ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

隔月刊『アイデア』322号(07年5月)が海外雑誌カルチャーを特集

a0018105_2281616.jpg隔月刊『アイデア』の322号(07年5月、誠文堂新光社)が、第二特集で「海外雑誌カルチャー」を扱っています。欧米の芸術、文化、文芸、学術などの各分野の専門誌の、創刊号の書影とデータがずらり。楽しい特集です。

同号の第一特集は、「オトル・アイヒャー デザインとしての世界」。ドイツのすぐれたデザイナーであるアイヒャー(Otl Aicher, 1922-1991)の仕事を取り上げています。アイヒャーはかのナチス抵抗運動で高名なショル兄弟の長女インゲ(Inge Aicher-Scholl, 1917-1998; 著書『白バラは散らず』、未来社)の旦那さんでもあったのですが、日本ではショル兄弟はそれなりに知られていても、アイヒャーのことは一般読者はほとんど知らないだろうと思います。

この特集では、彼の著書『デザインとしての世界』(1994年、エルンスト&ゾーン)の抄訳も掲載されています。「デザインとは一個の世界を創造することである」と彼は書きます。そしてこう続けます、「デザインが生まれるのは、理論と実践が衝突する地点である。(…)両者が道を見出して、発展が可能となるのである」。

また、こうも書いています、「デザインは人を自律的にし、デザインする人々は危険な存在となる。支配を行使する権威にとって、彼らは危険なのだ」と。さらに、「創造的なアナーキーがむしろ待望されている文化的領域がある」とも。

デザイン原論ともデザイン哲学とも言うべきアイヒャーのこの本は、ぜひ全訳されてほしいなと強く思います。アイヒャーを読んでいると、ブルース・マウが『マッシヴ・チェンジ』(2004年、ファイドン)を「デザインの世界についての本ではなく、世界のデザインについての本なのだ」と規定していたことを思い出します。

『マッシヴ・チェンジ』については、季刊『デザイン・クォータリー』第4号(06年秋季、翔泳社)が特集を組んでいて、そのマニフェストとも言うべき冒頭ページおよび序文の翻訳が掲載され、原研哉さん、後藤繁雄さんらのエッセイや、坂本龍一さんのインタビューなどが掲載されています。併読をお奨めいたします。
[PR]

by urag | 2007-05-31 23:37 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 30日

不定期刊「L'EVOCATION」4号は「夭折詩人小特輯」

a0018105_23505.jpg05年5月の創刊時に拙ブログでも取り上げたことのある、森開社の文芸誌「L'EVOCATION(レヴォカシオン)」の4月号が今月発売されました。今回も限定300部でナンバリング付き。夭折詩人小特輯、と銘打たれており、千田光(1908-1935)、左川ちか(1911-1936)、小方又星(生没年未詳)、山中富美子(1912-1936)、辻野久憲(1907-1937)らの詩作品や訳詩を読むことができます。

このほか、土屋和之氏の訳で「エリザ・メルクール詩篇」、岩田駿一氏の訳で「マラルメ散文詩篇」、さらに、小野夕馥、白鳥友彦、白鳥環の各氏による散文詩篇が収録されています。

L'EVOCATIONは、ネット専門古書店の「古書肆マルドロール」や、神保町の田村書店などで購入できます。バックナンバーは創刊号が品切れですが、2号と3号がわずかに残っているようです(マルドロールでは2号は品切)。

森開社は1973年に小野夕馥さんにより設立された伝説的な出版社です。仏文学を中心に単行本や季刊誌「森」、「ラフォーレ」などを刊行、味わい深い文学作品や詩を洒脱な装丁で飾って小部数限定出版を一貫して続けてきた、玄人好みの版元です。熱心なコレクターがあちこちにいらっしゃいます。

