「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 30日

新訳到来!ドゥルーズ『意味の論理学』上下(河出文庫)

a0018105_2045811.jpg
意味の論理学(上下)
ジル・ドゥルーズ(1925-1995):著 小泉義之(1954-):訳
河出文庫 07年1月 各1,050円 文庫判307頁/282+4頁
ISBN978-4-309-46285-1/978-4-309-46286-8

■カバー内容紹介文より:ルイス・キャロルからストア派へ、パラドックスの考察にはじまり、意味と無意味、表層と深層、アイオーンとクロノス、そして「出来事」とはなにかを問う、かつてなかった哲学。『差異と反復』から『アンチ・オイディプス』への飛躍を画し、核心的主題にあふれたドゥルーズの代表作を、気鋭の哲学者が新訳。下巻では、永遠回帰は純粋な出来事の理論であり、すべての存在はただひとつの声であるという「一義性」論から言葉、性、幻影、セリーへと、アリスとアルトーと伴奏する思考の冒険は驚くべき展開を見せる。ルクレティウス論、トゥルニエ論などの重要テクストも収録。

●約20年ぶりの新訳です。既訳は、岡田弘+宇波彰訳『意味の論理学』(法政大学出版局、1987年)。新訳文庫には、既訳になかった人名索引がついていて便利です。弊社が本年刊行したブレイエ『初期ストア哲学における非物体的なものの理論』が、このドゥルーズの大著にどのような影響を及ぼしているかは上巻を読むとわかります。
[PR]

by urag | 2006-12-30 20:05 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 29日

「図書新聞」「読書人」読書アンケート

週刊書評紙「図書新聞」12月23日付2803号の「06年下半期読書アンケート」で、崎山政毅さんがギルロイの『ブラック・アトランティク』を「今年の三冊」のうちのひとつとして選んでくださいました。「その緻密さと奥行きの深さに背筋をただされる」と評していただきました。

同号では、鈴木創士さんがブレイエ/江川隆男の『初期ストア哲学における非物体的なものの理論』を選んでくださいました。「これほど風変わりで生き生きとして並外れた哲学理論に出会えることはめったにない」と評していただきました。

いっぽう、「週刊読書人」12月25日付2668号の座談会「「ネオリベ」との対峙の中で――2006年の思想界を振り返る」(岩崎稔・白石嘉治・本橋哲也)の中でも、岩崎さんが『ブラック・アトランティック』に言及されています。

崎山さん、鈴木さん、岩崎さん、ありがとうございました。
[PR]

by urag | 2006-12-29 12:13 | 人文書既刊 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 25日

24日付「朝日」「日経」各紙の「今年の3冊」で

「日本経済新聞」12月24日付読書欄の「回顧2006」で、陣野俊史さんがギルロイの『ブラック・アトランティック』を今年のベスト3冊のうちの1冊に挙げてくださいました。「色あせることのない大著(・・・)〔CS研究者だけでなく〕サブカル好きにも届くといい」とコメントしていただきました。

「朝日新聞」12月24日付読書欄の「書評委員の「今年の3点」で、角田光代さんが大竹伸朗の『ネオンと絵具箱』を採り上げてくださいました。「著者が何を見て心を動かされるかが直接的にわかり、こちらも心を等しく強く動かされる」とコメントしていただきました。

陣野さん、角田さん、ありがとうございました!
[PR]

by urag | 2006-12-25 16:44 | 人文書既刊 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 24日

今週の注目新刊(第81回:06年12月24日)

今週はなんと言っても驚いたのがサルトルのフローベール論の第3巻。17年ぶりの続刊でおよそ四半世紀をかけての完結【「完結ではなく全5巻」というご指摘を読者の方からいただきました】ですから。ベンハビブは単行本が待望の本邦初訳。「マリアの福音書」は、今年話題を呼んだ「ユダの福音書」を読んだ読者なら見逃せません。筑摩書房さんの今月はフーコーのマネ論といい今度のヴァレリーといい、なかなか渋い線で楽しませてくれます。

