ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:販売情報( 295 )


2017年 07月 13日

既刊書情報補完:2016年4月~7月刊

◎2016年7月7日発売:W・ウォルターズ『統治性――フーコーをめぐる批判的な出会い』本体2,500円。
書評1⇒ぷよまる氏書評「フーコーを使う、理論を使う」(「綴葉」352号、2016年11月)
書評2⇒山本奈生氏書評(『佛大社会学』第41号、2017年3月30日発行)

◎2016年7月1日発売:G・バタイユ『マネ』本体3,600円。
書評1⇒濱野耕一郎氏書評「期待を裏切る至高のタブロー――バタイユによるマネ論」(「週刊読書人」2016年9月9日号)
書評2⇒中島水緒氏書評「マネ作品の可能性を汲み尽した比類なき芸術論」(「美術手帖」2016年11月号BOOK欄)

◎2016年5月25日発売:『ユンガー政治評論選』本体2,800円。

◎2016年4月15日発売:『表象10:爆発の表象』本体1,800円。

+++


[PR]

by urag | 2017-07-13 10:41 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 30日

取次搬入日確定:ロゴザンスキー『我と肉』

ジャコブ・ロゴザンスキー『我と肉――自我分析への序論』(本体4,800円、シリーズ・古典転生第16回配本)の取次搬入日が確定しました。日販、トーハン、大阪屋栗田、ともに7月4日(火)です。搬入後、翌日から中二日以降順次、書店店頭での発売開始となります。どのお店に配本されるかについては、当ブログコメント欄や、電話、メールなどで地域を指定してお尋ねいただければお答えいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

a0018105_23310669.jpg

+++

なおご参考までに本書の詳細目次を公開いたします。

序論
第一部 自我殺しに抗して
「私は死につつある」あるいはハイデガーの呼びかけ
「私は他者たちである」
「私は死(に臨)んでいる」
「個人には何の価値もない」(ハイデガーのナチズムについて)
〈存在〉の十字架
「私は鏡のなかに自分を見る死人である」あるいはラカンの主体
 死像段階
「では誰が、私が死んでいることを知っていたのか」
「エスがあったところに、〈私〉が生じなければならない」(フロイトへの回帰?)
第二部 デカルトへの回帰
「彼が私を欺くなら、私は在る」
 人間でもなく主体でもなく
「私は道であり、真理であり、生である」
 私の失調の瞬間
「神の前で/神の代わりに仮面をつけて」(デカルトの遺産)
第三部 自我分析への序論
 現象学の曖昧さ
 内在野
 肉的綜合――交叉
 触れている自分にどのようにして触れるか――交叉の(不)可能性
 触れられえないものと触れあって――残りもの
 これは私の身体である(のではない)――身体化の残りもの
 他人の彼方に
 交叉の危機
 憎悪から愛へ
 原臨終から復活へ
 解放へ向けて(内立)
文献一覧
訳者あとがき
事項索引
人名索引

+++

[PR]

by urag | 2017-06-30 23:31 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 13日

新規開店情報:月曜社の本を置いてくださる本屋さん

2017年7月7日(金)
ブックファースト六本木店:図書120坪
東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木 1F

トーハン帳合。弊社へのご発注は芸術書主要書と人文書少々。トーハン傘下の株式会社ブックファーストは、2017年4月1日付で、株式会社あおい書店の6店舗(中野本店、六本木店、高田馬場店、横浜店、川崎駅前店、西院店)を事業承継。横浜店は4月26日(水)に「ブックファースト横浜西口店」(ダイエー横浜西口店5~6階)として再スタートしており、弊社でも最近ご注文をいただくようになりました。来月リニューアルオープンする六本木店は、日比谷線六本木駅直結の好立地。ブックファーストの代表取締役社長・庄司和人さんのお名前が記載された挨拶文によれば、「〔あおい書店としては〕5月20日をもって一時休業し、大幅な改装」の真っ最中で、「店舗イメージを一新するとともに、MDを強化し、最先端の情報・文化に触れている六本木のお客様にこれまで以上にご指示いただける、魅力的な売場を構築していきます」とのことです。

周知の通りブックファーストは「渋谷文化村通り店」を今月(2017年6月)4日で閉店。2007年10月の開業ですから、10周年まであと少しでした。同店は「ヴィレッジヴァンガード渋谷本店」として7月14日(金)に生まれ変わる予定です(今のところ弊社へのご発注は確認できません)。旭屋書店だったころがもはや遠い昔の話になってしまいました。

