カテゴリ:芸術書既刊( 41 )


2013年 09月 11日

本日取次搬入:松本俊夫『逸脱の映像』

弊社9月新刊、松本俊夫『逸脱の映像』は本日取次搬入です。日販、トーハン、大阪屋、栗田、太洋社の五社へ本日11日に搬入しています。パターン配本は行っておりません。事前にご発注いただいた書店さんにのみ、配本しております。書店店頭での発売開始は、都内の一部超大型書店さんでは明日以降の発売となります。全国的には早ければ今週金曜日13日、あるいは三連休明けの来週17日以降に店頭に並び始めるのではないかと思われます。某ネット書店最大手での初回の扱いは多くありませんので、書店店頭で入手される方が速いと言えそうです。どの書店さんに置いてあるかは、この記事のコメント欄などで地域を限定してお尋ねください。なお、目次詳細と、書影も公開いたします。

*芸術(映画論・映像文化論)

逸脱の映像――拡張・変容・実験精神
松本俊夫=著 金子遊=編
月曜社 2013年9月 本体3,600円 46 判(130x190mm)上製312 頁 ISBN978-4-86503-004-4

伝説的映像作家の20数年ぶりの単著。1980年代から現在にいたるまでの論考と対話を精選。
武満徹や寺山修司、湯浅譲二などと数々の実験映画/映像を世に問うてきた松本俊夫、20数年ぶりの単著! 〈逸脱〉という概念を核に、制度的なものの規範を揺さぶり、創造的カオスを誘発し続けるそのラディカリズムの現在性とは……。1980年代から現在にいたるまでの論考と対話を精選した著者6冊目の映画/映像批評集。

目次:
I 逸脱の映像
 逸脱の映像とは何か/〈わからない〉ということ/映像の詩的機能/形態的規範を疑え/期待図式と意味の支配/述語的世界としての感性/無意識・他者・欲動/狂気と沈黙の映像/ズレとはぐらかし/詩的生成性のメカニズム/統辞と範列の異化/構造化活動の前景化/物質的組成の自己指示/概念の映像と映像の概念/装置芸術としての映像
II 論考
 明日の映像/ニュー・メディアの両義性/ニュー・テクノロジーと映画芸術/映像体験における身体の生成システムについて/実質・感覚・身体性/映像と文化変容
III 対話
 映像の関係場をめぐって(松本俊夫×『季刊ヴォワイアン』編集部)/アヴァンギャルドの現在性--ルプリーズ=反復・繰り返し(松本俊夫×西嶋憲生)/映像史のパラダイム・チェンジ(松本俊夫×武邑光裕)/イメージと思考を喚起するもの(松本俊夫×武満徹)
あとがきにかえて(聞き手=金子遊)
初出一覧

著者:松本俊夫(まつもと・としお)1932年生まれ。映画監督・映像作家・映画理論家。『薔薇の葬列』『ドグラ・マグラ』などの劇映画と平行して、実験映画やビデオアートの制作、批評活動をおこなう。著書に『映像の発見』(三一書房、1963年/清流出版、2005年)、『表現の世界』(三一書房、1967年/清流出版、2006年)、『映像の変革』(三一書房、1972年)、『幻視の美学』(フィルムアート社、1976年)、『映像の探求』(三一書房、1991年)。編著書に『美術×映像』(美術出版社、2010年)。近年の美術展に『松本俊夫 映像の変革』展(川崎市市民ミュージアム、2006年)、『白昼夢 松本俊夫の世界―幻想のラディカリズム』展(久万美術館、2012年)など。

編者:金子遊(かねこ・ゆう)映画作家・批評家。編著書に『フィルムメーカーズ』(アーツアンドクラフツ、2011年)。

ブックデザイン:宇川直宏(うかわ・なおひろ) 映像作家・DOMMUNE 代表。

a0018105_1194971.jpg

a0018105_1194975.jpg

[PR]

by urag | 2013-09-11 11:10 | 芸術書既刊 | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 21日

