人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 12日

舞台芸術08号書影公開、書誌目次等情報更新

a0018105_17413194.jpg
舞台芸術08
Performing Arts. Issue 8

特集 パフォーマンスの地政学
Geopolitics of Performance

責任編集=太田省吾・鴻英良
発行=京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
発売=月曜社

判型:A5判並製320頁カバー装
本体価格:2000円
ISBN:4-901477-58-7
ジャンル:芸術書、演劇、パフォーマンス、芸術社会学

内容:パフォーマンス・アートの世紀から、行為/痕跡のジオポリティクスへ。美術と演劇、芸術と社会を架橋する、クリティカルな思考と表現の現在。

【巻頭言】
太田省吾 「インフォーム/パフォーム」
鴻英良 「パフォーマティヴな身振りはどこにあるのか」

【特集=パフォーマンスの地政学】 Geopolitics of Performance
●リチャード・シェクナー インタヴュー 聞き手・解説=内野儀 
「パフォーマンス研究の起源と未来」
●宇野邦一 「言語は演劇の敵なのか」
●熊倉敬聡 「「うすい」身体から「あつい」身体へ?――ヨガブーム、朗読ブームなどにみる「日本」的身体のゆくえ」
●共同討議「行為と痕跡のポリティクス――パフォーマンスの可能性をめぐって」
豊島重之/尾崎信一郎/鴻英良/森山直人/八角聡仁 
●吉増剛造 インタヴュー 聞き手=八角聡仁 
「舞─台の根源に響いている音」
●エリカ・フィッシャー=リヒテ / 訳=萩原健 
「パフォーマティヴなもののエステティクスはなぜ必要なのか」
●フロランス・デュポン / 訳=横山義志 
「儀礼的スペクタクルとしてのローマ喜劇」
●ミデオ・クルツ / 訳=エグリントンみか 
「パフォーマティヴィティについての技術的方法論」 
●エグリントンみか 「『恥辱』の上演/抗議を巡る英国シーク教徒の地政学」
●ピーター・ブルック インタヴュー 聞き手=ジャン=ルイ・ペリエ 訳=熊谷謙介
「シェイクスピアの作品において最も私の心を打つもの、その系譜の中に『ティエルノ・ボカール』はあります」
●ローズリー・ゴールドバーグ インタヴュー 聞き手=渡辺真也 
「歴史としてのパフォーマンス」
●伊藤キム インタヴュー 聞き手=酒井徹 
「劇場はもう飽きました」
●パフォーマンスへの視座――創作の現場から
石橋義正/岡田利規/桑折現/藤田康城/ユン・ボヒョン 

【時評】
内野儀 「「不可能性の時代」の演劇――身ぶりの政治学をめぐって」
桜井圭介 「「子供の国のダンス」便り――「グルーヴ」以降としての「コドモ身体」」
小林昌廣 「新歌舞伎という古典――岡本綺堂の作品から」

【連載】
フレドリック・ジェイムソン 「ブレヒトと方法 (5)」 訳=大橋洋一・河野真太郎
川村毅 「やさしい現代演劇 (8)」 
森山直人 「過渡期としての舞台空間――小劇場演劇における「昭和三〇年代」 (7)」

【戯曲】
サラ・ケイン「4時48分 サイコシス」
訳・解題=谷岡健彦 

[演出家から見たサラ・ケイン]
阿部初美 「『4時48分 サイコシス』上演の可能性」
川村毅 「徹底性と衝迫力」 
三浦基 「彼女について」

***

取次搬入日は5月30日の予定です。書店での店頭発売は6月1日以降、順次となります。以上です。(H)

by urag | 2005-05-12 17:42 | 舞台芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/1927256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 川田喜久治写真集『地図』の取り...      『ブランショ政治論集』著訳者略... >>