人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 31日

映画「デリダ」の坂本龍一によるサントラ

a0018105_0304367.jpg

右の画像が、ドキュメンタリー映画「デリダ」(2002年、カービー・ディック+エイミー・Z・コフマン監督作品)のサウンドトラックを担当した坂本龍一のCD「Derrida」輸入版です。

映画の方は2004年はじめにビデオとDVDが発売されていることは皆様ご存知の通りですが、それぞれフォーマットがアメリカ合衆国およびカナダ専用のため、日本用のフォーマットに変換してダビングするとか、リージョンフリーの再生デッキを買うとか、もしくはリージョンフリー化ソフトをインストールするとか、いろいろと面倒です。

しかし音楽CDの場合はそういう面倒はないし、坂本龍一のサントラは独立して楽しめるので、おすすめです。静かな夜にリラックスして聞きたいアンビエントな曲(というか、音の群れ)ばかり、29曲入っています。昨夏の発売でしたが、聴く分には、ゆっくり過ごしたいお正月向きでしょうか。私は特に、最後の"jd022"が好きです。我が家のおチビさんは全曲が「コワイ」と言っています。まあ確かに幽霊が出てきそうな暗いトーンではあります。教授が今まで作曲してきた映画音楽やCM曲等とはかなり印象が違います。〈現代音楽〉っぽい感じ、と表現したら(シロウトすぎますが)ニュアンスが伝わるでしょうか。アマゾン・ジャパンなどでこの輸入版が手に入ります。

なお、このアルバム「Derrida」に収録されている29曲というのは、"jd001"から"jd029"までの無機的な名前のトラック群なのです(ただし曲順は番号通りではありません)が、二年前の2002年3月に国内でワーナーから発売されたアルバム「Minha vida como um filme」の時は、"jd022"までしか収録していませんでした。そのかわり、映画『アレクセイと泉』のサントラ5曲が併録されています。こちらのCDもアマゾン・ジャパンなどで入手可能です。

左はオマケに並べてみましたが、1993年にDes FemmesからLa Bibliotheque des Voixシリーズのひとつとして発行された、デリダの「シルコンフェッション」の朗読カセットテープ全4巻です。今はなき哲学者の渋みのある肉声が聞けます。デリダ関連のコロックによく関わってこられたマリー-ルイーズ・マレさんもこの企画には一枚噛んだようですね。買ったのはずいぶん昔のことなのでよく覚えていないのですが、たしかアラパージュあたりで注文した気がします。当時はまだアマゾンがフランスに進出していなかった記憶があります。

2004年も今日で終わりです。読者の皆様には、今年一年温かいご支援をいただき、まことにありがとうございました。来年はいっそうがんばります。どうかよろしくお願いいたします。(H)

by urag | 2004-12-31 23:30 | 雑談 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/1497357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 似て非なるもの at 2005-02-14 01:49
タイトル : Minha vida como um filme
Minha vida como um filme(ミーニャ ビダ コモ ウン フィルメ) 坂本龍一 / ワーナーミュージック・ジャパン ISBN : B00005YX1P スコア選択: ウラゲツ☆ブログさんでMinha vida como um filme (映画:「デリダ」「アレクセイと泉」のサントラ)のレビューがあって、 そういえばあのCDはまだ聴いてないなあ、と思っていた。 日に日に聴きたいという思いが強まって、欲しくなった。 たまたま立ち寄った中古屋で新古品を...... more


<< あけましておめでとうございます      デリダの死後に刊行された訳書たち >>