「ほっ」と。キャンペーン

<   2004年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2004年 12月 31日

映画「デリダ」の坂本龍一によるサントラ

a0018105_0304367.jpg

右の画像が、ドキュメンタリー映画「デリダ」(2002年、カービー・ディック+エイミー・Z・コフマン監督作品)のサウンドトラックを担当した坂本龍一のCD「Derrida」輸入版です。

映画の方は2004年はじめにビデオとDVDが発売されていることは皆様ご存知の通りですが、それぞれフォーマットがアメリカ合衆国およびカナダ専用のため、日本用のフォーマットに変換してダビングするとか、リージョンフリーの再生デッキを買うとか、もしくはリージョンフリー化ソフトをインストールするとか、いろいろと面倒です。

しかし音楽CDの場合はそういう面倒はないし、坂本龍一のサントラは独立して楽しめるので、おすすめです。静かな夜にリラックスして聞きたいアンビエントな曲(というか、音の群れ)ばかり、29曲入っています。昨夏の発売でしたが、聴く分には、ゆっくり過ごしたいお正月向きでしょうか。私は特に、最後の"jd022"が好きです。我が家のおチビさんは全曲が「コワイ」と言っています。まあ確かに幽霊が出てきそうな暗いトーンではあります。教授が今まで作曲してきた映画音楽やCM曲等とはかなり印象が違います。〈現代音楽〉っぽい感じ、と表現したら(シロウトすぎますが)ニュアンスが伝わるでしょうか。アマゾン・ジャパンなどでこの輸入版が手に入ります。

なお、このアルバム「Derrida」に収録されている29曲というのは、"jd001"から"jd029"までの無機的な名前のトラック群なのです(ただし曲順は番号通りではありません)が、二年前の2002年3月に国内でワーナーから発売されたアルバム「Minha vida como um filme」の時は、"jd022"までしか収録していませんでした。そのかわり、映画『アレクセイと泉』のサントラ5曲が併録されています。こちらのCDもアマゾン・ジャパンなどで入手可能です。

左はオマケに並べてみましたが、1993年にDes FemmesからLa Bibliotheque des Voixシリーズのひとつとして発行された、デリダの「シルコンフェッション」の朗読カセットテープ全4巻です。今はなき哲学者の渋みのある肉声が聞けます。デリダ関連のコロックによく関わってこられたマリー-ルイーズ・マレさんもこの企画には一枚噛んだようですね。買ったのはずいぶん昔のことなのでよく覚えていないのですが、たしかアラパージュあたりで注文した気がします。当時はまだアマゾンがフランスに進出していなかった記憶があります。

2004年も今日で終わりです。読者の皆様には、今年一年温かいご支援をいただき、まことにありがとうございました。来年はいっそうがんばります。どうかよろしくお願いいたします。(H)
[PR]

by urag | 2004-12-31 23:30 | 雑談 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 12月 30日

デリダの死後に刊行された訳書たち

a0018105_23135895.jpg

上の画像をクリックすると表紙の細かい文字が読み取れるくらいの大きな画像が見れます。
毎度手振れ画像ばかりでごめんなさい。

10月9日にジャック・デリダが死んでからあとに日本で刊行された翻訳書を並べてみました。

『死を与える』廣瀬浩司+林好雄=訳、ちくま学芸文庫、本体価格1400円、奥付記載の発行日:2004年12月10日、ISBN4-480-08882-2
目次:死を与える(廣瀬浩司=訳)・・・p.9/秘密の文学――不可能な父子関係(林好雄=訳)・・・p.273/訳者解説(廣瀬浩司)・・・p.367.
原典:"Donner la mort", 1999, Galilee.

