人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 27日

9月近刊:ドアノー『不完全なレンズで』堀江敏幸訳

2010年9月24日取次搬入予定*ジャンル:芸術/文学

不完全なレンズで――回想と肖像
ロベール・ドアノー著 堀江敏幸訳
46判変型(タテ188ミリ×ヨコ121ミリ)、並製小口折カバー装336頁(写真43点[モノクロ41点、カラー2点])、税込定価2,310円(本体価格2,200円)、ISBN:978-4-901477-76-5

内容:パリを愛し、パリに愛された写真家の、言葉のスナップショット。街と人、写真をめぐる30の話、唯一のエッセイ集、待望の刊行。達意の訳文と周到な解説による新鮮なドアノー像!写真43点を収録(日本版オリジナル)

原書:Robert DOISNEAU, “A L’IMPARFAIT DE L’OBJECTIF ; souvenirs et portraits”, Actes Sud, 1995 / Belfond, 1989.

目次:
木でできた写真
「デ・ププリエの抜け道」におけるアジェ氏
簡潔な要約と気泡
黒い手帖
映画
工場の煙
ヴィラ・メディチとパヴィヨン・ミミール
ブレーズ・サンドラール
フランソワ・カヴァンナ
DATARの任務を負って
パリのジャック・プレヴェール
孤独な散歩
露天商たち
モード写真
ビストロ
画家たち
ジョルジュ・ブラック
パブロ・ピカソ
コンスタンタン・ブランクーシ
ル・ヴェジネのモーリス・ユトリロ
ポール・レオトー
アンドレ・ヴィニョー
素朴派の画家と「ブリュット」な芸術家たち
名前たち
 ブラッサイ
 アンドレ・ケルテス
 アンリ・カルティエ=ブレッソン
 ウィリー・ロニス
 エドゥアール・ブーバ
 集合写真
コローク、暴力、戦争ヌード
フォトジェニーと美女
ブリコラージュと科学的写真
分析ラボ
写真-批評

訳注
レンズの半過去形で 〔訳者解説〕

ロベール・ドアノー(Robert Doisneau):1912年、パリ南郊のジャンティイで生まれ、その後を同じパリ郊外のモンルージュですごした。1934年から約5年間、ルノー社の専属として広告・工業写真を担当する。第2次世界大戦中には、レジスタンスに加わる。1994年にパリで死去。最近刊行された写真集に「パリ」(2009、岩波書店)、「芸術家たちの肖像」(2010、岩波書店)などがある。

堀江敏幸(ほりえ・としゆき):1964年生まれ。作家、仏文学者。現在、早稲田大学文学学術院教授。代表作『郊外へ』で、ドアノーについてふれている。パリ、フランスを舞台にした作品に『郊外へ』のほかに、『おぱらばん』『子午線を求めて』『ゼラニウム』『魔法の石板 ジョルジュ・ペロスの方へ』『河岸忘日抄』など。写真かかわるものでは、エルヴェ・ギベール『幻のイマージュ』の翻訳がある。

by urag | 2010-08-27 00:08 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/11189279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 弊社出版物の著者や訳者の方々の...      新規開店情報:月曜社の本を置い... >>