カテゴリ:文芸書既刊( 31 )


2009年 02月 05日

「おもいッきりイイ!!テレビ」の「きょうは何の日?」で竹内てるよさんが紹介されました

a0018105_2452377.jpg
昨日(09年2月4日)、日本テレビ系列のお昼のテレビ番組(みのもんたさんの司会でおなじみ)「おもいッきりイイ!!テレビ」のコーナー「きょうは何の日」で、竹内てるよさんが取り上げられました。「2001年2月4日 詩人竹内てるよが亡くなった日」と題され、てるよさんの生涯と詩が紹介されました。

番組中で紹介された四つの詩「頬」「サルビア」「生きたるは」「斜光」は、「生きたるは」を除き、弊社から刊行している『静かなる夜明け――竹内てるよ詩文集』(写真左)に収録されています。番組で紹介されたのはそれぞれの詩の全文ではなく以下の部分でした。

「頬」

生れて何も知らぬ 吾子(わがこ)の頬に
母よ 絶望の涙をおとすな

(中略)

ただ 自らのよわさといくじなさのために
生れて何も知らぬ わが子の頬に
母よ 絶望の涙をおとすな

「サルビア」

私のきょうの瞳をみたか
六月の花 サルビア
じっと両手をかさねて
雨にけむる この花の紅をみていると
きりっと 心が勇んで来る

(後略)

「生きたるは」

(前略)

生きたるは
奇跡でもなく 生命の神秘でもない
生きたるは
唯一にして 無二の責務
かなしくも いまだ
死に価することをせぬため

(後略)

「斜光」

沈みゆく夕陽には 右手をかかげ
残り少なき人生の 光にさらす
なお左手に 明日を信じ
そのつよくあかるき 朝日をつかむ

(中略)

女は 人生のかなしき奇跡か
愛ただ一つに いのちをおく
愛ただ一つに いのちをおく

『静かなる夜明け』(03年刊、本体1400円)では、62編の詩と、2編のエッセイを収めています。なかでも私が好きなてるよさんの詩は、「ひとりの時」と「新月」です。

現在新刊で入手可能な竹内てるよさんの詩集は、2点あります。弊社の『静かなる夜明け』のほか、長野市に拠点を置くオフィスエムさんから刊行されている『美しき時』(08年刊、本体1500円、写真右)があります。『美しき時』では、35編の詩が収録されており、上記の「頬」や「サルビア」、「生きたるは」のほか、『静かなる夜明け』には収録されていない詩も多く含まれています(「斜光」は含まれません)。

詩集以外で、現在新刊で入手可能なてるよさんの本には、自伝の『海のオルゴール』(家の光協会、新装版02年刊)があります。また、晩年に属する自伝的エッセイには、『わが子の頬に』(たま出版、改題新装版02年刊、旧題『因縁霊の不思議』)や『いのち新し』(たま出版、新装版03年刊)があります。これらの著書にも、詩がしばしば挿入されています。

苦労の多い人生を歩まれた竹内てるよさんですが、著作活動においても、表面的な言い方をすればそこにはユニークな「変遷」がありました。デビュー当時はアナーキスト詩人と目され、戦時中は翼賛とは言わぬまでも、一人の母として、出征した若者たちの無事と戦勝を祈り、戦後は反戦の意思を明確にし、闘病生活の中で詩を書き続け、詩作を試みる多くの女性読者に愛され、晩年は自らの霊能体験をついに明かして、悩める市井の人々を助けました。一貫していたのは「ひとを愛する」姿勢であり、誠実に生きようとしたその心根です。その意味で、大戦期の苦悩はヒューマニストである彼女の生涯でもっとも過酷なものだったでしょう。

大衆詩人と表現していいであろうてるよさんの詩作と生涯は、日本文学研究において正当な位置を得ているとは言えず、いまだにまとまった研究書は出ていません。

「ひとりの時」より

くれなずむ窓の下にすわって
じっと いつまでも ひとりでいる
その静かなる時が 私は好きだ

(中略)

じっとすわってひとりのときほど
最も大ぜいの人間であるときはない

(中略)

他人の屈辱に耳まで赤らめ
自らの安静を人のためにわかつ
そのときほど謙遜で大ぜいのときはない

(後略)
[PR]

by urag | 2009-02-05 02:45 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 24日