80年代前半からでしょうか、徐々に刊行ペースが落ち、90年代以降はまさに伝説と化した出版社として、知る人ぞ知る存在になりました。そもそも森開社の書籍と雑誌は、書籍コードや雑誌コードが付されておらず、取次による流通に頼ったことはなかったのではないかと推測できます。森開社の本は公立図書館にも置いてないことが多いようで、国会図書館にはなんと1点しか収蔵されていません。国会図書館は、版元側が主体的に納品していない本をトーハンや日販を通じて発注しますから、この二大取次で調達できなければ基本的にあきらめてしまうのでしょう。

ISBNやJANコードを取得して取次経由で全国の書店に配本しないと、市場から書物とみなされなかったり、半年に一冊以上刊行しない出版社は一人前に見なされないような風潮が巷ではすっかり定着しています。しかし、森開社さんの活動はそうした世間体や市場原理によりかからなくても出版活動はできるし、読者は獲得できるのだということを教えてくれている気がします。森開社さんは創業当時からずっとオルタナティヴな出版社であり続けているのですね。

森開社さんは現在、「レヴォカシオン」誌のほかに、単行本でピエエル・ルイス詩集『秘稿 女』(白鳥友彦訳)を限定520部で発売中です。送料別で7000円也。販売取り扱いは、神保町の田村書店。近刊に、『千田光全詩集』、『ヴィリエ・ド・リラダン移入翻訳文献書誌』、『仏蘭西小浪漫派詩人抄』、『白鳥環詩集』などが予告されています。

70年代から80年代前半までの森開社さんの古書が、上記の古書肆マルドロールで地味にじっくり長期間にわたって販売されています。つい先週まで、ヤフオクに複数出品している方もおられましたね。グーグルなどにキャッシュが残っていると思います。
[PR]

by urag | 2007-05-30 23:46 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 29日

月刊『水声通信』17号は特集=甦るライプニッツ

a0018105_144367.jpg月刊『水声通信』の17号(07年4/5月合併号)は特集が「甦るライプニッツ」です。

本年2月にUTCPの主催で東大駒場キャンパスで行われた、故・中野幹隆さん(哲学書房)の追悼シンポジウム「ライプニッツの千年」での、坂部恵、黒崎政男、山内志朗の三氏による発表と質疑応答(司会は小林康夫さん)の様子が収録されています。同シンポで発表された國分功一郎さんの「デカルトを読むスピノザ」も併録。

寄稿論文は、佐々木能章「ライプニッツの現代的意義」、酒井潔「ライプニッツの自然言語論」、松田毅「ライプニッツの「心の哲学」素描」、小田部胤久「ライプニッツとヘルダー」、森田團「モナドと歴史哲学」。

なお、同誌の前号(16号・07年3月号)では、中野氏の葬儀で読まれた坂部、小林、黒崎の三氏による弔辞が掲載されています。

また、東大出版会のPR誌『UP』07年4月号では、上記シンポジウムのいきさつと当日の様子が小林康夫さんのエッセイ「ライプニッツの千年、あるいは「個体」と「普遍」」で紹介されています。
[PR]

by urag | 2007-05-29 23:13 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 28日

季刊『インターコミュニケーション』61号よりリニューアル

a0018105_1111949.jpg季刊誌『インターコミュニケーション』が07年夏季の61号よりリニューアルされました。判型が一回り大きくなり(タテヨコ約20ミリずつ、B5変型判→B5判)、41号から続いていた縦組・右開きが5年ぶりに横組・左開きに戻りました。

61号の特集は「東京スキャニング」。東浩紀さんと五十嵐太郎さんの対談「東京という現実の幸せな砂漠」を冒頭に、建築家と写真家のコラボレーション「Architechtural Tokyo in Photography」(若手建築家が指名した写真家による都市の風景写真と建築家による写真へのコメント)、ドミニク・チェンさんの論考「混交都市TOKYO」や安藤礼二さんの論考「時間と記号の都市、東京」などが掲載されています。

