人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ
2021年 12月 31日

月曜社最新情報まとめ(ブログの最新エントリーは当記事の次からです)

◆公式ウェブサイト・オリジナルコンテンツ
◎2011年6月28日~:ルソー「化学教程」翻訳プロジェクト。

◆最新刊(書籍の発売日は、取次への搬入日であり、書店店頭発売日ではありません)
◎2021年8月27日発売予定:江川隆男『残酷と無能力』本体3200円。
◎2021年8月5日発売予定:森山大道写真集『Nへの手紙』本体2500円。
◎2021年7月5日発売:小泉義之『災厄と性愛――小泉義之政治論集成Ⅰ』『闘争と統治――小泉義之政治論集成Ⅱ』本体各2600円。
◎2021年6月1日発売:アルベール・ロトマン『数理哲学論集』本体4,500円、シリーズ・古典転生第24回配本(本巻23)。
◎2021年5月7日発売:『表象15:配信の政治――ライヴとライフのメディア』本体2,000円。
◎2021年4月5日発売:柿木伸之『断絶からの歴史』本体3,600円。
◎2021年3月19日発売:ロドルフ・ガシェ『地理哲学』本体3,000円、叢書エクリチュールの冒険、第18回配本。
◎2021年3月5日発売:吉田裕『持たざる者たちの文学史』本体4,500円。
◎2021年3月5日発売:カトリーヌ・マラブー『真ん中の部屋』本体3,400円、シリーズ〈哲学への扉〉、第8回配本。
◎2021年3月3日発売:ロザリンド・E・クラウス『アヴァンギャルドのオリジナリティ』本体4,500円。
 大岩雄典氏書評「さらば、全てのアヴァン……」(「美術手帖」2021年6月号「BOOK」欄)
◎2020年12月9日発売:桑原甲子雄『物語昭和写真史』本体2,400円。
◎2020年11月12日発売:『多様体3 特集:詩作/思索』本体3,000円。
◎2020年11月6日発売:アルフォンス・ド・ヴァーレンス『マルティン・ハイデガーの哲学』本体4,500円、シリーズ・古典転生第23回配本(本巻22)。
 森一郎氏書評「フランスにおけるハイデガー受容史上の道標」(「週刊読書人」2021年2月19日号)
 黒岡佳柾氏書評「『存在と時間』の読解とフランス哲学界とハイデガー哲学との対話から、現代にも通じる独自の「ハイデガー論」が開陳される良書」(図書新聞4月10日号「特集:哲学と思想の波打際」)
◎2020年10月29日発売:ジェイソン・ワイス編『スティーヴ・レイシーとの対話』本体3,500円。
 塚原立志氏書評(「ミュージック・マガジン」2021年1月号「BOOK」欄)
 松尾史朗氏書評「自発的な求道者がゆむぐ驚異的に破綻のない言葉たち」(「レコード・コレクターズ」2021年2月号「INFO.STATION BOOKS」欄)
◎2020年10月2日発売:『多様体2 総特集:ジャン=リュック・ナンシー』本体3,200円。
◎2020年8月12日発売:ジャック・デリダ『スクリッブル 付:パトリック・トール「形象変化」』本体2,200円、叢書エクリチュールの冒険、第17回配本。
◎2020年6月23日発売:中井亜佐子『〈わたしたち〉の到来』本体2,000円、シリーズ〈哲学への扉〉、第7回配本。
 巽孝之氏短評(「図書新聞」2020年7月25日号、「2020年上半期読書アンケート」)
 山田雄三氏書評「だれも排除しない理想の「わたしたち」ーー沈黙を余儀なくされてきた女性たちが慎重に、しかし凛として語りはじめる」(「図書新聞」2020年10月31日号)
 片山亜紀氏書評「〈わたしたち〉は歴史のつくり手になれるのか」(『レイモンド・ウィリアムズ研究』第10号、レイモンド・ウィリアムズ研究会、2021年3月)