『洲之内徹文学集成』明日25日より店頭発売開始

a0018105_10435933.jpg『洲之内徹文学集成』が明日(08年6月25日)から店頭にて順次発売開始になります。A5判上製本で700ページを超える重量感ある本に仕上がっています。ツカ(本の厚さ)は40mmです。著者は「芸術新潮」誌の連載「気まぐれ美術館」で著名な評論家ですが、幾度か芥川賞候補にあがった小説家でもありました。 かつて東京白川書院から『洲之内徹小説全集』という二巻本が1983年に刊行されていましたが、現在は絶版。 弊社からこのたび刊行する「文学集成」は小説全編に加え、文芸評論や単行本未収録エッセイも収録しています。洲之内徹さんは昨年10月に新潮社から『気まぐれ美術館』 (全6冊セット) の復刊が成り、さらに同月、同社の「とんぼの本」シリーズで『洲之内徹 絵のある一生』が刊行されました。 時は下って今月、求龍堂から『洲之内徹が盗んでも自分のものにしたかった絵』と弊社の「文学集成」が刊行。ちょっとした再評価の波が起こっているようです。

洲之内徹文学集成[全小説+文芸評論+単行本未収録エッセイ]
税込定価7,560円(本体価格7,200円)、A5判(タテ210ミリ×ヨコ188ミリ×ツカ40ミリ)、上製カバー装736頁、初版800部、ISBN:978-4-901477-41-3

独自の倫理と美意識で自らの戦中戦後を描いた小説家にして美術評論家、洲之内徹のすべて。マルクス主義・転向・戦争・文学・女……。美術エッセイ「気まぐれ美術館」シリーズで知られる著者の、文学との格闘の軌跡。小説全編に加え、文芸評論や単行本未収録エッセイを収録。

著者:洲之内徹(すのうち・とおる 1913−1987):愛媛県松山市生まれ。1930年、東京美術学校(現東京藝術大学)建築科在学中、マルクス主義に共感し左翼運動に参加する。大学3年時に特高に検挙され美術学校を退学。郷里で活動を続けるが、20歳の秋に再検挙にあい、獄中生活を送る。釈放後、転向仲間と同人誌『記録』を発刊、精力的に文芸評論を発表した。1938年、北支方面軍宣撫班要員として中国に渡り、特務機関を経て、共産軍の情報収集の仕事に携わった。1946年、33歳で帰国してから50代半ばまでの約20年間、小説を執筆。最初の小説「鳶」が第一回横光利一賞候補となり、その後「棗の木の下」「砂」「終りの夏」で三度芥川賞候補となるが、いずれも落選。1960年より、田村泰次郎の現代画廊を引き継ぎ画廊主となる。1974年から死の直前まで「芸術新潮」に「気まぐれ美術館」を連載、小林秀雄、青山二郎に絶賛された。

★本書をいち早く入手されたいお客様は神保町の東京堂書店さんへどうぞ。もう店頭に並んでいます。
[PR]

by urag | 2008-06-24 10:53 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 31日

『燈火節』と『野に住みて』が紹介されました

東洋英和女学院史料室委員会の会報誌「史料室だより」第67号(06年11月30日発行)で「片山廣子と東洋英和」と題された特集(PDF)が組まれました。与那覇恵子教授による論考「東洋英和の宝“廣子とみね子」のほか、12頁では、史料室委員の保坂綾子さんによる紹介文「近年刊行された本より」で、『燈火節』や『野に住みて』について論評していただいています。
[PR]

by urag | 2007-01-31 15:37 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 30日

『野に住みて』が毎日新聞等で紹介されました

片山廣子短歌集+資料編『野に住みて』が、「毎日新聞」8月28日(月)付の夕刊4面文化欄で紹介されました。『野に住みて』の解説を執筆してくださった佐々木幸綱さんによる記事で、「本音の〈われ〉うたった歌人――堀辰雄『聖家族』モデル・片山廣子の全歌集刊行」という見出しになっています。

また、さる8月16日(水)付「朝日新聞」朝刊1面の、大岡信さんの「折々のうた」欄で、片山廣子さんの短歌が紹介されています。「まつすぐに素朴にいつも生きて来し 吾をみじめと思ふことあり」。

本書は超大型書店さんでも置いていない場合があるため、読者の皆様にはご不便なことで申し訳ございません。オンライン書店のアマゾン・ジャパンでは通常二日以内の発送となっていて、送料は無料です。
[PR]

by urag | 2006-08-30 14:53 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(0)
2006年 06月 19日

19日付の朝日新聞「歌壇・俳壇」で『野に住みて』が紹介されました

本日付の「朝日新聞」で片山廣子/松村みね子短歌集+資料集『野に住みて』が紹介されました。「朝日歌壇・俳壇」の、「風信」欄です。高額本ながら、おかげさまでご好評を頂戴しております。
[PR]

by urag | 2006-06-19 12:28 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(0)
2006年 05月 11日