家の馬鹿息子――ギュスターヴ・フローベール論 (3):1821年より1857年まで
ジャン‐ポール・サルトル:著 平井啓之+鈴木道彦+海老坂武+蓮実重彦:訳
人文書院 06年12月 15,750円 A5判775頁 ISBN:4-409-14019-1
●第1巻が82年刊、第2巻が89年刊。 ついに完結【「完結ではなく全5巻」というご指摘を読者の方からいただきました】です。【追記:原書は全3巻ですが、日本語訳では全5巻予定。第4巻以降の刊行予定を版元さんにお尋ねしたところ、「現時点では未定」とのことでした。】

信頼
アルフォンソ・リンギス(1933-):著 岩本正恵:訳
青土社 06年12月 2,520円 46判269頁 ISBN:4-7917-6233-9

他者の権利――外国人・居留民・市民
セイラ・ベンハビブ:著 向山恭一:訳
法政大学出版局 06年12月 2,730円 46判252頁 ISBN:4-588-62206-4

生きる希望――イバン・イリイチの遺言
イバン・イリイチ(1926-2002):著 デイヴィッド・ケイリー:編 臼井隆一郎:訳
藤原書店 06年12月 3,780円 46判409頁 ISBN:4-89434-549-8

マグダラのマリアによる福音書――イエスと最高の女性使徒
カレン・L・キング:著 山形孝夫+新免貢:訳
河出書房新社 06年12月 2,520円 46判341頁 ISBN:4-309-23076-8

パーキスターン大地震――バケツ1杯の水からの支援
督永忠子:著
合同出版 06年12月 1,470円 B6判237頁 ISBN:4-7726-0382-4

17歳のための世界と日本の見方――セイゴオ先生の人間文化講義
松岡正剛(1944-):著
春秋社 06年12月 1,785円 B6判363頁 ISBN:4-393-33265-2

喪男の哲学史
本田透(1969-):著
講談社 06年12月 1,890円 A5判318頁 ISBN:4-06-213776-3
●「喪男」は、モダンと読みます。モテることを拒否する男のことだそうです。

メカビ Vol.02 ただのオタクには興味ありませんっ
講談社MOOK 06年12月 1,500円 B5判191頁 ISBN:4-06-378818-0

宇宙から見た日本――地球観測衛星の魅力
新井田秀一:著
東海大学出版会 06年12月 1,050円 21×30cm 97p ISBN:4-486-03701-4

写真家・細江英公の世界――球体写真二元論
細江英公(1933-):写真
青幻舎 06年12月 3,990円 A4判159頁 ISBN:4-86152-096-7
●収録作品:『おとこと女』『薔薇刑』『鎌鼬』『抱擁』『たかちゃんとぼく』『おかあさんのばか』『土方巽舞踏大鑑 かさぶたとキャラメル』『胡蝶の夢 舞踏家・大野一雄』『ガウディの宇宙』『〔妖精物語〕ルナロッサ』『春本・浮世絵うつし』

ル・コルビュジエ 1887-1965
ジャン=ルイ・コーエン:著 Chizuru Ono:訳
タッシェン・ジャパン 06年12月 1,575円 菊判96頁 ISBN:4-88783-306-7

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ 1774-1840
ノルベルト・ヴォルフ:著 Kazuhiro Akase:訳
タッシェン・ジャパン 06年12月 1,575円 菊判96頁 ISBN:4-88783-304-0

シュルレアリスムと〈手〉
松田和子:著
水声社 06年12月 7,350円 A5判475頁 ISBN:4-89176-611-5

ドガ ダンス デッサン
ポール・ヴァレリー:著 清水徹:訳
筑摩書房 06年12月 2,940円 A5判185頁 ISBN:4-480-88525-0

本屋の眼
平野義昌(1953-):著
みずのわ出版 06年12月 1,260円 A5判95頁 ISBN:4-944173-41-5
●著者は神戸元町の老舗、海文堂書店につとめる書店人。

***

◎注目の新書

「退化」の進化学――ヒトにのこる進化の足跡
犬塚則久(1948-):著
ブルーバックス: 講談社 06年12月 861円 新書判206頁 ISBN:4-06-257537-X
[PR]

by urag | 2006-12-24 19:29 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 23日