◆販売情報(重版・品切・サイン本、等々)
◎重版出来:
 2021年3月29日:クラウス『視覚的無意識』3刷
 2021年2月15日:ビショップ『ラディカル・ミュゼオロジー』2刷
 2021年2月17日:久保明教『ブルーノ・ラトゥールの取説』4刷
 2021年5月19日:ボワ/クラウス『アンフォルム』4刷
 2021年6月07日:ブルワー=リットン『来るべき種族』2刷
◎主要品切書目:『舞台芸術05』『舞台芸術08』『表象01』『表象02』『表象03』『表象04』『表象05』『表象07』『表象08』『表象09』『表象12』、毛利嘉孝『文化=政治』、クリフォード『ルーツ』、スピヴァク『ポストコロニアル理性批判』、ギルロイ『ブラック・アトランティック』、ハーマッハー『他自律』、ブレイエ『初期ストア哲学における非物体的なものの理論』、平井浩編『ミクロコスモス 第1集』、バトラー『自分自身を説明すること』、ユンガー『パリ日記』、ブランショ『書物の不在 初版朱色本』『書物の不在 第二版鉄色本』『謎の男トマ 初版本』、片山廣子『燈火節:随筆小説集成』『新編燈火節』、竹内てるよ『静かなる夜明け』、高柳昌行『汎音楽論集』、大里俊晴『マイナー音楽のために』『ガセネタの荒野』、大竹伸朗『ネオンと絵具箱』、森山大道写真集『新宿』『新宿+』『大阪+』『オン・ザ・ロード』『にっぽん劇場』『何かへの旅』『モノクローム』、森山大道フォトボックス『NOVEMBRE』、中平卓馬『都市 風景 図鑑』、やなぎみわ作品集『WHITE CASKET』、川田喜久治写真集『地図』、遠藤水城編『曽根裕|Perfect Moment』、佐野方美写真集『SLASH』。※書店からの返品で在庫がまれに生じる場合があります。直接、弊社までお電話かメールなどでお尋ね下さい。

◆出版=書店業界情報:リンクまとめ
◎業界紙系:「新文化 ニュースフラッシュ」「文化通信
◎一般紙系:Yahoo!ニュース「出版業界」「電子書籍」「アマゾン
◎話題系:フレッシュアイニュース「出版不況」「電子書籍」「書店経営
◎新刊書店系:日書連 全国書店新聞
◎雑談&裏話:5ちゃんねる 一般書籍

※このブログの最新記事は当エントリーより下段をご覧ください。 
※このブログについてネット上でつぶやかれていることをご覧になりたい方はYahoo!のリアルタイム検索をご覧ください。
※このブログがWWWにおいてどのような地位にあるのかについてはこちらをご覧ください。
※月曜社について一般的につぶやかれている様子はYahoo!リアルタイム検索からもご覧になれます。弊社が発信しているものではありませんので、未確定・未確認情報が含まれていることにご注意下さい。ちなみに弊社にはtwitterのアカウントを取得する予定はありませんが、当ブログ関連のアカウントはあります。


# by urag | 2021-12-31 23:59 | ご挨拶 | Comments(21)
2021年 08月 01日

注目新刊:山田奨治『著作権は文化を発展させるのか――人権と文化コモンズ』人文書院、ほか

★注目新刊をご紹介するエントリーは土日を使ってこれまで作成してきました。しかし、週末の二日間の一定時間をどうしても割かなければならない他の複数の用事がいよいよ存在感を増してきました。しばらく注目新刊紹介は、もっとも関心を寄せている1冊のみにコメントし、その他の書目は書誌情報を列記するに留めるようにします。もとより1冊に絞ること自体が難しいし、その他の書目がコメントするに値しないというわけでもまったくありません。こうしなければならないのは、自分の日常の公私にわたる時間配分がそもそもうまくないということに原因があるのかもしれません。注目新刊紹介を止めるという選択肢はないので、しばし選択を模索したいと思っています。

+++

注目新刊:山田奨治『著作権は文化を発展させるのか――人権と文化コモンズ』人文書院、ほか_a0018105_19172166.jpg
著作権は文化を発展させるのか――人権と文化コモンズ』山田奨治著、人文書院、2021年7月、本体3,200円、4-6判上製300頁、ISBN978-4-409-24139-4

★著者の山田奨治(やまだ・しょうじ, 1963-)さんは国際日本文化研究センター(日文研)教授。本書と関連する著書に『コモンズと文化――文化は誰のものか』(東京堂出版、2010年)や『日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか』(人文書院、2011年)、『日本の著作権はなぜもっと厳しくなるのか』(人文書院、2016年)などがあります。今回の新刊を著者自身はこう紹介しています。「本書では、著作権を権利者からではなくユーザーの人権の側から眺めて、「文化の発展」のための発想の転換を考える」(15頁)。「300年以上つづいた著作権のパラダイム――権利者による作品の囲い込みが、「文化の発展」にとって障害になりかねない時代を迎えていることを、読者とともに考える」(16頁)。目次詳細は書名のリンク先をご覧ください。

