ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 04日

10月上旬刊:森山大道エッセイ集『通過者の視線』

2014年10月8日取次搬入予定 *芸術/写真

通過者の視線
森山大道著
月曜社 2014年10月 本体1,800円、46判(タテ190ミリ×ヨコ125ミリ)並製288頁、ISBN:978-4-86503-018-1

内容:最新写真論/エッセイ集。「ぼくが50年という時を掛けて覚えた唯一のカメラワークとは〝通過者の視線〟に他ならない」。スナップへのこだわり、銀塩かデジタルか、白黒かカラーか、スランプ時代を語った深瀬昌久氏との対話など、半世紀にわたる写真家としての実践をめぐる思考と葛藤を跡づける。単行本未収録の写真論やエッセイなど全29編。『もうひとつの国へ』(朝日新聞出版、2008年)所収の9編を含む。白黒写真50点余収載。

アマゾン・ジャパンでのご予約はこちらからどうぞ。

森山大道(もりやま・だいどう)1938年生まれ。最近の作品集に、『実験室からの眺め』(河出書房新社、2013年4月)、『Daido Moriyama 1965~』(上田義彦編、赤々舎、2013年6月)、『パリ+』(月曜社、2013年10月)、『記録 25号』(Akio Nagasawa Publishing、2014年)、『終わらない旅 北/南』(2分冊、Akio Nagasawa Publishing、2014年)など。

★【特報】名作『新宿』の決定版がついに11月初旬近刊!森山大道写真集『ニュー新宿』B5判上製752頁、Wトーン、本体予価8,800円。後日改めてご案内いたします。
[PR]

by urag | 2014-09-04 19:40 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/20165015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< パブリシティ情報:『戦争の教室...      書影公開&搬入日決定:『間章著... >>