『ブラック・アトランティック』ブックフェア@紀伊國屋書店新宿本店

ギルロイの『ブラック・アトランティック』を中心に、ブラック・カルチャーにおける音楽、政治、文学、社会運動、カルチュラル・スタディーズをめぐる関連書を幅広く集めたブック・フェアが、新宿の紀伊国屋書店新宿本店5Fの人文書売場で展開されています。人文書オンリーではない分野横断的なフェアというのはいつ見ても楽しいですし、発見があります。来年一月いっぱいまで開催中。皆様どうぞお越しください。
a0018105_1724473.jpg

[PR]

by urag | 2006-12-23 18:07 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 18日

大竹伸朗「全景」展、残り一週間です

a0018105_15194283.jpg皆様もう宇和島駅、いえ「全景」展には行かれましたか?大竹伸朗「全景」展@東京都現代美術館の会期はあと残り一週間となりました。すでに行かれた方はご存知だと思いますが、館内にあるモット・ザ・ショップで「図録」の予約受付を行っています。

展示されている束見本のヴォリュームに誰もが驚くと思います。A4判を上回る308×230mmで、約1,100ページのハードカバー、実に6kgに達する超重量級。特製ケースに収められ、付録にはCD『拾熱』(遠隔演奏ノイズバンド《ダブ平&ニューシャネル》の演奏を収めたもの)がつきます。

定価9,450円(税込)のところ、モット・ザ・ショップでは会場特別価格6,300円(税込)で予約受付中。3000円も違うわけですから、これは予約せずにはいられませんよね。予約するにも行列で大人気です。来店し予約したお客様には特典として大竹伸朗一筆箋かオリジナル・エチケット袋がもれなくプレゼントされます。

直送を希望する場合、送料+梱包手数料代に別途1,000円がかかります。遠方にお住まいで、展覧会を見に行けなさそうだけれど図録は欲しい、という方は、NADiffに問い合わせてみてください。
[PR]

by urag | 2006-12-18 14:02 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 17日

今週の注目新刊(第80回:06年12月17日)

今週は特に2点のデリダ論と、シヴァの著書に注目。岩波文庫は粒揃いの古典で見逃せません。ハイデガー講義の解説は木田元さん。
a0018105_23174596.jpg


デリダ――きたるべき痕跡の記憶
広瀬浩司(1963-):著
白水社 06年12月 2,520円 46判225頁 ISBN:4-560-02453-7
●「哲学の現代を読む」シリーズ、第3弾。

ジャック・デリダ
ニコラス・ロイル:著 田崎英明:訳
青土社 06年12月 2,520円 46判372頁 ISBN:4-7917-6226-6
●「現代思想ハンドブック」シリーズ全12巻、完結。

ハンナ・アーレント
杉浦敏子(1948-):文 ふなびきかずこ(1951-):イラスト
現代書館 06年12月 1,260円 A5判174頁 ISBN:4-7684-0101-5
●「FOR BEGINNERS」シリーズ、日本オリジナル版。

グラムシ「獄中ノート」解読
片桐薫(1926-):著
こぶし書房 06年12月 2,100円 46判218+3頁 ISBN:4-87559-215-9

政治と情念――より平等なリベラリズムへ
マイケル・ウォルツァー(1935-):著 斎藤純一+谷沢正嗣+和田泰一:訳
風行社 06年12月 2,835円 46判289+10頁 ISBN:4-938662-87-6

アメリカの眩暈――フランス人哲学者が歩いた合衆国の光と陰
ベルナール=アンリ・レヴィ(1948-):著 宇京頼三:訳
早川書房 06年12月 3,150円 46判436頁 ISBN:4-15-208784-6

食糧テロリズム――多国籍企業はいかにして第三世界を飢えさせているか
ヴァンダナ・シヴァ(1952-):著 滝本昌紀:監訳 竹内誠也+金井塚務:訳
明石書店 06年12月 2,625円 46判205頁 ISBN:4-7503-2454-X