「アサヒカメラ」に港千尋さんによるドアノー本の書評

アサヒカメラ」2010年1月号の「今月の新刊書籍」欄に、弊社のドアノー『不完全なレンズで』の書評「複合する過去のイメージ」が掲載されました。評者は港千尋さんです。「〔ドアノーの独特な言葉遣いが〕理想的な翻訳者によって日本に届けられた」と評していただきました。

なお、当の『不完全なレンズで』は本日版元品切になりました。少し前から当ブログのトップに掲載したまとめ記事において、同書を重版準備中と告知させていただいていますが、重版が出来上がるのは年明けになります。アマゾンなどのネット書店で一時的に品切になる可能性がありますが、書店さんの店頭ではまだ在庫があるお店が多いので、年末年始にお読みになりたいお客様はどうぞ店頭でお買い求めください。たとえばジュンク堂書店さんのウェブサイトでの同書の紹介ページをご覧ください。北海道から沖縄まで、全国各地の支店で扱っていただいています。同書店のネットストアでは店舗在庫の発送は行っていませんからご注意ください。店頭在庫は、まず店舗に電話をし、在庫を確認していただいたうえで、代金引換便での注文が可能です。

最後に、『不完全なレンズで』の刊行記念イベントについてご紹介します【⇒申し訳ありません。満員御礼となりました】。また、現在、ナディッフ・モダン(渋谷Bunkamura内)で関連書籍ブックフェアを開催中(2011年1月10日まで)です。どうぞお立ち寄りください。

◎「ロベール・ドアノーの写真人生」(ドキュメンタリー映像上映とトークショー)

出演:ピエール・バルー、堀江敏幸、大竹昭子(司会)、潮田あつこ・バルー(通訳)
日時:2011年1月10日(月・祝日)14時~16時
会場:サラヴァ東京
料金:2,000円(お茶付き)
予約:E-mail: contact【アットマーク】saravah.jp / Tel: 03-6427-8886
※メールの場合は、日時/イベント名/お名前/人数をお書き添えください。
【⇒申し訳ありません!予約満席となりました】

a0018105_15165156.jpg

a0018105_1517953.jpg

a0018105_15172333.jpg

a0018105_1517392.jpg

[PR]

by urag | 2010-12-21 14:20 | 芸術書既刊 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 19日

山中崇さん絶賛『幼なじみのバッキー』好評発売中

俳優の山中崇さんから『幼なじみのバッキー』へのコメントが澤田サンダーさんのもとに届いています。

いつからだろう?
こんなに負け続けているのは。こんなに醜くなってしまったのは。
明日もきっと、曇り空。

敗者達による哀しい現代のお伽話。
僕はこの作品を『敗北文学』と呼ぶことにします。勝手に。


***
なお、3月3日(月)に開催予定の出版記念パーティについては、澤田さんのブログや、増山さんのブログをご覧下さい。
[PR]

by urag | 2008-02-19 01:04 | 芸術書既刊 | Trackback | Comments(4)
2008年 02月 14日

『幼なじみのバッキー』サイン本を紀伊國屋書店新宿本店にて販売

好評発売中の『幼なじみのバッキー』の直筆サイン本が、紀伊國屋書店新宿本店の1Fレジ前にて限定10冊で販売されています。サイン本および色紙を作成する増山さんと澤田さんの様子がお二方のブログにそれぞれ掲載されています。

まずは、澤田さんのレポートをご覧下さい。新宿本店専用の「スーパーインパクト重視の劇的POP」は、ぜひ店頭でご覧になっていただけたら幸いです。また、モザイクがかかっている色紙をどうしても見たい、というかたは、増山さんのレポートをご覧下さい。ズバっと公開中です。

増山さんのブログにコメントを寄せておられる九郎政宗さんが『バッキー』のキャッチコピー案を考えてくださいました。版元としてもとても嬉しいです。「あなたのうしろにバッキーは、いる。」私もそう感じます。絶妙ですね。

ちなみに、澤田さんが言及されている新宿本店3Fの大藪さんは、常設ブックフェア「情況を読む」の仕掛け人として、社会・人文業界では有名な書店員さんです。現在は第19回「笑いの多面体」が展開中。3月7日まで。ぜひこちらもご覧下さい。
[PR]

by urag | 2008-02-14 12:40 | 芸術書既刊 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 10日