同誌編集室によるプレスリリースでは「トレンド雑誌では見えてこない東京の〈いま〉を、これらの記事から感じ取っていただければ幸い」とありました。

特別掲載は浅田彰さんによる評論「霧の中で――坂本龍一+高谷史郎とフォーサイス」です。二つのインスタレーション(「LIFE」@山口情報芸術センター、「Additive Inverse」@21_21 design sight 〔東京ミッドタウン〕)をめぐって論じられています。
[PR]

by urag | 2007-05-28 21:06 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 27日

今週の注目新刊(第99回:07年5月27日)

哲学の舞台〔増補改訂版〕
ミシェル・フーコー(1926-1984)+渡辺守章(1933-):著 朝日出版社 07年5月 2520円 46判並製287頁 ISBN978-4-255-00390-0
■帯文より:フーコー没後22年、日本が世界に誇る知的資産の増補改訂版。世界で唯一のフーコーとの共著。1978年のオリジナル版に新規論文三篇を付し、巻末に世界のフーコー研究をリードする石田英敬(東京大学大学院情報学環教授)と渡辺守章による長篇対談「今、フーコーを読むとは」を収録。
■目次◎第I部【1978年旧版に相当】:哲学の舞台(フーコー+渡辺守章)/狂気と社会(フーコー)/性的なるものをめぐって――『知への意志』を読む(渡辺守章)/〈性〉と権力(フーコー)/政治の分析哲学――西洋世界における哲学者と権力(フーコー)◎第II部【増補部分】:快活な知(渡辺守章)/襞にそって襞を――フーコーの肖像のために(渡辺守章)/見ること、身体――フーコーの『マネ論』をめぐって(渡辺守章)◎今、フーコーを読むとは――解題に代えて(石田英敬+渡辺守章)
■浅田彰氏推薦文「演劇的なるものと権力的なるものの交錯を読み解く対話が、それ自体、演劇的な力をもって立ち現れる。自らを匿名化しようとしたフランスの哲学者がそれにもかかわらず捨てきれなかったフランボワイヤントな言葉に、フランス人よりも華麗なフランス語を操る日本の演出家の言葉が拮抗する。ミシェル・フーコーと渡邊守章の遭遇は、そういう稀有な出来事だった。フーコーを読み解く者は今も世界中にいる。だが、このようなフーコーとの対話は、当時も今もほとんど類例がない。この貴重な記録は、変貌の途上にあったフーコーの実像を示す興味深い内容に加え、自らを焼き尽くさんばかりの言葉の力によって、現代の読者をも圧倒するだろう。」

芸術と脳科学の対話――バルテュスとゼキによる本質的なものの探究
バルテュス+セミール・ゼキ:著 桑田光平:訳 青土社 07年5月 1995円 46判並製220頁 ISBN978-4-7917-6339-9
■帯文より:脳科学で美は解明できるのか、そして脳科学に芸術はどう応えるのか。20世紀
最後の画家と世界的脳科学者による、もっとも重要な対話。「あらゆる芸術的な努力とは、脳の巧みな機能の実験なのです」(ゼキ)、「脳だけが動きを表象できるわけではありません」(バルテュス)。
■原著"Balthus ou la quete de l'essentiel", Les Belles Lettres, 1995.

精神分析の抵抗――フロイト、ラカン、フーコー
ジャック・デリダ(1930-2004):著 鵜飼哲+守中高明+石田英敬:訳 青土社 07年5月 2310円 46判上製230頁 ISBN978-4-7917-6332-0
■帯文より:現代を代表する哲学者デリダが、ラカン、フーコーとの過去の対決をふまえ、ライバルたちの天才と弱点を明確化するとともに、精神分析に対する最大の批判者=理解者として、この理論/実践の「自己への抵抗」の可能性を現在へと押し開く。
■原著"Registances - de la psychanalyse", Galilee, 1996.