『野に住みて』販売店情報を更新しました

片山廣子/松村みね子『野に住みて 短歌集+資料集』の販売店情報を更新しました。オンライン書店「アマゾン・ジャパン」で「通常1~2週間以内に発送、送料無料」となっています。新宿区のジュンク堂書店新宿店(電話03-5363-1300)に来週以降入荷予定があります。どうぞよろしくお願いいたします。

◎リアル書店 (店頭売り切れの場合はご容赦ください)
小樽市 喜久屋書店小樽店 電話0134-31-7077
神保町 東京堂書店神田本店 電話03-3291-5181 ※在庫豊富です。
東京中央区 丸善丸の内本店 2F 文芸書 電話03-5288-8881(代表)
東京豊島区 リブロ池袋店 文芸書 電話03-5949-2910(代表)
東京新宿区 芳林堂書店高田馬場店 電話03-3208-0241
東京新宿区 紀伊國屋書店新宿本店 5F 短歌俳句書売場 電話03-3354-0131(代表)
東京新宿区 ジュンク堂書店新宿店 電話03-5363-1300
東京渋谷区 青山ブックセンター本店 電話03-5485-5511
群馬県北軽井沢 本の六四館 電話0279-84-6460
金沢市 いまじん大桑店 電話076-226-1171
京都中京区 三月書房 電話075-231-1924
大阪阿倍野区 喜久屋書店阿倍野店 電話06-6634-8606
熊本市 喜久屋書店熊本店 電話096-319-8581
福岡中央区 丸善福岡ビル店 電話:092-731-9000

◎オンライン書店
bk1 ※ただいま「24時間以内」に送料無料で発送可能。
Yahoo!ブックス ※「1~3週間で発送(送料無料)」。
boople ※「取寄せ、通常1~2週間で出荷」です。
本やタウン ※「取寄せ」扱いです。
楽天ブックス ※「取寄せ」扱いです。
紀伊國屋書店BookWeb ※「取寄せ」扱いです。
ブックサービス ※「2~14日以内発送可」です。
セブンアンドワイ ※「取寄せ、1~3週間で発送、送料無料」です。
アマゾン・ジャパン ※「通常1~2週間以内に発送、送料無料」です。

以上です。
[PR]

by urag | 2006-05-11 15:03 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(0)
2006年 05月 01日

『野に住みて』販売店情報を更新しました

『野に住みて』の販売店情報を更新しましたので、ご報告いたします。新たに以下の情報が加わります。

発売中:

オンライン書店「セブンアンドワイ」 ※「取寄せ、1~3週間で発送、送料無料」です。

※オンライン書店「アマゾン・ジャパン」では当該商品が、「現在、在庫切れです」となっていますが、これはアマゾンが在庫をしていないという意味で、「版元品切」ではありません。

入荷予定あり:

東京新宿区 紀伊國屋書店新宿本店 5F 短歌俳句書売場 電話03-3354-0131(代表)
群馬県北軽井沢 本の六四館 電話0279-84-6460

以上です。
[PR]

by urag | 2006-05-01 12:08 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(0)
2006年 04月 28日

『野に住みて』販売店情報を更新しました

風邪をひいて二日ほど寝込んでおりました。突然の悪寒発熱のあと、頭痛、眼底痛、全身の関節痛が襲い、投薬後しばらくして快方に向かっていっても咽喉がやられたままなので、食事をおいしく食べることができないという嫌なタイプの風邪です。よしこのままダイエットだ。

『野に住みて』の販売店情報を更新しましたので、ご報告いたします。bk1では「24時間」以内に送料無料で発送となっております。ぜひご利用くださいませ。
[PR]

by urag | 2006-04-28 21:34 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(0)
2006年 04月 25日

『野に住みて』、本日取次搬入いたしました

野に住みて』の店頭販売分および客注分を本日取次各社に搬入しました。早ければゴールデン・ウィークの中日になる5月1日、2日以降に着店するものと思います。都下の店舗の場合はゴールデン・ウィーク前に着くかもしれません。
[PR]

by urag | 2006-04-25 19:26 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(0)
2006年 04月 22日

『野に住みて』より(3)

『翡翠』大正5年刊より

ゆめもなく寝ざめ寂しきあかつきを魔よしのび来て我に物いへ

月の夜や何とはなしに眺むればわがたましひの羽の音する

つばめ来ぬ山の若葉に埋もれ住む遠方人のゆめ使かも
[PR]

by urag | 2006-04-22 22:05 | 文芸書既刊 | Trackback | Comments(0)