人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 16日

「ele-king」11号に間章『時代の未明から・・・』の書評

2013年9月27日発売の雑誌「ele-king」vol.11の「あっぷ本」欄に、『間章著作集I 時代の未明から来たるべきものへ』と、竹田賢一『地表に蠢く音楽ども』の書評「失われない言葉」が掲載されました。評者は松村正人さんです。「『時代の未明から来たるべきものへ』は間章に学ぶために何度でもあたる価値がある。理解するため、だけではない。読みものとしておもしろいのだ。それがこうしてふたたび世に出たのである。間章は待ってくれる、天國が待ってくれるように」。竹田さんの本については、「間章の誘いで『ジャズ』誌で批評をはじめた竹田賢一の70年代なかごろからのきわめて方法論的な批評」と評していただきました。

なお、お待たせしておりました『間章著作集II 〈なしくずしの死〉への覚書と断片』は来月中旬発売予定です。未発表原稿、単行本未収録原稿を多数収録。572頁、本体5,600円です。

by urag | 2013-10-16 16:57 | 広告・書評 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/18798316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新規開店情報:月曜社の本を置い...      注目新刊:晶文社の新シリーズ「... >>