人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 27日

「週刊読書人」にパーチ『関係主義的現象学への道』書評

週刊読書人」2011年11月11日号に、弊社9月刊、エンツォ・パーチ『関係主義的現象学への道』の書評「哲学脳を活性化させる刺激剤――独自の思想的地平を切り拓く」が掲載されました。評者は日本女子大教授の山田忠彰先生です。「パーチに独自なのは、世界・社会の関係性への徹底した目配りと、晩年のフッサール現象学を援用しつつも、それをさらに進めた、歴史的レーベンスヴェルト(生活世界)の構造把握である。歴史に絶対性も完結性も拒否し、開かれてある態度としての関係を注視するこの哲学は、現今のヴァッティモらの「弱い思考」の先取りの面をもつともいえよう。/わが国のイタリア哲学・思想研究の領袖たる訳者による訳文はさすがに熟れて読みやすく、本書は哲学脳を活性化させる刺激剤だとみられよう」と評していただきました。山田先生、まことにありがとうございました。

「週刊読書人」にパーチ『関係主義的現象学への道』書評_a0018105_0324695.jpg


by urag | 2011-11-27 23:12 | 広告・書評 | Comments(0)


<< 新規開店情報:月曜社の本を置い...      注目新刊:マーク・ボイル『ぼく... >>