「陸奥新報」2月10日付記事「弘前出身のライター・沢田さんが大人向け絵本出版」

「陸奥新報」の本日(08年2月10日)付の記事「弘前出身のライター・沢田さんが大人向け絵本出版」で、『幼なじみのバッキー』の澤田サンダーさんが写真付きで紹介されています。

澤田さんは取材に対し、こうコメントされています。

「副題を『ロストジェネレーションからのリアル・フィクション』にした。同世代や若い人が読むと、ほっとすると思う〔・・・・〕1千万部ほど売れて、2作目『はじめての食事』も本にできたら。」

この記事を見てご注文される方のため、念のために補足しておきますと、正確には「副題」ではなく(取材上の行き違いかもしれません)、オビに印刷した宣伝文句です。本屋さんでロスト~を検索してもらっても、書誌データではヒットしませんので、ご注意下さい。ご注文は『幼なじみのバッキー』でお願いします。ちなみにロストジェネレーション、いわゆるロスジェネ世代というのは、ご存知朝日新聞が「命名」したとされる新語(もともとはアメリカ由来の古い言葉)で、「90年代の就職難の時期に、正社員になれないまま、不安定な生き方を余儀なくされた若者たちを指す」と朝日新聞では説明されています。
[PR]

by urag | 2008-02-10 20:05 | 芸術書既刊 | Trackback | Comments(2)
2008年 02月 10日

神楽坂恵さん絶賛『幼なじみのバッキー』好評発売中

『幼なじみのバッキー』に、女優の神楽坂恵さんがコメントを寄せてくださいました。

「何かが胸に突っ掛かる。
そして、また、ページを開く。。
素直でありのまま。
大切なのは、それを近くに感じてくれる人。
なのだろうか。と。」


神楽坂さん、ありがとうございました!
[PR]

by urag | 2008-02-10 18:00 | 芸術書既刊 | Trackback | Comments(2)
2008年 02月 08日

辛酸なめ子さん絶賛『幼なじみのバッキー』発売開始

岡本太郎現代芸術賞入選作『幼なじみのバッキー』(澤田サンダー:文、増山麗奈:絵)が、早い本屋さんでは本日より店頭で順次発売開始になります。早くも好意的なコメントが辛酸なめ子さんから寄せられております。「底辺で蠢く男たちのエネルギーに対峙し、絵本という形に昇華した増山麗奈さんのはかりしれないパワーと母性に感動しました」。辛酸さん、まことにありがとうございます。

増山さんからのメッセージもご紹介します。「しばらく全国を本を持って販売巡業できたらいいなー。 大阪でも打ち合わせしたい用事があるので、誰か交通費出して、パフォーマンス&本のサイン会&似顔絵イベント企画してくれないかな~。深夜バスでもいいんで、誰か麗奈タンをよんでくださ~い。そして是非書評なども、書いていただきたく候。アマゾンとかミクシでのレビューも欲しいところだ。恥も外聞も無く売りたいです。300万部売ってソーラーパワーの家に住みたい。3月3日、女の子の日、桃の日には、 夜新宿の編集者の集うバー「猫目」でバッキー原画を飾って出版パーティするよ! みんな来てねー」(公式ブログ「増山麗奈の革命鍋!」08年2月24日付投稿より)。
[PR]

by urag | 2008-02-08 13:50 | 芸術書既刊 | Trackback | Comments(3)
2007年 12月 26日

北里義之『サウンド・アナトミア--高柳昌行の探究と音響の起源』が青土社より

a0018105_1195157.jpg音楽批評家の北里義之さん(1955-)の著書『サウンド・アナトミア--高柳昌行の探究と音響の起源』が青土社さんより刊行されました。46判上製286頁、税込2,520円。内容は、「まえがき」と「あとがき」を除き、

第1章「高柳昌行の即興精神史――〈汎音楽〉と投射音楽の間」
第2章「ケージではなく、何が――音響の解剖学」
第3章「高柳昌行の音響宇宙――アクション・ダイレクトの彼方へ」