症例マドレーヌ--苦悶から恍惚へ
ピエール・ジャネ(1859-1947):著 松本雅彦:訳 みすず書房 07年5月 3,990円 46判301+4頁

脱植民地国家の現在--ムスリム・アラブ圏を中心に
アルベール・メンミ(1920-):著 菊地昌実+白井成雄:訳 法政大学出版局 07年5月 2,310円 46判175頁

レイ・カーツワイル 加速するテクノロジー
レイ・カーツワイル(1947-)+徳田英幸(1952-):著 NHK出版 07年5月 998円 A5判92頁

ウェブ社会の思想--〈遍在する私〉をどう生きるか
鈴木謙介(1976-):著 NHK出版 07年5月 1,124円 B6判265頁

生命観の探究--重層する危機のなかで
鈴木貞美(1947-):著 作品社 07年5月 7,980円 A5判914頁 ISBN978-4-86182-119-6
■帯文より:新しき生命主義の構築! われわれは「生命」をどのように捉えてきたか。古今東西の哲学・宗教から最先端の分子物理学に至る人類の精神的営為を渉猟しつつ、多様な危機に混迷する現代に新たな生命原理主義を樹立する画期的労作。

源氏物語と音楽
中川正美:著 和泉書院 07年5月 1,575円 B6判251頁

日常生活の誕生--戦間期日本の文化変容
バーバラ・佐藤:編 柏書房 07年6月 4,410円 A5判282頁

原爆症--罪なき人の灯を継いで
郷地秀夫(1947-):著 かもがわ出版 07年5月 1,050円 A5判102頁

占領と性--政策・実態・表象
恵泉女学園大学平和文化研究所:編 奥田暁子ほか:著 インパクト出版会 07年5月 3,150円 A5判274頁

エドゥアルト・ガンスとドイツ精神史--ヘーゲルとハイネのはざまで
川崎修敬:著 風行社 07年6月 6,300円 A5判247+4頁

神は妄想である--宗教との決別
リチャード・ドーキンス(1941-):著 垂水雄二:訳 早川書房 07年5月 2,625円 46判578頁

バチカン・エクソシスト
トレイシー・ウイルキンソン:著 矢口誠:訳 文藝春秋 07年5月 1,750円 46判229頁

コモンカフェ--人と人とが出会う場のつくりかた
山納洋(1971-):著 西日本出版社 07年6月 1,575円 46判231頁

出版経営入門--その合理性と非合理性
ハーバート・S・ベイリーJr.:著 箕輪成男:訳編 出版メディアパル 07年5月 3,150円 A5判270頁
●著者はプリンストン大学出版局長。

火星からのメッセージ
ジム・ベル:著 寺門和夫:監訳 沢田京子:訳 ランダムハウス講談社 07年5月 4,988円 30x30cm / 203p
●火星のパノラマ写真集。

***

◎注目の文庫、新書

正しく生きるとはどういうことか
池田清彦(1947-):著 新潮文庫 07年6月 460円 265頁
●新潮OH!文庫(01年8月)よりスイッチ。 親本は同社より98年5月刊。

墨子
山田琢:訳著 山辺進:編 新書漢文大系:明治書院 07年5月 1,050円 新書判214頁

淮南子
劉安:編 楠山春樹:訳著 本田千恵子:編 新書漢文大系:明治書院 07年5月 1,050円 新書判144頁
[PR]

by urag | 2007-05-27 23:37 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 25日

『表象01』は今月末重版出来、6月1日より出荷開始予定

版元品切でご迷惑をおかけしております『表象01』は、今月末重版出来、6月1日より出荷開始予定です。アマゾン、セブンアンドワイなどオンライン書店経由で多数のお客様からのご注文をいただいておりますが、お応えできず、すみませんでした。お急ぎのお客様はどうぞ紀伊國屋書店BOOKWEBをお使いください。