境界性の人類学――重層する沖永良部島民のアイデンティティ
高橋孝代:著
弘文堂 06年12月 7,140円 A5判399頁 ISBN:4-335-56113-X

サイコドラマ――集団精神療法とアクションメソッドの原点
J・L・モレノ(1889-1974):著 増野肇:監訳
白揚社 06年12月 4,725円 A5判304頁 ISBN:4-8269-7139-7

ヴィジュアル版 ギリシア・ローマ文化誌百科 (上)
ナイジェル・スパイヴィー+マイケル・スクワイア:著 小林雅夫+松原俊文:監訳
原書房 06年12月 4,515円 A5判309頁 ISBN:4-562-04039-4

アラビア科学の歴史
ダニエル・ジャカール:著 吉村作治:監修 遠藤ゆかり:訳
創元社 06年12月 1,575円 B6判142頁 ISBN:4-422-21191-9

啓蒙の世紀の神秘思想――サン=マルタンとその時代
今野喜和人(1954-):著
東京大学出版会 06年12月 8,925円 A5判343+23頁 ISBN:4-13-016026-5

写真ノ中ノ空
谷川俊太郎(1931-):詩 荒木経惟(1940-):写真
アートン 06年12月 1,680円 B6判109頁 ISBN:4-86193-069-3

***

◎注目の文庫・ライブラリー

ハイデッガーカッセル講演
マルティン・ハイデッガー(1889-1976):著 後藤嘉也:訳
平凡社ライブラリー 06年12月 1,470円 HL判313頁 ISBN:4-582-76596-3

キケロー書簡集
キケロー:著 高橋宏幸:編訳
岩波文庫 06年12月 1,260円 文庫判578+17頁 ISBN:4-00-336117-2

ペトラルカ=ボッカッチョ往復書簡
近藤恒一:編訳
岩波文庫 06年12月 945円 文庫判382+11頁 ISBN:4-00-327123-8

エミーリア・ガロッティ ミス・サラ・サンプソン
レッシング:著 田辺玲子:訳
岩波文庫 06年12月 798円 文庫判356頁 ISBN:4-00-324044-8

マヤコフスキイ・ノート 〔新版〕
水野忠夫(1937-):著
平凡社ライブラリー 06年12月 1,995円 HL判624頁 ISBN:4-582-76598-X
[PR]

by urag | 2006-12-17 15:21 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 15日

『ブラック・アトランティック』在庫僅少、1月中旬重版出来予定

ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック』は現在、版元在庫が僅少です。書店様の店頭では大型店を中心に在庫している店舗があります。たとえば紀伊国屋書店BOOKWEBで検索してみてください。オンライン書店さんでもアマゾンやbk1のようにまだ24時間以内の発送になっているお店があります。なお、重版は1月中旬以降に出来上がる予定です。
[PR]

by urag | 2006-12-15 15:09 | 重版情報 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 11日

弊社芸術書サイン本をお探しの方は

弊社芸術書サイン本をお探しの方は、神保町の東京堂書店神田本店を時折覗いてみてください。先日『新宿+』のサイン本を納品しましたが、早くも売り切れてしまったようです。『新宿+』のサイン本については新宿の蒼穹舎さんのサイトも覗いてみてください。

なお現在弊社が直販でお分けできるのは、川田喜久治『地図』サイン本、やなぎみわ『ホワイト・カスケット』海外版サイン本、森山大道『NOVEMBRE』サイン本です。いずれもレアな商品です。在庫については弊社営業部までメールでお尋ねください。
[PR]

by urag | 2006-12-11 22:21 | 販売情報 | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 10日

今週の注目新刊(第79回:06年12月10日)

◎注目の文庫新書

グラモフォン・フィルム・タイプライター (上下)
フリードリヒ・キットラー:著 石光泰夫+石光輝子:訳
ちくま学芸芸文庫 06年12月刊 各1,365円 331/365頁 ISBN:4-480-09034-7/4-480-09035-5