★第四章「作品が身体化する」から引きます。「著作物を使うこともまた、知的な労働である。感受する行為・使う行為が、神経活動と言語活動をする身体そのものを変化させる。その作品への感受性が必要となる点で、誰でも使うことができるものではない。それを二次的に使うには、使うための知識と能力が必要になる。著作物を感受すること・使うことは、ユーザーの脳神経に刻まれた情報と言語活動をフル稼働させることである。/これはロックのいう自己の身体による労働そのものである。よってユーザーにも作品の所有権が発生しうる。ロックが念頭においた労働は、額に汗を流すような肉体労働で、無体物を対象にした知的労働のことを考えてはいなかった。しかし、労働概念が非物質的なものにまで広がった今日においても、ロックのスキームはそのまま当てはめることができる。著作物を受容し使うことは、ユーザーが身体を動かす労働なのだ」(104頁)。「ユーザーは自己が触れた文化的所産を所有する」(105頁)。

★続いて第七章「文化コモンズを考える」から。「「文化」とは、人間社会の集団的な現象である。〔…〕「文化」は、「文化的所産」の生産者と流通者が独占できるものではない。生産者に特権的な地位を必ずしも認めるものではなく、「文化」をわかちあう集団こそが主役である」(179頁)。「誰が創ったかわからないものや、コミュニティーで育まれた表現までを、個人や企業のものにしてしまうことが、「文化」の囲い込みである。/そうした囲い込みに対抗して、共的な「文化」を取り戻す動きもある。〔…〕世界の「文化」を眺めると、囲い込みと「共的世界の創造」のふたつがせめぎ合っている」(181~182頁)。「「文化」を独占と収奪の対象にする考えは、見直すべき時代がきている」(183頁)。「アメリカ流のプロ・コピーライトに追随するのではなく、「文化」の創造的活力を生み出すための、異なるモデルを模索する必要がある。〔…〕「文化」は他者の存在があってはじめて意識されるものでもある」(同頁)。「豊かな「文化」を持つ社会を実現するために、「文化」の所有と拡散についてどのようなスタンスが必要なのか。著作権保護を第一とする姿勢とは異なる方向性を模索したい」(同頁)。

★「ひとは影響を受けた作品を身体化し、所有している。作品のユーザーにも人権にもとづく権利があるのではないか。「文化」は集団的なものであり私的所有とは相性が悪いのではないか。そういった考えが本書の底流にある」(あとがき、271頁)。本書の書名はあるいは『著作権は文化の発展を阻害する』などと言い切り型に変えた方があるいは市場の興味や読者の情緒を刺激して、より多く売れるかもしれません。しかしそう単純化はしなかったところに著者と出版社の理性と賢明さを感じます。示唆に富んだ箇所を引用しようとすると上記だけではとうてい足りないのですが、本書は業界人のみならず広く読者にも薦めたい本です。肝心な本には必ずそう書き添えていますが、ビジネスマンだけでなく官僚や政治家にも読んでもらいたいです。

★このほか最近では以下の新刊との出会いがありました。『反日』はまもなく発売、そのほかの書目は書店店頭発売済です。

反日――東アジアにおける感情の政治』レオ・チン著、倉橋耕平監訳、趙相宇/永冨真梨/比護遥/輪島裕介訳、人文書院、2021年8月、本体2,700円、4-6判並製276頁、ISBN978-4-409-24137-0
コロナとオリンピック――日本社会に残る課題』石坂友司著、人文書院、2021年7月、本体1,600円、4-6判並製224頁、ISBN978-4-409-24143-1
北に渡った言語学者――金壽卿1918-2000』板垣竜太著、人文書院、2021年7月、本体4,500円、4-6判上製370頁、ISBN978-4-409-52087-1
「命のヴィザ」言説の虚構――リトアニアのユダヤ難民に何があったのか?』菅野賢治著、共和国、2021年8月、本体5,200円、菊変型判並製648頁、ISBN978-4-907986-81-0
vanitas No. 007 特集:特集=ファッションとジェンダー』蘆田裕史/水野大二郎責任編集、アダチプレス、2021年7月、本体1,800円、四六判変型192頁、ISBN978-4-908251-14-6
機甲戦――用兵思想と系譜』葛原和三著、作品社、2021年7月、本体3,600円、A5判上製384頁、ISBN978-4-86182-860-7


# by urag | 2021-08-01 18:52 | Comments(0)
2021年 07月 29日

「図書新聞」に、マラブー『真ん中の部屋』の書評が掲載されました

弊社3月刊、マラブー『真ん中の部屋』への書評「徹底した偶然性と否定的な可塑性――マラブーの全著作のエッセンスが凝縮されて詰め込まれた書」が、「図書新聞」2021年8月7日付3507号の5面「学術・思想」欄の特集「哲学と思想史の新たな焦点を読む」で掲載されました。評者は明治大学教授・高橋一行さんです。「本書には今までのマラブーの全著作のエッセンスが凝縮されて詰め込まれている。〔…〕博士論文のヘーゲルの脱構築に始まって、近著のカントの脱構築まで、マラブーが紡ぎ出す様々な思想の元型が本書に見られる」と評していただきました。

