ウラゲツ☆ブログ

urag.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 09日 ( 4 )


2017年 05月 09日

5月末新刊:ソシュール『伝説・神話研究』

2017年5月31日取次搬入予定 *人文・現代思想・言語学

伝説・神話研究
フェルディナン・ド・ソシュール著 金澤忠信訳
月曜社 2017年5月 本体3,400円 A5判上製248頁 ISBN978-4-86503-043-3

アマゾン・ジャパンにて予約受付中!

北欧伝説の変遷やルクレーティウスの詩を分析する神話学者としてのソシュール。草稿群に加えて、大学生時代のドイツ留学期の書簡や、さらに遡る17歳の折にイラストを添えて描いた空想冒険譚を初訳する。言語学者と並走する「もう一人のソシュール」が明らかになる。シリーズ・古典転生、第15回配本、本巻13。

目次:
北欧の伝説と説話――ジークフリートからトリスタンまで
身体の始原空〔カオス〕、語の場〔コーラ〕――—愛の幻惑をめぐるルクレーティウスの11詩行
ライプツィヒからの手紙(1876‒1880年)
ポリティキュスの冒険

フェルディナン・ド・ソシュール(Ferdinand de Saussure, 1857-1913):スイスの言語学者。近代言語学の父と呼ばれる。生前は印欧歴史比較言語学の大家として知られる。死後出版の『一般言語学講義』(1916年)が20世紀後半の記号論および構造主義の理論的基盤となり、言語学だけでなく隣接諸科学にも多大な影響を与えた。

金澤忠信(かなざわ・ただのぶ):1970年生まれ。香川大学准教授。著書に『ソシュールの政治的言説』(月曜社、2017年)、訳書にジャン・スタロバンスキー『ソシュールのアナグラム』(水声社、2006年)などがある。

+++

[PR]

by urag | 2017-05-09 22:57 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 09日

取次搬入日決定:『鉄砲百合の射程距離』『ソシュールの政治的言説』

弊社5月新刊2点の取次搬入日が決定しましたのでお知らせします。取次搬入日は書店さんでの店頭発売日ではありませんのでご注意ください。

内田美沙=句/森山大道=写真/大竹昭子=編『鉄砲百合の射程距離』は、日販、トーハン、大阪屋栗田、いずれも5月12日(金)です。帯文を寄せていただいている皆様がとても豪華、というお声を取次さんから頂戴しています。内田さんと森山さんは実の姉弟でいらっしゃいますが、コラボは初めて。俳句とモノクロ写真の合体は必見です。

a0018105_18083798.jpg


a0018105_18391658.jpg


金澤忠信『ソシュールの政治的言説』は上述の取次三社とも、5月15日(月)です。シリーズ「古典転生」の第14回配本、本巻第14巻です。書影も公開します。ソシュールが一知識人として19世紀の歴史的事件に対してどう発言していたか、言語学者の知られざる一面を手稿群から剔抉した労作です。書影を初公開します。

a0018105_18084799.jpg


+++

[PR]

by urag | 2017-05-09 18:10 | 販売情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 09日

インタヴュー「星野太『崇高の修辞学』をめぐって」@REALKYOTO

京都を中心とした関西圏のカルチャーイベント情報と、レビューや批評を掲載するウェブマガジン「REALKYOTO」で、美術作家の池田剛介さんによるインタヴューシリーズ「芸術論の新たな転回」が掲載され、記念すべき第1弾として星野太さんへのインタヴュー「星野太『崇高の修辞学』をめぐって」が公開されています。その1その2その3、の全3回です。

+++

[PR]

by urag | 2017-05-09 08:48 | 人文書既刊 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 09日

6月上旬新刊:荒木経惟『私情写真論』

2017年6月2日取次搬入予定 *芸術/写真評論

私情写真論
荒木経惟著
月曜社 2017年6月 本体1,500円 46判[天地190mm×左右125mm]並製256頁 ISBN:978-4-86503-048-8

アマゾン・ジャパンにて予約受付中

アラーキー写真観のエッセンス、写真論の大部分! 1964年太陽賞受賞(「さっちん」)の感想、1971年の写真家宣言「センチメンタルな旅 まえがき」からはじまる、45篇。装幀:町口覚

東京都写真美術館と東京オペラシティアートギャラリーで大規模展覧会開催
*東京都写真美術館「センチメンタルな旅 1971-2017」[2017.7.25—9.24]弊社刊行『東京は、秋』出品
*東京オペラシティアートギャラリー「写狂老人A」[2017.7.8-9.3]

荒木経惟(あらき・のぶよし):1940 年東京・三ノ輪生まれ。最近の主な刊行物に、『さっちん:オリジナル版』(2017年、河出書房新社)、『センチメンタルな旅』(2016年、河出書房新社)、『東京は、秋』(2016年、月曜社)、『写真ノ説明』(2016年、光文社新書)などがある。

+++

[PR]

by urag | 2017-05-09 00:31 | 近刊情報 | Trackback | Comments(0)