人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 20日

近刊・続刊予定を更新いたします。

公式サイト初公開情報は黄色で示します。

◆近 刊 情 報◆ (2005年9月~)

『破壊と拡散』 サミュエル・ウェーバー 野内聡訳 [現代思想]
新シリーズ「暴力論叢書」第一弾。日本版オリジナル編集。
ド・マンの弟子にしてデリダの盟友ウェーバーによる待望の日本初単行本。
内容:書き下ろし「序文」、「戦争・テロリズム・スペクタクル」、「破壊と拡散」、「戦時」、フロイト新訳「戦争と死に関する同時代的なもの」、訳者解説「戦時 開かれた時間」、「訳者あとがき」。


『涜神』 ジョルジョ・アガンベン 上村忠男+堤康徳訳 [現代思想]
2005年春に出版されたアガンベンの最新著、早くも翻訳刊行。

『多島海』 マッシモ・カッチャーリ 米山優訳 [現代思想]
通貨経済的一枚岩のEU像ではなく、文化的歴史的に多様な相貌と厚みを有するヨーロッパ像のポテンシャルを開く、カッチャーリ流「地理哲学(ジオフィロソフィ)」を提示した主著。

『野に住みて』 片山廣子/松村みね子 短歌集+資料編 [日本文学]
『野に住みて』『翡翠』『砂漠』ほかを収録するとともに、詳細な年譜、同時代の証言などを収録。
佐佐木幸綱による解説を付す。

『光の国〔新版〕』 丹生谷貴志 [現代思想]
初版刊行(1984年7月、朝日出版社)より、はや四半世紀。伝説的な「リゾーム群書」で唯一刊行が実現した幻の書、著者の処女出版が、ここに甦る。あらたな「あとがき」とあらたな造本で贈る。

『ブラック・アトランティック』 ポール・ギルロイ [カルチュラル・スタディーズ] 日本語初訳!


--------------------------------------------------------------------------------

◆続 刊 予 定◆

『翻訳について』 ジョン・サリス [現代思想]
『サッカー批評原論』 今福龍太 [現代思想]
『思惟の記憶――ハイデガーとアドルノをめぐる試論』 A・ガルシア・デュットマン [哲学]
『エイズとの不和』 アレクサンダー・ガルシア・デュットマン [現代思想]
『アルゼンチン 社会の実験室』 コレクティボ・シトゥアシオネス×廣瀬純 [現代思想]
『人民的防衛とエコロジー闘争』 ポール・ヴィリリオ [現代思想]
『条件なき大学』 ジャック・デリダ [現代思想]
『公然たる敵』 ジャン・ジュネ [フランス文学]
『資本主義を超えて』 サミール・アミン [経済学]
『スモール・アクツ』 ポール・ギルロイ [カルチュラル・スタディーズ]
『レコーディングス』 ハル・フォスター [カルチュラル・スタディーズ]
『アンフォルム:無形なるものの事典』 ロザリンド・クラウス+イヴ=アラン・ボワ [美術批評] 超絶事典!
『ゆりかごの歌(仮)』 竹内てるよ [詩、日本文学] ベスト詩文集第二弾!
『Hawaii(仮)』 森山大道写真集  [写真] 2006年夏刊行予定!

by urag | 2005-07-20 15:02 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/2110869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 未公開情報の数      アガンベン『バートルビー』書店... >>