『デリダとの対話――脱構築入門』ジョン・D・カプート編、高橋透+黒田晴之+衣笠正晃+胡屋武志=訳、法政大学出版局(叢書・ウニベルシタス810)、本体価格4200円、奥付記載の発行日:2004年12月25日、ISBN4-588-00810-2
目次:第一部「ヴィラノヴァ大学の円卓会議――ジャック・デリダとの対話」・・・p.1/第二部「注釈――脱構築を一言で」・・・p.43/訳者あとがき・・・p.315.
※巻末に詳細な「デリダ邦訳文献表ならびに日本語によるデリダ文献表(邦訳を含む)」、「参考文献案内」あり。「参考文献案内」はカプートによる、デリダを読む人のための「読書案内」であり、初心者には一読の価値がある。
原典:"Deconstruction in the nutshell", 1997, Fordham University Press.

『アデュー――エマニュエル・レヴィナスへ』藤本一勇=訳、岩波書店、本体価格2500円、奥付記載の発行日:2004年12月17日、ISBN4-00-022026-8
目次:アデュー・・・p.1/迎え入れの言葉・・・p.23/訳者あとがき・・・p.221.
原典:"Adieu: a Emmanuel Levinas", 1997, Galilee.

月刊誌『現代思想』でのデリダ追悼号(12月号)については先般ご紹介しましたが、岩波書店の月刊誌『思想』の2005年1月号が「デリダへ」と題した特集号になっています。詳細目次は、上の画像をクリックしますと大きな画像がご覧になれますので、そちらでご確認ください。

特集号ではありませんが、PR誌『未来』の1月号に、デリダとの共著もあるカトリーヌ・マラブー女史による追悼文「ジャック・デリダの死」が西山雄二さんの訳で掲載されています。もともとは「キャンゼーヌ・リテレール」誌に発表されたものです。なお、マラブーがデリダの指導のもと提出した博士論文「ヘーゲルの未来」は、同じく西山さんの訳で、未来社さんから刊行予定だそうです。同社からはマラブー編による『デリダと肯定の思考』という優れたアンソロジーの日本語訳が刊行されているのは皆さんご存知の通りです。

画像は載せませんでしたが、月刊誌『新潮』の創刊一二○○号記念特別号(2005年1月号)には、「「本質」と「宿命」─ジャック・デリダによる「文学の批評」」と題された、蓮實重彦さんによるテクストが掲載されています。こちらも皆さんご承知のことと思います。
[PR]

by urag | 2004-12-30 23:13 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 29日

スーザン・ソンタグ白血病で死去、71歳

a0018105_22162196.jpg

上の画像をクリックすると表紙の細かい文字が読み取れるくらいの大きな画像が見れます。

現代アメリカを代表する作家であるスーザン・ソンタグ(1933年生まれ)さんが昨日の朝方、28日午前7:10、白血病により71歳で亡くなったと伝えられています。ご冥福をお祈りいたします。

季刊誌「インターコミュニケーション」では、今夏のリニューアル号(第50号)からソンタグさんの連載「消し尽くされない言葉」が始まっていました。プレ・リニューアル号(第49号)に掲載された論文を含め、これらは遠からず1冊に纏められ、刊行されるものと推察できます。

第49号掲載:「UNEXTINGUISHED 消し尽くされぬもの――ヴィクトル・セルジュをめぐって」木幡和枝=訳、146-172頁。

第50号掲載:「世界の同時代性を生きる」木幡和枝=訳、186-191頁。

第51号掲載:「二重の宿命――アンナ・バンティ『アルテミシア』について」木幡和枝=訳、192-207頁。
[PR]

by urag | 2004-12-29 12:17 | 雑談 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 12月 28日

仕事おさめ

世間では今日で事納めの会社が多いんじゃないでしょうか。アクセス数の変化から推察するに、お勤め先からこのブログを見ていただいている方がそれなりの数、いらっしゃるように思います。この一年間いつも温かく見守っていただき、ありがとうございます。来年もどうかよろしくお願いいたします。
[PR]

by urag | 2004-12-28 17:11 | ご挨拶 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 27日

