人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 10日

「舞台芸術08」目次概要公開

『舞台芸術08』 特集「パフォーマンスの地政学」

責任編集:太田省吾+鴻英良
発行:京都造形芸術大学・舞台芸術研究センター
発売:月曜社
判型:A5並製カバー装306頁予定
本体価格:2000円
ISBN:4-901477-58-7

発売日は4月中旬以後にお知らせいたします。

内容:近現代の舞台芸術の歴史を検証しながら、現代において「パフォーマンス」という戦略にどのような可能性があるのかを探る。ローリー・アンダーソン、ピーター・ブルック、伊藤キムなど国内外の著名なアーティストのエッセー、宇野邦一、熊倉敬聡、吉増剛造の論考、著書『パフォーマンス』で80年代に旋風を巻き起こしたローズリー・ゴールドバーグのインタビュー、28歳で自殺し一部にカルト的人気を誇る劇作家サラ・ケインが死の直前に執筆した遺作『4時48分サイコシス』の掲載など盛りだくさんの内容になっている。

目次:

[巻頭言] 太田省吾、鴻英良
[巻頭インタヴュー] リチャード・シェクナー(聞き手=内野儀)
内野儀「NYU、パフォーマンス・スタディーズ科が演劇研究で果たしている役割」
[共同討議] 尾崎信一郎、豊島重之、森山直人、八角聡仁、鴻英良 
[論考]
宇野邦一 「言語とパフォーマンス」
熊倉敬聡「パフォーマンティブという戦略」
エリカ・フィッシャー・リヒテ「パフォーマティヴの美学」訳:萩原健
ローズリー・ゴールドバーグ「インタビュー」聞き手・訳:渡辺真也
フロランス・デュポン「儀礼パフォーマンスの地政学」訳:横山義志
[エッセイ]
ローリー・アンダーソン「時間と時間の記録」(1998)訳:都甲幸治
ピーター・ブルック(訳:熊谷謙介)、伊藤キム、吉増剛造、メディオ・クルツ、ジェイコブ・レン
[ショート・エッセイ]
石橋義正、岡田利規、藤田康城、ユン・ボヒョン、桑折現
[時評]
内野儀、桜井圭介、小林昌廣、エグリントンみか
[連載]
フレドリック・ジェイムソン、川村毅、森山直人
[戯曲+α]
川村毅、阿部初美、三浦基「サラ・ケインをめぐって――演出家エッセー」
サラ・ケイン『4時48分 サイコシス』訳・解題:谷岡健彦
[執筆者一覧・公演告知]

by urag | 2005-02-10 12:00 | 舞台芸術 | Comments(1)
Commented by urag at 2005-02-19 12:13
岡田様、このたびはお世話になります。TBありがとうございます!


<< デリダ『パピエ・マシン』に続き...      『燈火節』に熱烈好評を頂戴して... >>