人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 18日

花粉症と光線過敏症のダブルパンチ

今日はこのシーズンで一番ひどい花粉症デーでした。鼻づまりのせいで口呼吸。喉は乾くし酸素不足で、朦朧としています。私にとっては光線過敏症(紫外線アレルギー)のシーズンにも同時に入りつつあり、憂鬱です。

光線過敏症というのは、強い紫外線(UV)に当たると皮膚に炎症を起こすアレルギーです。強い日差しを浴びていると、鮮やかな紅色の発疹ができて、それが痒みを伴います。発疹ではなく、皮膚が乾いて剥けるときもあります。現代医学では特効薬がありません。ただひたすら、春から夏の終りにかけての紫外線に接しないように、手袋や帽子、長袖などで物理的に遮断するのです。

夏でも黒っぽい服を重ね着するので(白い服はUV対策にはなりません)、30歳をすぎてから、はじめて熱中症にかかりました。あれには参った。高熱のせいで体が重くなり、言うことを聞かなくなります。

子供の頃は光線過敏症の症状はありませんでしたが、成人前後で部分的に少しずつ顕在化し、いまでは年々症状が大げさになってきます。自分自身が紫外線の計測器のようなものです。地球温暖化が進み、たしかに年々紫外線の量も増えているのでしょう。光化学スモッグもまだ「健在」のようで、熱中症はこのスモッグ中毒を併発すると余計にしんどいです。

UVグッズは男性用のものが少ないのが難点です。日傘や、ひじの上まである長い手袋とか、男性専用というのはあまり聞きません。以上、愚痴でした。(H)

by urag | 2005-03-18 21:55 | 雑談 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/1761264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from キラキラ☆きれいで居るた.. at 2005-04-10 11:18
タイトル : 紫外線アレルギー・日光じんましんに効くのかな?>漢方
やはりこのブログをしていて同じようにお悩みの方が結構いらっしゃるんですね。同じように、なんとか前のように、太陽の下でのびのび楽しみたい!と思う方、同じです。私自身、直ったり再発したりの繰り返しです。自分ひとりの時は、結構流れに任せてた部分があったんです...... more


<< 川田喜久治写真集『地図』完成しました      アガンベン『涜聖』仏語訳 >>