人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 18日

「舞台芸術07」目次詳細最新版

舞台芸術07
特集=トランスナショナル/イントラナショナル

国家や民族から脱する《越境》の夢は、グローバル化の中で悪夢へと変わるのか。
演劇的なるものの可能性と限界を考察し、ナショナリズムの内なる特異点に迫る。

目次(2004年11月17日現在)

〈ナショナルなもの〉への疑い 太田省吾
イントラナショナルとは何か 鴻英良

■特集=トランスナショナル/イントラナショナル■

「高嶺格インタヴュー」聞き手=鴻英良
木村さんみたいな体だったらどんな人生なんだろうと、それを知らない自分が許せないから、憑依したくなるんです

ヨーロッパは西洋か? 多和田葉子
神の裁きからの演劇の〈誕生〉----『バルコン』から『オルダリ』へ 鵜飼哲
音楽とは誰のものか? 港大尋

[共同討議]「ナショナルなもの」をめぐる現代演劇の臨界点
すが秀実/内野儀/太田省吾/鴻英良/森山直人/八角聡仁

マリーナ・アブラモヴィッチ インタヴュー 今はなき故国ユーゴスラビアと親友スーザン・ソンタグを想う
聞き手=渡辺真也 訳=渡辺真也・萩原留美
クロアチアの国民演劇と抵抗する身体 マリン・ブラジェヴィチ 訳=鴻英良
スレイマン・アルバッサーム インタヴュー アラブ知識人の使命----『アル・ハムレット・サミット』をめぐって 聞き手=鴻英良
レバノンのにおける舞台芸術の「起源」と「現在」 ラビーウ・ムルウェ 訳=岡真理

ギリシア・ローマ演劇は愛国的であったか フロランス・デュポン 訳・解題=横山義志
最後の宮廷道化師?----アヴィニョン・フェスティヴァルと文化国家フランス 熊谷謙介

■時 評■
それでも演劇は続くのか?----「正義の味方」にならないために 内野儀
「子供の国のダンス」便り 3 桜井圭介
「すし屋」の権太----文楽ヴァージョン 小林昌廣

■連 載■
ブレヒトと方法 フレドリック・ジェイムソン 訳=大橋洋一・河野真太郎
観世榮夫 わが演劇、わが闘争 6 インタヴュー 聞き手=茂山千之丞
やさしい現代演劇 7 川村毅
北座はいま 3----ウル(原)歌舞伎劇場の記号学 木戸敏郎
過渡期としての舞台空間----小劇場演劇における「昭和三〇年代」 6 森山直人

■投 稿■
『屏風』、あるいは裏切りという名のゲーム 藤井慎太郎

■戯 曲■
『アル・ハムレット・サミット』 作=スレイマン・アルバッサーム 訳・解題=エグリントンみか

by urag | 2004-11-18 21:43 | 舞台芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/1330051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「PEN」12月1日号と「男の...      「舞台芸術07」発売日の変更 >>