森山大道さん関連イベント3本

新春恒例の、青山ブックセンター本店特設会場における「洋書ビッグバーゲン2005」に連動して、森山大道さんのトークセッションが開催されます。

◎森山大道「写真集について語る」聞き手:大田通貴(蒼穹舎)
日時:2005年1月9日(日)14:00~(開場13:45~)
会場:青山ブックセンター本店特設会場
参加方法:洋書バーゲン期間中(2005年1月7日10:00開場)、会場内にて森山大道さんの稀少本又は既刊本をお買い上げのお客様先着30名様に参加整理券を配布いたします。

続いて、1月20日に平凡社さんより刊行される新刊写真集『森山・新宿・荒木』を記念して、森山大道さんと荒木経惟さんの作品展「コンタクト・新宿・トリミング」が、2005年1月20日(木)から3月6日(日)にかけて、表参道のナディッフで開催され、会期中にギャラリー・トークも以下の通り催されます。

◎第1回=森山大道:1月30日[日]16:00~ 
(第2回=荒木経惟:2月5日[土]18:00~)

「コンタクト・新宿・トリミング」について――ふたりの写真家、森山大道と荒木経惟によるインスタレーションを展示。『森山・新宿・荒木』展のために昨夏、新宿で撮られた膨大なフィルムのなかから、森山のコンタクト・シート、荒木のトリミングしたポジ・フィルムなどを素材に構成される、とのことです。

また、東京オペラシティアートギャラリーでは、 2005年1月15日(土)から3月21日(月)まで、「森山・新宿・荒木」展が、ナンジョウ アンド アソシエイツさんの企画により開催され、2月27日には以下の通りトークショーが行われます。

◎「森山・新宿・荒木」展 開催記念トークショー
日時:2005年2月27日[日]14:00~16:00(開場13:30)
会場:東京オペラシティ リサイタルホール(東京オペラシティビルB1F)
出演:森山大道、荒木経惟、飯沢耕太郎(写真評論家)
定員:230名(全席自由)
料金(税込):一般1,200円(東京オペラシティArts友の会会員1,000円)
チケット発売日:一般 1月28日[金](Arts友の会優先 1月26日[水])
チケットのお申し込み:東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
(電話:10:00~18:00 カウンター:11:00~19:00/月曜定休)
*チケットの購入は、お1人様2枚まで。
*未就学児の入場はご遠慮ください。
主催:東京オペラシティ文化財団
お問い合わせ:東京オペラシティアートギャラリー 03-5353-0756

写真集『森山・新宿・荒木』――写真:森山大道、荒木経惟/テキスト:森山大道+荒木経惟(対談)、エルヴェ・シャンデス、ジェローム・サンス、北澤ひろみ、堀元彰 ※和英併記/体裁:A4判、304頁/発行・発売:平凡社/定価:3,675円(税込)/2005年1月20日発売予定。
[PR]

by urag | 2004-12-27 17:50 | 森山大道 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 12月 25日

2月新刊:上野俊哉『UTS』目次詳細

2005年2月上旬発売予定

書名:アーバン・トライブ・スタディーズ
副題:パーティ、クラブ文化の社会学
著者名:上野俊哉(1962-)
判型:A5判並製カバー装、304頁予定
本体価格予価:2800円
ISBN:4-901477-15-3

目次:

序文
第一章:アーバン・トライブとは何か?
 グローバリゼーションとトライバリゼーションの往還の地平
第二章:トランスクリティックとしての民族誌
 今日のシャーマニズム
 トランスクリティックとエスノグラフィ
第三章:ディオニュソス・グラフティ
 ディオニュソス・グラフィティ
 逃走と飛び地
第四章:学び逸れる野郎ども
 リズム・ダンス・ミメーシス
第五章:一時的自律接触領域
 ニューエイジ・トラヴェラー
 トライバル・ウォリアーズ、あるいは「新しい野蛮人」?
 接触領域(コンタクト・ゾーン)としてのパーティ
あとがき
[PR]

by urag | 2004-12-25 00:56 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 24日

ユンガー『追悼の政治』カバー写真公開

a0018105_17263634.jpg

上の画像をクリックすると表紙の細かい文字が読み取れるくらいの大きな画像が見れます。

来月下旬発売いたします、エルンスト・ユンガーの18年ぶりの翻訳書『追悼の政治』のカバーはこんな感じになります。本チャンの印刷ではありませんが、デザインとしてはこういうものです。

