人気ブログランキング |

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 26日

エルンスト・ユンガー『パリ日記』

「毎日新聞」2010年3月5日朝刊の6面コラム「ひと」は、「山本尤さん=エルンスト・ユンガーの「パリ日記」を完訳し自費出版」との見出しで、エルンスト・ユンガー「パリ日記」を完訳し2008年に自費出版された山本尤先生を紹介しています。写真はこの記事を書かれた伊藤一博さんからお借りした私家版『パリ日記』の現物です。

毎日新聞さんにはこの記事を読んだたくさんの方から「どこでこの自費出版本を入手できるのか」という問い合わせがたくさんあったと聞きます。かく言う弊社にも、問い合わせがありました。ユンガー著/川合全弘編訳『追悼の政治』を刊行した版元だからでしょうか。某書店の人文書担当者氏から「何か情報を知らないか」と電話があったのです。私も知りたかったので、伊藤記者にお尋ねしていたところでした。「30部限定で非売品。すでに全冊配布を終えられています」とのことでした。もったいない話です。

その後、幸運な御縁が重なり、弊社で『パリ日記』を再刊させていただくことになりました。川合先生訳『労働者』ともども進めて参ります。

古典的名著の渾身の訳稿を「自費出版」するという例を、たまに見かけます。自費出版になる理由はさまざまでしょうが、「これは弊社でお引き受けしたかったな」と思うことがあります。作品の古今東西を問わず、また国内外も問わず、名著古典の訳稿を温めておいでの大学の諸先生、在野の研究者の皆様、よろしければ、弊社にお声をかけてください。弊社はいわゆる自費出版はやっておりませんが、企画次第では弊社で出版することが可能です。電話やメールなどで、月曜社小林までご連絡をいただけると幸いです。
a0018105_14282269.jpg


by urag | 2010-03-26 14:17 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://urag.exblog.jp/tb/10277818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 4月1日だからと自分を慰めてみました      『ミクロコスモス 第1集』@紀... >>