人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 02日

新規開店情報:月曜社の本を置いてくださる予定の本屋さん

2014年7月19日(土)新規開店
new styleエミフルMASAKI:??坪
愛媛県伊予郡松前町筒井850番 エミフルMASAKI 2F
大阪屋帳合。弊社へのご発注は森山大道写真集数点。new styleはヴィレッジヴァンガードの大人版で、「ちょっといい食器やインテリア、すぐ使いたくなるようなカバンや洋服をセレクトした、大人のためのライフスタイルショップ」であり、「家族みんなで楽しめる雑貨がいっぱいのお店」だとエミフルMASAKIのウェブサイトに紹介されています。エミフルMASAKIは、伊予鉄道郡中線「古泉駅」徒歩数分の立地にあるショッピングモールで、1FにはTSUTAYAが入っています(こちらからはご発注はありませんでした)。2008年4月にオープンし、今月19日に「ビッグ・リニューアル・オープン」を謳っています。ヴィレッジヴァンガードによれば、new style業態として四国2店舗目とのことです。営業時間は、9:00~21:00で不定休とのことです。

なお、愛媛県下で弊社の本を一番多く扱っていただいているの、ジュンク堂書店松山店さんです。四国の他県で言いますと、香川県では紀伊國屋書店丸亀店や紀伊國屋書店高松店など、徳島県では紀伊國屋書店徳島店と、この二県では主に紀伊國屋さんのお世話になっております(香川県高松市では、宮脇書店本店さんからもご発注をいただくことがあります)。高知県は残念ながら弊社にとっては扱いのない「配本ゼロ県」です。こうした「ゼロ県」は全国規模ではほかにもあるのですが、折々にご説明していきたいと思います。

+++

一方、閉店情報です。芳林堂津田沼店(千葉県船橋市前原西2-18-1津田沼PARCOのB館4F、太洋社帳合)が5月27日で閉店され、6月25日にくまざわ書店津田沼パルコ店(トーハン帳合)として生まれ変わりました。JR津田沼駅周辺は書店激戦区のひとつで、弊社新刊は駅直結のホテルメッツ津田沼の4~5Fにあるもうひとつのくまざわ書店(津田沼店、トーハン帳合)や、丸善津田沼店(トーハン帳合)で主に扱っていただいています。

また、書原狭山店(埼玉県狭山市祇園4-55Emio狭山市駅ビル1階西口、栗田帳合)が6月30日で閉店されました。今のところ後継店は決まっていないようです。

by urag | 2014-07-02 13:17 | 販売情報 | Comments(0)


<< 新規開店情報:月曜社の本を置い...      月曜社新刊のご案内:7月下旬発... >>