# by urag | 2021-07-29 16:22 | Comments(0)
2021年 07月 25日

注目新刊:ユング『パウリの夢』創元社、ほか

注目新刊:ユング『パウリの夢』創元社、ほか_a0018105_02182114.jpg

パウリの夢――C・G・ユングの夢セミナー』C・G・ユング著、スザンヌ・ギーザ―編、河合俊雄監修、猪股剛/宮澤淳滋/鹿野友章/長堀加奈子訳、創元社、2021年7月、本体4,200円、A5判並製448頁、ISBN978-4-422-11765-2
魂のコード』ジェイムズ・ヒルマン著、鏡リュウジ訳、朝日新聞出版、2021年7月、本体2,300円、四六判並製416頁、ISBN978-4-02-251769-2
フロイト、性と愛について語る』フロイト著、中山元訳、光文社古典新訳文庫、2021年7月、本体1,040円、文庫判336頁、ISBN978-4-334-75447-1

★心理学関連の注目新刊が3点。『パウリの夢』は、近年ようやく公刊された講義録である『個性化過程の夢象徴』(Dream Symbols of the Individuation Process: Notes of C. G. Jung's Seminars on Wolfgang Pauli's Dreams, Princeton University Press, 2019)の訳書。監修者の河合さんによるまえがきによれば、本書は「ノーベル賞物理学賞受賞者であるヴォルフガング・パウリの受けた夢分析の内容について、ユングがアメリカで1936年と1937年に英語で行なった2回のセミナーの記録」(5頁)。「本書を読むと、ユングがいかに意識と無意識の対立、そしてそれの相補的関係を重視していたのかがわかる。そのためにはまず個としての存在になることが大切で、母親や父親からの分離、万人と同一化しないことなどが強調されている。それは教会、国家、科学と同一化しないこととしても指摘されている」(7頁)。

★また編者のギーザーによれば「ユングがこのセミナーで明らかにしようとしたのは、全体性という元型の表現であるマンダラが、現代人の心の中にどのようにして自発的に出現し、そして、この出現がどのように癒しの過程に反映されるのか、という点であった。ユングは、元型を人間が生まれながらに持つものであると定義している。そして元型は文化や環境によって条件づけられる経験上の素材が「書き込まれた」変化することのない意味の核を持っている、とされる。したがって、ユングにとってさまざまな文化や時代から、そしてとりわけ宗教的な象徴の領域から凡例を挙げることが、この仮説を根拠づけるために重要であった」(11頁)。

★「講義の中で、ユングが触れている主題は幅が広い。提示されたものは、夢の理論、精神疾患、個性化過程、退行、心理療法的治療の原理、男性の心理とアニマ・影・ペルソナの重要性、タイプ論、心的エネルギー論である。ユングは、ナチズム、共産主義、ファシズム、そして群集心理といった当時の政治的動向にも言及している。現代物理学、因果関係、そして現実性の本質に関する思索も披露している。宗教の領域からは、ミトラ教の秘儀、仏教、ヒンドゥー教、中国哲学、易経、クンダリニー・ヨーガ、身体と心に関する古代エジプトの概念を例に挙げて、自分の理論を描写してもいる。また、キリスト教の伝承からは、第一にカトリックの教義と三位一体の象徴に焦点を当て、そして新しく発見された外典福音書やグノーシス思想についても論じている。オーストラリア先住民のアボリジニの夢見の概念と、癒しをもたらす物体への信仰や、古代ギリシアのアポロン崇拝やディオニュソス崇拝、北欧神話、ピタゴラスとピタゴラス学説、そしてコーランのハディルについても言及している。文学の世界からは、ニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』、ゲーテの『ファウスト』、マイリンクの『ゴーレム』に触れている。そして、イグナティウス・デ・ロヨラの霊操とゾシモスの幻視〔ヴィジョン〕についての議論も展開している。これらの主題とユングの後年の著作との関係は注に記してある」(12頁)。充実したセミナーであることが窺えます。

★『魂のコード』は『The Soul's Code: In Search of Character and Calling』(Random House, 1996)の全訳『魂のコード――心のとびらをひらく』(河出書房新社、1998年)の再刊。新装復刊にあたり、副題は削除され、河合俊雄さんによる新たな解説と、訳者の鏡さんによる新しい「訳者あとがき」が追加されています。訳文改訂については言及なし。河合さんは次のように本書を紹介されています。「本書は、ユング派の分析家で、特にこころの個人的なところを超えた側面を強調した元型的心理学を推進し、ユング以後で最も影響力のある心理学者・思想家James Hillman, 1926-2011man, 1926-2011〕のベストセラーの翻訳である」(393頁)。

