人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 25日

既刊データ保存:2014年5月~12月、新刊と重版

◎2014年12月12日発売:モーリス・ブランショ『謎の男トマ 1941年初版』本体2,800円
書評1⇒清都正明氏書評:「文学と死とことばと」(「図書新聞」2015年1月31日号)

◎2014年11月14日発売:森山大道写真集『ニュー新宿』本体8,800円

◎2014年10月8日発売:森山大道エッセイ集『通過者の視線』本体1,800円

◎2014年9月5日発売:『間章著作集III さらに冬へ旅立つために』本体6,400円

◎2014年7月25日発売:松本彩子編『戦争の教室』本体1,800円
紹介記事1⇒「この夏は「戦争の教室」で話し合おう」(毎日小学生新聞「15歳のニュース」2014年8月2日付)
紹介記事2⇒「戦争再考本――消える原体験 学びに道:重い記憶刻み、受け継ぐ」(共同通信配信、2014年8月15日)
紹介記事3⇒澤地久枝×永田浩三×䑓宏士×山﨑曜子座談会「語り継ぐ戦争、受け継ぐ記憶――『戦争の教室』(月曜社)刊行を機に」(「週刊読書人」2014年8月29日号)

◎2014年6月16日発売:ニコラス・ロイル『デリダと文学』本体2,800円、叢書エクリチュールの冒険第7回配本
書評1⇒新城郁夫氏短評(「図書新聞」2014年7月19日号(3167号)「2014年上半期読書アンケート」欄)
書評2⇒郷原佳以氏書評「巣穴の底で夢見るデリダ――刺激的な読みの実戦」(「週刊読書人」2014年8月8日号)
書評3⇒守中高明氏書評「「デリダと文学」の出会いを描出――日本語によるオリジナル論集」(「図書新聞」2014年10月11日号)


◆販売情報(重版・品切・サイン本、等々)
◎重版出来:バトラー『自分自身を説明すること』4刷(2014年11月)

by urag | 2015-11-25 10:19 | 販売情報 | Comments(0)


<< 備忘録(11)      注目新刊:『ティマイオス/クリ... >>