マッハ力学史――古典力学の発展と批判(上下)
エルンスト・マッハ:著 岩野秀明:訳
ちくま学芸文庫 06年12月刊 1,470/1,365円 426/350頁 ISBN:4-480-09023-1/4-480-09024-X
●親本は76年に公論社から刊行。「力学史」の訳書には、69年に講談社から刊行された、伏見譲訳『マッハ力学――力学の批判的発展史』というのもありました。

自由論
ミル:著 山岡洋一:訳
光文社古典新訳文庫 06年12月刊 540円 271頁 ISBN:4-334-75119-9
●直近の既訳は71年の岩波文庫のはず。ということは35年ぶりの新訳ですか。

古典ギリシア
高津春繁:著
講談社学術文庫 06年12月刊 945円 256頁 ISBN:4-06-159797-3

欧洲紀行
横光利一:著 
講談社文芸文庫 06年12月刊 1,365円 307頁 ISBN:4-06-198463-2

ひきこもれ――ひとりの時間をもつということ
吉本隆明:著
だいわ文庫:大和書房 06年12月刊 600円 182頁 ISBN:4-479-30066-X

くもの巣の小道――パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話
イタロ・カルヴィーノ:著 米川良夫:訳
ちくま文庫 06年12月刊 819円 279頁 ISBN:4-480-42292-7

時間割
M・ビュトール:著 清水徹:訳
河出文庫 06年12月刊 1,260円 511頁 ISBN:4-309-46284-7

ドリアン・グレイの肖像
ワイルド:著 仁木めぐみ:訳
光文社古典新訳文庫 06年12月刊 780円 447頁 ISBN:4-334-75118-0

慶州は母の呼び声――わが原郷
森崎和江(1927-):著
MC新書:洋泉社 06年12月刊 1,680円 254頁 ISBN:4-86248-095-0

問題がモンダイなのだ
山本貴光(1971-)+吉川浩満(1972-):著
ちくまプリマー新書 06年12月刊 714円 126頁 ISBN:4-480-68752-1

装丁物語
和田誠:著
白水Uブックス 06年12月刊 1,050円 292頁 ISBN:4-560-72089-4

***
◎注目の単行本新刊

マネの絵画
ミシェル・フーコー(1926-1984):著 阿部崇:訳
筑摩書房 06年12月刊 3,675円 A5判250頁 ISBN:4-480-87354-6
●マネの13枚の絵画を読み解く講演録。シンポジウム「ミシェル・フーコー、ひとつのまなざし」を併収。

レヴィナスと政治哲学――人間の尺度
ジャン=フランソワ・レイ:著 合田正人+荒金直人:訳
法政大学出版局 06年12月刊 3,990円 46判344+16頁 ISBN:4-588-00860-9
●レヴィナスとレオ・シュトラウス対決させる試み、とのこと。

反・キリスト――黙示録の時代
E・ルナン著 忽那錦吾:訳
人文書院 06年12月刊 2,520円 46判365頁 ISBN:4-409-42023-2

アジア/日本
米谷匡史:著
岩波書店 06年11月刊 1,470円 B6判190頁 ISBN:4-00-027012-5
●シリーズ「思想のフロンティア」最新刊。

竹内好セレクション (1) 日本への/からのまなざし
竹内好(1910-1977):著 丸川哲史+鈴木将久:編
日本経済評論社 06年12月刊 2,100円 46判377頁 ISBN:4-8188-1905-0
■収録論考:「屈辱の事件」「支那と中国」「国の独立と理想」ほか。

竹内好セレクション (2) アジアへの/からのまなざし
竹内好:著 丸川哲史+鈴木将久:編
日本経済評論社 06年12月刊 2,100円 46判413頁 ISBN:4-8188-1906-9
■収録論考:「現代支那文学精神について」「日本人の中国観」ほか。

ル・コルビュジエの手
アンドレ・ヴォジャンスキー(1916-2004):著 白井秀和:訳
中央公論美術出版 06年11月刊 1,890円 A5判138頁 ISBN:4-8055-0530-3
[PR]

by urag | 2006-12-10 18:50 | 本のコンシェルジュ | Trackback | Comments(0)