★「ヒルマンが主張する「どんぐり理論」とは、自分の中には生まれつき一粒のどんぐりがある、つまり生まれ持った運命のようなもの、その人の守護霊のようなものがあるというものである。まさに個人を超えたものが、備わっているのである。それは遺伝によっても、育てられ方という環境によっても決まるものではない。〔…〕近年の心理学・心理療法は、遺伝や過去における体験によってパーソナリティーや様々な問題を説明する傾向が強いのに対して、ヒルマンはそれを徹底して論破していくのである。このあたりに、魂というものが何にも還元できず、自律性を持っているとする彼の心理学の真骨頂が見られる。〔…〕ヒルマンはまずグロウダウン、この世に着地することを強調するのが興味深い。さらには後半に悪の問題と平凡さ、つまり誰にもどんぐりはあるという話になっていって、一層議論は深まっていく」(394頁)。

★訳者の鏡さんは本書を「まさにあなたのための本だ」とはしがきに記しています。「巨大な樫の木がすでにたった一粒のどんぐりに内包されているように、あなたのなかには生まれながらの魂が存在するのだと本書は主張する。これがヒルマンが展開する「どんぐり理論」の中核だ。/あなたの「どんぐり」、あなたの「運命」、あなたの「性格」、あなたの「守護霊〔ダイモーン〕」」(11頁)。

★『フロイト、性と愛について語る』は、古典新訳文庫での中山元さんによるフロイト新訳の6点目。1908年から1925年に発表された論考7本を収録。「男性における対象選択の特殊な類型について ──「愛情生活の心理学」への寄与(1)」(1910年)、「性愛生活が多くの人によって貶められることについて ──「愛情生活の心理学」への寄与(2)」(1912年)、「処女性のタブー ──「愛情生活の心理学」への寄与(3)」(1918年)、「ある女性の同性愛の事例の心的な成因について」(1920年)、「エディプス・コンプレックスの崩壊」(1924年)、「解剖学的な性差の心的な帰結」(1925年)、「「文化的な」性道徳と現代人の神経質症」(1908年)。帯文に曰く「わたしたちはどのように他者を愛するようになるのか。また、どのような愛情関係と性愛関係を結んでいくのか。一人の人間における心的なメカニズムから、性に対して抑圧的な社会との関係にまで考察を進めた論文集」と。

★このほか最近では以下の新刊との出会いがありました。書名を列記いたします。

マン・レイと女性たち』巖谷國士監修・著、平凡社、2021年7月、本体2,500円、A5判上製272頁、ISBN978-4-582-20722-4
現代思想2021年8月号 特集=自由意志――脳と心をめぐるアポリア』青土社、2021年7月、本体1,600円、A5判並製256頁、ISBN978-4-7917-1417-9
テレビ・ドキュメンタリーの真髄――制作者16人の証言』小黒純/西村秀樹/辻一郎編著、藤原書店、2021年7月、本体3,800円、A5判上製552頁、ISBN978-4-86578-314-8
漢字とは何か――日本とモンゴルから見る』岡田英弘著、宮脇淳子編・序、樋口康一特別寄稿、藤原書店、2021年7月、本体3,200円、四六判上製392頁、ISBN978-4-86578-319-3
何があっても、君たちを守る――遺児作文集:「天国にいるおとうさま」から「がんばれ一本松」まで』玉井義臣/あしなが育英会編、藤原書店、2021年7月、本体1,600円、四六変判並製312頁、ISBN978-4-86578-303-2


# by urag | 2021-07-25 23:30 | Comments(0)
2021年 07月 23日

「図書新聞」に弊社4月刊、柿木伸之『断絶からの歴史』の書評

「図書新聞」2021年7月31日付3506号にて、弊社4月刊、柿木伸之『断絶からの歴史』に対する書評が掲載されました。高橋順一さんによる「歴史の闇のなかにまどろむ死者たちを目覚めさせよ――ベンヤミンの歴史哲学の根源」で、第8面から7面に及ぶ長文のものです。「今や日本のベンヤミン研究の最先頭に躍り出たといっても過言ではない柿木伸之の新著『断絶の歴史』〔…〕にさっそく目を通し、驚愕の念に襲われた。その内容があまりにも深く自分が直面している問題と共鳴しあっているからであった」。

# by urag | 2021-07-23 16:40 | Comments(0)