に打ち立てる。アガンベンはそれを「生の形式」として繰り返し語ってきたのだった」と。
[PR]

by urag | 2018-09-19 17:47 | 広告・書評 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/238765491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 保管:2017年7月~10月季刊情報      注目新刊:『現代思想』2018... >>