取次搬入予定日:2005年1月25日(火)

書名:追悼の政治
副題:忘れえぬ人々/総動員/平和
著者名:エルンスト・ユンガー(1895-1998)
編訳者名:川合全弘(1953-:京都産業大学法学部教授、ドイツ政治思想史専攻)
判型:四六判並製カバー装、216ページ
本体価格:2400円
ISBN:4-901477-14-5

内容:エルンスト・ユンガーは20世紀ドイツを代表する作家、思想家である。独自の政治的スタンスと美意識と魔術的リアリズムを兼ね備えた著作群によって、その名はいまなお毀誉褒貶に包まれている。本書は、ユンガーの政治的エッセイの中でもとりわけ論争の的となっている4篇「忘れえぬ人々 まえがき/あとがき」(1928年)、「総動員」(1930年)、「平和」(1945年)を〈追悼の政治〉というテーマの下に独自に編集した、オリジナルのエッセイ集である。20世紀前半史における「いかなる揺れや振れをも最高度の精確さで記録した地震計」とも評されるユンガーの魅力にふれるには最良の書となろう。

***

目次:

訳者序文「忘却されざる作家、ユンガー」  p.i-vi

忘れえぬ人々 まえがき (1928年)  p.3-19
忘れえぬ人々 あとがき (1928年)   p.23-34
総動員 (1930年)  p37-79
平和――ヨーロッパの青年への言葉、世界の青年への言葉 (1945年) p.83-162

訳者解題「エルンスト・ユンガーにおける追悼論の変遷」  p.165-199

***

著者について:エルンスト・ユンガーは1895年ハイデルベルクに生まれた。志願兵として従軍した第一次世界大戦の戦争体験を著述家としての出発点とし、日記文学『鋼鉄の嵐の中で』(1920年)によって登場。20年代後半から30年代前半にかけて、同世代の哲学者マルティン・ハイデガーや政治学者カール・シュミットとともに〈保守革命派〉の代表的知識人として活躍した。「総動員」等を収めた自選論集『戦争と戦士』(1930年)は、批評家ヴァルター・ベンヤミンが論文「ドイツ・ファシズムの理論」において批判したことでも知られ、主著と目される『労働者』は32年の〈文学的センセーション〉ともよばれた。33年1月にナチスが政権を掌握すると、ユンガーはハイデガーやシュミットとは異なり、ナチスと一線を画し、39年、小説『大理石の断崖の上で』を執筆。この作品が後に〈抵抗文学〉として評価されることになる。同年、召集を受け西部戦線へ赴き、さらに41年にパリに進駐。この頃書かれたパンフレット「平和」はひそかに読まれ、44年7月の反乱を起こした将校たちに影響を与えたという。ヒトラー暗殺計画発覚の折には、彼らとも微妙な距離をとっていたため、ユンガー自身は軍を罷免されるだけで済んだ。第二次世界大戦後は非ナチス化のアンケートの回答を拒否したことにより、4年間執筆禁止となるが、その後晩年まで旺盛な著作活動を展開する。50年にはハイデガーの60歳記念論文集にニヒリズムの超克を唱えた「線をこえて」を寄稿、それに対して55年にはユンガーの60歳記念論文集にハイデガーが「線について」と題した批判的応答を寄せるといった論争もあった。82年にはゲーテ賞を受賞し、93年にはコール、ミッテランといった独仏の政治家がユンガーのもとを訪れた。95年の100歳の誕生日にはペーター・スローターダイクやハイナー・ミュラーらによる記念論文集が刊行されている。1998年没。
[PR]

by urag | 2004-12-24 17:35 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 23日

セブンアンドワイ、看板は変われど

先週15日から「セブンアンドワイ」に名称変更した「イーショッピングブックス」ですが、データベースはやはり変わっていないようですね。『アウシュヴィッツの残りのもの』はあいかわらず検索に引っかかりません。