紀伊國屋書店BOOKWEBは、全国の紀伊國屋書店チェーンの店頭のリアルな在庫と連動しています。版元品切の本もここなら見つかることがあります。オンライン専門の書店の場合は、専属の流通倉庫で商品を集中的に扱っているので、そこで品切になると取次の流通倉庫や版元の在庫に頼るしかないのですが、その際版元品切だと商品の調達がほぼできなくなります。いっぽう紀伊國屋書店BOOKWEBは各支店に分散したリアル在庫から出荷できるので、版元に頼らずとも調達できる場合があるのです。これはオンライン専門より有利な点ですね。

他書店で店頭のリアル在庫と連動しているのは、ジュンク堂書店です。ただ、こちらは池袋本店のみと連動。アイテム数では紀伊國屋チェーンを凌駕するであろうジュンク堂の各支店の在庫が一挙に扱えるようになればどんなに素晴らしいことでしょう。早くその日が到来してほしいものです。
[PR]

by urag | 2007-05-25 12:48 | 表象文化論学会 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 24日

bk1ベータサイト

オンライン書店bk1が今夏リニューアルするとのことで、先週からβサイトのモニター一万人を募集中。応募するとギフト券がもらえるのですが、あまり食指が動かず。bk1は嫌いじゃないけれど、モニター協力は疲れそうなイメージがあって。モニター期間は5月30日(水)から6月26日(火)までの予定だそうです。リニューアルでどんなふうに生まれ変わるか、楽しみですね。
[PR]

by urag | 2007-05-24 23:34 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 23日

英知出版元社員さんによる記事「会社が倒産しました。」

英知出版の元社員さんによる記事「会社が倒産しました。」が版元ドットコムさんの「版元日誌」で公開されています。現在求職中とのことですが、彼のような真面目な人材を欲しがっている版元はいくらでもあるだろうと思います。

記事中に「平均返品率は5割台と高く・・・」という言葉がありますが、50%台はもはやそんなに高くないご時勢になってしまいましたね。取次大手さんが公称する業界全体の書籍返品率はたしかにそれより低いですけれど、本当かなと首を傾げてしまいます。平均してしまうと現実が見えなくなる場合があります。あくまでも推理の域を出ませんが、返品率がとても高い版元と、低い版元の差が実際は大きいのではないかと思うのです。
[PR]

by urag | 2007-05-23 23:58 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 22日

ブックファースト渋谷店が今年十月で閉店なんて

さいきんとてもショックだったニュースのひとつが、渋谷界隈の地域一番書店であるブックファースト渋谷店が、ビルの改装だか建て替えのため今年十月で閉店するということ。売場が小さくなって近隣に再出店される予定なのですけれど、あの大きさだったから集客力があったのだし、旧勢力だった大盛堂や旭屋がその影響で撤退したのだと思います。ブックファーストが後退するからと言って、リブロ渋谷店をはじめとする周辺の大型店にお客がいっせいになだれ込むかというと、微妙な気がします。渋谷戦争の行く末はまだ見通せません。
[PR]

by urag | 2007-05-22 03:26 | 雑談 | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 20日

今週の注目新刊(第98回:07年5月20日)

a0018105_236772.jpg見続ける涯に火が… 批評集成1965-1977
中平卓馬(1938-):著 八角聡仁+石塚雅人:編 オシリス 07年4月 3570円 46判上製512頁 ISBN978-4-9901239-4-9
■版元紹介文より:本書はいまなおアクチュアルな輝きを失わない写真家/批評家の思考の運動を現在の世界へと召喚し、年代順にその軌跡を辿ることを通して、今日における写真表現の可能性を再考するアンソロジーである。表紙、見返しに中平卓馬カラー新作写真6点収録。
■浅田彰氏推薦文「思考が視覚を批判し、視覚が思考を試練にかける。中平卓馬の遺した仕事に見られるそのような葛藤の痕跡は、ゴダールの仕事に勝るとも劣らぬ強度で今もわれわれを圧倒する。遺した? いや、写真家は、記憶の大半を失い、書くことをやめた後も、日々撮影を続け思考を続けている。その姿はわれわれに究極の真理を教えるだろう。脳ではない、眼が思考するのだ。だが、そのような境地を垣間見るためにも、まずは、彼が脱ぎ捨てた、しかし今も生気に溢れる過去の思考の殻を、われわれの「灰色の脳細胞」でつぶさに検討するところか
ら始めなければならない。」