+++

一方、池袋駅直結の駅ビル「Esola」4Fで今月末(6月30日)、ドトールコーヒーと「かもめブックス」さんのプロデュースするブックカフェ「梟書茶房」が開店します。大阪屋栗田帳合。弊社へのご発注は、秘密にしておきます。なぜかと言うと、大阪屋栗田さんによる《書店販促お役立ち情報サイト》である「Oak Press」の6月2日付記事「6月末「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」OPEN!【東京都 池袋】」によれば、同店の特徴として三店が掲出されており、その筆頭が「シークレットブック」といって、「店頭の約3,000冊の書籍のうち、販売する約2,000冊の書籍はすべて袋綴じの『シークレットブック』。梟書茶房オリジナルブックカバーで包まれた書籍は、表紙の紹介文と自分のインスピレーションで新たな読書体験を生み出します」とのことだからです。

また、同記事によれば「132席の店内は「珈琲と食事を楽しむ、読書と珈琲を楽しむ、物思いに耽る、お喋りする」をテーマに、その日の気分で使い分けられるように、4つの空間に分けてデザインしています」とのこと。同店の経営母体はメトロプロパティーズ。選書はかもめブックスの柳下恭平さんです。メトロプロパティーズのプレスリリースPDFはこちら

+++


[PR]

by urag | 2017-06-13 18:13 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 08日

本日より一部書店にて先行発売:吉田昌平『新宿(コラージュ)』

森山大道『新宿』(月曜社、2002年)を全編コラージュした、吉田昌平さんの『新宿(コラージュ)』(本体5,800円、ISBN978-4-909242-00-6)が内沼晋太郎さん率いるnumabooksの書籍出版第一弾として刊行されました。本日(2017年6月8日)より一部書店にて販売が開始されています。全国書店での一般発売は7月上旬からの予定。詳しくは書名のリンク先をご覧ください。また、吉田さんと森山さんの対談「無限にコピーされる街 ――『新宿(コラージュ)』をめぐって」が今週より「DOTPLACE」にて公開されています。併せてご覧ください。

a0018105_15310374.jpg



[PR]

by urag | 2017-06-08 15:32 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 29日

取次搬入日確定:荒木経惟『私情写真論』

荒木経惟『私情写真論』(月曜社、2017年6月、本体1,500円、46判並製256頁、ISBN978-4-86503-048-8)の取次搬入日が決定しましたので、書店様にお知らせいたします。日販、トーハン、大阪屋栗田、以上三社すべて6月2日(金)です。書影も公開いたします。読者の皆様にお知らせいたします。書店店頭での発売は、おおよそ6月6日以降順次となる予定です。どのお店に配本されるかについては、当ブログコメント欄や、電話、メールなどで地域を指定してお尋ねいただければお答えいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

a0018105_16220309.jpg


+++

[PR]

by urag | 2017-05-29 16:22 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 26日

取次搬入日確定:ソシュール『伝説・神話研究』

ソシュール『伝説・神話研究』(金澤忠信訳、月曜社、2017年5月、本体3,400円、A5判上製248頁、ISBN978-4-86503-043-3; 「シリーズ・古典転生」第14回配本、本巻第13巻)の取次搬入日が決定しましたので、書店様にお知らせいたします。日販、トーハン、大阪屋栗田、以上三社すべて5月30日(火)です。書影も公開いたします。読者の皆様にお知らせいたします。書店店頭での発売は、おおよそ6月1日以降順次となる予定です。どのお店に配本されるかは、当ブログコメント欄や、電話、メールなどで地域を指定してお尋ねいただければお答えいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

a0018105_12432614.jpg

+++

シリーズ・古典転生

本巻1:第1回配本、2006年6月、本体3,400円
初期ストア哲学における非物体的なものの理論
エミール・ブレイエ著/江川隆男訳
※原著1908年刊。
※訳者長篇解題「出来事と自然哲学―非歴史性のストア主義について」

本巻2:第3回配本、2010年3月、本体3,800円
具体的なものへ――二十世紀哲学史試論
ジャン・ヴァール著/水野浩二訳
※原著1932年刊。

本巻3:第4回配本、2011年9月、本体3,200円
関係主義的現象学への道
エンツォ・パーチ著/上村忠男編訳
※日本語版オリジナル編集。

本巻4:第5回配本、2011年12月、本体3,600円
構造と生成Ⅰ――カヴァイエス研究
近藤和敬著

本巻5:第9回配本、2013年10月、本体3,200円
構造と生成Ⅱ――論理学と学知の理論について
ジャン・カヴァイエス著/近藤和敬訳
※原著1947年刊。
※訳者長篇解説「カヴァイエスの生涯と思想」

本巻6:第6回配本、2012年2月、本体3,800円
ヘーゲル弁証法とイタリア哲学――スパヴェンタ、クローチェ、ジェンティーレ
上村忠男編訳
※日本語版オリジナル編集。