さて、これまたちょうど一週間前の先週の木曜日、リブロ池袋店で催された「編集者が語る人文書の現在」は、100名を超す来場で大盛況だったようですね。司会を勤められた未来社の西谷能英社長の「日録」によれば、「7時からトークセッション(9時すぎまで)。聴講者100人超、ただし業界関係者や知り合いが半分以上」だったそうです。業界関係者や知り合いが半分以上だったとしても、それでもやはり100名を超す参加者というのは、この手のイベントとしてはとても多いですね。動員で集まる人数ではないと思います。いかにこのイベントが注目されていたかがわかる気がします。参加者の方のご感想などを聞きたいところです。
[PR]

by urag | 2004-12-23 12:19 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 23日

竹内てるよさん生誕百周年です

さる12月21日(火)は、詩人・竹内てるよさんの生誕百周年でした。この佳節を迎え、いつも小社のブログをご覧になっている皆様に、ご協力を仰ぎたいことがあります。それは、竹内てるよさんの第一詩集『叛く(そむく)』についてのことです。本書は、昭和4年(1929年)に銅鑼社から草野心平さんの謄写版で出版され、翌年には渓文社という私書肆から改訂増補版が刊行されたことになっています。この謄写版や改訂増補版をお持ちの方をご存知ありませんでしょうか。恥を承知で告白しますが、現物を見たことがないのです。

竹内てるよさんの第一詩集は昭和15年(1940年)に第一書房より刊行された『静かなる愛』であるとされる場合がありますが、これはいわゆる「詩壇デビュー作」と見なされるもので、本当の最初の一冊目ではありません。昭和初期の日本出版史に燦然と名を残す第一書房の社主、長谷川巳之吉さんは、昭和16年に刊行した竹内てるよさんのベスト詩集『生命の歌』戦時体制版に寄せる序で、こう書いています。

「心の清い、いい詩人をさがし出すことに関心をもつこと二十年、つひに此の詩人を発見することの出来たことは私の望外のよろこびである」。

長谷川さんは『静かなる愛』に対する当時の作家たちのこんな感想文を普及版の巻末に掲載しています。

「竹内てるよといふ詩人の名前は十年も前から僕は知ってゐたやうに思ふ。しかし極く少しの詩を、時折り見るぐらゐであつた。どういふ人なのか、知らなかつた。ところがこの頃『静かなる愛』といふ詩集を読み、大変感動して、忙しい最中に一晩ぼんやりしてしまつた。どんなに急がしいことがあつても、この一冊の詩集の読後の味を拭ひ去る気になれなかつたのである。この一冊の詩集を、私は、近来読んだもつとも立派な本だと思つていゐる。この本によつて、日本の女性への信頼といふやうなものを深めた、と言つた方がいいかも知れない」。――伊藤整

「この詩集は、その詩情の清らかさの故に尊い。ここに見出されるこの清らかさは、汚濁と焦燥の今の世にあつて最も缺けてゐる大切な美しさの一つである」。――堀口大学

「ドストエフスキー的な人類愛の精神を流麗平明な辞句で歌ひ来り歌ひ去るうちに、やさしい美を滾々(こんこん)と湧き立たせ、読む者のこころを清め向上させる力があります。この詩人に敬意を表して一言を呈する所以です」。――佐藤春夫

「立派な詩集で非常にうれしく存じました。神谷、竹内両君とも十二、三年来の友人であり、特に竹内君の処女詩集は私が謄写版で刷った関係などもあり、此度の美しい本を拝見して感無量であります。てるよさんの喜びも想像されます」。――草野心平

草野心平さんが言及されている「神谷」さんというのは、病弱な竹内てるよさんの生活を親身に支えた親友の詩人、神谷暢さんのことかと思います。てるよさんと神谷さんが設立した私書肆である渓文社をめぐるエピソードはアナキズム運動史研究家の亀田博さんの主宰されているサイト(であると私は拝見しているのですが)のこちらのページで詳しい説明を読むことが出来ます。

