人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 30日

サラ・ケイン「4時48分 サイコシス」

黒い雪が降っている

(・・・)

死の中であなたは私を抱いている

もう決して自由になれない

(・・・)

私は死への願望など持っていない
自殺しようとしたことなど一度もない

私が消えるのを見て
私を見て

消えるよ

私を見て

私を見て

見て

(・・・)

私が一度も見たことがなかったのは自分自身だ。自分の顔は精神の下側に貼り付けられているから

(・・・)

(・・・)

お願い、幕を開けて

***

サラ・ケイン「4時48分 サイコシス」谷岡健彦訳より
『舞台芸術08』(特集=パフォーマンスの地政学)所収

サラ・ケインは1971年生まれのイギリスの劇作家。1995年1月、戯曲「ブラステッド(爆破されて)」で演劇界にデビューを果たす。凄絶な暴力描写と性表現が大きな反響を呼んだ。1996年「パイドラーの愛」、1997年「スキン」(TV)、1998年「浄化されて」が上演/放送される。1998年「渇望」以後の作品では、詩的でメタフォリカルな内面描写に重きが置かれるようになる。1999年2月20日、「4時48分 サイコシス」の脱稿後に自殺。

***

『舞台芸術08』は今週後半より書店店頭発売になります。巻末に全文掲載されたサラ・ケインの戯曲は圧倒的です。死神が宿っているかのような、暗い引力に満ちています。(H)

by urag | 2005-05-30 22:35 | 舞台芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/1978806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 舞台芸術09(次号)予告      今週の注目新刊(第6回:05年... >>