人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 08日

見沢知廉さんが飛び降り自殺

『天皇ごっこ』などの小説作品で著名な見沢知廉さんが昨夕飛び降り自殺をされたというニュースを眼にし、とても驚いています。

「内縁関係にあったという女性は「遺書もなく、途方に暮れている状態。作品を執筆中で未発表のものがかなりある。追々、発表していくことになると思う」と、淡々と話した」とのことです。たとえば、氏の近刊には作品社より刊行予定の以下の本がありました。

***

作品社:2006年3月以降刊行予定の本

『ライト・イズ・ライト DREAMING 80's』  見沢知廉   本体:1500円(税別)
ウヨクは軽い!? ウヨクは正しい!? 軽いは正しい!? 80年代、バブル前夜の熱気の時代、政治活動に投じた青春、狂騒の新右翼群像劇! 『天皇ごっこ』『囚人狂時代』の著者が4年の沈黙を破って放つ、待望の最新作。

イーエスブックスの事前予約ページはこちら→
http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=R0039007
※当初の予定より刊行が順延したため、削除された模様(H注記)。

17歳の不良少年・ツカサは、暴走族上がりで、新右翼T連合の事務所に出入りしている(新左翼の団体に所属する医大生・ヨーコと同棲している)。T連合には、新左翼K派から転向した田村や、“芸能界とプロレスのことはローティーンより詳しい”小堺ら、風変わりな人物が集っている。 メディアの取材があれば、我先にとマイクを取ってしゃべりだす。集会はお祭りさながらで、ツカサは知り合いの女性にキスされ、周囲の公安の失笑を買う。事務所に戻って会合となっても政治談議はなく、酒を飲んで猥談や歌を歌うばかり。クラブでアルバイトしているアマチュアバンドの女性ボーカリストをスカウトして、右翼バンドを結成して売り出す計画を立てる。すべてがお祭り騒ぎで、戯画的な世界……。

***

出版時期が早まりそうな予感がします。(H)

by urag | 2005-09-08 22:20 | 雑談 | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/2230920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from サブカル雑食手帳 at 2005-09-15 00:54
タイトル : 皇居と糞尿と大嘗祭
�芦鵝�電掬�┘蹈船奪�験悗防舛�譴拭峇堵�覆詈鞠◆廚目数々を紹介したが、今回は政治闘争の手段として大量の糞尿が 用いられたケースを紹介しておきたい。  1990年11月21日、明仁天皇の即位儀式・大嘗祭を翌 日に控えた皇居前に、バキュームカーで乗りつけ、大..... more
Commented by kasuga at 2005-09-09 01:59 x
同じくびっくりしました。

刑務所より娑婆のほうが生きづらかった?
しらふで生きていたって生きづらいのはかわらないけど、
抱えてたものが大きすぎたのかな…。
見沢さんのお母様の心中を察すると胸が痛いです。
Commented by urag at 2005-09-09 12:12
kasugaさんこんにちは。同居人の目の前で飛び降りというのはもっとも痛ましい感じがします・・・ 筆舌に尽くしがたく・・・
Commented by kasuga at 2005-09-22 22:47 x
鈴木邦夫さんのHPに、見沢さんに関するコメントがありました。
(既にごらんかもしれませんが)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2207/2005/shuchou0919.html

見沢さんの本を読み返していて、「『右翼VS左翼』ではなく『右左翼VS大衆』なのだ」というような内容のところがとても心に残っています。


<< 川田喜久治『地図』が「芸術新潮...      アガンベン『涜神』書影公開 >>