人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 10日

新規開店情報:月曜社の本を置いてくださる予定の本屋さん

2013年9月5日(木)開店済
MARUZEN丸広百貨店飯能店:290坪
埼玉県飯能市栄町24-4 丸広百貨店飯能店 6F
大阪屋帳合。弊社へのご発注は音楽書少々。西武池袋線およびJR八高線の「東飯能」駅至近です。ジュンク堂書店京都BAL店および京都店に在席されていた文芸書のエキスパートIさんが着任されています。Iさんは人文書にも詳しく、二宮隆洋さんの追悼フェアを実現されたのもIさんです。東飯能駅は池袋線の「飯能駅」にも近いのですが、飯能駅周辺には「いけだ書店飯能店」があり、少し駅から離れますが、宮脇書店飯能店やリブロ系列のブックセンターよむよむサビア飯能店があります。ちなみに今回のお店は漢字表記の「丸善」ではなくローマ字表記の「MARUZEN」になっています。電話は書店への直通ではなく百貨店の大代表にかかるようになっています。

2013年10月10日(木)
ジュンク堂書店近鉄あべのハルカス店:649坪
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウィング館 7-8F
大阪屋帳合。弊社へのご発注は人文書および芸術書の主力商品でした。選書担当は、ジュンク堂書店池袋店をメインに、丸善丸の内本店、M&J梅田店の各氏。ちなみに経営主体はビッグウィルで、屋号がジュンク堂になります。隣接する「HOOP」6Fのビッグウィル阿倍野店は10月6日で閉店。以前書きましたが、近鉄百貨店の100%子会社だったビッグウィル(近鉄ブックセンター)は昨春、ジュンク堂が86%の株式を取得しており、昨夏には上本町店がビッグウィルからジュンク堂にリニューアルしています。業界紙に当時「近鉄百貨店阿倍野新本店への出店予定もある」と報道されていた通り、今回の出店になったということかと思います。なお、あべのハルカス近鉄本店ウィング館では5Fに文具売場としてMARUZENが166坪で出店します。本屋は7Fが501坪、8Fが148坪。これを合わせると、売場総面積は815坪になります。

+++

このほか、日販帳合で、来春開校される高松市の守里会看護福祉専門学校さんの図書館用のご発注を宮脇書店さんからいただきました。硬派な哲学書のご発注を頂戴し、瞠目しております。

by urag | 2013-09-10 17:20 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/18556807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 本日取次搬入:松本俊夫『逸脱の映像』      注目新刊・近刊・既刊:新しい思... >>