の全三章は、もともとmixi内の「日刊音場舎通信」の記事として書かれたものとのことです。弊社刊『汎音楽論集』への応答として書かれた07年7~8月のエントリー「汎音楽論集ノート」や、大谷能生氏の「ジョン・ケージは関係ない」(弊社刊『貧しい音楽』所収)に応答した07年3・6月のエントリー「ケージではなく、何が」が該当するようです。

なお、全国大学生協連が発行する季刊誌「読書のいずみ」の07年冬号に掲載された以文社さんの広告によれば、大谷能生さんと門松宏明さんの共著『大谷能生のフランス革命』が近日発売予定とのことです。【追記:07年12月31日――『現代思想』1月号の広告によれば、『大谷能生のフランス革命』は1月末の発売予定で、内容は「計15名の若手クリエイターと交わした対話のドキュメント」とのことです。予価2200円。】
[PR]

by urag | 2007-12-26 00:43 | 芸術書既刊 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 29日

大竹昭子さんによる『貧しい音楽』の書評@書評空間

文筆家の大竹昭子さんが紀伊國屋書店の「書評空間」で、大谷能生『貧しい音楽』の書評を書かれています。

「私は本書にインタビューが載っているミュージシャンをひとりも知らず、しかもテクノやアブストラクト・ヒップポップやミュジーク・コンクレートなるジャンルにもうとい。書評するのははなはだおこがましいのだが、それでもなにがしか書いてみたいと思ったのは、「複製品」におおわれた私たちの日常について思考が広がっていく喜びがあったからである」と書き出しにあります。大竹さん、ありがとうございました。
[PR]

by urag | 2007-10-29 14:39 | 芸術書既刊 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 12日

大谷能生第一批評集『貧しい音楽』、在庫潤沢な(はずの)書店さん上位5店舗

書店様へ。いつもお世話になっております。弊社の新刊は事前にご注文をいただいた書店様にのみ、取次経由で配本しております。事前のご発注がない場合は、書店様に見計らいで届く冊数は(取次さんにもよりますが)おおよそ0~1冊ていどです。配本はほぼないとお考えいただいたほうがよさそうです。書店様への事前の新刊案内は、弊社営業部へお申し込みいただければ、FAXないしEメールで毎回お届けします。

FAXでのご発注の際は、番線印を必ず濃い目に捺してください。薄くて読み取れないと事故のもとです。また、電話番号やFAX番号、書店名もご明記願います。弊社からご連絡を差し上げなければならないときに、それらの情報がないととても不便です。

お客様へ。先月末から今月あたまにかけて発売開始した大谷能生さんの第一評論集『貧しい音楽』は、おかげさまでよく動いています。今回初の試みですが、お客様の便宜のために、同書の在庫が豊富な書店様上位5店舗をご紹介します。事前のご発注を多くいただいた書店様です。発売後2週間経過しようとしていますので、場合によっては売切もあるかもしれませんが、おそらくまだ在庫をお持ちであるだろうと思います。ご購入のために来店される際は、ぜひ、事前に在庫をご確認ください。

■大谷能生第一批評集『貧しい音楽』の在庫が潤沢な(はずの)書店さん上位5店舗

1)タワーレコード新宿店 TEL:03-5360-7811 不定休 営業時間:11:00~23:00
2)タワーレコード渋谷店 TEL:03-3496-3661 不定休 営業時間:10:00~23:00 
3)ジュンク堂書店新宿店 TEL:03-5363-1300 営業時間:11:00~21:00
4)ジュンク堂書店福岡店 TEL:092-738-3322 営業時間:10:00~20:30
5)ちくさ正文館 TEL:052-741-1137 元旦および1月2日休 営業時間:10:00 ~ 21:00 (日・祝日は20:00まで )

同率6位は、紀伊國屋書店新宿南店、青山BC青山本店、芳林堂高田馬場店、ジュンク堂書店大阪店です。もちろんこれらの書店さん以外にも、商品をお送りしています。
[PR]

by urag | 2007-10-12 14:38 | 芸術書既刊 | Trackback | Comments(0)