本巻7:第7回配本、2012年3月、本体3,800円
ジョルダーノ・ブルーノの哲学――生の多様性へ
岡本源太著

本巻8:第8回配本、2013年10月、本体7,000円
カール・ヤスパースと実存哲学
ミケル・デュフレンヌ+ポール・リクール著/佐藤真理人ほか訳
※原著1947年刊。
※カール・ヤスパース「序文」。
※付録1:マルセル「カール・ヤスパースにおける根本状況と限界状況」
※付録2:リクール「カール・ヤスパースにおける哲学と宗教」

本巻9:第10回配本、2014年4月、本体3,500円
影像の詩学――シラー『ヴァレンシュタイン』と一義性の思考
青木敦子著

本巻10:第11回配本、2015年3月、本体3,700円
存在とロゴス――初期ハイデガーにおけるアリストテレス解釈
阿部将伸著

本巻11:第12回配本、2015年7月、本体3,200円
ヤスパース入門
ヴェルナー・シュスラー著/岡田聡訳
※原著1995年刊。

本巻12:第13回配本、2017年2月、本体3,600円
崇高の修辞学
星野太著

本巻13:第15回配本、2017年5月、本体3,400円
伝説・神話研究
フェルディナン・ド・ソシュール著/金澤忠信訳
※原著2003年刊。

本巻14:第14回配本、2017年5月、本体3,000円
ソシュールの政治的言説
金澤忠信著

別巻1:第2回配本、2010年2月、本体3,000円(品切)
ミクロコスモス――初期近代精神史研究 第1集
平井浩編

シリーズ連動企画(月曜社ウェブサイトにて2011年より連載中)
化学教程
ジャン= ジャック・ルソー著/淵田仁・飯田賢穂訳
※原著1747年作。

+++


[PR]

by urag | 2017-05-26 12:44 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 18日

『羅独-独羅学術語彙辞典』まもなく八重洲BC本店での販売を終了します

今年一月に廃業された哲学書房さんの『羅独-独羅学術語彙辞典』(麻生建+黒崎政男+小田部胤久+山内志朗編、哲学書房、1989年5月、本体24,272円、A5判函入上製797頁、ISBN4-88679-033-X)の、八重洲ブックセンター本店人文書売場(電話03-3281-8204)での販売を今月末で終了します。弊社での直販はまだ継続しておりますが、クレジットカードでの購入を希望される方はぜひこの機会に八重洲ブックセンター本店にてご購入ください。地方発送も可能です。

+++

[PR]

by urag | 2017-05-18 17:13 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 09日

取次搬入日決定:『鉄砲百合の射程距離』『ソシュールの政治的言説』

弊社5月新刊2点の取次搬入日が決定しましたのでお知らせします。取次搬入日は書店さんでの店頭発売日ではありませんのでご注意ください。

内田美沙=句/森山大道=写真/大竹昭子=編『鉄砲百合の射程距離』は、日販、トーハン、大阪屋栗田、いずれも5月12日(金)です。帯文を寄せていただいている皆様がとても豪華、というお声を取次さんから頂戴しています。内田さんと森山さんは実の姉弟でいらっしゃいますが、コラボは初めて。俳句とモノクロ写真の合体は必見です。

a0018105_18083798.jpg


a0018105_18391658.jpg


金澤忠信『ソシュールの政治的言説』は上述の取次三社とも、5月15日(月)です。シリーズ「古典転生」の第14回配本、本巻第14巻です。書影も公開します。ソシュールが一知識人として19世紀の歴史的事件に対してどう発言していたか、言語学者の知られざる一面を手稿群から剔抉した労作です。書影を初公開します。

a0018105_18084799.jpg


+++

[PR]

by urag | 2017-05-09 18:10 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 19日

上尾真道さん選書のブックツリー「心のケアを問う哲学。精神医療とフランス現代思想」

ラカン 真理のパトス』を人文書院より先月上梓された上尾真道(うえお・まさみち:1979-)さんの選書によるブックツリー「心のケアを問う哲学。精神医療とフランス現代思想」がオンライン書店honto内の「哲学読書室」にて公開開始となりました。

◎哲学読書室

+++

[PR]

by urag | 2017-04-19 21:30 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 17日

『表象11』取次搬入日について

『表象11:ポスト精神分析的主体の表象』の取次搬入日は、日販および大阪屋栗田が4月14日(金)、トーハンが本日17日(月)です。週末をまたいでの搬入なりますので、書店さんへの着店日に差が出ておりますこと、ご報告申し上げます。
[PR]

by urag | 2017-04-17 13:26 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)