ちなみに小社が刊行しているてるよさんのベスト詩文集のタイトルは『静かなる夜明け』です。このタイトルは、『静かなる愛』の序詩から採っています。小社の本は他社さんの既刊本である自伝やその新装版の数々とは別に、読者にとってもてるよさんにとってもたいへん久しぶりなベスト版でしたので、僭越ではありますが、「再デビュー」の思いを込めて題名を選びました。

カバーに描いてある花は、てるよさんの大好きだった「ミヤコワスレ」です。そして帯にある「生きたるは一つの愛」という言葉は、てるよさんが知人に色紙を贈る際によく書かれていたという銘です。こうした舞台裏は今まで読者の皆様に一度もご説明したことはありませんでしたが、このたびの佳節にあたり、公にいたします。(H)
[PR]

by urag | 2004-12-23 01:10 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(9)
2004年 12月 22日

「本とコンピュータ」14号は読書習慣を問う特集号ですね


a0018105_11151682.jpg
終刊まであと三号と迫った季刊誌「本とコンピュータ」の総まとめ特集第二弾は、日本人の読書習慣は消えたのか、それとも変わったのか、という問いに取り組んでいます。特に印象深かった記事は、『ゲド戦記』シリーズの約30年にわた訳業によって日本翻訳文化賞を受賞した清水真砂子さんと作家の堀江敏幸さんの対談「本が「ほんとうの名」を明かすとき」でした。

「ほんとうの名」というのは、『ゲド戦記』を読んだ方ならよくわかると思うのですが、万物に命名されている太古の名前のことで、魔法使いはその言葉の知識によって魔法を使うことができるという設定になっています。魔法使いはまた、人間一人ひとりに「ほんとうの名」を命名することもできます。「ほんとうの名」は人前では秘されるべきもので、人に知られることは自分を支配されるに等しいことです。

別の物語でもこうした設定はありますね。漫画家のあしべゆうほさんの『クリスタル★ドラゴン』に出てくるケルト人たちの風習がそれです。

こうしたことは単なるフィクションではなく、実際に存在したことです。『ゲド戦記』を書いたアーシュラ・ル=グウィンの実母であるシオドーラ・クローバーが紹介したネイティブ・アメリカンの話『イシ』で、都会に出てきた主人公は自分の名前を明かさず、「イシ」と名乗ります。イシとは彼らの言葉で言う「人間」のことです。

『イシ』は、岩波現代文庫で読めるほか、児童用の読み物として著者自らが再編集したヴァージョンも、単行本で岩波書店から刊行されています。どちらも素晴らしい本で、私のごく親しい友人はこの本の題名を口にするだけで涙ぐむほどです。

清水さんと堀江さんの対談の最後のほうで、堀江さんはこう述べておられます。

「もしかしたら、自分がどういう本を読んできたのかを人に話すというのは、「ほんとうの名前」を言うようなものなんじゃないか。あるいは本のほうでも「ほんとうの名前」をかくしもっていて、背に書かれているのはただの通り名にすぎないのではないか」。

この発言をファンタジーでも神秘主義でもなく、リアルに感じることのできる感性を私は信頼したいと思っています。

来年3月刊行の「本とコンピュータ」15号は、「出版再定義――このままでいいのか、わるいのか、それが問題だ」という仮題が付けられている特集号です。曰く、「マイナス成長がつづく日本の出版ビジネスを徹底的に検証します。はたして、かつての繁栄を取り戻せるのか、それとも、この縮小をあたりまえの環境として引き受けるのか。そうであるとすれば、ライターから編集者、書店人まで、出版にかかわる人びとは、今後どのように生きのびることになるのか。「本」の未来のために「出版」の再定義を試みる特集です」とのこと。たいへん楽しみです。

そして6月に出る16号は最終号で、「書物の運命」をテーマに、国際的な視野で議論を行うとのこと。業界人も読者もどしどし「介入」していきたい、介入すべき議題が、15、16号と続きます。(H)
[PR]

by urag | 2004-12-22 23:50 | 雑談 | Trackback | Comments(0)