●オシリスの出版物は、取次を一切通さず、直販のみで販売されています。現在、首都圏を中心に70箇所ほどの書店およびネットショップで販売中。扱い書店一覧は→ http://www.osiris.co.jp/ntshop.html

EMOTIONS
会田法行(1972-):著 新風舎 07年5月 3,990円 A4R判(21×29cm)134頁 ISBN:978-4-289-02427-8
●会田さんはフリーの報道写真家。今回はパレスチナを撮っています。発売を記念し、青山BC本店、同六本木店、Nadiff×10などで写真展を開催

百怪図譜--京極夏彦画文集
京極夏彦:著 講談社 07年5月 2,730円 B5変形判87頁

芸術の設計--見る/作ることのアプリケーション
岡崎乾二郎(1955-):編著 フィルムアート社 07年5月 2,730円 A5判255頁

近代日本とマイノリティの〈生-政治学〉 --シュミット・フーコー・アガンベンを中心に読む
小畑清剛(1956-):著 ナカニシヤ出版 07年5月 2,730円 46判308頁

存在と共同--ハイデガー哲学の構造と展開
轟孝夫(1968-):著 法政大学出版局 07年5月 7,140円 A5判371+24頁

限界の哲学
ドゥルシラ・コーネル:著 仲正昌樹:監訳 澤里岳史ほか:訳 御茶の水書房 07年4月 4,725円 菊判372頁

エコマルクス主義--環境論的転回を目指して
島崎隆:著 知泉書館 07年4月 3,675円 A5判285頁

四枢要徳について--西洋の伝統に学ぶ
J・ピーパー:著 松尾雄二:訳 知泉書館 07年4月 4,725円 菊判284頁

黄金と生命--時間と錬金の人類史
鶴岡真弓:著 講談社 07年4月 2,940円 46判485頁

放屁という覚醒--人類学的放屁論のフィールド
O・呂陵:著 世織書房 07年5月 1,575円 B6判170頁

使琉球記
李鼎元:著 原田禹雄:訳注 榕樹書林 07年4月 24,990円 A5判583+7頁
●「唯一の日記体による冊封使録を現代語訳」。 訳者は同版元から昨秋、『陳侃 使琉球録』も刊行。宜野湾市に所在する榕樹書林は、古書店兼業の出版社。郷土資料の出版が専門。

読書世論調査 2007年版
毎日新聞東京本社広告局 07年3月 3,150円 A5判121頁
●第60回「読書世論調査」と、第52回「学校読書調査」の結果と、その分析および解説。


***

◎注目の文庫、新書

元気が出るゲバラ語録
知的好奇心研究会編:著 リイド文庫 07年5月 500円 221頁

新渡戸稲造論集
新渡戸稲造:著 鈴木範久:編 岩波文庫 07年5月 840円 340頁

最新世界周航記 (上)
ダンピア:著 平野敬一:訳 岩波文庫 07年5月 987円 459頁

三国志曼荼羅
井波律子:著 岩波現代文庫 07年5月 1,050円 323頁

破壊の女神--中国史の女たち
井波律子:著 知恵の森文庫:光文社 07年5月 620円 283頁

〈ポストモダン〉とは何だったのか 1983-2007
本上まもる(1970-):著 PHP新書 07年5月 756円 213頁

生物と無生物のあいだ
福岡伸一(1959-):著 講談社現代新書 07年5月 777円 285頁
[PR]

by urag | 2007-05-20 00:11 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)